NLダービー初采配のモウリーニョ、敵将との友情明かすも「現状彼の成功は望めない」

2020.07.12 17:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がアーセナルとのノースロンドン・ダービーに向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。リーグ再開後、2勝1敗2分けと相変わらず波に乗り切れない9位のトッテナム(勝ち点49)。前節は降格圏に沈むボーンマス相手に停滞感の漂うゴールレスドローとなっていた。

この痛恨のドローによってヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得もかなり厳しい状況だが、8位のアーセナル(勝ち点50)をホームで迎える今季2度目のダービーでは意地を見せたいところだ。

自身初のノースロンドン・ダービーでの采配に向けてポルトガル人指揮官は、「非常に大きな試合だ。私が現役であれば、自らプレーし勝利したい。そして、私のプレーヤーたちに順位表、ライバル関係の観点から、私がこの一戦をいかに重要と捉えているかをデモンストレーションしたい」と、選手以上の意気込みを見せている。

また、自身がバルセロナでアシストタントコーチを務めていた時代から知る敵将のミケル・アルテタ監督に対しては、「彼が大好きだ」と依然として良好な関係を築いていることを明かした。

「ミケルと初めて会ったのはバルセロナ時代だ。当時、彼はまだ少年(15歳)だった。私はファン・ハールと共に仕事をしていたが、当時の彼はまだまだ子供といった感じだったよ」

「その頃からの仲だし、そういった少年が今、立派になって自分の目の前にいることを考えると、かなり年を取った気がするね。ただ、結局のところ、私の中での彼は素晴らしい少年といった感覚なんだ」

「彼がペップ(・グアルディオラ)のアシスタントになったときから、私は彼のことをミケルとは呼ばずに、“ミステル(監督の意)”という冗談交じりの呼び方をしているよ。そして、いつでも笑い合っている。彼が大好きなんだ」

アルテタ監督との幾つかのエピソードを笑顔を交えながら語ったモウリーニョ監督だが、直接対決において勝利をプレゼントすることは毛頭ないようだ。

「個人的に彼のキャリアがすべてうまくいくことを願っている。だが、彼がライバルクラブにいることを忘れてはならない。したがって、直接対決、ヨーロッパの出場権を争う中で、彼の成功を望むわけにはいかない」

「我々は現時点でポイントのために戦わなければならない。現状でのポイントは、ヨーロッパの出場権争いを意味し、そこにはトッテナムとアーセナルの特別なライバル関係も含んでいる」

また、これまでエル・クラシコやミラノ・ダービー、マンチェスター・ダービーなど幾つものダービーマッチを経験してきた稀代の名将は、スタジアム以外の場所からスパーズを応援するファンに向け、アーセナル撃破に全力を尽くすことを誓っている。

「現時点で我々は非常に近い立場にある。チャンピオンズリーグ出場権争いは現実的ではないが、依然として順位表において重要な試合だ。それに、この2クラブの優劣を決める試合でもある」

「とりわけ、ファンはこの試合に特別な感情を抱いている。だからこそ、プレーヤーはピッチ上で彼らの想いに応えるために戦う必要がある」
コメント
関連ニュース
thumb

10年前、当時21歳のベイルがCLで覚醒…!インテル相手に記録した衝撃のハットトリック【CL名場面プレイバック】

20日、遂に新シーズンの幕が上がったチャンピオンズリーグ(CL)。今まで数多くの名場面が生まれてきたが、その中でも選りすぐりの名場面を振り返る。今回は、トッテナム時代のウェールズ代表FWガレス・ベイルが今から10年前に見せた驚愕のハットトリックだ。 育成の名門サウサンプトンで育ったベイルは2007年夏にトッテナムに加入。当初は左サイドバックとしてプレーしていたが、2010-11シーズンに一列前で起用されるようになると、その攻撃力が爆発した。 <div id="cws_ad">◆10年前、伝説となったベイルのサン・シーロでの夜<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiUGM1dHM4WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベイルがその才能を覚醒させるきっかけの1つとなった試合が、2010年10月20日にサン・シーロで行われたCLグループリーグのインテル戦だった。 試合は開始2分でインテルが先制すると、その後8分にはトッテナムのGKエウレリョ・ゴメスが一発退場。10人になったトッテナムは前半だけで4失点と数的不利を背負うという絶望的な状況に置かれた。 しかし後半、ベイルが覚醒する。52分に自陣でボールを持ったベイルがドリブルを開始。相手を寄せ付けない高速ドリブルでぐんぐん加速し、あっという間にボックス左に侵入すると、そのまま左足を振りぬいてシュートを放つ。ゴール右下の完璧なコースに鋭いシュートを突き刺して1点を返した。 その後は膠着状態が続いたものの90分、左サイドのスペースで味方からのボールを得たベイルが、またも高速ドリブルでボックス左に侵入。1点目とほぼ同じ位置からシュートを放つと、再びゴール右下のコースにシュートを突き刺して2点目を奪った。 直後の92分、中央突破に成功したMFアーロン・レノンがペナルティアーク内までボールを運ぶと、ボックス内のベイルにパスを送る。このパスを受けたベイルが再びゴール右下にシュートを突き刺し、1点差に迫る3点目を記録した。 トッテナムの反撃もここまでとなり、試合は4-3でインテルが制したが、当時世界最高のサイドバックの一人であった元ブラジル代表DFマイコンの守るインテルの右サイドを完全に圧倒してのハットトリックは世界に衝撃を与えた。 その後、天職とも言えるポジションを手にしたベイルは、トッテナムの攻撃を牽引し、ワールドクラスのアタッカーへと成長を遂げる。2013年夏にレアル・マドリーへ巨額の移籍金で加入し、数々のタイトルを勝ち取ったベイルは、今シーズンからブレイクを果たしたトッテナムに復帰した。ベイル擁するトッテナムは今季、CL出場を逃しているものの、チームを再びCLの舞台に導く活躍に期待だ。 2020.10.21 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムが最終ラインでのパス回しからあっという間の崩しで速攻を決める!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トッテナムの速攻から最後はラメラが決める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2M1A4bmY1ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンの名門リーベル・プレートでのデビューを経て、2011年夏に加入したローマで頭角を現したラメラ。2013年夏にトッテナムに加入し、ケガが多いものの長年チームを支えている。 ドリブルやパスでのチャンスメイクの他、ゴール前での決定的な仕事も得意とするラメラだが、2018年9月22日に行われたプレミアリーグ第6節のブライトン戦では、チームの見事な崩しからゴールを決めている。 前半に先制し、1-0とトッテナムリードで折り返して迎えた76分、最終ラインで相手からのプレスをかいくぐったMFエリック・ダイアーがセンターサークル内にいたラメラにパスを送る。素早く前を向いたラメラは左に開いていたFWルーカス・モウラにボールを預け、自らはボックス内へ走る。 ボールを受けたルーカス・モウラは大外から上がってきたDFダニー・ローズへパスを送り、ボックス左からローズがマイナスのボールを入れると、ボックス内に走りこんだラメラがダイレクトでゴールに沈め、美しい崩しから追加点を奪った。 このゴールで2点差としたトッテナム。終了間際に1点を返されるも、2-1と逃げ切り、勝利を収めている。 2020.10.20 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムが絶好調ソン・フンミンとの延長交渉開始か…週給の増加も検討

トッテナムが韓国代表FWソン・フンミンとの契約延長に動くようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 今シーズンのトッテナムは、爆発的な攻撃力を武器に公式戦9試合でわずか1敗。プレミアリーグでは2つの引き分けもあり7位に位置しているが、好調なトッテナムの攻撃陣を引っ張っているのがここまでプレミアリーグで7ゴールを記録し、得点ランキングトップタイに位置するソン・フンミンだ。 現在トッテナムはソンと2023年6月30日まで契約を結んでおり、週給は15万ポンド(約2050万円)と言われている中、ソンとの契約延長を望んでいるトッテナムは、週給の大幅な増加を検討しているという。 また、このタイミングでの契約延長交渉開始は、契約が2年を切ることを避けるという同チームのダニエル・レヴィ会長が定めたルールに従ってのことであるようだ。 さらに、今年1月にインテルへと完全移籍したデンマーク代表MFクリスチャン・エリクセンに関して、トッテナムは契約が残り1年になることから1700万ポンド(約23億2300万円)という市場価値よりもはるかに低い金額で売却。この失敗を繰り返さない意図もあるようだ。 『デイリー・メール』はソンのプレー以外でのチームへもたらす恩恵についても言及。アジアナンバーワンプレイヤーであるソンは、東南アジアでのマーケティング戦略の中でも重要な意味を持つと伝えた。 2020.10.20 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

3点差を追いつかれたスパーズファンの有頂天ツイートに、試合後のウェストハムMFライスが皮肉たっぷりのアンサーを返す

土壇場でトッテナム相手に3点差を追いついたウェストハムのMFデクラン・ライスのツイートが話題になっている。 18日に、プレミアリーグ第5節のトッテナムvsウェストハムも一戦が行われた。今夏レアル・マドリーから古巣トッテナムに復帰したFWガレス・ベイルの再デビュー戦ということで注目を集めていたこの試合だが、スポットライトを奪ったのはウェストハムだった。 試合開始から16分間で3失点を喫したウェストハムだったが、残り時間10分を切ったところで猛反撃を開始。82分、85分と立て続けにゴールを奪って、1点差のところまで詰め寄ると、後半アディショナルタイム4分にMFマヌエル・ランシーニの完璧な右足のミドルシュートがゴール右に突き刺さり、3-3のドローで終了した。 稀に見る劇的な展開に、ツイッター上ではあるトッテナムファンのツイートが残念な状態になってしまった。 3-0と楽勝の展開で有頂天だったあるトッテナムファンは、72分にベイルが投入されて間もない77分にランシーニが投入された際、「We bring on bale, West Ham bring on Lanzini(俺らはベイルを途中投入している一方で、ウェストハムはランシーニを途中投入だぞ笑)」とベンチから投入した選手の戦力差を揶揄するツイートを投稿。しかし、試合はそのランシーニの土壇場のゴールで追いつかれるという残酷な展開になってしまった。 このツイートに対し、劇的なドローに歓喜するウェストハムのライスが試合後に反応。「This Aged Well…(このツイートは時間を経てより良くなったね…笑)」と皮肉たっぷりのツイートを投稿し、“ロンドン・ダービー”で勝ち点2を落とした相手ファンを大いに煽った。 昔から「勝負は最後まで分からない」とよく言うが、試合終了前に調子に乗ってしまったため恥ずかしい目に遭ってしまったこのトッテナムファン。寓話のような展開になってしまったこの一件だが、勝負が決まるまで他言は避けた方が良いかもしれない。 <div id="cws_ad">◆ライスの皮肉たっぷりアンサー<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This Aged Well.... <a href="https://t.co/WzBYgXN5L0">https://t.co/WzBYgXN5L0</a></p>&mdash; Declan Rice (@_DeclanRice) <a href="https://twitter.com/_DeclanRice/status/1317890040291360769?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.20 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

思わず飛び跳ねた!劇的ドローのハマーズ指揮官「本当に大きな瞬間」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、劇的ドロー決着となったトッテナム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ウェストハムは18日、プレミアリーグ第5節でトッテナムとのロンドン・ダービーに臨んだ。試合は大方の予想を超えて、開始1分でFWソン・フンミンにゴールを許す苦しい立ち上がりとなる。 そこからさらに立て続けに失点を喫し、わずか16分で3失点。早くも敗戦模様となってしまう。 ところが、後半から徐々に修正を進めたウェストハムは、終盤の82分にDFファビアン・バルブエナのゴールで反撃の狼煙を上げると、85分にはオウンゴールで追加点。 これで1点差に詰め寄ると迎えた後半アディショナルタイム、FKのこぼれ球をMFマヌエル・ランシーニがボックス手前から見事なミドルシュートを突き刺し、土壇場で同点に追いついて見せた。 ラスト12分で3点差を追いついたパフォーマンスをモイーズ監督は絶賛。サポーターに見せられなかったことは嘆きつつも、劣勢の中でも選手たちを信じていたことを明かした。 「思わず飛び跳ねてしまったよ。それほど大きな瞬間だった。我々は0-3というスコアから舞い戻って見せた。それ以下でもそれ以上でもない」 「サポーターがスタジアムに居ないのは少し寂しいところだと思う。もし、満杯のサポーターの前で今日と同じことをしたら、それこそ信じられない瞬間になっていただろう。本当に彼らには早く戻ってきてほしいと願っているよ」 「前半は人々の言うことが正しかったのだと思う。私はホーム戦のように立ち回るべきだった。我々が良い入りが出来なかった一方、トッテナムは素晴らしかった」 「だが、15分が過ぎたあたりから我々もゲームをコントロール出来るようになった。何度か逃してしまったチャンスはあるがね」 「難しかったのはハーフタイムに(膝をつくような)決断をしないことだった。2、3人の選手を入れ替えると言うのは簡単だが、私は選手たちが良いプレーをしていると思っていた」 「本当に良かった。今夜の彼らは素晴らしかったよ。序盤はそうではなかったかもしれないが、12分、いや15分から同点の追いついた94分までね」 2020.10.19 14:13 Mon
twitterfacebook