デ・ブライネの取材中にニューカッスル指揮官が乱入?!

2020.06.29 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ準々決勝のニューカッスル戦を終えたマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのインタビュー中に、相手指揮官のスティーブ・ブルース監督が乱入する珍しいシーンが起こった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

28日に行われたFAカップ準々決勝。シティはデ・ブライネのPKとFWラヒーム・スターリングのゴールで、敵地セント・ジェームズ・パークでニューカッスルを破った。

試合後、取材を受けていたデ・ブライネのもとにブルース監督が乱入。15年ぶりの準決勝進出を阻んだ相手に、冗談でこんなことを言ったようだ。

「こいつはこのままここに残る。今夜のニューカッスルからの独占リリースだ」

「もうシティで十分やっただろう。そろそろニューカッスルのためにプレーしないかね」

なお、ニューカッスルでは、サウジアラビアをベースとする合同ファンドによるクラブ買収が進められており、その暁にはデ・ブライネ獲得のチャンスが巡ってくるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

今季公式戦20発のヴォルフス主砲にアーセナル&ニューカッスルが関心!

ヴォルフスブルクに所属するオランダ代表FWヴォウト・ヴェグホルスト(27)にアーセナルとニューカッスルが関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 母国オランダのヘラクレスで台頭したヴェグホルストは、AZを経て2018年夏にヴォルフスブルクへ完全移籍。加入1年目となった昨シーズンにブンデスリーガで17ゴールを挙げる活躍を見せると、今シーズンはリーグ戦でのゴール数こそ昨季を1ゴール下回ったものの、ここまでの公式戦42試合で20ゴールを挙げるなど、2シーズン連続で主砲として活躍した。 そして、『ビルト』が伝えるところによれば、今夏のステップアップが見込まれるオランダ代表FWには、アーセナルとニューカッスルというプレミアリーグの2クラブが関心を寄せているという。 アーセナルではガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(30)、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(29)の2人のストライカーの去就が不透明となっており、仮に2選手のいずれかが退団となった場合、ストライカーの補強が急務となる。 一方、ニューカッスルもサウジアラビア共同事業体によるクラブ買収が決定した場合、今夏の移籍市場で積極補強に動く可能性が噂されており、昨夏獲得したブラジル人FWジョエリントンが大きく期待を裏切る中、新たなストライカー候補としてリストアップしているようだ。 197cmの屈強な体躯を生かした地対空の競り合いの強さと、確度の高いポストプレーを特長とするターゲットマンタイプのヴェグホルストは、高いシュート精度も含めボックス内での駆け引きにも長けたプレミアリーグ向きのプレースタイル。 仮に、アーセナルに加入することになれば、利き足は異なるものの、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(現チェルシー)が過去に担ってきた役割をこなす形になるはずだ。 なお、過去にウェストハム行きの可能性があったことを明かしているヴェグホルストは、自身の憧れのクラブとしてリバプールの名前を挙げていた。 2020.06.30 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

前回王者シティがデ・ブライネ&スターリング弾で武藤欠場のニューカッスルを撃破!《FAカップ》

マンチェスター・シティは28日、FAカップ準々決勝でニューカッスルとアウェイで対戦し、2-0で勝利した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀はベンチ入りも出場せず。 3月に行われた5回戦でシェフィールド・ウェンズデイ(2部)を1-0で下したシティは、ミッドウィークに行われたチェルシー戦からスタメンを4人変更。ベルナルド・シウバやロドリ、フェルナンジーニョ、GKエデルソンに代えてガブリエウ・ジェズスやシルバ、オタメンディ、GKブラーボをスタメンで起用した。 武藤がベンチスタートなったニューカッスルに対し、マフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリングの3トップで臨んだシティがポゼッションする流れとなると、17分に最初の決定機。左クロスの流れた球を逆サイドで拾ったウォーカーが高速クロスを供給。これをゴール前のシルバが合わせたが、ボールはゴール左に外れた。 その後もハーフコートゲームを展開するシティは36分、ウォーカーの右クロスをボックス内で競り合おうとしたガブリエウ・ジェズスがシェアに押し倒されPKを獲得。これをキッカーのデ・ブライネが冷静にゴール左下に決め、シティが先制に成功した。 先手を取ったシティは前半アディショナルタイムにも、シルバの左CKからラポルトがヘディングシュートでゴールを狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 後半も主導権を握るシティは、64分にマフレズとシルバを下げてベルナルド・シウバとフォーデンを投入。対するニューカッスルは、65分にキャロルとアルミロンを下げてゲイルとジョエリントンを投入した。 すると直後のプレーでシティが追加点を奪う。68分、フォーデンのパスを左サイドで受けたスターリングがペナルティアーク左手前付近まで切り込み右足を振り抜く。ややDFがブラインドとなったシュートはそのままゴール右に突き刺さった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。そんな中、シティは76分に中盤でパスカットしたスターリングがカウンター。ボックス手前まで持ち上がりラストパスを送ると、ボックス右で受けたフォーデンが左足で狙ったが、シュートは枠の左に外れた。 結局、試合はそのまま2-0で終了。デ・ブライネとスターリングのゴールで勝利した前回王者のシティが、2年連続の4強入りを果たした。 2020.06.29 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがマンキージョ&キャロルと契約延長、ローズ&ベンタレブとは短期契約締結

ニューカッスルは25日、スペイン人DFハビエル・マンキージョ(26)と元イングランド代表FWアンディ・キャロル(31)と契約延長したことを発表した。マンキージョとは2024年まで、キャロルとは2021年までの契約となっている。 また、トッテナムからレンタルで加入しているイングランド代表DFダニー・ローズ(29)、シャルケからレンタルで加入しているアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(25)はそれぞれ今季終了までの短期契約にサインしている。 2017年夏にアトレティコ・マドリーから加入したマンキージョは、ニューカッスルではこれまで公式戦61試合に出場して5アシストを記録。今季は公式戦17試合に出場していた。 2019年夏にウェストハムからニューカッスルに8年半ぶり復帰したキャロルは今季、公式戦16試合に出場して5アシストを記録している。 そして1月に加入したローズは公式戦8試合に出場、2019年夏に加入したベンタレブは公式戦8試合に出場していた。 2020.06.26 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

D・ローズが今季最後までニューカッスルでプレー…貸し出すトッテナムが発表

トッテナムは22日、ニューカッスルに貸し出しているイングランド代表DFダニー・ローズ(29)に関して、今季終了までのレンタル契約延長合意を発表した。 昨年11月にジョゼ・モウリーニョ監督がトッテナムに到着して以降、出番を減らしたD・ローズ。今年1月、今月末までのレンタル契約でニューカッスルに移籍した。そのニューカッスルに加入して以降はプレミアリーグ全6試合連続に出場して、公式戦7試合でプレー。しかし、今季は新型コロナウイルスによる中断で遅延しており、ニューカッスルで戦い抜く場合、新たな契約を結ぶ必要があった。 なお、トッテナムはサウサンプトンのDFカイル・ウォーカー=ピータース(23)、FWジャック・クラーク(19)とMFルーク・エイモス(23)のQPR勢、ビボーのGKブランドン・オースティン(21)、アトレティコ・バレアレスのMFアーマンド・シャシュア(19)に関しても、それぞれ今季終了までのレンタル期間延長を明らかにしている。 2020.06.22 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

米代表DFイェドリンが代表引退を検討…「平等ではない国を代表してプレーするのは困難」

ニューカッスルのアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリンが、ここ最近の人種差別問題を受け、代表引退を検討していることを明かした。 アメリカのミネソタ州で、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(享年46)が、白人警官によって身柄を拘束された際に殺害された件で、現代でも根強く残る人種差別への抗議活動が世界中に拡散。 今週に再開されたプレミアリーグでも、人種差別への抗議から全クラブがユニフォームネームを“Black Lives Matter”とする特別なユニフォームの着用、抗議活動の代名詞ともなっているひざまずくアクションを試合前に行っている。 そんな中、トッテナム、ニューカッスルとイングランドの地で6年を過ごすイェドリンは先日、自身の公式『ツイッター(@yedlinny)』を通じて、母国で暮らす祖父とのやり取りを告白したことで、大きな話題を集めていた。 ワシントン州シアトルで生まれ育ち、アメリカ代表として通算62キャップを刻む26歳は以下のようなメッセージを発していた。 「ジョージ・フロイドさんが亡くなった数日後、祖父が僕が今もアメリカに住んでいなくて良かった。なぜなら今アメリカにいれば、若い黒人男性である僕の命を心配しなければならないからだとメールをくれた」 「彼は1946年に生まれて、自由民権運動やアメリカ史の中でも酷い人種差別があった時代を生きてきた。それから70年経った今、彼はまだ黒人である自分の孫の命の心配をしなければならない」 「全てのアメリカ人が自分自身に聞いてみる必要がある。この国に『万民のための自由と正義』があるのかと。もしその答えがイエスだというなら、その人たちはこの問題の一部だ」 「僕らは、黒人の命を白人の命より大事にしろなんてこと求めていない。我々は平等になること、5分の3ではなく、1人の人間として見られることを求めているんだ」 そして、アフリカ、ネイティブアメリカン、ユダヤ系ラトビア人と多くのルーツを持つアメリカ代表DFは今回、イギリス『スカイ・スポーツ』で改めて母国に蔓延る人種差別問題について言及。「すべての人々が平等ではない国を代表してプレーすることは難しい」と、代表引退を考慮していることを明かした。 「ここ最近、アメリカでの自分の将来について多くのことを考えてきたよ。家族はいつも自分が信じることに突き進んでいけばいいと言ってくれている」 「(今回の活動によって)変化が起きるかどうかを確認することは、待ちに待ったゲームの1つだと思っているよ」 「だけど、物事が順調に進んだとしても、アフリカ系アメリカ人の1人として、すべての人々が平等ではない国を代表してプレーすることは難しい」 26歳という年齢を考えれば、母国がカナダ、メキシコと共催する2026年ワールドカップ出場の可能性も十分にあるが、人種差別の問題がイェドリンの代表キャリア終了を早めることになるのか…。 2020.06.20 18:42 Sat
twitterfacebook