元神戸のポドルスキ、“心のクラブ”への復帰は?

2020.07.13 22:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてはヴィッセル神戸でもプレーした元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(35)だが、心のクラブへ戻る可能性があるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。幼少期を過ごしたケルンの下部組織で頭角を現したポドルスキは、2003年11月にトップチームへ昇格。得意の左足から強烈なキックを武器にその名を馳せると、2006年7月にはバイエルンへと完全移籍。一度ケルンへと復帰するも、その後はアーセナル、インテル、ガラタサライと渡り歩き、2017年7月にJリーグのヴィッセル神戸へと加入した。

◆ポドルスキ、インテルで決めた強烈な左足

Jリーグでもその実力を発揮するも、2020年1月をもって退団。トルコのアンタルヤスポルへと完全移籍していた。

トルコではスュペル・リグで9試合に出場し2ゴール3アシストを記録しているポドルスキ。しかし、かねてから口にしていたケルンへの復帰の可能性があるようだ。

「僕のキャリアが終わった後、最初の1カ月は仕事をする必要がない。ケルンとのオプションがあるが、単一のオプションではない。まだ契約はしていないし、問題は未解決だ。オファーとポジションは一致している必要がある」

ケルンとポドルスキは神戸から移籍する際に話し合いを持っていたとのこと。短期的な契約を結び、ポドルスキの引退後はクラブと長期契約を結ぶことで合意していた。

しかし、世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が状況を変えたとのこと。ポドルスキも「コロナに関して、他の懸念があったと僕は理解している」と語り、当初の予定通りにはいかなくなったようだ。

それでもポドルスキとケルンの関係は深く、いずれ復帰することは間違いなさそう。あと1年はトルコでプレーすることになりそうだが、もしかしたら前倒しで復帰する可能性もあるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田PK獲得も決定機逸… フランクフルトはケルンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第4節でケルンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦で今季初ゴールを決め、チームの2連勝に貢献した鎌田。日本代表ではコートジボワール代表戦で先発し、随所に好プレーを見せた。その鎌田が長谷部と共に開幕4試合連続先発となった。 3連敗スタートのケルンに対し、[3-5-2]を継続したフランクフルトは鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。 そのフランクフルトが圧力をかける入りとし、6分にはアンドレ・シウバが決定的なシュートを放つ。しかし、徐々に膠着状態に陥ってしまった中、29分にようやくアンドレ・シウバがオンターゲットのミドルシュートを記録。だが、ハーフタイムにかけても動きの少ない展開で推移した。 そんな中44分、ドストのパスに反応した鎌田がボックス左に侵入。ボルナウに倒されると、主審はノーファウルの判定を下したが、VARの末にPK判定に覆った。そしてこのPKをアンドレ・シウバが決めてフランクフルトが先制し前半を終えた。 迎えた後半、開始4分に鎌田に決定機。しかし、右クロスをダイレクトで合わせにかかるも、シュートは空振りに終わってしまった。 すると52分、フランクフルトは同点に追いつかれてしまう。エヒジブエに右サイドを突破されてクロスを送られ、最後はフリーのドゥダにボレーで蹴り込まれた。 続く63分には逆転の大ピンチを迎えるも、ドゥダのヘディングシュートはGKトラップがビッグセーブで凌いだ。 流れの悪いフランクフルトは新戦力のユネスを左サイドに投入。すると70分、カウンターからドストがGK強襲のシュートを浴びせた。さらに鎌田のCKからA・トゥーレが際どいヘディングシュートを放った。 そして78分には決定機。鎌田がボックス右からクロスを折り返し、これを受けたユネスがシュートに持ち込んだが、DFの好ブロックに阻まれた。 終盤にかけてはフランクフルトが攻勢に出たが、1-1で終了。フランクフルトは勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2020.10.19 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ケルン主将ヨナス・ヘクターが個人的な理由でドイツ代表引退、通算43試合出場

ドイツサッカー連盟(DFB)は、ケルンでキャプテンを務めるDFヨナス・ヘクター(30)がドイツ代表から引退したことを発表した。 ヘクターは、アウエルスマッハーというドイツの下部リーグのチームでキャリアをスタート。2010年7月にケルンのセカンドチームに加入すると、2012年7月からはファーストチームでプレーしていた。 これまでケルンでは、公式戦255試合に出場し19ゴール18アシストを記録。ブンデスリーガでも149試合でプレーし9ゴール11アシストを記録していた。 ドイツ代表としては、世代別の代表チームではプレーしたことがなく、2014年11月に初招集。ジブラルタル代表とのユーロ2016予選でデビュー。以降、左サイドバックや左サイドハーフとしてコンスタントに招集されていた。 昨年11月19日に行われたユーロ2020予選の北アイルランド代表戦にフル出場し2アシストの活躍。この試合がドイツ代表での最後のプレーとなった。 ドイツ代表通算で43試合に出場し3ゴール12アシストを記録。ユーロで6試合、2018年のロシア・ワールドカップでも2試合でプレーしていた。 ドイツ代表のディレクターを務めるオリバー・ビアホフ氏は、ヘクターの引退についてコメントしている。 「ヨナス・ヘクターの決定に敬意を表する。彼のすべての運動能力に加え、我々は常に彼の素晴らしい性格、冷静さ、信頼を大切にしてきた」 「ヨナスはまた、よく反省していた。彼とはピッチ外のことも話すことができた。自身の立ち位置を認識し、チームがもつ価値観を守り続けてきたことを忘れない。キャリアを終えた後、我々はいつでも歓迎する。ケルンでの今後のタスク、そして個人としても彼に最高の幸せが訪れることを祈る」 なお、ヨアヒム・レーブ監督には9月の初めに個人的な会話として代表引退を報告していたとのこと。クラブにも伝えていたとのことだ。 2020.10.16 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

エドムンドソン弾で逃げ切ったビーレフェルトが今季初勝利!堂安は73分までプレー《ブンデスリーガ》

堂安律の所属するビーレフェルトは26日、ブンデスリーガ第2節でケルンとホームで対戦し、1-0で勝利した。堂安は73分までプレーした。 12シーズンぶりのブンデスリーガ初戦となった前節のフランクフルト戦をドローで終えたビーレフェルトは、その試合の先発からデ・メディナに代えてC・ブルナーを起用。堂安は公式戦3試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、最初の決定機はビーレフェルトに生まれる。39分、右CKのクリアボールをバイタルエリア中央で拾ったルコキがロングシュートでゴールを狙ったが、これはGKホルンが左手で弾き出した。 対するケルンは42分、左サイドで獲得したFKからドゥダがボックス内に高速クロスを供給すると、ゴール右手前のチホスが左足で合わせたが、これはGKオルテガが正面でキャッチした。 後半に入っても互いにアタッキングサードまでボールを運ぶものの、そこからの連携や精度に問題があり、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない時間が続く。 そんな中、ビーレフェルトは68分にS・コルドバを下げてエドムンドソン、73分に堂安を下げてシプロックを投入。すると79分、自陣中盤でボールを受けたGKオルテガのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したエドムンドソンがボックス右深くまで侵入。やや角度の厳しい位置からGKのニアを抜く巧みなシュートを突き刺した。 その後、ケルンの猛攻を受けたビーレフェルトだったが、粘りの守りでこれをシャットアウト。エドムンドソンの決勝点を守り抜いたビーレフェルトが、今季初勝利を飾った。 2020.09.27 00:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルン、ヘルタからスロバキア代表MFドゥダを完全移籍で獲得!

ケルンは16日、ヘルタ・ベルリンに所属するスロバキア代表MFオンドレイ・ドゥダ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 レギア・ワルシャワで台頭したドゥダは、2014年にヘルタに完全移籍で加入。優れたパスセンス、突破力に加えて、得点も奪える攻撃的MFとして、在籍3年半で公式戦71試合に出場し13ゴール9アシストを記録した。 昨シーズンはシーズン前半戦をリーグ戦7試合でノーゴールで終えるなど不振に陥ると、今冬にノリッジへレンタル移籍。ノリッジではプレミアリーグ10試合に出場したが、低迷するチームを救うことはできず。ノリッジは最下位でチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した。 ケルンへの移籍が決まったドゥダは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ケルンに加入出来てとても嬉しい。ケルンはブンデスファンの誰もが知っているクラブだ。これは僕にとってワクワクする挑戦だ。このクラブのために全力を尽くすつもりだよ」 2020.09.16 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季12発、ウニオン・ベルリンのスウェーデン代表FWアンデションがケルンへ完全移籍

ケルンは15日、ウニオン・ベルリンからスウェーデン代表FWセバスティアン・アンデション(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間。背番号は「9」をつける。 アンデションは、母国スウェーデンのエンゲルホルムでキャリアをスタート。その後は、カルマル、ユールゴーデン、ノルヒェーピングと母国クラブを渡り歩き、2017年8月にカイザースラウテルンへと完全移籍。2018年7月にウニオン・ベルリンに移籍していた。 加入1年目はブンデスリーガ2(ドイツ2部)で34試合に出場し12ゴール6アシストを記録。チームのブンデスリーガ昇格に貢献すると、2019-20シーズンは33試合に出場し12ゴール3アシスト。チームのブンデスリーガ残留に大きく貢献していた。 アンデションは今回の移籍に関してコメント。新たな挑戦に向けた意気込みを語った。 「僕にとって新しい挑戦は重要だ。ベルリンでは、この2年間で個人的にもフィジカル的にも成長してきた。ケルンへの移籍は次のステップだ」 「この特別なクラブでの冒険を楽しみにしている。僕は常に全力を尽くし、チームのために一生懸命働き、シーズン目標のゴールを決める選手だ」 2020.09.16 10:15 Wed
twitterfacebook