元アーセナル・リバプールのペナントが低弾道FKを叩き込む【ビューティフル・フリーキック】

2020.08.02 11:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回はイングランド人MFジャーメイン・ペナント氏がストーク・シティ時代に決めたフリーキックだ。

◆元アーセナル・リバプールのペナントが低弾道FKを叩き込む

ノッツ・カウンティ、アーセナルの下部組織で育ったペナント氏は、2001年にトップチームに昇格。その後はワトフォードやリーズ、バーミンガムなどへレンタル移籍を繰り返し、2005年にバーミンガムへ完全移籍。

その後はリバプールとレアル・サラゴサを経て、2011年にストークへと移籍。2013年8月31日に行われたプレミアリーグ第3節のウェストハム戦では、チームに勝ち点3をもたらす見事なFKを決めている。

スコアレスで迎えた82分、このままドロー決着と思われながらも、ストークがゴール正面約25mの位置でFKのチャンスを獲得する。

キッカーを務めたペナントは、相手の壁をギリギリ超える低弾道のシュートは放つと、スピードに乗ったシュートがゴール右へと突き刺さった。

ペナントのFKで先制したストークはそのままリードを守り切り、1-0でタイムアップ。アウェイの地で見事に勝ち点3を持ち帰った。
コメント
関連ニュース
thumb

尋常じゃない変化!フランク・デ・ブールの驚愕FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元オランダ代表DFフランク・デ・ブール氏がアヤックス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆尋常じゃない変化!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJMEk3bmVVaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代はアヤックスやバルセロナなどでプレーし、オランダ代表としても活躍したデ・ブール氏。アヤックス時代には双子の兄弟であるロナルドとともにチャンピオンズリーグ(CL)優勝も経験している。 ロナルドとは違い守備的なポジションを得意としたデ・ブール氏は正確な左足のキックを武器としており、1995年4月16日に行われたオランダリーグ第29節のフローニンヘン戦では、素晴らしいFKを見せている。 1点を先制したアヤックスは、ゴールほぼ正面の好位置でFKを獲得すると、キッカーを務めたデ・ブールは、凛としたフォームから左足を振り抜く。 壁のわずかな隙間を縫っていったシュートは、そこから尋常ではない変化を見せ、相手GKから逃げるようにゴール右のポストに当たってゴールネットを揺らした。 このシーズンのデ・ブール氏はDFながら公式戦48試合12ゴールと二桁得点をマーク。チームも圧巻の強さでCL&国内リーグ戴冠を達成した。 2020.08.13 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

凄いのに凄くない!バッジョが平然と決めた文句なしの一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWロベルト・バッジョ氏がインテル時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆バッジョが平然と決めた文句なしの一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvV2ozUmF4VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1998年にインテルへと移籍したバッジョ氏。すでに全盛期は過ぎており、負傷欠場も少なくなかったが、出番があればしっかりと結果を残した。2000年5月23日のCL出場権プレーオフ、パルマ戦の大活躍でイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』で10点満点を叩き出したこともあった。 1999年1月24日に行われたセリエA第18節のカリアリ戦では、全盛期と変わらぬ見事なFKを決めている。 アウェイのカリアリに先制を許したインテルだったが、30分にボックス外右でFKを獲得する。キッカーのバッジョは小刻みな助走から丁寧に右足を振り抜くと、ボールは壁を越え、ゴール右上へとそのまま入っていった。スーパーなゴールなのだが凄いのは、いとも簡単に決めてしまっているところだ。 このゴールで追いついたインテルは試合に主導権をつかむと、そこからゴールを量産。バッジョも追加点を奪い、5-1で快勝している。 2020.08.13 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

フランスで輝きを取り戻したデパイ CL出場権を手繰り寄せた壁の下を通す技ありFK 【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆デパイの壁の下を通す技ありFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSQmUxZzNMVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドでの挫折の後、2017年にリヨンに加入してからはチームの主砲としてゴールを量産してきたデパイ。今季は左ヒザ前十字じん帯を断裂する大ケガを負い、昨年12月から戦線離脱を余儀なくされたものの、リーグ戦での成績は13試合9ゴール2アシストと、高い得点関与率を誇っている。 その活躍は移籍初年度から続いており、2018年5月19日に行われたリーグ・アン最終節のニース戦では技ありのFKを決めている。 この試合で勝利すればリーグ3位となり、翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するリヨンだが、ニース相手に先制を許す。 それでも48分、デパイのゴールで同点に追いつくと、さらに65分にはペナルティアーク左の位置でFKのチャンスを迎える。 決めればCL出場権が大きく近づく状況の中、デパイは完全に相手の意表を突く、壁の下を通すFKを選択。これには相手DFだけでなくGKまで騙され、反応が遅れると、グラウンダーのシュートは、左ポストに当たってゴールネットを揺らした。 試合はその後、両チームが1点を加え、3-2でリヨンが勝利。デパイは3ゴールでハットトリックを達成し、チームのCL出場権獲得と立役者となった。 2020.08.12 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

最愛の彼女に捧ぐ!名手オブラクの牙城を破るディバラの信じられない芸当【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆名手オブラクの牙城を破るディバラの信じられない芸当<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJydnN6c01OayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いたディバラ。チャンピオンズリーグ(CL)の舞台でも好プレーを見せており、2019年11月26日に行われたグループリーグのアトレティコ・マドリー戦では、現代最高守護神のスロベニア代表GKヤン・オブラクから想像もできない芸当でゴールを奪った ユベントスがアトレティコをホームに迎えたこの一戦。ユベントスがポゼッションで上回るものの、堅守のアトレティコゴールをこじ開けられないまま前半をゴールレスで終えるかに思われた。 しかしアディショナルタイム1分、右サイドゴールライン際で得たFKをディバラが意表を突いて直接狙うと、オブラクの反応が一瞬遅れ、強烈なシュートがゴール上部へと突き刺さった。 思いもよらないシュートからゴールを決められたオブラクは悔しさを露わにする一方で、歓喜のディバラは顎指し&敬礼のゴールセレブレーション。試合後のインタビューで顎指しのパフォーマンスは彼女に捧げる意味だったと語っており、彼女のオリアナ・サバティーニさんのテンションは最高潮だったに違いない。 2020.08.11 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セーブ不可能!健在のルーニーが鮮やかなバナナFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ダービー・カウンティで選手兼コーチとしてプレーする元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆健在のルーニーが鮮やかなバナナFK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQOFd1SW4zayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年1月に選手兼コーチとしてチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーに加入したルーニー。第37節のブラックバーン戦を除く全24試合にキャプテンとして先発出場を果たすなど、欠かせぬ戦力となっていた。 2020年7月1日に行われたチャンピオンシップ第40節のプレストン・ノースエンド戦では、全盛期を彷彿とさせるような鮮やかFKを決めた。 18分、ダービーはゴール正面右、ゴールまで約20mの好位置でFKを獲得すると、ルーニーがキッカーを担う。 放たれたシュートは、相手の壁の端を通過すると、そこから急激に曲がり、左のサイドネットへと吸い込まれるような軌道を描いた。あまりのコースと変化に相手GKは微動だにできず。ただただ見送ることしかできなかった。 試合は、ダービーこの1点を死守し、そのまま1-0で勝利。チームは5連勝を飾った。 2020.08.11 07:00 Tue
twitterfacebook