町田に痛手…MFジョン・チュングンが左第二趾基節骨骨折…

2020.07.26 22:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
FC町田ゼルビアは26日、韓国人MFジョン・チュングンの負傷を発表した。ジョン・チュングンは、今月15日に行われた明治安田生命J2リーグ第5節のアルビレックス新潟戦で負傷。その後の精密検査の結果、左第二趾基節骨骨折と診断された。全治には約12週間程度を要する見込みだという。

昨シーズンから町田でプレーするジョン・チュングンは、今シーズンの開幕前にも左足関節脱臼骨折の重傷を負っていたが、リーグ再開初戦の東京ヴェルディ戦で今季初出場を飾ると、以降の3試合でもスタメン出場。負傷した新潟戦では今季初得点を記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

13位の町田が福岡の連勝を「12」でストップ! 徳島は着実に勝ち点3を積み上げ詰め寄る《J2》

明治安田生命J2リーグ第28節の11試合が21日に各地で行われた。 13位タイに位置するFC町田ゼルビアは、町田GIONスタジアムで破竹の12連勝で首位へ浮上したアビスパ福岡を迎え討った。 その町田は15分、ジョン・チュングンに決定機。ボックス左からワンフェイクを入れて意表を突くシュートを放つ。ニア上へ飛んだボールは惜しくもクロスバーに弾かれる。 後半立ち上がりにも町田はビッグチャンスを迎える。47分、高江のスルーパスをボックス内で受けた安藤がシュート。しかし、これはGK村上の好守に遭った。 連勝記録更新を目指す福岡は攻めあぐねていた中81分、エミル・サロモンソンのクロスに木戸が合わせたが、わずかに枠から外れた。 試合終了間際のFKには、フアンマ・デルガドがヘディングシュート。しかし、これも決まらず、0-0の引き分けで終了。町田は終始押し込んでいたものの勝ち切れず。しかし、怒涛の12連勝で駆け上がってきた福岡をストップした。 2位の徳島ヴォルティスは維新みらいふスタジアムで19位のレノファ山口FCと対戦。首位奪還のため負けの許されない徳島は、42分にオウンゴールで先制すると、前半アディショナルタイムに垣田が追加点を挙げる。さらに、63分に西谷がネットを揺らして3-0で勝利。福岡がドローに終わったことで勝ち点差を「1」とした。 栃木県グリーンスタジアムでは、13位タイ・栃木SCと18位・FC琉球が激突。榊と森が2ゴールずつ挙げたホームの栃木が4-1で勝利し、6試合ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第28節 ▽10/21(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 水戸ホーリーホック 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-0 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 0-0 ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア 0-0 アビスパ福岡 松本山雅FC 1-1 大宮アルディージャ アルビレックス新潟 1-1 ファジアーノ岡山 レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 徳島ヴォルティス</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 V・ファーレン長崎</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 4</span>-1 FC琉球 2020.10.21 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮に負傷者続出、DF河面旺成は全治5カ月で今季終了、MF酒井宣福、MF嶋田慎太郎も負傷離脱

大宮アルディージャは19日、DF河面旺成、MF酒井宣福、MF嶋田慎太郎の負傷を発表した。 クラブの発表によると、河面は10日(土)に行われた明治安田J2リーグ第25節・栃木SC戦で負傷。左肩関節脱臼で全治5カ月と診断され、今季の復帰は不可能となった。 河面は栃木戦に3バックの一角として先発出場。しかし開始5分で相手選手と競り合った際に肩を痛め、河本裕之と交代していた。 河面は今季の明治安田J2で18試合に出場していた。 また、酒井と嶋田は14日(水)に行われた明治安田J2第26節・ジェフユナイテッド市原・千葉で負傷。酒井は左母趾末節骨剥離骨折で全治2カ月、嶋田は左ハムストリング肉離れで全治4週間とのことだ。 酒井は栃木戦でケガの離脱から復帰し、千葉戦では第4節以来の先発出場となったものの、52分に渡部大輔と交代。嶋田は第24節の東京ヴェルディ戦から先発起用されており、3試合連続の先発となったが68分に小野雅史と交代していた。 なお大宮はこの他にも多くの負傷者を抱えており、18日に行われた明治安田J2第27節のファジアーノ岡山戦では、ベンチ入りメンバーが5人しかいなかった。 2020.10.19 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟が酒気帯び運転で書類送検のFWファビオ、FWペドロ・マンジーと契約解除、社長とGMにも処分

アルビレックス新潟は19日、ブラジル人FWファビオ(23/写真)、スペイン人FWペドロ・マンジー(32)の契約解除を発表した。 事件は9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けたとのこと。事故の発生や逮捕はなかった。 その後任意捜査が行われ、15日に捜査が終了。19日にファビオ、ペドロ・マンジーともに書類送検されることが発表されていた。 ファビオに関しては、酒気帯び運転発生後の明治安田生命J2リーグ第21節から第26節まで6試合に出場していた。 新潟は19日の午前9時から臨時取締役会を開催。両選手を19日付で契約解除することを発表。また、代表取締役社長の是永大輔氏を2020年10 月19日~2020年12月31日にかけて100%の減俸処分。ゼネラルマネージャー兼強化部長の玉乃淳氏を譴責処分とした。なお、玉乃氏も2020年10月19日~2020年12月31日の間の報酬を100%自主返納するとのことだ。 2020.10.19 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡が12連勝で首位浮上! 新潟も2試合ぶり白星で5位へ《J2》

明治安田生命J2リーグ第27節の6試合が18日に各地で行われた。 首位浮上を目指すアビスパ福岡(勝ち点52)は、正田醤油スタジアム群馬に乗り込みザスパクサツ群馬(勝ち点26)と対戦。11連勝と絶好調だが、この日も19位の群馬を押し込む展開となる。まずは6分に2度のCKから立て続けにヘディングシュート。13分には敵陣中央のFKから上島が頭で合わせるが、バーの上に。 その後は攻めあぐねる時間が続き、徐々に群馬の攻撃も形になっていく。それでもゴールレスで迎えた後半、51分にGK村上のロングフィードをつなぎ、右サイドに展開。福満がクロスを上げると、後方から走り込んだ前が右足で丁寧に合わせて、福岡が先制した。 前の今季初ゴールでリードを得たアウェイチームは、54分にはカウンターから遠野がシュートへ。ボックス左から左足で狙ったが、惜しくも右に逸れる結果に。一方で77分には、ボールを奪われた湯澤がボックス内で青木のユニフォームを引っ張ってしまうプレーがあったが、ここは主審からのお咎めなしで胸を撫で下ろす。 結局、虎の子の1点を守り切った福岡が群馬を退け完封勝利。連勝記録を「12」に伸ばし、首位に浮上した。 ケーズデンキスタジアム水戸では、水戸ホーリーホック(勝ち点35)とアルビレックス新潟(勝ち点40)が激突。前節からスタメンを8人変更した水戸に対して、新潟は開始4分に鄭大世が敵陣中央から初シュートを記録する。鳥栖も19分に左サイドの山口がゴールを狙うが、右足から放たれたロングシュートはわずかに左に外れた。その直後には右サイドから上げたクロスが相手に当たってオウンゴールになりかけるが、新潟GK小島がなんとか掻き出した。 試合が動いたのは40分、新潟の左CKのシーンで、高木のクロスをマウロが頭で合わせて先制に成功。1点リードで迎えた後半は、水戸に押し込まれる展開が続いたものの、75分に高い位置からプレッシャーをかけてボールを奪取した中島が、ボックス手前左から左足のミドルシュートを突き刺し、リードを広げた。 その後は90分に奥田のゴールで1点を返された新潟だったが、アディショナルタイムの94分にペナルティエリアでボールを奪った福田が倒されPKを獲得。これを中島が決めて、アウェイで1-3で勝利。5位に浮上している。 そのほか、ホームのNDソフトスタジアム山形で愛媛FCを迎え撃ったモンテディオ山形が、ヴィニシウス・アラウージョの2ゴールなどで4-1で快勝。3連勝で8位に順位を上げている。 ◆明治安田生命J2リーグ第27節 ▽10/18(日) 《14:00》 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 愛媛FC 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-2 大宮アルディージャ ▽10/17(土) 東京ヴェルディ 1-1 栃木SC 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> ジェフユナイテッド千葉 0-0 FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 1-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 松本山雅FC 2020.10.18 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

首位・徳島が甲府に敗戦…上位進出を狙った九州ダービーは痛み分けに《J2》

明治安田生命J2リーグ第27節の5試合が17日に各地で行われた。 首位の徳島ヴォルティス(勝ち点52)はホームに6位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点39)を迎え撃った。9戦負けなしと絶好調の徳島が優位に進めるかに思われたが、組織的な動きで堅い守備を築く甲府に苦戦を強いられる。 すると開始6分、ハイプレッシャーをかける甲府は徳島DFがGKに逃げたパスを奪ってビッグチャンスを演出。こぼれ球を泉澤がボックス中央から流し込みにかかったが、GK上福元がビッグセーブを見せた。 アウェイチームはさらに28分にも、左サイドに流れた泉澤のクロスから、味方の折り返しをドゥドゥが狙ったが、ここでもGK上福元が立ちはだかる。一方、徳島は40分過ぎにセットプレーからジエゴがネットを揺らしたが、オフサイドでゴールは取り消しに。 後半立ち上がりにもビッグチャンスを迎えた甲府は77分、味方のスルーパスで右サイドを突破した松田のクロスを、ドゥドゥが上手く合わせて先制。終盤に中塩が遅延行為を取られ、2枚目のイエローカードで退場するシーンや、アディショナルタイムに相手の河田のシュートが左ポストを叩くシーンなど、転機となりそうな場面が訪れたが、なんとか虎の子の1点を守り切り、2連勝を収めた。 ミクニワールドスタジアム北九州では、3位のギラヴァンツ北九州(勝ち点46)と、同勝ち点で並ぶ4位のV・ファーレン長崎が激突。今節屈指の注目カードだ。 開始30秒で北九州が初シュートを放った九州ダービーは、長崎もお返しに秋野がミドルシュートを浴びせるなど白熱した立ち上がりを見せる。4分には秋田の名倉のドリブルシュートがGKを強襲。その後は北九州が立て続けにシュートを狙っていくが、試合はゴールレスで後半へ折り返す。 長崎の攻勢で進む後半戦、それでも膠着状態が続く中で互いに交代カードを斬りながら活性化を図る。すると76分、北九州は途中出場の新垣から絶妙なスルーパスが前線に通ると、福森の折り返しをディサロ燦シルヴァーノが押し込んで先制に成功。ようやく試合が動いた。 だが長崎もさらに交代カードを切って迎えた88分、左サイドで得たFKの場面で途中出場のルアンがクロスを送ると、足をいっぱいに伸ばしたカイオ・セザールが爪先で合わせて同点に追いついた。 試合はそのまま終了。注目の九州ダービーは1-1の痛み分けに終わり、北九州は7試合未勝利となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第27節 ▽10/17(土) 東京ヴェルディ 1-1 栃木SC 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> ジェフユナイテッド千葉 0-0 FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 1-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 松本山雅FC ▽10/18(日) 《14:00》 モンテディオ山形 vs 愛媛FC 水戸ホーリーホック vs アルビレックス新潟 ザスパクサツ群馬 vs アビスパ福岡 ツエーゲン金沢 vs ジュビロ磐田 京都サンガF.C. vs レノファ山口 ファジアーノ岡山 vs 大宮アルディージャ 2020.10.17 20:26 Sat
twitterfacebook