再開目前のプレミアリーグ、主審発表! マージサイド・ダービーはマイク・ディーン

2020.06.16 22:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ再開初戦に向けた各試合の主審が判明した。

新型コロナウイルスの影響で3月中旬から長らく中断が続いたプレミアリーグだが、17日からの再開が決定。アストン・ビラvsシェフィールド・ユナイテッド、マンチェスター・シティvsアーセナルの第28節延期分2試合からのリスタートとなり、19〜22日に予定する第30節の各試合は全チームの足並みが揃った形で行われる。

待望の再開が目前に迫るなか、プレミアリーグは16日、28節延期分2試合と第30節の各試合における審判団を発表。再開後のオープニングマッチとなるアストン・ビラvsシェフィールド・ユナイテッドの主審はマイケル・オリバー氏となり、マンチェスター・シティvsアーセナルの担当はアンソニー・テイラー氏に決まった。

また、第30節の注目ゲームとなる21日のエバートンとリバプールのマージサイド・ダービーは両チームの1stマッチ(5-2でリバプールが勝利)でも笛を吹いたマイク・ディーン氏に。19日に予定するトッテナムvsマンチェスター・ユナイテッドの主審はジョナサン・モス氏がジャッジを司ることになった。

◆第28節延期分
アストン・ビラ vs シェフィールド・ユナイテッド
主審:マイケル・オリバー

マンチェスター・シティ vs アーセナル
主審:アンソニー・テイラー

◆第30節
ノリッジ・シティ vs サウサンプトン
主審:ケビン・フレンド

トッテナム vs マンチェスター・ユナイテッド
主審:ジョナサン・モス

ワトフォード vs レスター・シティ
主審:クレイグ・ポーソン

ブライトン vs アーセナル
主審:マーティン・アトキンソン

ウェストハム vs ウォルバーハンプトン
主審:アンソニー・テイラー

ボーンマス vs クリスタル・パレス
主審:スチュアート・アットウェル

ニューカッスル vs シェフィールド・ユナイテッド
主審:デイビッド・クート

アストン・ビラ vs チェルシー
主審:ポール・ティアニー

エバートン vs リバプール
主審:マイク・ディーン

マンチェスター・シティ vs バーンリー
主審:アンドレ・マリナー

関連ニュース
thumb

「口を閉じろ」相手サポーターの暴言にポグバが“挑発”で返す

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが相手サポーターからの挑発に応戦した。 ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第5節でウェストハムとアウェイで対戦。ポグバは先発出場を果たした。 試合は先制を許す苦しい展開を強いられたものの、ユナイテッドがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとイングランド代表MFジェシー・リンガードのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイムに献上したPKチャンスをスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが見事なセーブ。2-1の逆転勝利を収めた。 リンガードと交代したポグバは73分でピッチを後にしたが、試合終了後、ロッカールームへと引き上げる最中に複数のウェストハムサポーターがポグバに突っかかり、「ポグバ、お前は口を閉じていろ」「くたばれ」といった暴言を吐いた。 するとポグバは足を止め、そのサポーターと目を合わせながら口をポカンと開けて静止。「口を閉じろ」という発言に挑発し返した。ノリノリで煽り返していたポグバだったが、最終的にはアシスタントコーチのマイケル・キャリック氏に止められている。 <span class="paragraph-title">【動画】ポグバが相手サポーターの目の前で挑発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Paul Pogba wanted to hear what the West Ham fans had to say after today&#39;s game... <a href="https://twitter.com/hashtag/WHUMUN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WHUMUN</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> <a href="https://t.co/tEpZjBBViY">pic.twitter.com/tEpZjBBViY</a></p>&mdash; BettingOdds (@BettingOddsUK) <a href="https://twitter.com/BettingOddsUK/status/1439680745111531522?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.21 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルで躍動中のDF冨安健洋、サッカーを始めた意外過ぎるキッカケは「アゴのケガ」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、クラブのインタビューでサッカーを始めた意外なキッカケを明かした。 今夏の移籍市場でアーセナルは、1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな若手選手たちを獲得した。 その中の1人である冨安は、9月に入りチームに合流。1日半のトレーニングでノリッジ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、冨安をよく知らない懐疑的なファンの評価を一蹴。素晴らしいパフォーマンスでスタンディングオベーションを受けると、18日のバーンリー戦でも出色の出来でクリーンシートに貢献していた。 日に日に評価が高まる冨安だが、クラブのインタビューでサッカーを始めたキッカケについてコメント。幼少期のある事件により、今の冨安があることが判明した。 「僕は水泳選手にはなりたかったわけではないんですが、2人の姉がいて、2人は水泳していました。だから、僕も姉たちのように水泳するつもりでした」 「でも、アゴをケガしてしまったので泳ぐことができず、サッカーを始めました。僕はサッカーをするために計画を変えたんです」 「僕はトレッドミルで遊んでいました。確か5歳の時かそれぐらいだったと思います。何歳だったかは覚えていません」 「姉はケガをしたといい、僕は祖母のところに行って『ケガをした』と言いました」 「僕は病院に行きました。手術の間、僕は常に『暑い、暑い、暑い』と言っていたようです。でも、そんなことは覚えていません。でも祖母が言っていました」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋がサッカーを始めたきっかけを語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6T3dsaWZxWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、去就揺れるポグバに「ここに長くいて」 マグワイアとのコンビにも言及

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表DFラファエル・ヴァランがノルウェーのテレビ局『TV2』で今季からクラブレベルでも共闘する同代表MFポール・ポグバ(28)の残留を願った。 2016年夏にユベントスから古巣マンチェスター・ユナイテッドに復帰したポグバ。今季のプレミアリーグで開幕5試合で7アシストと個人としても好スタートに成功したが、延長交渉が滞る去就に目を向けると、ユナイテッドとの残り契約が12カ月を切り、不透明な状況が続く。 その一方で、今夏にレアル・マドリーを離れ、ユナイテッドでのキャリアを歩み始めてから違和感なく、重要な戦力として機能するヴァラン。イギリス『メトロ』によると、将来揺れるポグバについて、どんな決断でも尊重する姿勢を示しつつ、クラブとの契約延長を期待した。 「当然ながら彼が決めることだが、僕はもちろん、ここに長くいてくれるのを願っている。素晴らしい選手だし、間違いなく残ってほしい」 フランス人センターバックはまた、自身がユナイテッド移籍を決意する前にポグバと交わしたやり取りを尋ねられると、こう続けた。 「彼が僕を説得する必要なんてなかった。でも、彼とはこのクラブについての話をして、ここでの日々がどんなものなのかを教えてもらった」 「クラブのことやチームが抱く野心について、彼の意見や考えを聞けたというのは僕からしたら大きかった」 そして、イングランド代表DFハリー・マグワイアについても言及。「彼はトッププレーヤー」と賛辞を送ったが、「フィールド上での僕らはまだ互いを知ろうと頑張っているところだ」と続け、もっと強固なパートナーシップが確立されるまでには時間が必要だと主張した。 「もっと理解を深め、動きやポジショニングで足並みを揃えていくために話し合うようにしている。それは僕やハリーだけじゃなく、ディフェンス陣の全体にも言えることだ」 「オートマチックになるまでにはまだ時間が必要なのはわかっているが、ディフェンス陣には互いが補完し合えるだけのクオリティを持った選手がいるし、そうなれるだろう」 「僕らなら、だんだんと理解を深め、もっと良いパートナーシップを築いていけると思う。それがパフォーマンスの向上や最大レベルでの競争という部分に繋がるはずだ」 2021.09.21 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

魔法はかけられず…英5部バーネットが“オズの魔法使い”キューウェルを7試合で解任

イングランド5部にあたるカンファレンス・ナショナルに所属するバーネットFCは20日、元オーストラリア代表FWのハリー・キューウェル監督の解任を発表した。 キューウェル氏は、現役時代にリーズ・ユナイテッドやリバプールでプレーし、リーズ時代の2001年にはバロンドールの候補にも選出。リバプール時代には、2004-05シーズンに“イスタンブールの奇跡”でも知られるチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、2005-06シーズンにはFAカップも制した。 また、オーストラリア代表としても活躍。“オズの魔法使い”という異名をつけられるほど、テクニカルなプレーは高く評価されていた。 そのキューウェル氏は、現役引退後に監督キャリアをスタート。2015年にワトフォードU-23の監督に就任以降、クローリー・タウン、ノッツ・カウンティ、オールダムと下部リーグのチームを率い、今年6月からバーネットFCの監督に就任。ここまで公式戦7試合で指揮を執っていた。 しかし、開幕からバーネットは2分け5敗と未勝利。クラブはキューウェルを解任することを発表した。 フットボール部門長であるディーン・ブレナン氏は、クラブの公式サイトを通じて解任に至った経緯を説明している。 「ハリー・キューウェルがどれほどポジティブな影響を与えたいと考えていたかは明らかだったが、最終的には結果とシーズンのスタートの悪さが我々の決断を決定づけた。今シーズンの計画は、ーネットFCが上位に挑戦することであり、それは今でも我々の目標である」 また同クラブは、後任監督を探している間はディーン・ブレナン氏が一時的に指揮を執るとしている。 2021.09.21 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シティで序列低下のスターリング…英代表OBは状況に困惑 「長年、この男が頼りだったはずが…」

元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏がマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングの現状を憂慮した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スターリングは2015年夏にリバプールからシティへ加入以降、公式戦298試合に出場して115ゴール87アシストの成績を記録。チームの主軸として、数多くのトロフィー獲得に貢献してきた。 しかし、昨シーズンはベンチスタートとなる機会がやや増加すると、今シーズンもここまでの公式戦6試合中4試合でスタメンから外れている。また、18日に行われたプレミアリーグ第5節のサウサンプトン戦では開幕戦以来の先発出場となったが、好機を生かすことができず、チームも勝利を逃す結果に終わった。 今季はいまだ1ゴールを記録するのみであり、シティでの自信を失いつつあるスターリングに対しては今年1月の移籍市場でバルセロナがレンタル移籍に向けて動くという噂も囁かれている。 こうした状況に対して、自身のポッドキャスト番組『Vibe with Five』のなかでファーディナンド氏は、イングランド代表FWの境遇に同情。ジョゼップ・グアルディオラ監督のチームでは起こり得ることだと語りつつ、現在の状況が続くようなら多くのクラブが獲得に動くはずだと予想した。 「彼が自信を失った理由は、スタメンを外されたから以外にないだろう。彼は燃えていたし、多くを生み出していたのにね」 「長年、ゴールが必要なときにはこの男が頼りだった。それが突然、荒野にいるような状態だ。私はこれに困惑しているし、理解できてもいない」 「でも、これがペップ(ジョゼップ・グアルディオラ)の特徴さ。彼はたいていの場合うまくやるが、今回のスターリングの件ではどうだろうね。他のクラブの中には、『この状況がどうなるか見てみよう』と考えているところもあるはずだ」 「私がリバプールなら、明日にはスターリングを獲得するため動くだろう」 2021.09.21 17:59 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly