バルセロナ、アルトゥールのユベントス移籍合意を正式発表!

2020.06.30 01:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは29日、ブラジル代表MFアルトゥール(23)の移籍に関してユベントスと合意に至ったことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとのこと。

バルセロナによれば、アルトゥールは2019-20シーズンが終了するまではバルセロナに残るとのことだ。

2015年にグレミオのトップチームに昇格したアルトゥールは、2018年の夏にバルセロナに加入。ボールの扱いに長けたパサーとして加入初年度から熾烈な中盤のポジションを勝ち抜いて出番を獲得。今シーズンはここまでラ・リーガ21試合を含む公式戦28試合に出場し4ゴール4アシストを記録している。

また、2018年9月にデビューしたブラジル代表では、これまで公式戦20試合に出場。昨年6月に行われたコパ・アメリカ2019では、5試合に出場し4大会ぶりとなる母国の優勝に貢献した。

なお、バルセロナは移籍金に関して7200万ユーロ(約87億円)+最大1000万ユーロ(約12億円)の出来高ボーナスと発表しているが、ユベントスはボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(30)を6000万ユーロ(約72億1000万円)でバルセロナに売却することで合意しており、実質的にピャニッチ+1200万ユーロ(約14億5000万円)及び最大1000万ユーロ(約12億円)のボーナスとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

テア・シュテーゲンが見せた超人的反応!ラウタロも苦笑いのスーパーストップ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆テア・シュテーゲンのスーパーストップ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnbkdMWlRmNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回はバルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが見せたセーブだ。 ボルシアMGユース出身のテア・シュテーゲンは、“ポスト・ノイアー”一番手としてドイツで頭角を現し、2014年7月にバルセロナへ移籍。加入当初こそチリ代表GKクラウディオ・ブラーボとのローテーションでの起用だったが、2016年からは、同選手の移籍もあり、バルセロナの守護神として活躍を続けている。 その超人的な反応でバルセロナのピンチを救ってきたテア・シュテーゲンだが、2019年10月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのインテル戦では、試合の流れを変えるスーパーセーブを見せた。 前半3分にインテルのFWラウタロ・マルティネスのゴールで先制を許し、ホームでリードされていたバルセロナ。これ以上失点できない場面だったが、再びピンチを迎える。 右サイドでボールを持ったMFアントニオ・カンドレーバがボックス内へクロスを上げると、この日1ゴールのラウタロがフリーで叩きつけるようなヘディングシュートを放つ。ファーポスト側へ流れるかと見えたボールがヘディングにより突然進路を変えた格好になったが、テア・シュテーゲンはここで超人的な反応を見せる。身体の進路とは逆の方向へ飛ぶボールに対して、重心を左足になんとか留めると、左手を伸ばし、強烈なヘディングをセーブしてみせた。 追加点を許せば試合が終わってしまう可能性もあった場面で見せたスーパーストップ。相手に傾きかけた流れを手繰り寄せるセーブでチームを救ったテア・シュテーゲン。この後バルセロナは後半の2得点で逆転勝利を収めている。 2020.07.10 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

まさにバケモノ…!メッシが国王杯ビルバオ戦でみせた衝撃の4人抜きモンスターゴール!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めた怪物級のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがたった1人で相手ディフェンスを蹂躙!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6UHJpVGdhOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フットボール史上最高の選手と呼び声高い“天才”リオネル・メッシ。17歳でのトップチームデビュー以来、バルセロナで類稀な才能を活かし、ゴラッソを量産し続けている。 そんなメッシが決めた数々のスーパーゴールの中でも、特に語り継がれるゴールの1つとして知られるのが、2015年5月30日、コパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオ戦で決めたゴールだ。 0-0で迎えた前半20分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったメッシは、ビルバオの選手から徹底的なマンマークを受ける。サイドでの1対1の駆け引きの中でサイド突破を試みたメッシだが、相手選手3人に囲まれてしまった。 進路を完全にブロックされ、さすがのメッシでも突破は不可能に見えたが、絶妙な緩急と細かいボールタッチで一瞬にして3人を抜き去ると、そのまま一気に加速してボックス内へ侵入。後ろから来る追手を難なくいなすと、ボックス内でプレスに来た相手DFの動きを細かいターンでかわし、一瞬の隙を見てニアポストに強烈なシュート。虚を突かれた相手GKのニアポストをぶち抜き、ハーフラインからたった1人で強固なビルバオディフェンスを崩壊させ、先制点をもぎ取った。 変幻自在な極上のドリブルテクニック、瞬時の判断力とそれを正確に実行する技術の高さ。まさにメッシのすごさが凝縮されたモンスターゴールだ。試合はメッシのこの圧巻のゴールを含め、3点を決めたバルセロナが3-1で勝利し、3年ぶり27度目の国王杯優勝を果たしている。 2020.07.10 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナを勝利に導いたスアレス「彼らの状況から試合の難しさをわかっていた」

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、決勝点を記録したエスパニョール戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 8日にラ・リーガ第35節でエスパニョールと対戦したバルセロナ。苦戦を強いられたが、56分にFWアントワーヌ・グリーズマン、FWリオネル・メッシと繋いだボールのこぼれ球をFWルイス・スアレスがゴール前から押し込んで先制に成功し、1-0で逃げ切った。 決勝点を記録したスアレスは、「彼らの状況から試合が難しくなることはわかっていた。日曜日に試合をしてから消耗していたが、インテンシティを少しだけ見せれた。重要なのは、ゴールを決め勝ち続けることだ」と試合を振り返った。 バルセロナはエスパニョールの守備に苦しみ前半はシュートを放てなかったが、「相手が素晴らしかったと思う。彼らは5人で守り、スペースがほとんどなかった。我々はそこに行こうとした。前半は良いアプローチをされたが、後半はもう少しスペースがあった」とコメント。前半は苦しんだことを認めた。 この勝利により、首位・レアル・マドリーとの勝ち点差を「1」に縮めたバルセロナ。スアレスは、「僕たちの目標は残り3試合に全て勝ち、レアル・マドリーが負けることを待つことだ。僕らは自分たちの試合について考えている」と優勝争いについて言及している。 2020.07.09 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ・ダービーで辛勝のセティエン監督「スペースやパス精度がなかった」、ライバルの降格にも言及

バルセロナのキケ・セティエン監督が、8日に行われたラ・リーガ第35節のエスパニョール戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 逆転優勝に向けて戦うバルセロナと、残留に向けて戦うエスパニョールによる“バルセロナ・ダービー”。バルセロナはエスパニョール相手に苦戦を強いられたが、56分にFWアントワーヌ・グリーズマン、FWリオネル・メッシと繋いだボールをFWルイス・スアレスが押し込んで先制に成功。そのまま、逃げ切りに成功し、1-0の辛勝を収めた。 <div id="cws_ad">◆バルセロナとエスパニョールで活躍した5選手の技ありゴール<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaN0w0WHRzUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナは、首位のレアル・マドリーと暫定ながら勝ち点差を「1」に縮めた一方で、この敗戦によりエスパニョールは27年ぶりに2部へと降格することが決定していた。 試合後、セティエン監督は「確かに今日は素晴らしい試合ではなかった。エスパニョールが守備的で、とても難しかった。非常に激しく、閉ざされていた。そこに動いても、スペースやパス精度がなかった」と苦戦したと述べた。 この試合では後半頭から出場したFWアンス・ファティが、DFフェルナンド・カレロと接触した際に一発退場の処分が下っていた。この判定について問われると、その3分後に退場したMFポル・ロザーノにも触れ、「我々はアンスがボールに行っていたことを確認した。彼がボールに触れていたから論争があるのは明らかだ。重大な判定だった。最初がレッドカードなら2人目も同じだ。2人の退場はスペースを作り出した」と見解を示した。 また、27年ぶりに2部降格となった同じ街のライバルであるエスパニョールについては「今日の試合を見る感じでは違った。しかし、リーグ戦は何日も戦いが続く。1つの悪い試合だけで降格することはない。2試合、4試合でもだ。これは選手の時に何度も苦しんだ。こういったことが起こる場合、そのシーズンに何か間違ったことをしていたということだ」とライバルクラブの2部降格に言及している。 2020.07.09 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スアレス弾で逃げ切ったバルセロナが10人同士のダービーを制す!敗れたエスパニョールは27年ぶりの2部降格…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第35節、バルセロナとエスパニョールによる“バルセロナ・ダービー”が8日にカンプ・ノウで行われ、1-0でバルセロナが勝利した。 首位レアル・マドリーを追走したい2位バルセロナ(勝ち点73)は、快勝したビジャレアル戦からスタメンを1人変更。ビダルに代えてインサイドハーフにはラキティッチを配置した。 リーグ戦5連敗中の最下位エスパニョール(勝ち点24)に対し、3トップに右からメッシ、スアレス、グリーズマンを並べたバルセロナは22分、ボックス右手前でグリーズマンが倒され獲得したFKをメッシが直接狙ったが、これはわずかにゴール右上に外れた。 バルセロナは25分にも、グリーズマンのスルーパスに反応したスアレスがボックス左からシュートを放ったが、これは相手DFに当たりゴール左に外れた。 一進一退の展開が続く中、バルセロナは43分にピンチ。ロングスルーパスから突破を許したディダックの左クロスが守備に戻ったラングレに当たり、あわやオウンゴールとなるが、GKテア・シュテーゲンがギリギリのところでブロック。さらにこぼれ球を拾ったD・ロペスのラストパスからディダックにシュートを打たれるも、これは右ポストに弾かれ難を逃れた。 迎えた後半、バルセロナはN・セメドを下げてアンス・ファティを投入。しかし49分、アンス・ファティがカレーロへ足裏を見せた危険なタックルを見舞い、VARの末に一発退場となった。 ところが直後の53分、エスパニョールにも退場者が出る。ロストボールに反応したポル・ロサーノがピケの右足を踏みつけるようなタックルを見舞い、VARの末に一発退場となった。 10人同士の対決となった中、バルセロナは56分に先制する。ジョルディ・アルバのパスをボックス左深くに走り込んだグリーズマンがヒールで落とすと、メッシがシュート。これはGKディエゴ・ロペスに弾かれたが、こぼれ球に反応したスアレスが無人のゴールに流し込んだ。 さらにバルセロナは、68分にもセルジ・ロベルトの右クロスをファーサイドのメッシが左足ボレーで合わせたが、シュートはGKディエゴ・ロペスの好セーブに阻まれた。 その後も互いに選手交代を行っていく中で一進一退の展開が続いたが、最後までゴールは生まれず。スアレス弾で逃げ切ったバルセロナが10人同士のダービーを制し、首位マドリーにプレッシャーをかけることに成功した。一方、6連敗となったエスパニョールは27年ぶりの2部降格が決定した。 2020.07.09 07:13 Thu
twitterfacebook