意外に少ない? ミルナーがPL史上11人目の2クラブでの優勝経験者に

2020.07.24 17:57 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールに所属する元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、2つの異なるクラブで優勝を達成したプレミアリーグ史上11人目の選手となった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。

リバプールは、22日にアンフィールドで行われたプレミアリーグ第37節、チェルシー戦(5-3で勝利)後に、初めて優勝トロフィーとメダルを受け取ることになった。

そして、今シーズンも21試合2ゴール2アシストの数字を残すなど、いぶし銀の活躍で30年ぶりのリーグ制覇に貢献したミルナーは、個人としても偉大な記録を達成することになった。

マンチェスター・シティ時代の2011-12シーズン、2013-14シーズンに2度のリーグ制覇を経験しているミルナーは、今回の優勝によってプレミアリーグ史上10人しか達成していなかった2つの異なるクラブでの優勝達成者となった。

なお、ミルナーが達成する以前ではアルジェリア代表FWリヤド・マフレズが2015-16シーズンにレスター・シティ、2017-18シーズンにマンチェスター・シティで同記録を達成。

さらに、レスター絡みではフランス代表MFエンゴロ・カンテと元ドイツ代表DFのロベルト・フート氏がレスターとチェルシーで達成している。また、出場試合の関係でメダルはもらえなかったものの、元オーストラリア代表GKのマーク・シュウォーツァー氏も同じ組み合わせで記録を達成している。

◆異なるクラブでのPL優勝達成者

1.ヘニング・ベルグ(ブラックバーン/マン・ユナイテッド)
2.アシュリー・コール(アーセナル/チェルシー)
3.ニコラ・アネルカ(アーセナル/チェルシー)
4.カルロス・テベス(マン・ユナイテッド/マン・シティ)
5.ガエル・クリシ(マン・シティ/アーセナル)
6.コロ・トゥーレ(マン・シティ/アーセナル)
7.マーク・シュウォーツァー(チェルシー/レスター)
8.ロベルト・フート(チェルシー/レスター)
9.エンゴロ・カンテ(レスター/チェルシー)
10.リヤド・マフレズ(レスター/マン・シティ)

11.ジェームズ・ミルナー(マン・シティ/リバプール)

関連ニュース
thumb

スールシャール、周囲に忍耐求む 「サンチョは学びの最中」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がイングランド代表FWジェイドン・サンチョに対して、周囲に忍耐を訴えかけた。 今夏にドルトムントから推定移籍金7300万ポンド(約110億2000万円)でユナイテッド入りしたサンチョ。ここまで公式戦5試合で起用され、左右ワイドでプレーしている。だが、現時点でゴール、アシストともになし。かつてマンチェスター・シティに在籍したといえど、初挑戦となるプレミアリーグにやや苦労している印象だ。 移籍金額やドルトムント時代の公式戦137試合50得点64アシストという実績を鑑みると、期待が集まらないわけがなく、物足りなさも感じさせる21歳のイングランド代表ウィンガーだが、スールシャール監督は心配していない様子。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、時間の必要性を説いたという。 「彼は常に学びの最中なのだ。トレーニングでもそうで、我々のやり方を学んでいるところ。プレミアリーグのこともそうだ。もちろん、ドルトムントでチャンピオンズリーグ(CL)の戦い方を心得ている」 「まだ21歳の若い男の子であり、これからどんどん成長していくことだろう。我々が獲得したのは10年、12年、15年先のトップフォワードだと見込んでのもの。その考えは変わってなどいない」 「彼はボールをクリーンに扱うことができて、学ぶ熱意もある。マンチェスター・ユナイテッドに来るのは大きなこと。チャンスが常にあり、世界最高の選手たちとプレーでき、私のもとにいるコーチたちからも素晴らしい指導を受けられるからだ」 2021.09.19 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

コロナ感染で26歳で他界した友へ追悼のゴールパフォーマンス、アストン・ビラFWベイリーが圧巻初ゴール後にメッセージ

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーが亡き友人にゴールを捧げた。 アストン・ビラは18日、プレミアリーグ第5節でエバートンと対戦。前半こそゴールレスで終えたが、後半にDFマテュー・キャッシュのゴールで先制すると、3分後にオウンゴールで追加点を奪う。 さらに6分後、自陣からのロングフィードを独走して受けたベイリーはそのまま落ち着いてGKとの一対一を決めて3点目を奪取。チームは3-0でエバートンを下していた。 ベイリーの移籍後初ゴールにも注目が集まったが、ベイリーはそのゴール後にユニフォームを脱ぎ、メッセージ入りのアンダーシャツを見せる。 そこには、「Forever love Steffi Gregg(永遠にあなたを愛している。ステフィー・グレッグ)」と書かれていた。 このステフィー・グレッグさんは、ジャマイカのダンスホール・プロデューサーであるルヴシアン氏の姪で、父親と兄弟もレーシングドライバーという、ジャマイカでは有名なファミリーの一員だという。また、個人としては『Twitch』の有名ストリーマー、『Instagram』のインフルエンサーとしても知られていた人物だ。 しかし、以前から自己免疫疾患を患っていたステフィーさんは、8月31日にアメリカのマイアミで新型コロナウイルスの合併症により、26歳の若さで急逝していた。 グレッグさんの死には、2日、敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループI第4節、ハンガリー代表戦でゴールを決めたマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングもゴール後に同じメッセージを示していたことでも知られている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ベイリーの圧巻プレミア初ゴール&亡き友への追悼セレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Villa Park, <a href="https://twitter.com/leonbailey?ref_src=twsrc%5Etfw">@LeonBailey</a>! <a href="https://t.co/RpYKWe1bXM">pic.twitter.com/RpYKWe1bXM</a></p>&mdash; Aston Villa (@AVFCOfficial) <a href="https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1439333480744292359?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT-qkglMSz2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT-qkglMSz2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT-qkglMSz2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.19 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

2人のストライカーを比較するトゥヘル「2人のプレースタイルは全く異なる」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が2人のストライカーを比較し、称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 19日にプレミアリーグ第5節のトッテナム戦を控えたチェルシー。現在、公式戦5試合負けなしと好調を維持するクラブはこのロンドン・ダービーを制すと、勝ち点が13となり、暫定首位のリバプールと再び肩を並べる。 そんなチェルシーは今夏の市場でインテルからベルギー代表FWロメル・ルカクを再獲得。より逞しくなり、帰ってきたストライカーの活躍もあり、チームは好調を維持している。 試合に先駆けた会見に出席したトゥヘル監督はそのルカクとマンチェスター・シティ行きが取り沙汰されながら、最終的にトッテナム残留を決意したイングランド代表FWハリー・ケインを比較。「2人は全く違う」と語り、両選手を称えた。 「ロメルはもう少し高い位置でプレーし、フィジカルも強い。一方、ハリー・ケインは10番のポジションやポケットに入っていて、ターンしたり、アシストするのが好きな選手だ。彼はアクションを起こすという点に長けていて、彼の周りにはソン・フンミンのように優れたパフォーマンスを発揮し、決定的な役割を果たす選手もいる。彼がボールを持てば、世界で最も危険な選手の1人として攻撃を終わらせることができる」 「2人のプレースタイルは全く異なるが、1つだけ大きな共通点がある。それは2人とも決定的なゴールを決めることができるということだ。彼らは点を取ることが大好きで、プレーすると、だいたい点を取るし、そのためにアップしているのだからね」 「2人とも5歳か6歳でサッカーを始めたときから持っていた感覚だと思う。彼らはゴールを決めるために生まれてきたのであって、もしゴールを決められなければ、彼らは十分に満足できないだろう」 またトゥヘル監督は、ルカクがチームにもたらす影響についても満足していると語った。 「彼らはドレッシングルームや雰囲気、周りの若い選手に影響を与えるが、それは彼らがどのように行動し、どのようにトレーニングするかという点でお手本になるからだ。彼がどのようにプレッシャーを対処するか、ドレッシングルームでどのように仲間と話すか、これらすべてが大きな効果をもたらし、若い選手たちの肩の荷を下ろしてくれることを願う。それが彼を迎え入れたことを嬉しく思う理由でもあるよ」 2021.09.19 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安健洋のパフォーマンスが認められる? 試合後に座り込む中、チームメイトが集まりサポート

アーセナルでの2試合目も高いパフォーマンスを見せた日本代表DF冨安健洋だが、その活躍はチームメイトにも響いたようだ。 アーセナルは18日、プレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦した。 開幕3連敗、さらに無得点と最悪なスタートを切ったアーセナル。今夏は大金を投じて将来を担う若手選手を大量に獲得。その中で最後に獲得されたのが冨安だった。 移籍決定後、すぐに日本代表活動に合流した冨安は、11日に行われたノリッジ戦に先発出場。合流から2日での試合出場となったが、高いパフォーマンスを見せてチームの勝利に貢献していた。 2試合連続での先発となったバーンリー戦。この試合でも右サイドバックで先発出場すると、ノリッジ戦とは違い攻撃参加の回数は少なかったが、フィジカルを前面に押し出す古き良きイングリッシュスタイルのバーンリーに対して圧巻の対応。空中戦勝率100%を記録するなど、守備面で大きな結果を残し、チームの2試合連続クリーンシートでの勝利に貢献していた。 目立った見せ場こそ無かったものの、堅実なプレーでファンの心を鷲掴みにしている冨安。自身初のプレミアリーグフル出場も経験したが、そのつけが試合後に回ってきてしまった。 試合終了とともに、連勝を喜ぶチームメイトたち。その輪には冨安の姿がなかった。 実は、ハードなバーンリー相手に守備で奔走した冨安は、試合終了とともにピッチに座り込んでいたため、中の輪に加われず。しかし、それを見つけたチームメイトたちが近寄ってきて、声をかけ、冨安を立ち上がらせ、その後に熱い抱擁を交わしていた。 バーンリー戦に関しては、今夏加入したイングランド代表DFベン・ホワイトが軽率なプレーであわやというシーンと何度か作っており、それと比較して冨安を絶賛する声が相次いでいる。 デビューしてたった2試合だが、冨安の存在はアーセナルファンの中で確実に大きくなっていっている。チームメイトからの信頼が厚くなる日も、そう遠くなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】出色のパフォーマンスを見せた冨安健洋をチームメイトが心配し手助け</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal players straight over to Tomiyasu at full time who is limping - a tireless shift from him and the <a href="https://twitter.com/hashtag/AFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFC</a> players today. <a href="https://t.co/VeejpwYh1R">pic.twitter.com/VeejpwYh1R</a></p>&mdash; Chris Wheatley (@ChrisWheatley_) <a href="https://twitter.com/ChrisWheatley_/status/1439256499004575750?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.19 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ドヤ顔?困惑? スーパーボレーが話題のナビ・ケイタ、レジェンド彷彿のパフォーマンスの方が話題に

リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタのスーパーゴールとパフォーマンスが大きな話題となっている。 リバプールは18日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスをホームのアンフィールドに迎えた。 ここまで3勝1分けと無敗のリバプール。一方で、前節はトッテナムに3-0と快勝したクリスタル・パレスの一戦。試合は拮抗した展開で進むが、43分にサディオ・マネのゴールでリバプールが先制する。 後半もクリスタル・パレスが粘るが、78分にモハメド・サラーが追加点。リバプールが試合を優位に進める。 すると88分にその時が訪れる。右CKを得たリバプールは、ゴール前にクロスを送るとGKビセンテ・グアイタがパンチング。するとボックス手前に待っていたケイタが落下点に入り、左足でダイレクトボレー。このシュートがしっかりミートすると、ゴール右に強烈に突き刺さり、3-0とした。 完璧すぎるボレーシュートにケイタはドヤ顔パフォーマンス。かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたレジェンドであるエリック・カントナ氏が華麗なドリブル突破から最後はループシュートを決めた後に披露したもののオマージュだと話題になった。 シュートの凄さも話題となったが、このパフォーマンスも大きな話題に。「カントナのセレブレーションを自分なりにアレンジした」「カントナよりカントなのパフォーマンスを上手くやっている」などの声が集まった。また、あまりにも完璧なボレーに驚いているのではないかというコメントも集まり「彼は自分がボレーでゴールを決めたことを信じられていない」、「なぜ観客が突然祝い出したのか不思議に思っている」と、その表情を困惑と捉えるファンもいた。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】まるでカントナ!ケイタが圧巻ボレーにドヤ顔パフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Beautiful goals deserve beautiful angles <br><br>Take a bow, Naby Keita <a href="https://t.co/iQki2WXMb6">pic.twitter.com/iQki2WXMb6</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1439335922802192387?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Even Naby Keita looked confused after he scored an incredible volley <a href="https://t.co/mYKmOsBZ8f">pic.twitter.com/mYKmOsBZ8f</a></p>&mdash; ESPN UK (@ESPNUK) <a href="https://twitter.com/ESPNUK/status/1439260186926096390?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/89GZzzL0pa">pic.twitter.com/89GZzzL0pa</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1439262410678939649?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.19 17:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly