トリノが2月就任のロンゴ監督と来年8月末まで契約延長、3選手も同時に契約延長

2020.06.26 22:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは26日、モレーノ・ロンゴ監督(44)との契約延長を発表した。契約期間は2021年8月31日までとなる。

ロンゴ監督は、現役時代にトリノやキエーボ、カリアリなどでプレー。引退後は指導者の道を歩み、トリノのユースでキャリアをスタート。2020年2月にワルテル・マッツァーリ監督の後任として監督に就任した。

就任後はセリエAで3連敗を喫し、チームの立て直しに失敗かと思われたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断。再開してからは、パルマ、ウディネーゼと対戦し、1勝1分けと結果を出している。

また、同日に元アルゼンチン代表DFクリスティアン・アンサルディ(33)、元イタリア代表DFロレンツォ・デ・シルベストリ(32)、コソボ代表GKサミル・ウイカニ(31)との契約延長も発表。3選手ともに2021年8月31日までの契約を結んだとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオが2戦連続逆転勝利で首位ユーベにプレッシャー《セリエA》

ラツィオは6月30日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 3日前に行われた前節フィオレンティーナ戦を逆転勝利して首位ユベントスとの4ポイント差を維持した2位ラツィオ(勝ち点65)は、フィオレンティーナ戦のスタメンからバストスに代えてラドゥのみを変更した。 14位トリノ(勝ち点31)に対し、インモービレとカイセドの2トップで臨んだラツィオは、開始4分にPKを献上する。FKの流れからシュートブロックに入ったボックス内のインモービレがハンドを取られた。このPKをベロッティに決められ、ラツィオは先制を許した。 失点を受け、前がかるラツィオは23分に同点のチャンス。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスに抜け出したインモービレがボックス内から決定的なシュートを放ったが、枠を捉えきれなかった。 ハーフタイムにかけてもミリンコビッチ=サビッチやパローロがゴールに迫ったラツィオだったが、1点ビハインドで前半を終えた。 それでも迎えた後半開始3分、ラツィオが試合を振り出しに戻す。決めたのはPKを献上していたインモービレ。ルイス・アルベルトのスルーパスを受けたインモービレがボックス左から左足でシュートをねじ込んだ。 その後、60分にコレアとJ・ルカクを投入したラツィオは、73分に逆転する。J・ルカクが左サイドを突破した流れから、ミリンコビッチ=サビッチがボレー。これはGKに防がれるも、二次攻撃でボックス手前右のパローロがシュートを蹴り込んだ。 逆転したラツィオは終盤にかけて守りに入ると、トリノの反撃を許さずに2-1で勝利。2戦連続の逆転勝利でこのあと試合を行う首位ユベントスにプレッシャーをかけている。 2020.07.01 04:31 Wed
twitterfacebook
thumb

シモーネ・ヴェルディがトレーニング中に左ももを負傷…来週に精密検査を実施

トリノは8日、イタリア人FWシモーネ・ヴェルディが負傷したことを報告した。 クラブによると、ヴェルディは同日行われたトレーニング中に左ももを負傷。最初の検査では左大腿の筋肉にグレードⅠの損傷が見つかったとのこと。なお、同選手は来週に損傷の範囲を特定するためのより精密な検査を実施するとのことだ。 昨夏にナポリからレンタルで4シーズンぶりにトリノに復帰したヴェルディは、今シーズンここまでセリエAで22試合に出場し1ゴール3アシストを記録している。 2020.06.09 00:20 Tue
twitterfacebook
thumb

トリノで初のコロナ陽性選手…、トレーニング再開前の検査で発覚

トリノは6日、クラブの選手一人が新型コロナウイルス(COVID-19)の検査結果で陽性反応を示したことを明かした。なお、選手名は明かされておらず、その選手に症状はないとのことだ。 今週、セリエAの各クラブはリーグ再開に向けて新型コロナウイルスの検査を行っているところだった。トリノではこれまで陽性反応を示した選手はいなかったが、トレーニング再開前に発覚した形だ。 水を差された格好だがトリノは「トレーニング再開前の検査で我々の選手に陽性反応を示した者がいた。その選手は無症状ではあるが直ちに隔離し、今後数日間は監視下に置かれる」と発表。 6月中の再開を目指しているセリエAだが、今後も一斉検査によって陽性反応を示す選手が現れる可能性が高そうだ。 2020.05.07 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

来夏ミラン退団濃厚ボナヴェントゥーラ争奪戦のポールポジションはトリノか?

トリノが、ミランに所属する元イタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ(30)獲得に向けて一歩リードしているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 今夏にミランとの契約が満了するボナヴェントゥーラ。今シーズンはここまでセリエA19試合3ゴールの活躍を見せていたが、近年はケガに悩まされ出場機会が減っており、ミランは契約延長を行わない方針だと報じられていた。 そんなボナヴェントゥーラには、現在ナポリやアタランタ、フィオレンティーナら複数クラブからの関心が伝えられているが、今回の報道によるとトリノがポールポジションに立っているとのこと。 トリノはボナヴェントゥーラ獲得に強く関心。その旨は移籍の可能性も考慮に入れる代理人を介して、選手本人にも伝わったという。 2020.04.24 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマとの延長交渉が難航のミラン、流失に備え後釜にメレトorシリグ獲得か?

ミランは、今夏の移籍市場でナポリのイタリア代表GKアレックス・メレト(22)かトリノの同代表GKサルバトーレ・シリグ(33)の獲得に動く可能性があるようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 現在ミランの守護神を務めるイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(21)との現行契約が2021年までとなっているミラン。すでにクラブは契約延長に向けて動きを見せているが、選手側が現在の年俸である600万ユーロ(約7億1500万円)を大幅に上回る条件を求めており、交渉が難航している。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkeU51VXZWVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> また、ドンナルンマの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が、ミランのオーナーであるアメリカの投資家グループ『エリオット・マネジメント』に不信感を抱いていることも交渉難航の要因となっているようだ。 そのため、ミランはドンナルンマの流失に備え、今夏に新たな守護神の確保に動く模様。そして『トゥットスポルト』によれば、その候補にあがっているのが、GKメレトとGKシリグのようだ。 2018年の夏にウディネーゼから新守護神候補としてナポリに加入したメレト。しかし、2018-19シーズン前のキャンプで左腕を骨折し出遅れると、復帰後はコロンビア代表GKダビド・オスピナと熾烈なレギュラー争いを繰り広げ、公式戦21試合の出場。今シーズンは開幕スタメンを飾ったが、昨年12月に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下ではポジションを掴めず、直近の公式戦5試合はベンチ要員となっていた。 一方、2018年の夏にパリ・サンジェルマンからトリノ加入したシリグは、すぐに正守護神に定着すると在籍3シーズンで公式戦109試合に出場。今シーズンもこれまでの公式戦全試合でプレーしている。 2020.03.17 05:00 Tue
twitterfacebook