コッパ・イタリア制覇のメルテンス、勝利の理由は「僕たちが生まれ変わった」

2020.06.18 12:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが、コッパ・イタリア制覇を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。ナポリは17日、ユベントスとのコッパ・イタリア決勝を戦い、90分をゴールレスで終えPK戦に突入。PK戦では4-2で勝利し、6年ぶり6度目の優勝を飾った。

セリエA再開を前に行われたコッパ・イタリア決勝は難し試合となったが、メルテンスはチーム力の賜物であると語り、シーズン途中に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督のお陰だと語った。


「僕たちは大きなグループであることを証明した」

「何か重要なものを勝ち取りたいと思っていた。今夜は、僕たちとファンにとって特別な夜にしたいと思っていたので、チームは全てを捧げた」

「ガットゥーゾによって、僕たちは生まれ変わり、自分たちにより適した試合を戦った。この勝利はすでに数カ月前に生まれていたと思う」

また、17日には今シーズン限りで切れる契約を2年間延長。その件については「全ては隔離された状態で決まった。ナポリと契約することは確信していたし、嬉しいよ」と語り、コロナ禍で話が進んでいたことを明かした。
関連ニュース
thumb

【セリエA第31節プレビュー】日曜にナポリvsインテル、アタランタvsユベントスの上位対決

前節は首位インテルが降格圏に位置するカリアリに勝利し、11連勝を記録。2位ミランとの11ポイント差を維持し、スクデットへまた一歩近づいた。迎える第31節、日曜にナポリvsインテル、アタランタvsユベントスの上位対決が開催される。 まずはナイトゲーム開催のナポリvsインテル。5位ナポリ(勝ち点59)は前節、DF吉田のサンプドリアに辛勝とし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタとの2ポイント差を維持した。VARに救われる場面はあったが、しっかりと勝ちきってCL出場権争いに食らいついている。インテルの連勝を止め、アタランタとユベントスが潰し合う間隙を縫ってCL圏浮上を果たせるか。 一方、後半終盤のDFダルミアン弾でカリアリを押し切った首位インテル(勝ち点74)は、残り8試合で4勝すれば11年ぶりのスクデット獲得が決まる状況となった。カリアリ戦で途中出場だったFWラウタロとMFハキミは休養十分でナポリ戦に挑めるため、彼らの活躍に期待が懸かる。 続いてアタランタvsユベントス。アタランタ(勝ち点61)は前節、フィオレンティーナとの打ち合いを制して4位を死守。2点のリードを追い付かれるまずい展開となったが、しっかりと勝ちきって見せた。地力あるところを見せ付けた中、得意のホーム戦(9勝3分け3敗)でユベントスとの上位対決を制し、3位浮上を目指す。 一方、前節ジェノアに快勝とし、ナポリ戦に続きここ2試合好パフォーマンスを見せている3位ユベントス(勝ち点62)。ピルロ監督のクビが飛びかけた中での復調となっているが、アタランタとの上位対決でも真価を発揮できるか。 主審への暴言によりFWイブラヒモビッチが退場するアクシデントがあったものの、降格圏のパルマに勝ち切った2位ミラン(勝ち点63)は、13位ジェノア(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。逆転スクデットは現実的ではない状況になっているが、ジェノア戦ではイブラヒモビッチを欠く中、2位死守のために勝利が必須となる。 ローマ勢では前節ヴェローナ戦を後半追加タイムの劇的弾で辛勝した6位ラツィオ(勝ち点55)が16位ベネヴェント(勝ち点30)とのホーム戦を、ヨーロッパリーグ準決勝進出の7位ローマ(勝ち点54)が17位トリノ(勝ち点27)とのアウェイ戦を戦う。ラツィオはインザーギ監督兄弟対決第2ラウンドに注目だ。 そして前節負傷欠場した11位ボローニャ(勝ち点34)のDF冨安は14位スペツィア(勝ち点32)とのホーム戦を、3試合ぶりに先発に復帰したDF吉田の10位サンプドリア(勝ち点36)は、9位ヴェローナ(勝ち点41)とのホーム戦に臨む。なお、冨安は今節も欠場予想となっている。 ◆セリエA第31節 ▽4/17(土) 《22:00》 クロトーネvsウディネーゼ サンプドリアvsヴェローナ 《25:00》 サッスオーロvsフィオレンティーナ 《27:45》 カリアリvsパルマ ▽4/18(日) 《19:30》 ミランvsジェノア 《22:00》 ボローニャvsスペツィア ラツィオvsベネヴェント アタランタvsユベントス 《25:00》 トリノvsローマ 《27:45》 ナポリvsインテル 2021.04.17 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムFWラメラがセリエA復帰? ナポリへの移籍が濃厚か

ナポリがトッテナムのアルゼンチン代表FWエリック・ラメラ(29)を獲得することに興味を持っているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じた。 ラメラはリーベル・プレートの下部組織出身で、2010年7月にトップチーム昇格。2011年8月にローマへと完全移籍。2013年8月にトッテナムへと移籍していた。 トッテナムでは公式戦253試合に出場し37ゴール47アシストを記録。ラボーナでゴールを決めるなど、驚くべきパフォーマンスを見せる一方で、ケガに苦しむことも多いキャリアとなっている。 トッテナムとの契約は2022年6月30日までとなっているが、ラメラはセリエAに戻りたいと考えているとのこと。ナポリへの移籍を望んでいると報じられている。 ミランも獲得に興味を示している中でのナポリ移籍への動きだが、残り契約が1年となるため、移籍金は500万〜1000万ユーロ(約6億5000万〜13億円)になるとみられている。 一方で、年俸に関しては480万ユーロ(約6億2500万円)をトッテナムからは受け取っているが、実質的に半分になる必要があるとのこと。果たして、ナポリへの移籍は実現するだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ラメラと言えば、衝撃のラボーナゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0UkJsODJ0QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.16 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

VARに救われたナポリ、吉田フル出場のサンプに勝利してアタランタに圧力《セリエA》

セリエA第30節、サンプドリアvsナポリが11日に行われ、0-2でナポリが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節ミラン戦を1-1で引き分けた10位サンプドリア(勝ち点36)は、ここ2試合ベンチスタートとなっていた吉田が先発となった。 一方、ナポリ(勝ち点56)は前節、最下位クロトーネと打ち合いとなってしまった末、何とか4-3で競り勝った。しかし、4日前に行われた延期試合のユベントス戦では1-2と敗戦し、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に後退した。そのユベントス戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやポリターノがベンチスタートとなってオシムヘンやロサーノがスタメンとなった。 徐々にナポリが押し込む展開で立ち上がっていくと、22分に最初のチャンス。ボックス左のスペースを突いたインシーニェがマイナスにクロスを入れ、吉田がクリア。これがディ・ロレンツォに当たってゴールに向かうも、吉田の好カットに阻まれた。 さらに25分、インシーニェのカットインシュートはGKアウデーロの好守に阻まれるも、35分にナポリが押し切る。ファビアン・ルイス、オシムヘン、ジエリンスキとダイレクトでつなぎ、最後はペナルティアーク中央のファビアン・ルイスがゴール右にミドルシュートを突き刺した。 迎えた後半、サンプドリアが前がかる中、55分にナポリに追加点のチャンス。ファビアン・ルイスのミドルシュートがGKを強襲し、ルーズボールをインシーニェがプッシュするも、GKアウデーロの好守に阻止された。 その後は膠着状態に陥り、互いにゴールに迫れない状況が続く。そこでサンプドリアは67分にケイタを、ナポリは74分にメルテンスとポリターノを投入していく。 すると75分、サンプドリアが追いつきかける。右CKからトールスビーのヘディングシュートが決まったがVARが入り、クリバリへのファウルを取られた。 助かったナポリは87分に勝負を決定付ける。メルテンスのパスを受けたオシムヘンが吉田の追走を振り切ってシュートを決め切った。勝ち点3を積み上げたナポリが暫定4位に浮上。この後試合を行うアタランタにプレッシャーをかけている。 2021.04.12 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第30節プレビュー】CL出場権争い激化、ナポリは吉田サンプと、ローマは冨安ボローニャと対戦

代表ウィーク後に行われた前節、インテルがボローニャにウノゼロで勝利して9連勝とした一方、ミランがサンプドリアに辛くも引き分ける結果となった。そしてインテルのコロナクラスターによって延期となっていたサッスオーロ戦が水曜に行われ、インテルの勝利により両チームの勝ち点差は11に広がった。インテルの11年ぶりスクデットが確実となった中、チャンピオンズリーグ出場権争いが熾烈を極めている。迎える第30節では5位ナポリがDF吉田のサンプドリアと、7位ローマがDF冨安のボローニャとそれぞれ対戦する。 まずはサンプドリアvsナポリから。ナポリは前節、最下位クロトーネと打ち合いとなってしまった末、何とかDFディ・ロレンツォの決勝弾で競り勝った。しかし水曜に行われた ユベントス戦では相手の好パフォーマンスの前に敗戦。CL圏外の5位となった中、バウンスバックを目指す。 一方、サンプドリアは前節ミラン戦を1-1で引き分けた。代表帰りの吉田は終盤に出場し、1-1の引き分けでクローズすることに貢献しているが、ここ2試合スタメンを外れており、先発の可能性は低いか。 続いてローマvsボローニャ。ローマは前節、2度のリードを生かせずサッスオーロに引き分け、7位に後退している。まずい試合運びを見せてしまった中、CL出場権争いに踏み止まるための勝ち点3を得られるか。 対するボローニャは前節、インテルに善戦するも0-1で惜敗となった。前半終盤に負傷交代した冨安が先発できる状態ならば対面のFWエル・シャーラウィの突破を止める仕事が期待される。 そして前節トリノ・ダービーでは終盤の反撃虚しく2-2で引き分けたユベントスだったが、延期分のナポリ戦ではこれまでの低調なパフォーマンスから一転して見違えるような好プレーを披露し勝利を手にした。ピルロ監督のクビが繋がった中、長期離脱から復帰したディバラにも早速ゴールが生まれ、3位浮上とした中、13位ジェノア(勝ち点32)とのホーム戦でCL圏内キープを目指す。 FWカイセドの終盤弾でスペツィアに競り勝ったラツィオはローマを抜いて6位に浮上。そのラツィオは8位ヴェローナ(勝ち点41)とのアウェイ戦に臨むが、退場したコレアとラッツァーリが出場停止となる中、連勝を4に伸ばせるか。 コロンビアン2トップのゴールでウディネーゼに逃げ切り勝利とした3位アタランタ(勝ち点58)は、監督交代のあった14位フィオレンティーナ(勝ち点30)とのアウェイ戦で3位死守を目指す。 低調なパフォーマンスでサンプドリアに何とか引き分ける結果となった2位ミラン(勝ち点60)は、19位パルマ(勝ち点20)とのアウェイ戦で勝利し、CL出場権獲得へ2位を死守したい。 そして10連勝とした首位インテル(勝ち点68)は日曜のランチタイムに18位カリアリ(勝ち点22)と対戦。11連勝とし、次節ナポリとのビッグマッチに臨めるか。 ◆セリエA第30節 ▽4/10(土) 《22:00》 スペツィアvsクロトーネ 《25:00》 パルマvsミラン 《27:45》 ウディネーゼvsトリノ ▽4/11(日) 《19:30》 インテルvsカリアリ 《22:00》 サンプドリアvsナポリ ヴェローナvsラツィオ ユベントスvsジェノア 《25:00》 ローマvsボローニャ 《27:45》 ベネヴェントvsサッスオーロ フィオレンティーナvsアタランタ 2021.04.10 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョ、将来のナポリ復帰を除外せず 「今はチェルシーのことしか考えていないが…」

チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(29)が将来的なナポリ復帰の可能性を否定しなかった。 ジョルジーニョは2018年夏、ナポリ在籍時にも師事を仰いだマウリツィオ・サッリ監督を追いかける形でチェルシーに移籍。サッリ氏とは1年間だけの共闘だったが、その後もチェルシーにとどまり、トーマス・トゥヘル体制下の今も中心選手として活躍を続けている。 そんなジョルジーニョを巡ってはナポリ復帰の憶測が取り沙汰されたが、代理人であるホルヘ・サントス氏が先日に「彼は100%、チェルシーに残る」と残留を明言。ジョルジーニョ自身にも近くチェルシーを去る意思こそないものの、ナポリ愛は色褪せていないようだ。 ジョルジーニョは7日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのポルト戦にフル出場(チェルシーが2-0で勝利)後、イタリア『スカイ』のマイクを通じて、「ナポリでの日々は決して忘れない」と将来的なナポリ復帰の可能性を排除しなかった。 「ナポリで素晴らしい経験をさせてもらった。あの街やファンにすごく愛着がある。正直、今はチェルシーのことしか考えていないし、いつになるのかわからないが、いつか戻るチャンスがあるなら、もちろん、嬉しいね」 2021.04.09 12:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly