昨季限りで讃岐退団の長澤拓哉、新天地は品川CC横浜に

2020.07.17 19:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カマタマーレ讃岐は17日、DF長澤拓哉(27)の移籍先決定を報告した。松本山雅FC U-15出身の長澤は創造学園高校、龍谷大学を経て、2017年に讃岐入り。昨季は明治安田生命J3リーグ10試合に出場したが、シーズン終了後に契約満了で退団した。

長澤の新たな活躍先は神奈川県社会人サッカーリーグ1部の品川CC横浜に。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「はじめまして。品川CCに加入することになりました長澤拓哉です。ビジネスマンとフットボーラーという新しい挑戦を品川CCと共にできることを嬉しく思います。チームの目標達成のために自分の力を発揮し、チームと共に自分自身も成長していきたいと考えています。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

讃岐の韓国人MFチョン・サネが本人希望で帰国、双方合意の下で契約解除

カマタマーレ讃岐は28日、韓国人MFチョン・サネ(21)の退団を発表した。 クラブの発表によると、チョン・サネ本人から帰国希望を受け、双方合意の下で契約を解除したとのことだ。 チョン・サネは、鈴鹿アンリミテッドFCやFC岐阜でプレーし、今シーズンんから讃岐に加入。明治安田生命J3リーグで3試合に出場していた。 2020.08.28 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐、韓国人DFキム・ホヨンの加入決定を発表! 背番号は「28」

カマタマーレ讃岐は27日、韓国人DFキム・ホヨン(22)の加入決定を発表した。背番号は「28」に決定している。 キム・ホヨンは身長187cm、体重75kgで、これまで木浦市庁FC(韓国)やサムットプラカーン・シティFC(タイ)でプレー。讃岐加入を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ファン・サポーターの皆様はじめまして、今シーズンより加入することになりましたキム・ホヨンです。得意なプレーはビルドアップや縦パスです。カマタマーレ讃岐のJ2昇格のために一生懸命頑張ります」 2020.03.27 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐、岐阜退団のMFチョン・サネを獲得! 昨季はJFLでプレー

カマタマーレ讃岐は10日、韓国人MFチョン・サネ(20)を獲得したことを発表した。背番号は「29」を着用する。 2018年に韓国の中京高等学校からFC岐阜に入団したチョン・サネは昨シーズン、日本フットボールリーグ(JFL)に所属する鈴鹿アンリミテッドFCへ期限付き移籍。JFLで9試合に出場していたが、シーズン終了後に契約満了で岐阜を退団していた。 讃岐でプレーすることが決まったチョン・サネはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「カマタマーレ讃岐に加入することができたことを本当に嬉しく思います。チームのために、一生懸命プレーをしたいと思います。よろしくお願いします」 2020.03.10 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

讃岐、阪南大学MF長谷川隼の2020シーズン加入内定を発表

カマタマーレ讃岐は21日、阪南大学に在学するMF長谷川隼(22)の2020シーズン加入内定を発表した。背番号は6番に決定している。 神奈川県出身の長谷川は、幼少期からユース世代まで川崎フロンターレの下部組織でプレー。その後、進学した阪南大学では、センターバックとして出場を重ね、キック精度を武器にチームへ貢献した。 今シーズンから讃岐で戦うことが決まった長谷川は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「阪南大学から加入することになりました長谷川隼です。カマタマーレ讃岐の力になれるように全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします」 2020.02.21 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季限りで讃岐退団のDF荒堀謙次が現役引退…横浜FC、栃木、湘南、山形でもプレー

カマタマーレ讃岐は3日、昨シーズン限りで退団したDF荒堀謙次(31)の現役引退を発表した。 同志社大学出身の荒堀は、2011年に入団した横浜FCでプロキャリアをスタートした。その後、栃木SCや湘南ベルマーレ、モンテディオ山形でプレーし、2018年には讃岐へ完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで19試合に出場した。 なお、キャリア通算ではJ1リーグで2試合、J2リーグで144試合9得点、J3リーグで19試合の数字を残している。 現役引退を決断した荒堀は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2019シーズンをもって引退することを決めました。これまでサッカーを続けてこられたのも周りからの多くの支えがあったからこそです。たくさんの方々と出会い、色々な考えを知り学ぶことができました。思い返せば小さなことから大きな出来事まで、語りきれないぐらいの喜怒哀楽を感じることができ、充実した時間を過ごすことができました」 「そんなプロ生活を離れてしまうのはとても寂しいですが、これまでの全てが僕にとっての大きな経験となり財産です。そしてこの決断に至るまで最後の最後まで悩み、たくさんの方々に助けられました。僕に関わるすべての方に感謝します、ありがとうございました」 「今後は地元・滋賀県でスクールコーチをします。これまでの経験を活かして滋賀県とサッカーへ貢献していきたいと考えています。そして更に自身を成長させていけるように努力していきたいと思います。これからも皆さんとサッカーを通して関われる事を楽しみにしています」 「最後になりますが横浜FC、栃木SC、湘南ベルマーレ、モンテディオ山形、カマタマーレ讃岐のファン・サポーターの皆様、いつも応援して下さりありがとうございました」 2020.02.03 12:30 Mon
twitterfacebook