リヨン時代のラカゼット、神業トラップ&ターンで相手DFを置き去り【インクレディブル・ゴールズ】

2020.06.26 23:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はアーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットがリヨン時代に決めたゴールだ。

リヨンの下部組織出身のラカゼットは、2010年にトップチームデビュー。以降、同クラブで公式戦275試合に出場し、129ゴールを記録した後、2017年からアーセナルでプレーしている。

そんなラカゼットだが、リヨンでの最後のリーグ戦となった2017年5月20日のニース戦では、素晴らしいゴールを決めている。

1-1で迎えた48分、リヨンは敵陣左サイドでボールを持つと、DFジェレミー・モレルが浅めの位置からクロスを上げる。ペナルティーアーク付近で待っていたラカゼットは、低い弾道のクロスを、体を回転させながら左足でトラップ。このトラップだけで相手DFを抜いたラカゼットは冷静にGKとの1対1を制した。

今シーズンのラカゼットは、プレミアリーグで22試合に出場し7ゴール3アシストを記録。ヨーロッパリーグでも5試合に出場し2ゴールを記録している。

しかし、ベンチに座る機会も増えている状況だ。移籍の噂も絶えないが、どのような結末を迎えるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ワニャマが“要塞”アンフィールドでみせた超絶キャノン砲ミドル!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はケニア代表MFビクター・ワニャマが、トッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆繊細かつ豪快!ワニャマのキャノン砲ミドル!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCMGJyRWxkbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベルギーのベースルホットでプロデビューを果たしたワニャマは、その後セルティック、サウサンプトンと順調にステップアップを重ねて2016年にトッテナムへ移籍。今年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトに移籍するまで、公式戦97試合に出場し、7ゴール1アシストを記録している。 恵まれたフィジカルと運動量を武器に、中盤の壊し屋として守備面での活躍が目立つワニャマだが、2018年2月4日に行われた、プレミアリーグ第26節のリバプール戦ではアタッカー顔負けのスーパーゴールを決めている。 0-1とゲームを追う展開となっていた試合の79分に投入されたワニャマ。ピッチ中央でボールを受けたワニャマは、中盤の底から左サイドに張っていたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンへ正確なフィード。ボックスの際からエリクセンがクロスを上げるものの、これは相手GKロリス・カリスがパンチングでクリアした。 トッテナムが攻めあぐねたシーンかと思いきや、クリアボールがボックス外へ転がっていったところへ、全速力で走ってきたワニャマが豪快なミドルシュート。キャノン砲のような強烈なシュートはリバプールゴールの左隅にネットを破るかのごとき勢いで突き刺さった。 守備的な選手らしからぬ強烈かつ正確なミドルを叩き込んだワニャマ。これがこのシーズン最初で最後のゴールだったが、印象に残るスーパーゴールとなった。 2020.07.10 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

分かっていても止められない!“重戦車”ヤヤ・トゥーレがモナコ時代に個の力のみで生み出したゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆まさに重戦車!驚愕のドリブルゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrUEtNSHpXciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国コートジボワールで見出され、ベルギーのベフェレンでプロデビューを飾ったヤヤ・トゥーレは、その後ウクライナ、ギリシャを渡り歩き、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)での活躍をきっかけにモナコへ加入し欧州5大リーグデビュー。ブレイクを果たすと、バルセロナ、マンチェスター・シティで活躍した後、再びギリシャや中国でもプレーしている。 ヤヤ・トゥーレと言えば、一度トップギアに入ると誰も止めることができないパワフルなドリブルと強烈なシュートで“重戦車”との愛称で知られているが、2006年9月30日のリーグ・アン第8節のル・マン戦では、まさに重戦車というソロゴールを決めている。 ハーフライン上で味方のボールを受けたヤヤ・トゥーレは、そのままドリブルを開始。相手の守備により一度はドリブルをストップするも、前後に相手を揺する大きなターンで再び前を向くと、さらにドリブル突破。相手の2人がかりでの必死の守備をものともせず、ボックス左に侵入するとそのまま一気に深部へ突入し、ファーサイドのネットへ正確かつ力強いシュートを突き刺した。 バルセロナやシティでの活躍が有名なヤヤ・トゥーレだが、モナコ時代からそのパワフルな突破の片鱗をうかがわせる見事なゴールだった。 2020.07.10 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

まさにバケモノ…!メッシが国王杯ビルバオ戦でみせた衝撃の4人抜きモンスターゴール!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めた怪物級のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがたった1人で相手ディフェンスを蹂躙!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6UHJpVGdhOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フットボール史上最高の選手と呼び声高い“天才”リオネル・メッシ。17歳でのトップチームデビュー以来、バルセロナで類稀な才能を活かし、ゴラッソを量産し続けている。 そんなメッシが決めた数々のスーパーゴールの中でも、特に語り継がれるゴールの1つとして知られるのが、2015年5月30日、コパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオ戦で決めたゴールだ。 0-0で迎えた前半20分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったメッシは、ビルバオの選手から徹底的なマンマークを受ける。サイドでの1対1の駆け引きの中でサイド突破を試みたメッシだが、相手選手3人に囲まれてしまった。 進路を完全にブロックされ、さすがのメッシでも突破は不可能に見えたが、絶妙な緩急と細かいボールタッチで一瞬にして3人を抜き去ると、そのまま一気に加速してボックス内へ侵入。後ろから来る追手を難なくいなすと、ボックス内でプレスに来た相手DFの動きを細かいターンでかわし、一瞬の隙を見てニアポストに強烈なシュート。虚を突かれた相手GKのニアポストをぶち抜き、ハーフラインからたった1人で強固なビルバオディフェンスを崩壊させ、先制点をもぎ取った。 変幻自在な極上のドリブルテクニック、瞬時の判断力とそれを正確に実行する技術の高さ。まさにメッシのすごさが凝縮されたモンスターゴールだ。試合はメッシのこの圧巻のゴールを含め、3点を決めたバルセロナが3-1で勝利し、3年ぶり27度目の国王杯優勝を果たしている。 2020.07.10 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ミュラーの悪魔的アウトサイドトラップ炸裂で相手守備陣を翻弄【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ミュラーの天才的なアウトサイドトラップ!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRcW9DRVJFMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現在30歳のミュラーはバイエルンの下部組織育ちで、2008年にトップチームデビュー。公式戦通算531試合197得点192アシストを誇り、8度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)制覇などの複数タイトル獲得に貢献している。 また、公式戦にはカウントされないものの、今シーズン開幕前の2019年7月30日に行われたアウディ・カップのフェネルバフチェ戦では圧巻のゴールを決めている。 前半のうちに5-0と勝負を決めたバイエルンは58分、相手からボールを奪うと最終ラインのDFニクラス・ジューレが最前線めがけてロングボールを送る。 カウンターで完璧に抜け出したミュラーは、後ろから来たボールを右足のアウトサイドで絶妙トラップ。かなり威力のあるボールだったが、難なく収める。 そして、相手GKハルン・テキンが飛び出しているのを見ると、冷静に無人のゴールへと流し込んだ。 親善試合とは言え、後ろからのロングボールをアウトサイドで前に流す見事な技術にあっぱれだ。 2020.07.09 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

全く垂れないロングシュート、ティアニーの衝撃40ヤード弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがセルティック時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ティアニーが放った40m弾丸シュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRT1doNHNocyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スコットランド・グラスゴー育ちのティアニーは7歳でセルティックの下部組織に入団すると17歳でトップデビュー。すぐさまスタメンの座を勝ち取ると、2017年からは10代ながらキャプテンを務めるなど、自身の憧れのクラブで素晴らしいキャリアを送っていた。 中でも2017年8月8日に行われたスコットランド・リーグカップのキルマーノック戦では圧巻のゴールを決めている。 3-0のリードで迎えた65分、セルティックはハーフウェイライン前でボールを回すとセンターサークル付近のティアニーへとボールが渡る。 ティアニーが前へ運ぶが、ゴールまで距離があり、相手からのプレッシャーはなかった。すると、ティアニーは左足を一閃。誰も入るとは思わなかったシュートだが、グングンと伸び、ゴール右上隅へ吸い込まれるようにゴールネットを揺らした。 およそ40ヤード(約36m)からの衝撃的なゴールは、セルティックの年間最優秀ゴールに選出。ティアニーはその後、今シーズンからアーセナルへとステップアップ。プレミアリーグという世界屈指の舞台で戦っている 2020.07.09 11:45 Thu
twitterfacebook