Jリーグ入りも噂された元ドイツ代表FWマリオ・ゴメスが現役引退、1部昇格を置き土産に

2020.06.29 08:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF遠藤航のチームメイトである、シュツットガルトの元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(34)が現役引退を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

28日、ブンデスリーガ2部は2019-20シーズンの最終節を行なった。シュツットガルトは1部への自動昇格圏の2位に位置し、ダルムシュタットと対戦。ゴメスがゴールを記録するも1-3で敗戦。しかし、3位のハイデンハイムも敗れ、1年での1部復帰を果たした。

試合後、この試合でゴールを記録していたゴメスが82分にピッチを後にすると、ベンチにいたスタッフらがゴメスのユニフォームを着用し出迎え。試合後には胴上げが行われ、レジェンドの引退を見送った。

ゴメスは、シュツットガルトの下部組織出身で、2005年7月にファーストチームに昇格。2009年7月にバイエルンへ移籍すると、フィオレンティーナ、ベシクタシュ、ヴォルフスブルクと渡り歩き、2018年1月にシュツットガルトへ復帰していた。

今シーズンはブンデスリーガ2部で23試合に出場し7ゴール1アシスト。シュツットガルトの通算では230試合で110ゴール30アシストを記録していた。なお、ブンデスリーガでは通算328試合出場170ゴール45アシストを記録している。

クラブキャリアでのタイトルはブンデスリーガをシュツットガルトで1度、バイエルンで2度優勝。バイエルン時代にはチャンピオンズリーグ(2012-13)、DFBポカールを2度制している。なお、2007年にはドイツの年間最優秀選手にも輝いていた。

また、ドイツ代表としても78試合に出場し31ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2018年のロシア・ワールドカップに出場も、2014年のブラジル・ワールドカップには選ばれず優勝メンバーではなかった。

今シーズン限りで契約が切れることから、移籍先の候補にはアメリカのメジャーリーグ・サッカーやJリーグのヴィッセル神戸なども挙がっていたが、現役引退の道を選んだ。
コメント
関連ニュース
thumb

1部昇格のシュツットガルト、全試合出場のMFシュテンツェルを買い取り

日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトは1日、フライブルクからレンタル移籍中の元U-21ドイツ代表DFパスカル・シュテンツェル(24)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 シュテンツェルはビーレフェルトやオスナブリュック、そしてドルトムントのアカデミーで育ち、2015年7月にファーストチームへ昇格。2015年12月のヨーロッパリーグのPAOK戦が唯一の公式戦出場となり、2016年1月にフライブルクへとレンタル移籍。2017年7月に完全移籍を果たしていた。 今シーズンからレンタル移籍でシュツットガルトに加入したシュテンツェルは、ブンデスリーガ2部で34試合に出場し2アシストを記録。チームの1部昇格に大きく貢献していた。 完全移籍への切り替えについてシュテンツェルは「この決断はとても簡単だった。チームにとっても、僕個人にとっても素晴らしい年だった。一緒に大きな目標を達成し、たくさんプレーした。チームではピッチの内外でとても快適に過ごしたよ」とシュツットガルトでの生活に満足感を示した。また、「今、ぼくたちはブンデスリーガで生き残るという大きな課題に直面している。本当に楽しみだ」と語り、早くも新シーズンへ気持ちが向いていることを明かした。 また、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は「パスカル(・シュテンツェル)は初日から、ピッチ内外で我々にとってとても重要な選手だった。今季のパスカルの象徴的な出場時間は、ブンデスリーガ昇格に大きく貢献していることでもわかる」と今シーズンのパフォーマンスを評価。また、「彼の前向きな性格と模範的な態度は、しっかりとコミットし、シュツットガルトと長期的な関係を築いていくとうことを決定づけた」とし、立ち振る舞いを含めてチームに残したいと考えたことを語った。 2020.07.01 19:56 Wed
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト遠藤航「ブンデス1部への挑戦、今から楽しみ」

シュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航がチームのブンデスリーガ昇格に喜びの心境を明かした。 シュツットガルトは28日にホームで行われたブンデスリーガ2部最終節前の時点で3位ハイデンハイムに3ポイント差の2位。最終節のダルムシュタット戦こそ1-3の敗北を喫したが、ハイデンハイムもビーレフェルトに負けたため、自動昇格となる2位フィニッシュが決まり、2シーズンぶりのブンデスリーガ昇格を果たした。 今季リーグ最終戦のダルムシュタット戦もフル出場した遠藤は載漪後、自身のツイッター(@wataru0209)を更新。「ブンデス1部昇格しました。応援してくれた皆さんありがとうございました。初めてのブンデス1部への挑戦、今から楽しみです」と綴り、自身初のドイツトップリーグでプレーする来季に心を弾ませた。 遠藤は今季、シント=トロイデンからレンタル加入。加入当初こそ出番を得られずにいたが、徐々に信頼を勝ち取り、最終的にブンデスリーガ2部21試合に出場して1ゴールを記録した。 2020.06.29 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航シュツットガルトが1年で1部復帰!ブレーメンとの入れ替え戦に臨むのはハイデンハイムに《ブンデスリーガ2部》

ブンデスリーガ2部最終節が28日に行われ、シュツットガルトはダルムシュタットをホームに迎えて1-3で敗れたが、1年での1部復帰を決めている。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 3位ハイデンハイムとの得失点差が11ある関係から敗れても自動昇格圏内の2位が確定するシュツットガルトは、遠藤がボランチで先発となった。 そのシュツットガルトはマリオ・ゴメスのゴールで一時同点としたものの、1-3で敗戦。それでもハイデンハイムも敗れたため、2位でシーズンを終了。1年での1部復帰を決めている。 第14節以降主力に定着した遠藤は今季のリーグ戦21試合に出場、チームの昇格に貢献した。 また、MF原口元気がフル出場したハノーファーはボーフムをホームに迎え、2-0で勝利した。原口は今季のリーグ戦31試合に出場して6ゴール5アシストを記録、ハノーファーは6位でシーズンを終えている。 そして、FW大迫勇也のブレーメンと入れ替え戦を戦う3位の座にはハイデンハイムが入った。入れ替え戦の初戦は7月2日に行われる。 2020.06.29 00:24 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤&原口がフル出場! ハノーファー2連勝もシュツットガルトは下位にゴールレスドロー《ブンデスリーガ2部》

ブンデスリーガ2部第30節が7日に行われ、オスナブリュックをホームに迎えたシュツットガルトはゴールレスドローに終わった。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 自動昇格圏の2位に位置するシュツットガルト(勝ち点51)が、14位オスナブリュックを(勝ち点34)をホームに迎えた一戦。 2連勝中のシュツットガルトは[4-1-4-1]を採用し、17試合連続先発となった遠藤は中盤アンカーでスタート。終始押し込む展開としながらも決め手を欠き、0-0の引き分けに終わった。 また、7位ハノーファー(勝ち点39)は4位ハイデンハイム(勝ち点48)をホームに迎え、2-1で勝利。6試合連続スタメンとなったハノーファーのMF原口元気は[4-4-2]のトップ下でフル出場し、チームの2連勝に貢献している。 2020.06.07 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

行き先は神戸ではない? シュツットガルト退団報道の元ドイツ代表FWゴメスはアメリカ行きか

かつてバイエルンやドイツ代表でも活躍、現在はドイツ2部のシュツットガルトに所属するFWマリオ・ゴメス(34)が新天地へと旅立つようだ。 自身が下部組織時代を過ごしたシュツットガルトでプレーするゴメスは、今シーズンはブンデスリーガ2部で20試合に出場し6ゴール1アシストを記録。チームは現在自動昇格圏の2位につけている状況だ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWbFRyd01MaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし、ゴメスとシュツットガルトの契約は今月末までとなっているが、それを延長することはないようだ。 ドイツ『シュツットガルター・ナーハリヒテン』によると、シュツットガルトは昇格した場合にチームを生まれ変わらせる考えがあり、ベテランとなったゴメスはその構想には入っていないようだ。 そのため、ゴメスは残り5試合でシュツットガルトを退団。しかし、現役は引退せず、新天地へと向かうこととなり、それはアメリカになる可能性があるようだ。 『シュツットガルター・ナーハリヒテン』は、昨年11月にゴメスへアジアからオファーがあると報道。中国やUAE、トルコなどからの興味がある中、Jリーグのヴィッセル神戸も関心を寄せていると報じていた。 現在もゴメスにはオファーがいくつか届いており、その中で有力なものがアメリカだとしている。 キャリアを通じてブンデスリーガでは328試合170ゴール45アシストを記録。ドイツ代表でも78試合で31ゴールを記録しているゴメス。Jリーグに来れば大きな得点源となりそうだが、去就は果たして。 2020.06.06 12:20 Sat
twitterfacebook