マルセイユがドルトムントのアルゼンチン代表DFバレルディを買取OP付きのレンタルで獲得

2020.07.22 11:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは21日、ドルトムントのアルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。買い取りオプション付きの1年契約となる。バレルディは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2019年1月にドルトムントへ完全移籍。2018-19シーズンはブンデスリーガでの出場はなかったものの、今シーズンは7試合に出場。チャンピオンズリーグでも1試合に出場していた。

センターバックを主戦場としながら、ボランチでもプレー可能。アルゼンチン代表としても2試合でプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

「浦和の柏木にも感心した」ビラス=ボアス監督、上海上港時代に対戦した浦和レッズも記憶に

マルセイユのポルトガル人指揮官であるアンドレ・ビラス=ボアス監督が、日本メディア向けに「オンライン メディアラウンドテーブル」を開催した。 現在は日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都が在籍するマルセイユで2シーズン目の指揮を執っているビラス=ボアス監督。今シーズンはリーグ・アンの他、チャンピオンズリーグ(CL)も戦っており、27日にはマンチェスター・シティとの一戦を終えたばかりだった。 これまでは、ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、そして上海上港と世界各国を渡り歩いて指揮をしてきたビラス=ボアス監督。かねてから日本についても強い関心を示していることを公言してきた。 およそ1時間半にわたって様々なことを語ってくれたビラス=ボアス監督。監督としての考え方や、日本人選手についてなどを語った。 ビラス=ボアス監督は2005年に初来日したとのこと。「2005年に初めて来日した。東京や大阪に行き、日本文化に初めて触れて興奮したのを覚えている」と日本に好印象を持ったとのこと。さらに「大阪に行って、力強さを感じた。大阪で有名なたこ焼きを食べて美味しかった」「銀座、渋谷の交差点にも行った」と日本食や文化も楽しんだようだ。 また、中国スーパーリーグの上海上港の監督を務めていた2017年では、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で来日。浦和レッズとグループステージ、そして準決勝で合計4度対戦した。 浦和の選手についても印象に残っているようで、「日本を代表する選手、槙野(智章)、興梠(慎三)、遠藤(航)、青木(拓矢)を覚えている」とコメント。また当時指揮していたミハイロ・ペトロヴィッチ監督との親交もあるようで、「当時監督はペトロヴィッチ氏で、今は札幌で監督をしていると思う。その時に連絡先を交換し、今でも連絡を取っている」とコメントした。 また、日本人選手を高く評価しており「浦和と試合をした時に日本の選手について色々な知識を知ることができた。プロフェッショナリズム、試合に臨む姿勢、テクニック、スピードは素晴らしかった」とコメント。「浦和の柏木(陽介)にも感心した記憶がある」と、ゲームメーカーの柏木陽介の名前も挙げていた。 また、現在の日本代表選手についても語り、「今では、日本の久保(建英)、伊東(純也)、南野(拓実)は素晴らしいと思うし、優秀だと知っている」と、今の日本代表選手もチェックしているようだ。 長友と酒井については現在マルセイユで指導しているが「素晴らしい選手だと思っている」とコメント。「ずっと試合に出続けているし、2人ともアスリートとして素晴らしい」と語り、「試合についてや準備について、相手についても話すが、プロフェッショナルで評価も高い」と、良い関係を築いているようだ。 30日に予定されていたリーグ・アン第9節のRCランス戦が、ランスでのクラスター発生により中止となった。 この試合では長友が出場する予定だったようで、「長友は次の試合で出場する予定だったが、残念ながら相手がコロナウイルスに感染した結果中止となった。酒井のサスペンデットは続くので、次のストラスブール戦で出場することになるだろう」と語り、この先出場機会が増えていくことを示唆した。 日本人の特徴についてもコメント。性格面では「鍛錬でトレーニングに非常に集中する。 日本人としてのパーソナリティから来ているものだと思うし、100%をトレーニングでも試合でも発揮することは素晴らしい」とコメント。技術面では「ディフェンスの日本人しか指導していないが、両選手いる中でスピードもテクニックもある。そして、予測する能力が高い」と予測力が高いことを評価していた。 2020.10.29 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「ロシアW杯前に連絡があった」ビラス=ボアス監督が過去に日本代表監督就任に迫ったと明かす

マルセイユのポルトガル人指揮官であるアンドレ・ビラス=ボアス監督が、日本メディア向けに「オンライン メディアラウンドテーブル」を開催。多くの質問に応えた。 現在は日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都が在籍するマルセイユで2シーズン目の指揮を執っているビラス=ボアス監督。今シーズンはリーグ・アンの他、チャンピオンズリーグ(CL)も戦っており、27日にはマンチェスター・シティとの一戦を終えたばかりだった。 これまでは、ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、そして上海上港と世界各国を渡り歩いて指揮をしてきたビラス=ボアス監督。かねてから日本についても強い関心を示していることを公言してきた。 日本代表の監督について質問されると「まず。日本の監督について尊敬している。そして、マルセイユとの契約があり、これからもマルセイユで頑張っていきたい。JFAも日本代表の監督と契約しており、素晴らしい仕事をしていると思う」とコメント。現在日本代表を率いる森保一監督へ敬意を払った中、過去には就任オファーがあったことを明かした。 「かなり昔だが、ロシア・ワールドカップ前に日本の監督が解任されたが、その時に私に連絡があった。JFAから話があったが、そういった話があったこと自体が光栄なことだ」 なお、現時点ではそういった話はないものの「万が一そう言った話があったら光栄なことだ」とコメント。将来的なオファーは考える可能性があるようだ。 また、Jリーグクラブについては会話をしたことはあるが、具体的なオファーをもらったことはない」とコメント。「今まで2クラブと話したが、それが成熟してオファーにはなっていない。そのタイミングがどちらかで一致しなかった」と語り、オファーはなくとも関心が寄せられたことがあったと話した。 日本で指揮をするならという質問には「タイトルを取ること、勝つことが好きなので、そういった能力があるチームが良い」と語り、タイトルを目指せるチームを希望。「それ以外の点でも人、人材、インフラが整っているか」と環境面も語り、「自分のポジションが安定していることが大切」だと語った。 2020.10.29 17:02 Thu
twitterfacebook
thumb

RCランスのクラスター発生を受け、リーグ・アン第9節のマルセイユvsRCランスが延期に

リーグ・アンを統括するフランス・プロリーグ機構(LFP)は28日、30日に予定していたリーグ・アン第9節のマルセイユvsRCランスを延期することを発表した。 今回の決定は、RCランスで新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が出たことを受けてのもの。RCランスでは、月曜に行ったPCR検査でトップ選手11人とスタッフ7人に新型コロナウイルスの陽性反応が見つかっていた。 LFPは、RCランスの発表を受け、2020-21シーズンの試合開催におけるプロトコルに従って、上記の試合日程の延期を決定した。なお、代替日などについては明らかにされていない。 現在、ヨーロッパは新型コロナウイルスの第二波に見舞われている。フランスでは、21日から4日間連続で1日の新規感染者数が過去最多を更新しており、25日には52000人を記録していた。 2020.10.29 08:25 Thu
twitterfacebook
thumb

現地紙がシティ戦3失点の酒井宏樹を酷評「フォーデンとジンチェンコが背後で宴を開いた」

マルセイユは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節でマンチェスター・シティと対戦した。 試合は序盤から導権をシティに握られたマルセイユが、守勢一方にまわる展開に。前半にバックパスのパスミスからシティに先制を許すと、その後もマルセイユが押し込まれる展開が最後まで続き、後半にも2失点を許したマルセイユが0-3とシティに惨敗した。 <div id="cws_ad">◆名門マルセイユで活躍を続ける酒井宏樹のリーグ・アン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCclNKT0NRaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 日本代表DF酒井宏樹は、[5-3-2]と守備的な布陣を採用したマルセイユの右のウイングバックで先発フル出場していたが、3失点の惨敗に現地メディアからは酷評を受けている。 フランス『Foot Mercato』は試合後のレーティングで、酒井にチーム最低タイとなる「3」の評価を付け、「フォーデンへのマークも、攻撃参加してきたジンチェンコへのマークも遅く、彼らが背後で宴を開いていた」と守備面でのパフォーマンスを痛烈に批判。「後半に入り、攻撃面ではやや存在感を見せていたが、限界が見えていた」「ここ数ヶ月、マルセイユサポーターは彼のパフォーマンスに苛立ちを覚えていたが、今日の試合では信頼を回復することはできない」と寸評を付けている。 ただし、酒井の出来だけが悪かったわけではなく、ホームでの0-3という一方的な敗戦ということもあり、孤軍奮闘の活躍を見せて「6」の評価を得たDFアルバロ・ゴンサレス以外、酒井を含む守備陣は全員「3」の評価を受けている。 久々のCL出場を果たしたものの、これで2連敗と幸先の悪いスタートとなったマルセイユは、グループ内唯一の勝ち点0で最下位に沈んでいる。リーグ戦ではここまで8試合を戦い4勝3分1敗の4位につけるなど、調子は悪くないだけに、CLでの今後の復調に期待だ。 2020.10.28 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

パフォーマンス称えるもシティ相手に3失点黒星を語るビラス=ボアス監督「ミスの代償を払うこととなった」

マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 マルセイユは27日、チャンピオンズリーグ (CL)グループC第2節でシティと対戦。18分にフェラン・トーレスに先制ゴールを許すも、その後は粘り強く戦い失点を許さない。 後半も粘り強く戦っていが、76分にイルカイ・ギュンドアン、81分にラヒーム・スターリングにゴールを許し、0-3で敗戦となった。 ビラス=ボアス監督は、シティ戦を振り返り、2点目が難しくしたとコメント。選手たちのパフォーマンスは悪くなかったと語った。 「2つ目のゴールは、状況を好転させ始めていた我々にとって大きな打撃となった。前半はシティのプレスを回避するのに苦労し、パスの精度も悪く、1-0となってしまった」 「プレーするのが難しい試合だった。そして、我々はミスの代償を払うこととなった」 「あまり深い位置で守らなかった。そして、選手たちは素晴らしいプレーを見せた」 「3-4-3や中盤をダイヤモンドにしてシティと対戦することは決してなかった。彼らは5人で守られることに慣れていると思う」 2020.10.28 11:30 Wed
twitterfacebook