ナニが中断期間で肉体改造!C・ロナウドばりのシックスパックを披露

2020.07.01 20:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ポルトガル代表MFナニ(33)が変貌を遂げている。スポルティングの下部組織出身のナニは、2007年に加入したマンチェスター・ユナイテッドで8年間に渡り活躍。

その後は、フェネルバフチェやバレンシア、ラツィオを渡り歩き、古巣のスポルティングへ復帰した後、2019年からMLS(メジャーリーグ・サッカー)のオーランド・シティでプレーしている。

◆ナニのMLSでの輝き

MLSは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって3月12日から長期の中断に入っており、7月8日の再開に向けて動いている。

ナニはこの中断期間を利用してウエイトトレーニングに励んだようだ。自身のインスタグラム(luisnani)で上半身裸の写真を投稿している。

元々、テクニックやスキルを武器とするナニは、サッカー選手の中では比較的線が細い方であったが、今回の写真では、腹筋が見事に6つに割れており、肩や腕も明らかに逞しくなっている。

マッチョなサッカー選手と言えば、ナニの同胞であるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがいる。C・ロナウドはトレーニングギア『SIXPAD』のCMにも出演しているが、ナニもその座を狙っているのかもしれない。
この投稿をInstagramで見る

Day off vibes #MLSisBack #OrlandoCity #dayoff #relax

Luís Nani(@luisnani)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドやB・フェルナンデスら主力が順当選出!ポルトガル代表が発表《UEFAネーションズリーグ》

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は1日、10月に行われるUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたポルトガル代表招集メンバー26名を発表した。 前大会王者を率いるフェルナンド・サントス監督は、エースのFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やMFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)、DFペペ(ポルト)、FWジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー)ら主力を順当に選出した。 一方で、9月は招集されていたMFアンドレ・ゴメス(エバートン)やFWゴンサロ・ゲデス(バレンシア)らが招集外となっている。 ポルトガルは、7日に親善試合でスペイン代表と対戦。その後、UEFAネーションズリーグでリーグA・グループ3第3節で11日にアウェイでフランス代表戦、14日にホームでスウェーデン代表戦を戦う。今回発表された代表メンバーは以下の通り <span style="font-weight:700;">◆ポルトガル代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ルイ・パトリシオ</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">アントニー・ロペス</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">ルイ・シウバ</span>(グラナダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ペペ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">ルベン・セメド</span>(オリンピアコス/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">ジョゼ・フォンテ</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">マリオ・ルイ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ラファエウ・ゲレイロ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジョアン・カンセロ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ルベン・ジアス</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ネウソン・セメド</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">セルジオ・オリベイラ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">ダニーロ・ペレイラ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">レナト・サンチェス</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">ウィリアム・カルバーリョ</span>(レアル・ベティス/スペイン) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・フェルナンデス</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ルベン・ネヴェス</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョアン・モウティーニョ</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ジョアン・フェリックス</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">フランシスコ・トリンコン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アンドレ・シウバ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ベルナルド・シウバ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジオゴ・ジョタ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダニエウ・ポデンセ</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ラファ・シルバ</span>(ベンフィカ) 2020.10.01 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

代表通算100ゴール達成のC・ロナウド その内訳を調査!最もゴール決めた相手は…?

9日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第2節のスウェーデン代表戦で2ゴールを決めたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。 <div id="cws_ad">◆クリスティアーノ・ロナウドが代表で見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLbGhCUzNNciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> この2ゴールにより、C・ロナウドは165試合目で代表通算101ゴールを達成。ヨーロッパの選手として初の100ゴールの大台を突破した。 また、世界での代表通算ゴール記録は元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の149試合で記録した109ゴールとなっており、あと8ゴールに迫っている。 スウェーデン戦では、右足での直接FKとボックス外からのミドルシュートを決めたC・ロナウドだが、全101ゴールを決めた部位の内訳をみると、最も多いのが右足で55ゴール。左足は22ゴールで、ヘディングの24ゴールを下回っている。また、得意のFKからは10ゴール、PKからは11ゴールを記録している。 また、開催地別でみると、ホームで41ゴール、アウェイで35ゴール、そしてワールドカップ(W杯)やユーロなどの中立地で25ゴールを記録している。 さらに対戦相手別の内訳では、今回2ゴールを決めたスウェーデンとリトアニアが、C・ロナウドが最もゴールを決めた相手で、どちらも7ゴール。また、全41カ国の代表からゴールを奪っているが、日本代表とは対戦経験すらない。 ◆クリスティアーノ・ロナウド、代表での対戦相手別ゴール数 スウェーデン 7点 リトアニア 7点 アルメニア 5点 アンドラ 5点 ラトビア 5点 ルクセンブルク 5点 エストニア 4点 オランダ 4点 ハンガリー 4点 フェロー諸島 4点 北アイルランド 3点 スイス 3点 スペイン 3点 デンマーク 3点 ベルギー 3点 ロシア 3点 アゼルバイジャン 2点 エジプト 2点 カザフスタン 2点 カメルーン 2点 キプロス 2点 サウジアラビア 2点 チェコ 2点 ボスニア・ヘルツェゴビナ 2点 アイスランド 1点 アルゼンチン 1点 イラン 1点 ウェールズ 1点 ウクライナ 1点 エクアドル 1点 韓国 1点 ガーナ 1点 ギリシャ 1点 クロアチア 1点 スロバキア 1点 セルビア 1点 ニュージーランド 1点 パナマ 1点 フィンランド 1点 ポーランド 1点 モロッコ 1点 2020.09.14 19:05 Mon
twitterfacebook
thumb

代表でも変わらぬ怪物ぶり!C・ロナウドがポルトガル代表で決めた豪快なバイシクル弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウドが決めた豪快なバイシクルゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuWFFrbE80RSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドで大ブレイクを果たし、その後移籍したレアル・マドリー、そして現在所属するユベントスでも驚異的な速度でゴールを量産しているC・ロナウド。 その活躍は代表チームでも変わらず、ヨーロッパの選手として初となる代表通算100ゴールを達成するなど、得点を量産している。特に2017年8月31日に行われた、ワールドカップ(W杯)ヨーロッパ予選のフェロー諸島戦では豪快なスーパーゴールを決めている。 開始早々の3分、C・ロナウドがいきなり魅せる。ボックス右深部からMFベルナルド・シウバがクロスを上げると、C・ロナウドがバイシクルキックを放つ。ゴール前で放たれた豪快かつ強烈なシュートは、GKの手を弾き、そのままゴールインした。 いきなりの豪快なゴールでポルトガル代表に勢いをつけたC・ロナウドは、その後ハットトリックの活躍を見せ、5-1の大勝を収めている。 2020.09.13 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ギグス「C・ロナウドも40歳までプレーできる」 「最高のプロフェッショナル」とも

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が現役時代のマンチェスター・ユナイテッドでチームメイトだったユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにコメントした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 来年2月に36歳の誕生日を迎えるものの、いまだフットボール界の第一線を走り続け、クラブと代表をあわせたキャリアで通算700ゴール以上を誇るC・ロナウド。今月の代表ウィークに行われたUEFAネーションズリーグのスウェーデン代表戦で欧州初の代表100ゴール目を含む2得点を決め、自身の代表通算得点数も「101」に伸ばした。 ギグス氏は元イラン代表FWのアリ・ダエイ氏が持つ代表最多109ゴールの記録まであと8得点のところまで迫るC・ロナウドについて訊かれると、「40歳までプレーできる」と太鼓判を押した。 「クリスティアーノはあの記録を破ると思う。そのためにも、適切なクラブでプレーする必要がある。私自身、トップクラブで40歳までやった。彼も40歳までプレーできるだろう。彼は自分を大事にして、正しい食事、正しい休養を取り、試合に向けた生活ができている。一緒にプレーした選手のなかでも、最高のプロフェッショナルだ」 そう語ると、2003〜2009年までユナイテッドで共闘したC・ロナウドの若かれし頃を振り返り、努力の賜物だと賛辞を送った。 「私は彼が駆け出しの頃の一緒にやったが、あの当時から考えると、こんなにもゴールを量産する選手になるとは思ってもいなかった。彼には才能があり、周囲を興奮させるような素晴らしい選手だった。クリスティアーノは常に試合のなかで学び、私と同じように常に向上心を追い求めてもいた」 「彼はいつもジムに通って、自分がどれだけ良い選手になれるかを考え続けてもいた。ユナイテッドでシーズン40ゴールをマークして以降、彼が成し遂げていく数々は驚くべきものばかりだ。イングレディブルだ」 2020.09.11 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが代表通算100ゴール到達! 欧州では初

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがまたしても偉業を達成した。 5日に行われたクロアチア代表戦を欠場したC・ロナウドだが、9日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第2節のスウェーデン代表戦にスタメン出場。45分に直接FKを決めると、72分にもバイタルエリア左から右足シュートを決めてみせ、2-0の勝利に大きく貢献した。 <div id="cws_ad">◆クリスティアーノ・ロナウドが代表で見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLbGhCUzNNciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> この2ゴールにより、C・ロナウドは165試合目で代表通算101ゴールを達成。ヨーロッパの選手として初の100ゴールの大台を突破した。 また、世界での代表通算ゴール記録は元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の149試合で記録した109ゴールとなっており、あと8ゴールに迫っている。 なお、C・ロナウドは自身のインスタグラムで「僕たちの代表チームは歴史的な価値があり、大きな誇りだ! 100ゴールに到達できると言われたとき、それでは足りないと言った」と更なるゴール量産に意欲を示している。 2020.09.09 10:30 Wed
twitterfacebook