ピケ、VARでゴールを取り消された際の行動に「覚えていない」

2020.07.06 16:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが、5日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のビジャレアル戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。

3分にオウンゴールで先制したバルセロナは、14分にジェラール・モレーノのゴールを許す。それでも、20分にFWルイス・スアレスの技ありゴールで勝ち越すと、前半終了間際にもFWアントワーヌ・グリーズマンがゴラッソ。試合終了間際にもFWアンス・ファティがゴールを挙げて、4-1の快勝を収めた。

◆バルセロナの頼れる守備の大黒柱、ジェラール・ピケ



試合後のインタビューでピケは「3ポイントは戦い続けるために重要。試合内容も僕らにとって重要だ。それが僕らの特徴だ。良くない時期もあったが、今日は良い試合をした。シーズン終了までこれを継続していきたい」と試合を振り返った。

また、69分にFWリオネル・メッシがゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により取り消しに。以前からVARやレフェリーのジャッジを巡る発言で議論を呼び起こしているピケは、その際にキーボードを打つかのように指を動かしていた。

この行動に関して問われたピケは「覚えていないね。ピッチ内ではアドレナリンがね…。何について話しているのか分からないね」とVARでの判定の際の行動について答えをはぐらかしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

身長170cmのメッシがCL決勝の舞台で決めた珍しいヘディングゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがチャンピオンズリーグ(CL)決勝で決めた珍しいヘディングゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがCL決勝で決めた見事なヘディングゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTM09TaGFpMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2005年にバルセロナでプロデビューを飾って以来、フットボール史上最高の選手の1人として、活躍し続けてきたメッシ。その緩急自在、縦横無尽のドリブルで相手を翻弄し、針の穴をも通す正確な左足でゴールを量産してきたメッシだが、身長は170cmとサッカー選手としてはかなり小柄な選手だ。 しかし、2009年5月27日に行われた、CL決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの試合では、ヘディングからも美しいゴールを決めている。 後にラ・リーガでもライバル関係を築くことになるクリスティアーノ・ロナウド擁するユナイテッドとローマの地で決勝戦を迎えたバルセロナ。前半に先制し、1-0とリードして迎えた70分、メッシに決定機。 ユナイテッドのボックス手前右でボールを持ったMFチャビ・エルナンデスが、ボックス内のメッシに向けてクロスを上げる。 カーブのかかったクロスは、GKとDFのちょうど中間を通り、メッシの下へ。跳躍時間の長いジャンプでこれに完璧に合わせたメッシは、GKエドウィン・ファン・デル・サールの頭上を見事に越えるヘディングを決め、勝利を決定付ける追加点を奪った。 これで2-0としたバルセロナは、2008-2009シーズンのヨーロッパの頂点に立っている。 2020.08.03 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

オーバの確保急ぐアーセナル、新契約提示へ… 昇給含む3年契約か

アーセナルは主将を務めるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31)に新契約を提示するようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 現行では契約切れが来夏に迫っているオーバメヤン。アーセナルは以前から契約延長に動いているようだが、獲得を狙うバルセロナがアプローチしているという噂もあり、交渉はなかなか進まない状況だった。 だが、『ミラー』が伝えるところによると本格的な交渉に入るようで、現在の週給18万ポンド(約2500万円)から25万ポンド(約3500万円)に引き上げた新たな3年契約を提示するようだ。 1日に行われたチェルシーとのFAカップ決勝で、2得点を挙げて逆転勝利に導いたオーバメヤンをミケル・アルテタ監督も高く評価しており、「このクラブには常に素晴らしいストライカーがいたが、オーバも彼らと比較するにふさわしい選手だ」と、指揮官として自身初のタイトルをもたらしたガボン代表FWに大きな信頼を寄せた。 一方、オーバメヤンは同試合後のインタビューで去就に関する質問をはぐらかした模様。フランス『le 10 sport』は25万ポンドでは説得できないとの見解を示しているが果たして。 2020.08.03 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「この状況では無理」バルセロナ会長、ラウタロとネイマールの獲得を否定

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、今夏の獲得が噂されている2選手について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 バルセロナはウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後継者として以前からインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(22)の獲得に動いている。加えて、パリ・サンジェルマン(PSG)でプレーするブラジル代表FWネイマール(28)の復帰も目指しているとされている。 しかし、バルトメウ会長は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による経済的打撃で大型補強を否定。1億1100万ユーロ(約130億円)の契約解除金が設定されているラウタロに関して、「ラウタロについてはバルセロナはインテルと会談をしたが中断した。この状況で大規模な投資はない」と述べている。 また、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの譲渡で獲得に動くとの憶測が飛び交ったネイマールについても「ネイマール? この状況では不可能だ。PSGも彼を売却したくない」と断言している。 2020.08.03 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの行き先候補に古巣セビージャが浮上?

予てから今夏の去就が注目されているバルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(32)だが、古巣に戻る可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナとの契約が2021年6月までとなっているラキティッチ。今年1月の移籍市場でもその去就が騒がれ、一時はインテル行きに合意したとの報道も出ていた。 <div id="cws_ad">◆ラキティッチがナポリ戦で決めたスーパーミドル!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2OG1tWW9uOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現在はバルセロナに残留することが既定路線となっているが、新たな行き先候補に古巣のセビージャが浮上したようだ。 バルセロナも放出する気はないようだが、ラキティッチがセビージャでキャリアを終えるつもりがあるならば、オファーを受け入れるつもりとのこと。1000万ユーロ(約12億4500万円)で手放す可能性があるようだ。 一方で、セビージャは獲得の資金を用意できても、高額な給与が問題になるとしており、獲得する場合でもラキティッチが減俸を受け入れる必要があるとのことだ。 それでも、セビージャの最優先事項はラキティッチの獲得ではないとのこと。あくまでも条件面で合致した場合となるようだ。 2020.08.03 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ会長がアルトゥールの帰還拒否に言及「敬意の欠如。容認できない」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、スペイン『スポルト』のインタビューでブラジル代表MFアルトゥールを巡る問題に言及した。 6月末に発表されたアルトゥールのユベントス移籍。同時にユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチのバルセロナ移籍も発表もされたことから事実上のトレードという形になった。 しかし、若返りが叫ばれていたバルセロナが逸材を手放し、わざわざ30歳のピャニッチを獲得するという理解不能なオペレーションにファンからは反感の声が上がった。それは当人も例外ではなく、バルセロナ残留の意思を示してきたアルトゥールは、ほとんどクラブの独断で決められた今回の移籍に怒り心頭。先日、ブラジルに帰国している同選手がチームへの合流を拒否したというニュースが報じられた。 今月8日にはチャンピオンズリーグのナポリ戦が控える中で、バルトメウ会長が一連の事態に言及。合流拒否のアルトゥールには語気を強くして非難した。 「アルトゥールの行為はチームメイトに対する敬意の欠如だ。チームはチャンピオンズリーグに向けて必死に練習を積んでいるというのに。これほどの大きなトロフィーが懸かっているのに一人の選手が自らチームから離れるなんて普通じゃない。正当化できないもので全くもって理解できない」 「我々はチャンピオンズリーグが終わるまでバルサに残ると彼と同意した。彼は我々を助けてくれる重要な選手だ。しかし、彼は休暇を経ても戻ってこなかった。容認できない不謹慎な行為だ。彼の不参を正当化する理由がないため、我々は懲戒手続きを開始した。彼は電話をかけてきて『僕は戻らない。このままブラジルに留まる』と伝えてきたんだ。彼の独断だ。誰も許可をしていない」 「アルトゥールは良い選手だったし、ピャニッチがユベントスでそうであるように彼もまたシーズン終了まで我々と共にいるべきだった。今回のトレードはスポーツ的決定だ。アルトゥールは良い選手だったが議論の余地がない訳ではなかった。ユベントスに行けば彼の給料は3倍になる」 「我々はピャニッチを長い間追いかけてきたのだ。彼はいつもバルサに来られるチャンスに興奮していた。これはサプライズではないんだ。我々にとって重要な選手になるだろう」 2020.08.03 14:15 Mon
twitterfacebook