パルマ戦で負傷交代のリベリが空き巣被害…

2020.07.06 20:21 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナに所属する元フランス代表FWフランク・リベリが空き巣被害に遭ったようだ。イタリア『La Repubblica』が報じている。『La Repubblica』が伝えるところによれば、事件はバーニョ・ア・リーポリにあるリベリの自宅で起きたという。

リベリは5日、敵地で行われたセリエA第30節のパルマ戦(2-1で勝利)に出場するため自宅を留守にしていた。そして、その不在を突いた犯人が自宅に侵入。その後、通報を受けたカラビニエリ(国家治安警察隊)が現場に急行も、すでに犯人の姿はなかったという。

現時点で被害の詳細は明らかになっていないが、宝石などの貴金属が盗まれたようだ。

なお、リベリはパルマ戦で足首を痛めて負傷交代しており、ケガと空き巣被害という最悪な一日になった。
コメント
関連ニュース
thumb

デビュー戦で一発退場のキエーザが1試合の出場停止処分

セリエAの懲戒委員会は20日、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに対し、1試合の出場停止処分を科した。 今夏にユベントスへ加入したキエーザは、17日に行われたセリエA第4節のクロトーネ戦でユベントスデビュー。21分にはモラタの同点ゴールをアシストするなど攻撃を牽引したが、60分にチガリーニに対してスパイクの裏を見せた危険なタックルを見舞い、一発退場を食らっていた。 今回の決定を受けて、キエーザは25日に行われるセリエA第5節のヴェローナ戦には出場することが出来なくなった。 長年フィオレンティーナのエースに君臨していたキエーザは、14日に買い取り義務付きの2年レンタルでユベントスに加入。キエーザの買い取りには、最大総額5000万ユーロ(約62億3000万円)の移籍金が設定されている。 2020.10.21 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのサッリ、新天地はフィオレンティーナ?

マウリツィオ・サッリ(61)氏の再就職先が固まったようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨夏にチェルシーを去り、2022年夏までの契約でユベントスの監督に就任したサッリはセリエA9連覇を達成。しかし、クラブがタイトルを切望するチャンピオンズリーグ(CL)制覇に導けず、リヨンに屈してベスト16で敗退すると、その翌日に解任された。 わずか1シーズンでユベントスから志半ば追い出され、フリーの状況が続くサッリ氏だが、新たにフィオレンティーナを率いる可能性があるという。 フィオレンティーナは昨年12月にジュゼッペ・イアキーニ監督を招へい。しかし、今季はここまでセリエA開幕から1勝1分け2敗の12位。開幕戦のトリノ戦こそ勝利したが、第2節のインテル戦を皮切りにここ3試合で白星から遠ざかっている。 2020.10.20 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表MFボナベントゥーラが息子誕生のため代表離脱

イタリアサッカー連盟(FIGC)は、フィオレンティーナのMFジャコモ・ボナベントゥーラがイタリア代表を離脱することを発表した。 11日にポーランドとのUEFAネーションズリーグ2020-21を控えているイタリア代表。そのチームからボナベントゥーラが離脱。理由は息子の誕生とのことだ。 FIGCによると、ボナベントゥーラの息子・エドアルドが誕生するため、イタリアへと戻ったとのこと。イタリア代表は「FIGC、そして代表チームのすべてのチームメイトとスタッフから、ボナベントゥーラファミリーを祝福します」と声明を発表した。 今シーズン、ミランからフィオレンティーナへと完全移籍したボナヴェントゥーラ。セリエAではここまで3試合に出場し1アシストを記録。イタリア代表としても、7日に行われたモルドバ代表との親善試合で67分間プレーしていた。 2020.10.11 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、元スペイン代表FWカジェホンやアルゼンチン代表DFクアルタら3選手の獲得を発表!

フィオレンティーナは5日、ナポリから元スペイン代表FWホセ・カジェホン(33)、リーベル・プレートからアルゼンチン代表DFルーカス・マルティネス・クアルタ(24)、モナコからイタリア人DFアントニオ・バレッカ(25)の3選手を獲得した。 2013年夏にレアル・マドリーからナポリに加入したカジェホンは、7年を過ごしたナポリで公式戦349試合に出場して82ゴール78アシストと活躍。昨シーズンも公式戦45試合で4ゴール7アシストの成績を残していたが、契約満了に伴いナポリを退団していた。 2016年からリーベル・プレートでプレーするクアルタは、優れたインターセプトやカバーリング能力に加え、高精度のロングパスが魅力のセンターバック。リーベル・プレートでは在籍4シーズンで公式戦99試合に出場しており、昨年9月にはアルゼンチン代表デビューを飾っている。 2018年の夏にトリノからモナコへ加入したバレッカだが、モナコでは出場機会を恵まれず昨季はジェノアへレンタル移籍。ジェノアでは、左ウィングバックを主戦場に公式戦19試合に出場していた。 なお、3選手の移籍形態はカジェホンとクアルタは完全移籍、バレッカがレンタル移籍となる。 2020.10.06 04:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがキエーザを買い取り義務付きの2年レンタルで獲得、移籍金総額は約62億円

ユベントスは5日、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(22)の獲得したことを発表した。買い取り義務付きの2年レンタルでの獲得となっている。 なお、現時点でユベントスがフィオレンティーナに支払うコストはレンタル料の300万ユーロ(約3億7000万円)で、2年目のレンタル料は700万ユーロ(約8億7000万円)となる。 また、キエーザが特定の条件を満たした場合、完全移籍での買い取り義務が発生し、その際にユベントスがフィオレンティーナに支払うコストは基本移籍金4000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロの最大総額5000万ユーロ(約62億3000万円)となる。 フィオレンティーナ下部組織出身で、2016年夏にトップチーム昇格を果たしたキエーザ。フィオレンティーナでは、すでに公式戦通算153試合34ゴール25アシストを記録しており、昨シーズンもセリエAで34試合10ゴール9アシストと攻撃陣をけん引する活躍を見せていた。 2020.10.06 02:36 Tue
twitterfacebook