マルセイユがドルトムントのアルゼンチン代表DFバレルディを買取OP付きのレンタルで獲得

2020.07.22 11:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは21日、ドルトムントのアルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。買い取りオプション付きの1年契約となる。バレルディは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2019年1月にドルトムントへ完全移籍。2018-19シーズンはブンデスリーガでの出場はなかったものの、今シーズンは7試合に出場。チャンピオンズリーグでも1試合に出場していた。

センターバックを主戦場としながら、ボランチでもプレー可能。アルゼンチン代表としても2試合でプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

現役最高クラス FKの名手パイエが至近距離から決めた高速弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、マルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆FKの名手パイエが至近距離から決めた高速FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFNUs4NzlhUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ビッグクラブでの在籍経験はないものの、マルセイユや2015-16シーズンに在籍したウェストハムでワールドクラスの活躍を見せているパイエ。中でもFKには目を見張るものがあり、現役最高クラスと言っても過言ではないだろう。 2018年2月6日に行われたクープ・ドゥ・フランス3回戦のブール・ペロンナ戦では、難しい至近距離からのFKも見事に決めている。 1-0で迎えた13分、マルセイユはゴール正面の位置でFKを獲得する。ゴールまでは約20mと至近距離からのキックとなったが、パイエは相手の壁のわずか上を射抜くと、ボールはスピードを保ったまま、ゴール右へ突き刺さった。 相手の壁がジャンプしなかったこともあるが、完璧な高さに撃ちぬくパイエの技術はお見事。マルセイユは格下相手にその後もゴールを量産し、9-0の大勝を収めている。 2020.09.18 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

乱闘騒ぎ、5人退場でもマルセイユ陣営は大喜び! PSG戦は栄誉ある勝利だった

乱闘騒ぎにまで発展し、大きな注目を集めているパリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユの“ル・クラスィク”だが、この試合はマルセイユにとってはとても大きな意味のある一戦だった。 13日に行われたリーグ・アン第3節、PSGvsマルセイユは、0-1でアウェイのマルセイユが勝利。終了間際に両軍合わせて5名が退場する乱闘騒ぎばかりに注目が集まってしまったが、マルセイユ、そしてアンドレ・ビラス=ボアス監督にとっては、栄誉ある勝利だった。 <div id="cws_ad">◆歓喜の輪に長友佑都の姿も! PSG撃破、ロッカールームで歓喜爆発<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzZTZobFRsWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> まず、マルセイユにとって、リーグ・アンでPSGに勝利したことは、およそ9年ぶりの出来事。2011年11月を最後に、16試合で勝利できず(3分け13敗)、“ル・クラスィク”での不名誉な記録に終止符を打っていたのだ。 過去10シーズンで8度優勝しているPSGだが、マルセイユでも手が付けられなかった状況。しかし、それに終止符を打てたということは、PSGの連覇を止めるだけでなく、マルセイユとしても2009-10シーズン以来のリーグ優勝を達成できる可能性もあるだろう。 そして、ビラス=ボアス監督にとっても栄誉ある勝利だった。2019-20シーズンから指揮を執るビラス=ボアス監督だが、このPSG戦がリーグ・アンで30試合目の指揮に。この勝利で18勝8分け4敗の成績となったが、この勝率60%はマルセイユの監督として、就任から30試合での成績で史上最高の勝率を誇ることとなった。 これまでもルディ・ガルシアやマルセロ・ビエルサ、ディディエ・デシャンなど、様々な監督が指揮をしてきたが、ビラス=ボアス監督が最初の30試合に関しては、最高の監督に輝くこととなったのだ。 ちなみに、この試合は開始7分に日本代表DF酒井宏樹へイエローカードが提示されたことを皮切りに14枚のイエローカードと3枚のレッドカードが提示されていたが、これは21世紀のリーグ・アンにおいて最多記録とのこと。最終的に乱闘にまで発展してしまったが、それも致し方ない激しい試合だったことも数字で示されている。 2020.09.17 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

VARで退場のネイマールは最大3試合の出場停止、PSGvsマルセイユでの乱闘で最も重い処分はPSGのクルザワで6試合

フランス・プロリーグ機構(LFP)は16日、懲戒委員会を開き、パリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユで起こった乱闘事件への処分を発表した。 13日に行われたリーグ・アン第3節、PSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”では、マルセイユが0-1で勝利していた。しかし、この試合は開始7分に日本代表DF酒井宏樹へイエローカードが提示されたことを皮切りに、両チーム合わせて14枚のイエローカード、3枚のレッドカードが提示され、合計5名が退場する荒れた試合となってしまった。 LFPは今回の試合での処分を決定。乱闘から派生して互いに蹴り合っていたPSGのDFレイヴァン・クルザワとマルセイユのDFジョルダン・アマヴィは重い処分が下され、クルザワは6試合、アマヴィは3試合の出場停止処分を受けることとなった。 また、人種差別発言があったためにDFアルバロ・ゴンサレスの頭を殴り、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入して一発退場となっていたFWネイマールは2試合の出場停止処分に加え、出場停止明けの試合で反則行為を行なった場合は1試合の出場停止が追加されることとなる。この処分は、発端を作ったPSGのMFレアンドロ・パレデスにも適用される。 マルセイユ側は、パレデスと競り合って退場処分となったMFダリオ・ベネデットが1試合の出場停止となった。 なお、ネイマールが主張している人種差別問題については引き続き調査を行うとのこと。また、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが唾吐き行為を行なっていたことに関しても調査を続けると発表している。 2020.09.17 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

電話番号が晒され殺害予告も、ネイマールへの人種差別疑惑のマルセイユDFが被害者に

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが人種差別発言を受けたと主張するマルセイユのスぺイン人DFアルバロ・ゴンサレスだが、殺害予告を受けているようだ。 13日、リーグ・アン第3節、PSGvsマルセイユとの“ル・クラスィク”が行われ、マルセイユが0-1で勝利。PSGは開幕2連敗という屈辱を味わった。 しかし、その結果以上に注目を集めたのが試合終了間際に起こった騒ぎ。両チーム合わせて5名が退場処分となり、後味の悪い試合となった。 この場面でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により退場処分となったネイマールだが、自身が人種差別発言を受けたと主張。その相手がアルバロであり、後頭部を殴った理由を語っていた。 PSGはこのネイマールの主張を支持し、調査が進むためのサポートをすると声明を発表したが、マルセイユもこの件に対して声明を発表。アルバロが人種差別を行なっていないと主張した中で、予想以上の事態に発展していることを明かした。 「アルバロ・ゴンサレスは人種差別主義者ではありません。チームメイトがすでに証言しているように、クラブに加入して以降、彼は日々の行動でそのことを示しています。クラブはこの議論に関わるすべての出来事とその前の24時間に起きた調査に全面的に協力し、懲戒委員会の裁量に任せます」 「この論争は深刻であり、すでに深刻な結果をもたらせています。クラブは、アルバロ・ゴンサレスとその親族の私的な電話番号がブラジルのメディアやソーシャルネットワークに一夜で広まったことを非難し、殺害予告を含む不快な嫌がらせを引き起こしています」 「マルセイユはその歴史とマルセイユの街の歴史、スタンドの多様性、そしてそれがもたらす絶え間ない闘争を考えると、フランスのプロスポーツにおける反人種差別の象徴です。常にこの惨事を根絶することを目指しています。選手は、フィールド内外で日々の取り組みでそれを実証します」 人種差別があったかどうかは現在調査中だが、アルバロが“クロ”だと判定した心無い人物が電話番号を晒したことで、本人や親族が命の危険に晒されることに。調査結果がどうであれ、個人情報を晒した行動は許されるべきではないだろう。 2020.09.15 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

退場ネイマール、マルセイユDFの人種差別を主張 「アイツの顔を殴らなかったことが唯一の後悔」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、自身の退場の引き金となったマルセイユのスぺイン人DFアルバロ・ゴンサレスの人種差別発言を主張している。フランス『レキップ』など複数国内メディアが伝えている。 PSGは13日に行われたリーグ・アン第3節、マルセイユとの“ル・クラスィク”に臨み、0-1で敗戦した。 同試合では王者PSGのリーグ連敗という結果以上に、試合終盤に起こった両軍合わせて5人の退場者を出した小競り合いが話題の中心に上がることになった。 その中でアルバロの後頭部を殴打したとして退場となったネイマールだが、同選手がその行為に至った背景にはスペイン人DFによる人種差別発言があった可能性があるようだ。 同試合後、フランス『Telefoot』で働く国内屈指のジャーナリストであるグレゴワール・マルゴットン氏は、ネイマールが周囲に対して、アルバロから「いいかげん口を閉じろ、汚い猿め!」との人種差別発言を受けたと主張していることを伝えた。 また、試合中にもネイマールはフォースオフィシャルに対して、同選手の人種差別発言を幾度も訴えており、退場を言い渡された際にはタッチライン際のカメラに向かって、「アイツ(アルバロ)がレイシストだから、俺は殴った」と叫んでいた。 なお、ネイマール自身は試合後に自身の公式『ツイッター』を通じて、「アイツの顔を殴らなかったことが唯一の後悔」と、前述の主張を裏付けるコメントを残している。 これに対して、アルバロは人種差別発言を否定しており、マルセイユを率いるアンドレ・ビラス=ボアス監督も、「もし事実であれば、全く受け入れられないことだが、私は事実だとは思わない」と、その可能性を否定している。 2020.09.14 13:42 Mon
twitterfacebook