大迫所属のケルン、ホッフェンハイムからウジャーの後釜FWを獲得2015.06.21 14:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ケルンは19日、ホッフェンハムからフランス人FWアントニー・モデスト(27)を完全移籍で獲得したことをクラブの公式サイトで発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。▽2013年にホッフェンハイムに加入したモデストは2014-15シーズン、リーグ戦26試合に出場して7ゴールを記録。同選手はクラブの公式サイトを通じ、ケルンでプレーすることへの喜びを語っている。

「ケルンは、ドイツで最も大きな名門クラブの1つだ。本拠地のライン・エネルギエ・シュタディオンは、アウェイチームの選手であっても非常に印象的な場所だね。これが移籍を決めた理由だし、ケルンの一員としてプレーすることを楽しみにしている。ただ、競争があることは分かっている。ブンデスリーガは僕にとって世界一のリーグだから、そこでケルンの勝利のために貢献したい」

▽ケルンは、2014-15シーズン終了後にチーム内得点王の10ゴールをマークしたナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャーがブレーメンに移籍。モデストはウジャーの後釜としての活躍が期待されており、来シーズンには日本代表FW大迫勇也と2トップを組む可能性もある。
コメント
関連ニュース
thumb

2部で優勝し1年でブンデス復帰のケルンが野心的な新指揮官を招へい

1シーズンでのブンデスリーガ昇格、そして2部優勝が決定しているケルンは13日、新指揮官にアヒム・バイアーロルツァー氏(51)を迎えることを発表した。契約期間は2021年までとなる。 バイアーロルツァー氏は、現役時代は下部リーグを中心にプレー。引退後に指導者の道を歩むと、過去には下部リーグで躍進を見せたRBライプツィヒで暫定監督を経験。その後、ラルフ・ラングニック監督の下でアシスタントマネージャーを務めていた。 2017年7月からはヤーン・レーゲンスブルクの指揮官に就任すると、今シーズンはブンデスリーガ2部で1節を残し、8位に位置している。 ケルンの指揮官に就任したバイアーロルツァー氏は「ここ2シーズンについて、ヤーン・レーゲンスブルクのチームにはとても感謝している。しかし、私を知っている人はみんな、新しいチャレンジがどれほど重要かを知っている」とコメントした。 また、ケルンからのオファーについては「ケルンからブンデスリーガで働かないかとオファーをもらった時、私は少しも躊躇しなかった。特に、素晴らしいファンを持つ伝統的なクラブからならね。本当に楽しみだ」とコメント。即決したことを明かしている。 2019.05.14 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

中国からケルン復帰のモデスト、FIFAから出場許可が下りる! 早ければ次節にも出場か

ブンデスリーガ2部に所属するケルンは14日、天津天海(天津権健)から獲得したFWアントニー・モデスト(30)の公式戦出場が可能になったことを発表した。 モデストは2015年夏にケルン入り。ケルン在籍2年目の2016-17シーズンにブンデスリーガ25得点を挙げ、同シーズン終了後に天津天海に活躍の場を移した。天津天海では、公式戦29試合に出場し16ゴールを記録したが、中国での生活になじめず昨夏に欧州復帰を目指して移籍を模索。 しかし、天津天海は移籍を認めず、モデストは国際サッカー連盟(FIFA)に仲介を要請すると、昨年8月に天津天海との契約解除が成立。同年11月にケルンへ復帰していたが、FIFAは中国側との問題が解決するまでドイツでの公式戦出場を禁止していた。 そして今回、ケルンとモデストは14日に行われた練習の後にFIFAの理事から出場許可の一報を受けたという。 ケルンでマネージングディレクターを務めるアレキサンダー・ヴェルレー氏は、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「中国サッカー協会が旧クラブである天津天海から承諾を得て、トニーはここでプレー出来ることになった。トニーのプレー許可が下りたことは、我々にとってとても喜ばしいことだ」 なお、ここまでブンデス2部で2位に位置するケルンは、15日に第22節でパーダーボルンと対戦する。 2019.02.15 01:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、オーストリア代表MFカインツのケルン移籍合意を発表

ブレーメンは15日、オーストリア代表MFフロリアン・カインツ(26)がブンデス2部のケルンへ移籍することで合意したことを発表した。 シュトゥルム・グラーツでプロキャリアをスタートしたカインツは、ラピド・ウィーンでのプレーを経て、2016年にブレーメンに移籍。左ウイングを主戦場とする右利きのドリブラーは、昨シーズンのブンデスリーガで30試合に出場し3ゴール3アシストをマークしたが、今シーズンはバックアップ以上の役割をなかなか得られず、リーグ戦8試合の出場にとどまっていた。 また、ブレーメンによればカインツは18日にケルンのメディカルチェックを受診するとのこと。なお、契約年数は公表されていないが、ドイツ『キッカー』によれば2022年までの契約となるようだ。 2019.01.16 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケで完全構想外のMFガイスがケルンへ完全移籍

ブンデスリーガ2部のケルンは13日、シャルケの元U-21ドイツ代表MFヨハネス・ガイス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ガイスはグロイター・フュルトの下部組織出身で、2013年にマインツへと完全移籍。2015年に移籍金1050万ユーロ(当時のレートで約14億3850万円)でシャルケへと完全移籍していた。 正確なFKなど将来が嘱望されていたガイスは、シャルケでの1年目はブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール5アシストと活躍。しかし、ドメニコ・テデスコ監督就任後は構想外となり、2017年9月にはセビージャへとレンタル移籍。セビージャでは、2017-18シーズンのリーガエスパニョーラで14試合、チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。 今シーズンからシャルケに復帰したものの、テデスコ監督の構想外であることは変わらず、ここまで今シーズンの出場はなし。契約期間が今シーズン限りで満了となるガイスだったが、晴れてチームを去り、出場機会を得られることとなった。 ケルンへの移籍を果たしたガイスは「残りのシーズンの目標は明確だ。僕たちは昇格したい。僕はこの挑戦を楽しんでおり、それを達成するための役割を果たしたいと思っている」とクラブを通じてコメントしている。 2019.01.14 17:57 Mon
twitterfacebook
thumb

独2部ケルンに元主砲が! モデストの復帰決定

▽ケルンは17日、フランス人FWアントニー・モデスト(30)の復帰を発表した。契約は2023年までとなる。 ▽モデストは2015年夏にケルン入り。ケルン在籍2年目の2016-17シーズンにブンデスリーガ25得点を挙げ、同シーズン終了後に天津権建に活躍の場を移した。だが、今年8月に契約を解除。無所属となり、ケルンのアンダーカテゴリーでトレーニングに参加していた。 ▽約1年4カ月ぶりのケルン復帰となるモデストはクラブ公式サイトを通じて、「ケルンに戻れて幸せだ。ケルンは僕のことをすごく気にかけてくれ、中国から戻ってきたとき、助けてくれた。そのサポートと期待に応えたい」と再起を誓った。 ▽ケルンは昨シーズンのブンデスリーガ最下位に沈み、ブンデスリーガ2部に降格。ここまでは7勝3分け3敗の2位につけ、首位のハンブルガーSVを3ポイント差で追っている。 2018.11.18 11:45 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース