ヘタフェ、バルサからレンタル中のDFククレジャの買取OP行使!

2020.06.30 20:21 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは30日、バルセロナからレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャ(21)の買い取りオプション行使を発表した。

なお、バルセロナの発表によると、ヘタフェは移籍金として1000万ユーロ(約12億円)を支払う。さらに、ククレジャが将来他クラブに移籍した場合、移籍金の10%がバルセロナに渡ることになる。

2012年にバルセロナの下部組織に入団したククレジャは、2017年10月のコパ・デル・レイのムルシア戦でトップチームデビュー。その後、2018年にレンタル移籍したエイバルでレギュラーとしてプレー。

その後、一時はエイバルが200万ユーロ(約2億4000万円)の買い取りオプションを行使していたが、昨夏にバルセロナが400万ユーロ(約4億8000万円)に設定された買い戻し条項を発動。そして、すぐさまヘタフェにレンタル移籍していた。

今シーズンのヘタフェでは左サイドバックとサイドハーフを主戦場に、ラ・リーガ31試合に出場し1ゴール6アシストの数字を残していた。

今回、正式にヘタフェの一員となったククレジャだが、チェルシーやナポリ、レバークーゼンなど国外のクラブの関心を集めており、今夏の移籍市場で新天地を求める可能性もありそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

S・ラモスのPK弾でヘタフェに競り勝ったマドリーがバルサとの勝ち点差を4に拡大!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは2日、ラ・リーガ第33節でヘタフェをホームに迎え、1-0で辛勝した。 前節エスパニョールに辛勝した首位レアル・マドリー(勝ち点71)は、勝利すれば今節アトレティコ・マドリーに引き分けた2位バルセロナとのポイント差を4に広げられる中、エスパニョール戦のスタメンから3選手を変更。アザール、バルベルデ、マルセロに代えてヴィニシウス、モドリッチ、F・メンディを起用した。 6位ヘタフェ(勝ち点52)に対し、立ち上がりからボールを握ったレアル・マドリーだったが、9分にピンチ。クロスボールがマクシモビッチの足に当たって枠に飛んだが、GKクルトワがファインセーブで防いだ。 すると、23分に最初の決定機。モドリッチのスルーパスで左サイドを抜け出したF・メンディのクロスにヴィニシウスがスライディングで合わせたシュートが枠の右を捉えるも、GKソリアのファインセーブに阻まれた。 36分にはセルヒオ・ラモスの浮き球パスからイスコがボレーでオンターゲットを記録したが、ここもGKソリアに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もレアル・マドリーが攻め込む中、58分にモドリッチのミドルシュートでゴールに迫るも、直後にはメンディのクリアミスからマタのコントロールシュートでゴールを脅かされてしまう。 流れを掴みきれないレアル・マドリーは64分にヴィニシウス、イスコ、モドリッチに代えてアセンシオ、ロドリゴ、バルベルデを投入。 3枚替えでギアを上げにかかると、78分にPKを獲得する。右サイドを上がったカルバハルがボックス右に侵入したところで、マティアス・オリベラに倒された。 このPKをセルヒオ・ラモスが決めて先制したレアル・マドリーは、終盤にかけて危なげなく時間を消化。主将のゴールでヘタフェに競り勝ち、6連勝としてバルセロナとのポイント差を4に広げた。 2020.07.03 06:56 Fri
twitterfacebook
thumb

乾貴士フル出場のエイバル、ヘタフェと引き分け再開から3試合未勝利《ラ・リーガ》

エイバルは20日、ラ・リーガ第30節でヘタフェと対戦し、1-1で引き分けた。エイバルの乾貴士はフル出場した。 再開後の2試合も含めて、リーグ戦ここ9試合でわずか1勝のエイバル。再開初戦はレアル・マドリーに敗れ、前節のビルバオとの自治州ダービーは2-2のドローに終わっていた。 乾が2試合ぶりの先発出場となった今節。互いにチャンスを作り出せないまま時間が進んでいく。試合が動いたのは30分。ヘタフェが左サイドから上げたクロスをアンヘルが折り返すと、ゴール前に詰めていたエテボがダイレクトで流し込んで、ホームチームが先制した。 この得点シーンを除けばほぼ見せ場のない前半だったが、アディショナルタイムにエイバルがボックス手前でFKを獲得。ホセ・アンヘルが直接狙ったシュートは壁に阻まれるも、自らこぼれ球を拾ってクロスを供給。これをセルジ・エンリクが頭で折り返し、最後はシャルレスが押し込んで同点に追いついた。 ポゼッションもシュート数もほぼ互角で一進一退の攻防を展開する両チーム。5人に拡張された交代枠を使い切るヘタフェに対し、2人の交代にとどめるエイバルは86分、敵陣右サイドでFKを獲得すると、ボールは一旦は逆サイドに流れるものの、ポルティージョが右足でクロスを供給。これをゴール前に残っていたDFビガスが頭で流し込んだのだが、VARの結果オフサイドの判定に。 試合はそのまま動くことなく終了。エイバルは再開から3試合白星なしとなった。 2020.06.21 04:40 Sun
twitterfacebook
thumb

後半AT被弾のバレンシア、再開初戦を白星で飾れず…《ラ・リーガ》

バレンシアは12日、ラ・リーガ第28節でレバンテと対戦し、1-1のドローに終わった。 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的なパンデミックを受け、3月から中断に入っていたラ・リーガが約3カ月ぶりの再開となる今節。7位のバレンシア(勝ち点42)は、ホームに13位レバンテを迎えた。 試合はゴールレスで迎えた後半、グラナダは74分にギジャモンにアフタータックルを見舞ったロジェールが2枚目のイエローカードを受け、退場処分となる。 数的優位となったバレンシアは83分、ヴァスの右クロスをニアでガメイロがフリック。これをゴール正面のロドリゴがヘディングシュートで合わせたが、これはゴールライン手前でセルヒオ・ポスティゴにクリアされた。 このままゴールレスでタイムアップかと思われたが89分、遂にスコアが動く。ギジャモンのスルーパスで左サイドを抜け出したガヤのクロスをニアに走り込んだロドリゴが左足で合わせると、右ポストに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。 待望の先制点を奪ったバレンシアだったが、試合終了間際に最大のピンチを迎える。後半アディショナルタイム4分、相手FKの際にボックス内のポジション争いでディアカビがヴェソを倒してしまう。主審は当初ボックス手前でのFKを宣言したが、VARによる介入でPKが与えられると、このPKをメレロに決められた。 結局、試合はそのまま1-1で終了。逃げ切りに失敗したバレンシアは、ラ・リーガ再開初戦を勝利で飾ることが出来なかった。 また、同日に行われたラ・リーガ第28節のグラナダvsヘタフェは、4位のヘタフェ(勝ち点)がティモルのゴールで先制したが、後半に入りオウンゴールとカルロス・フェルナンデスのゴールで逆転したグラナダがそのまま2-1で勝利した。 2020.06.13 07:20 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコが悩むガビ後継者問題、ヘタフェのウルグアイ代表MFをリストアップか

アトレティコ・マドリーが、ヘタフェのウルグアイ代表MFマウロ・アランバリ(24)に注目しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 2018年夏に元スペイン代表MFガビがアル・サッドの旅立って以降、その後釜を探すアトレティコ。同年夏にビジャレアルからスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスを獲得するも、わずか1シーズンでマンチェスター・シティへと完全移籍。昨夏レアル・マドリーからスペイン人MFマルコス・ジョレンテを獲得したものの、ガビとプレースタイルが異なるバランサータイプとなっている。 アトレティコは、守備能力を備えるボランチの獲得を望んでいるとされるが、その候補に挙がっているのが、長期間動向を追っているというアランバリだ。 今年3月にウルグアイ代表に初招集されたアランバリは、2018年1月にヘタフェへ加入。豊富な運動量が魅力的のセントラルMFで、今季はここまで公式戦31試合1ゴール1アシストを記録している。 そのパフォーマンスを受け、インテルやモナコもアランバリを注視しており、契約解除金の2500万ユーロ(約30億5000万円)を支払うことを検討しているとも言われている。 アランバリは他クラブからの関心を理解しているというが、ヘタフェにフォーカスを当てている模様。ただ、以前に「バルサかマドリー? 小さい時からアトレティコを追いかけている」とアトレティであることを公言しており、ワンダ・メトロポリターノでにのプレーを夢見ているようだ。 その一方でアトレティコはアランバリを獲得する場合、契約延長交渉が平行線を辿っており、アーセナルが視線を注ぐガーナ代表MFトーマス・トーマス・パルティ(26)や、残留の意思表示をしたメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(30)が退団に向かう可能性があるとのことだ。 2020.06.04 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

5人交代制を巡るバルサ監督の“不利”発言に「賛同しかねる」…ヘタフェ指揮官が反論!

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督がバルセロナの指揮を執るキケ・セティエン監督の意見に反論した。スペイン『マルカ』が報じている。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大が終息の兆しがあるなかで、6月中の再開に向けた動きが強まるラ・リーガ。約3カ月ぶりの実戦にコンディションの問題が懸念され、リーグ機構は特別ルールの1つとして5人交代制の導入を公言している。 選手の負担軽減が見込める5人交代制だが、首位を走るバルセロナのセティエン監督は先日、不利な条件になり得るものとして、導入に否定的な考えを示した。しかし、今季ここまで5位の上位につけるヘタフェ指揮官の意見は逆だ。 ボルダラス監督はスペイン『Onda Cero』のインタビューで5人交代制の導入に関して、力関係から大半の試合で能動的に試合を進められるビッグクラブ勢の恩恵にしかならないルールだと主張した。 「ビッグクラブにとって、それ(5人交代制)は大きな恩恵になると思う。彼らは非常に大きなスカッドがあり、均質の選手たちも揃っている。チームのパフォーマンス低下に気づけないぐらいのね」 「逆に、バルセロナやレアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、セビージャ以外のチームは彼らみたいにタレントを擁していない。賛同しかねる。プロ、メディア、ファンにとって明らかだ」 「5人交代制の決定は状況や気温などを鑑みてだ。しかし、5人の交代を認めれば、間違いなくビッグクラブたちの利益となる。それが現実だ」 2020.06.01 09:30 Mon
twitterfacebook