【THIS IS MY CLUB】最下位からのJ3優勝、“昇格請負人”小林伸二監督が北九州にもたらせた変化、若手とベテランの融合

2020.06.24 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎GIRAVANZ
新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間を経て、再開するJリーグ。Jリーグ全試合を配信する「DAZN」と18のスポーツメディアがタッグを組んだ「DAZN Jリーグ推進委員会」では、「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE- Supported by DAZN Jリーグ推進委員会」の企画をスタートさせた。

超ワールドサッカーでは、ギラヴァンツ北九州の小林伸二監督にインタビューを実施。“昇格請負人"として知られる小林監督が、就任1年目でJ3優勝、J2昇格を達成した北九州について、クラブへの想いや今シーズンへの意気込みを語ってもらった。

取材・文:菅野剛史
写真提供:ギラヴァンツ北九州

◆「チーム内競争も激しくなった」

──中・長期の計画を立て、再スタートとなった2019シーズンで見事にJ3優勝、J2昇格を勝ち取りました。改めて昨シーズンを振り返ってください

「90分戦えるチームを目指しました。足が止まるとか、後半最後に失点があるというのが、積極的だけど、どちらかというと(ゴールを)取りに行かなくてはいけないというときに取られたり、逃げ切れずに取られたりという原因をクリアするには、90分戦えるということと、積極的にサッカーをするというところで、サッカーを通してフィジカルを上げていくということをさせました」

「どうしてもイメージが受けのイメージがあるので、積極的にサッカーをやるという意味では、思い切って攻撃的になろうということで、攻撃的なカードを切るということと、攻撃的な選手をうまく配置するということと、サイドバックにも攻撃的な選手を入れつつ、攻撃的なサッカーをしていくということをしました。ただ、そうなると前からのディフェンスがとても重要になります」

「逆に前にいるので、後ろから持ち出す力というのが難しいですけど大事で、そこさえ上手くいけば、選手が前にいるというのが、我々にとっても課題ですけど、多くのチームにとっても課題かなとは思います。ただ、そこに積極的にトライしていって、それが上手くシーズンに入って開幕から4連勝できて、力強く入れたことと、(中断からの)再開後、9月のアウェイの4連戦で4勝しましたが、移行期もうまくトレーニングをしっかり積めました」

「入りが良かったことと、選手もモチベーションが高く、トレーニングゲームで良い選手をできるだけ出すように心掛けました。チーム内競争も激しくなったというところも考えると、前年度が厳しいシーズンでしたが、選手のモチベーションをプラスに持っていき、戦い方の整理が上手くできたということで、上手くいったシーズンだったと思っています」

──若い選手や期限付き移籍の選手が多い中で、最初に自信を持てたことはシーズンを進める上では大きかったということですね

「若い選手が一生懸命やるというところに、中盤に元々いた選手、ベテランの池元(友樹選手)が上手く絡むことができて、シーズンも上手くいったと思います。元々いた選手との融合も上手くいったと思いますね」

──夏にも3選手を期限付きと育成型期限付き移籍で獲得しました。所属チームでの出場機会がない若い選手をチームに取り込むことの難しさやその効果はどう感じられましたか

「3人とも前の選手を獲りました。攻撃的であるということと、前からプレスをかけるということで、前に機動力のある選手を獲りました。あとは、選手にも上手く表現しないと使わないといいました。元所属していたクラブで出場機会がなくて、試合に出たいということで来ていますから、トレーニングをちゃんとやって、トレーニングで表現できれば使うということは言っていました。そういったところがより明確になって、トレーニングやトレーニングマッチでパフォーマンスを上げてくれた部分が、すんなりとチームに入り込めた要因かなと思います」

「上のカテゴリーにいたからということよりも、トレーニングをちゃんとやったということを他の選手も認めたと思います。そういったところで上手く元々いた選手も受け入れたと思いますし、新しく入った選手も無我夢中で頑張ったというのも1つだと思います」



関連ニュース
thumb

北九州のMF椿直起が左大腿二頭筋肉離れで全治8週間

ギラヴァンツ北九州は25日、MF椿直起の負傷を発表した。 クラブの発表によると、椿は22日に行われた明治安田生命J2リーグ第26節のFC町田ゼルビア戦で負傷。検査の結果、左大腿二頭筋肉離れと診断。全治は約8週間とのことだ。 椿は町田前に先発出場。しかし41分にドリブルで持ち上がろうとした際に、左ハムストリングを痛め、自ら突如ピッチに倒れ込み交代を要求していた。 椿はメルボルン・シティでプレーしていたが、契約期間が満了し横浜F・マリノスへ復帰。7月に北九州へと期限付き移籍で加入し、町田戦が3試合目の出場だった。 2021.08.26 15:46 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州、GK加藤有輝が手術成功を報告「感謝の気持ちでいっぱいです」

ギラヴァンツ北九州のGK加藤有輝は19日、自身の公式ツイッターにて手術成功を報告した。 大宮アルディージャの下部組織出身の加藤は、2016年2月にトップチームへ昇格。その後、2021年2月に北九州へと期限付き移籍をし、6月には一般女性との入籍を発表していた。 その加藤は7月21日の練習中に右ヒザ前十字じん帯を損傷。18日に手術が行われ、翌日に術後の右足と奥さんからの差し入れの写真と共に手術成功を報告した。 「昨日、無事に手術を終えました!この手術に関わってくださった皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、ここからが勝負!しっかりリハビリして、一回りも二回りも強く、たくましくなってピッチに戻ってきます!!」 「2枚目の写真は、奥さんオススメのグミ!美味しいので是非(笑)」 また、加藤は今季ここまで公式戦6試合に出場し、2つのクリーンシートを達成。6月26日の明治安田生命J2リーグ第20節のジェフユナイテッド千葉戦以降は4試合連続の出場をしており、起用され始めた矢先のケガであった。 <span class="paragraph-title">【写真】手術成功を報告、妻がオススメした差し入れは?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">昨日、無事に手術を終えました!<br><br>この手術に関わってくださった皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。<br>ただ、ここからが勝負!<br>しっかりリハビリして、一回りも二回りも強く、たくましくなってピッチに戻ってきます!!<br><br>2枚目の写真は、奥さんオススメのグミ!<br>美味しいので是非笑 <a href="https://t.co/ZJkTtrdgJw">pic.twitter.com/ZJkTtrdgJw</a></p>&mdash; 加藤 有輝 (@yuukikmnst09203) <a href="https://twitter.com/yuukikmnst09203/status/1428157410934280192?ref_src=twsrc%5Etfw">August 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.20 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州のMF井澤春輝が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治8週間

ギラヴァンツ北九州は16日、MF井澤春輝の負傷を発表した。 クラブの発表によると、井澤は10日に行われた練習試合で負傷したとのことだ。 検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷とのこと。全治まで約8週間とのことだ。 井澤は浦和レッズから今シーズン完全移籍で北九州に加入。ここまで明治安田生命J2リーグで11試合に出場していた。 2021.08.16 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛と北九州のボトム対決は2-2の痛み分けに【明治安田J2第25節】

明治安田生命J2リーグ第25節の愛媛FCvsギラヴァンツ北九州が15日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 21位の愛媛(勝ち点20)と最下位の北九州(勝ち点19)による一戦。先手を取ったのはホームの愛媛。22分、最終ラインの内田から前線の藤本にボールが渡ると、マークを振り解きボックスへ侵入。最初のシュートはGKに止められてしまうものの、セカンドボールを自ら押し込んで先制点を挙げた。 しかし北九州も37分、攻め込む中でボックス左でボールを持った福森のマイナスの折り返しを新垣がペナルティアークからダイレクトで蹴り込んで振り出しに戻す。 さらに、後半立ち上がりの53分には、敵陣でボールを奪った西村が前進し、ボックス左の髙橋へラストパス。髙橋は左足でゴールに突き刺し、逆転に成功した。 このままいけば最下位脱出となる北九州だったが、愛媛は75分、左CKを藤本が足裏で押し込んで再び同点に。試合はそのまま終了し、勝ち点1を分け合う結果となった。 ◆第25節 ▽8/15(日) 愛媛FC 2-2 ギラヴァンツ北九州 ▽8/14(土) ジェフユナイテッド千葉 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">SC相模原</span> 2-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック</span> 大宮アルディージャ 1-1 ブラウブリッツ秋田 FC町田ゼルビア 1-1 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 2-1 東京ヴェルディ 栃木SC vs ザスパクサツ群馬※新型コロナウイルスの影響により中止 レノファ山口FC vs ツエーゲン金沢※悪天候のため中止 松本山雅FC vs 京都サンガF.C. ※悪天候のため中止 V・ファーレン長崎 vs モンテディオ山形※悪天候のため中止 2021.08.15 21:36 Sun
twitterfacebook
thumb

大分1年目の福森健太、半年で古巣北九州にレンタル 「必死に全力でプレー」

ギラヴァンツ北九州は31日、大分トリニータからDF福森健太(27)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「30」を着用する。 福森はFC東京の下部組織出身で、鹿屋体育大学を経て、2016年に北九州でプロキャリアをスタート。今季から大分に完全移籍加入して、J1初挑戦を果たした。 その今季はここまで明治安田生命J1リーグ9試合、JリーグYBCルヴァンカップ5試合、天皇杯2試合に出場。だが、レギュラーの座を射止め切れていなかった。 出場機会を求め、大分入りから半年での古巣復帰を決意した福森。北九州の公式サイトを通じて、意気込みを語った。 「僕がこの状況を変える! そういった強い思いで必死に全力でプレーしますので、ファン、サポーターの皆様、またどうぞよろしくお願い致します」 一方で、半シーズンでの退団となる大分を通じてはこれまでのサポートとともに、新天地での活躍を誓った。 「半年という短い間でしたが大分トリニータの一員として闘えた事を誇りに思います。ここで学んだことを移籍先で発揮し、選手としてさらに成長していきます。皆様大変お世話になりました。ありがとうございました!」 2021.07.31 15:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly