ブラーボがハムシクの完璧なヘディングを超アクロバティックセーブでストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

2020.07.12 09:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。

今回はチリ代表GKクラウディオ・ブラーボがバルセロナ時代に見せたセーブだ。

◆ブラーボが見せた超絶アクロバティックセーブ!


チリの強豪コロコロでデビューしたブラーボは、2006年から2014年に渡ってレアル・ソシエダの守護神として活躍。2014年夏にバルセロナへ移籍すると、長年同クラブで活躍した守護神ビクトル・バルデスの穴を埋める活躍を見せた。

足元の技術の高さと優秀なシュートストッパーとしての実力を兼ね備えるGKとして定評のあるブラーボだが、加入初シーズンの2014年8月6日に行われたナポリでのプレシーズンマッチで、素晴らしい反応のセーブを見せている。

0-0で迎えた前半13分、ピッチ中央付近でFKを得たナポリ。キッカーのFWホセ・カジェホンがボックス内にクロスを上げると、ゴールから離れる動きを見せてフリーになったMFマレク・ハムシクが頭で合わせる。完璧にミートしたヘディングで、ボールはゴール右隅に吸い込まれるように見えたが、ブラーボがアクロバティックな横っ飛びでこれをセーブ。左手一本でボールを上手く弾き、コーナーに難を逃れた。

プレシーズンマッチであっても全く手を抜かないスーパーセーブを見せたブラーボは、バルセロナ加入初シーズンであったが、いきなりリーグ戦での正GKを任せられ、守護神として重宝された。
コメント
関連ニュース
thumb

これぞ守護神!絶体絶命のピンチにカシージャスが捨て身のスーパーストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆絶体絶命のピンチで見せたカシージャスのダイビングセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKNGpiZUNBciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、元スペイン代表GKイケル・カシージャス氏が見せたスーパーストップだ。 スター軍団が集まるレアル・マドリー生え抜きの選手として若くして正守護神の座を掴んだカシージャス。1999年に19歳でトップチームデビューを飾って以来、世界最高峰のGKとして長く活躍したカシージャスだが、2009年10月4日に行われた、ラ・リーガ第6節のセビージャ戦では体を張った素晴らしいセーブを見せている。 ホームのセビージャに前半に先制を許し、0-1とリードを許して折り返した47分、再びセビージャに決定機が訪れる。 マドリーの左サイドを崩したFWアルバロ・ネグレドはラインの裏に抜け出し、DFラウール・アルビオルと競り合いながら右サイドからボックス内に侵入。ボックス深部まで侵入すると、相手を引き付けてファーサイドで待つMFディエゴ・ペロッティへラストパス。完全にフリーでボールを受けたペロッティは、至近距離からシュートを放つ。 ニアポストを守っていたカシージャスはゴールの反対側におり、絶体絶命かと思われたが、ここからカシージャスが驚異の俊敏さを見せて、ファーサイドへ向かうと、体を投げ出してシュートコースを塞ぎに行き、見事ペロッティのシュートをブロックしてみせた。 このセーブで何とか1点差に抑えたマドリーは直後に1-1の同点に追いつく。しかし、後半に勝ち越しを許し、試合には1-2で敗れている。 2020.08.06 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ファーストタッチがスーパーセーブ!K・ナバスが飾った鮮烈PSGデビュー!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆K・ナバスがPSGの選手としてのファーストタッチでスーパーセーブ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqc2xhVmVZcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、パリ・サンジェルマンのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが見せた好セーブだ。 2014年、ブラジルワールドカップ(W杯)でコスタリカ代表の守護神として超人的な活躍を見せたナバスは、この活躍を評価され、その夏レマル・マドリーへ加入。同クラブのレジェンドである元スペイン代表GKイケル・カシージャスの後釜として正守護神の座につき、自身のキャリアの中で大きなステップアップを成し遂げた。今シーズンから加入したPSGでも新守護神として、チームのリーグ・アン制覇に貢献している。 そんなナバスは2019年9月14日に行われた、リーグ・アン第5節、ストラスブール戦で見せたセーブで鮮烈なデビューを飾っている。 この試合がデビュー戦となったナバスは、0-0で迎えた18分、その実力をPSGサポーターに知らしめる。中央突破からチャンスを作ったストラスブールは、FWリュドヴィク・アジョルクがボックス手前でボールを持つと、左足で低く狙いすましたシュートを放つ。強烈なシュートはゴール右サイドネットに一直線に向かっていったが、素早く体を倒し手を伸ばしたナバスがファインセーブを見せ、コーナーキックに逃れた。 これがナバスのPSGの選手としてのファーストタッチとなったが、最初のタッチでチームのピンチを救うスーパーセーブを見せることとなった。なお、試合は1-0でPSGが勝利している。 2020.08.06 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

橋本加入のロストフ守護神が見せた超反応セーブ2連発!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロストフの守護神、ペスヤコフが見せた好セーブ2連発<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJlbUxPVXQ4cCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、FCロストフのロシア人GKセルゲイ・ペスヤコフが見せたスーパーセーブだ。 2005年にシンニク・ヤロスラヴリでプロデビューを果たしたペスヤコフは、2009年にスパルタク・モスクワに加入。レンタルで国内の多くのクラブへ加入して経験を積んだ後、2017年にロストフに移籍した。 そんなペスヤコフは、2019年12月8日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第19節の古巣、スパルタク・モスクワ戦では好セーブを見せている。 2-0とアウェイのロストフがリードして迎えた56分、スパルタク・モスクワにチャンス。ボックス手前左から中央へのクロスを、FWエセキエル・ポンセがファーサイドで頭で合わせる。強烈なヘディングがゴール左サイドネットに向かって飛んでいくが、ペスヤコフが素晴らしい反応を見せ、横っ飛びセーブを見せる。 さらには71分、再びDFの裏に抜け出したポンセとボックス内で1vs1の場面を作られ、強烈なシュートを打たれたものの、これも驚異の反応で右手でボールにタッチし、セーブ。古巣相手に2本の好セーブを見せた。 このペスヤコフの活躍もあり、試合はロストフが敵地で4-1と大勝している。 2020.08.05 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスの新背番号「1」、シュチェスニーがミラン相手に見せたスーパーセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆シュチェスニーがミラン戦で見せた素晴らしいセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZkxhVWNqcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがミラン戦で見せたスーパーセーブだ。 若くしてアーセナルへ移籍し、世界トップクラスの若手GKへと評価を上げたシュチェスニー。しかし、安定感を欠くパフォーマンスにより、徐々に出場機会を減らすと、2015年夏に心機一転ローマへ移籍。セリエAでは安定したセービングを見せ、再び評価を上げたシュチェスニーは、2017年にユベントスに加入。同クラブの伝説的GKジャンルイジ・ブッフォンから背番号「1」を引き継いでいる。 そんなシュチェスニーは、2019年11月10日に行われた、セリエA第12節、ミラン戦では素晴らしいセーブを見せている。 0-0と拮抗した展開の中で迎えた25分、ユベントスディフェンスの隙をつき、ボックス内で相手の裏で浮き球のスルーパスを受けたDFアンドレア・コンティが、これをユベントスDFの手前でフリーになっていたMFルーカス・パケタにダイレクトで折り返す。 パケタがこれを頭で合わせ、ゴール右隅に丁寧なヘディングシュートを放った。相手のワンタッチプレーの連続に反応が遅れたシュチェスニーだったが、そこから素晴らしい反応を見せ、ギリギリでボールに触る渾身のセーブ。ピンチを切り抜けた。 シュチェスニーの好セーブもあり、0-0のスコアが続いたが、試合は後半に決勝点を奪ったユベントスが1-0で勝利している。 2020.08.04 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシア注目の若手GKレシュチュクが強烈なFKをスーパーストップ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロシアの若手GKレシュチュクが強烈なFKを好セーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJVzZ0T0I2ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ディナモ・モスクワのロシア人GKイゴール・レシュチュクが見せた好セーブだ。 ディナモ・モスクワの下部組織で育ったレシュチュクは、生え抜きのGKとして同クラブの絶対的守護神である、GKアントン・シュニンの控えを務めているが、同選手の負傷離脱により、2019年8月10日のロシア・プレミアリーグ第5節、ゼニト戦でリーグ戦デビュー。その後の7試合に出場し、守護神の留守を預かった。 そんなレシュチュクは、2019年8月18日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第6節のロコモティフ・モスクワ戦で好セーブを見せている。 前半にそれぞれ1点ずつ奪い、1-1で迎えた50分、ロコモティフが、ボックス手前ゴール正面でFKのチャンスを得る。するとキッカーを務めたMFアントン・ミランチュクが、縦回転の強烈なボールを蹴る。壁を越えて、急激に落ちていく変化するボールに対し、レシュチュクは冷静にコースを見極めて横っ飛び。コーナーキックに難を逃れている。 ピンチを逃れたディナモ・モスクワだったが、試合は82分の失点で1-2で敗れている。それでもレシュチュクは、守護神の不在を感じさせないプレーでチームを助け、ファンが選ぶ月のクラブ月間MVPに選出されている。 2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebook