リヨン会長がインテルDFゴディンへの関心認める「リストの中にある」

2020.06.15 13:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、インテルのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(34)への関心を認めた。『フットボール・イタリア』が伝えた。

昨シーズン限りで輝かしい功績を収めたアトレティコを退団し、フリーでインテルに加入したゴディン。しかし、アントニオ・コンテ監督が採用する3バックの適応に苦しみ、ここまで公式戦25試合の出場にとどまるなど、絶対的な主力とはなれていない。

さらに、500万ユーロ(約6億3000万円)という高額な年俸は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で経済的な打撃を受けたインテルにとっても大きく、1年でゴディンを放出することに支障はないようだ。

そうしたなか、オラス会長はフランス『RMC Sport』で、クリスタル・パレスに所属する元フランス代表DFママドゥ・サコー(30)とともにゴディンのことについて尋ねられると、「リストアップした選手の中に名前はある。他にも多くの選手がいる」と関心を認めたとのこと。センターバックの補強に動く意思があるようだ。

なお、リヨンがゴディン獲得に向けて障害となっているのは高額な年俸とのこと。そのため、移籍を望むのであればゴディンは減俸を受け入れなければいけないが、どのような結末を迎えるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

フランス、2つの国内カップ戦を来月下旬に開催! 5000人程度の観客収容へ

フランスサッカー連盟(FFF)は、来月下旬2つの国内カップ戦決勝を行うことを正式に発表した。 フランスでは新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で、リーグ・アンやリーグ・ドゥを含む、国内のリーグ戦が相次いでシーズン中の打ち切りとなっていた。 ただ、クープ・ドゥ・フランスと、クープ・ドゥ・ラ・リーグの2つのカップ戦に関してはいずれも決勝戦を残すのみとなっており、開催が既定路線となっていた。 そういった状況の中、FFFは7月24日にパリ・サンジェルマン(PSG)とサンテチェンヌによるクープ・ドゥ・フランス決勝を、同31日にPSGとリヨンによるクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝を行うことを正式に発表した。 なお、フランス『レキップ』など国内メディアによると、いずれもスタッド・ドゥ・フランスで開催される一戦は、最低でも5000人ほどの観客を入れての開催となるという。 ただ、2万5000人ほどの収容を望むFFFは、フランス政府に対して健康面や安全面の対策徹底を前提に、規制の変更などを求めているようだ。 2020.06.27 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨン時代のラカゼット、神業トラップ&ターンで相手DFを置き去り【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットがリヨン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoYkVteHZ6UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リヨンの下部組織出身のラカゼットは、2010年にトップチームデビュー。以降、同クラブで公式戦275試合に出場し、129ゴールを記録した後、2017年からアーセナルでプレーしている。 そんなラカゼットだが、リヨンでの最後のリーグ戦となった2017年5月20日のニース戦では、素晴らしいゴールを決めている。 1-1で迎えた48分、リヨンは敵陣左サイドでボールを持つと、DFジェレミー・モレルが浅めの位置からクロスを上げる。ペナルティーアーク付近で待っていたラカゼットは、低い弾道のクロスを、体を回転させながら左足でトラップ。このトラップだけで相手DFを抜いたラカゼットは冷静にGKとの1対1を制した。 今シーズンのラカゼットは、プレミアリーグで22試合に出場し7ゴール3アシストを記録。ヨーロッパリーグでも5試合に出場し2ゴールを記録している。 しかし、ベンチに座る機会も増えている状況だ。移籍の噂も絶えないが、どのような結末を迎えるだろうか。 2020.06.26 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGやリヨン、リールに在籍したボドメールが37歳で現役引退

アミアンのフランス人MFマテュー・ボドメール(37)が23日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 カーンでプロキャリアをスタートした守備的MFのボドメールは、リールやリヨン、パリ・サンジェルマンといったフランス国内の名門を渡り歩き、リヨン時代にはリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランス優勝を経験。 PSG退団後はサンテチェンヌ、ニース、ギャンガン、アミアンとフランス国内のクラブに在籍し、今季はアミアンでリーグ・アン9試合に出場していた。 キャリア通算ではリーグ・アン418試合に出場して41ゴール32アシストを記録、リーグ・ドゥで80試合に出場して4ゴールを記録した。 2020.06.24 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGファンは今季まだ試合が観られる? リーグ打ち切りのフランス、規制緩和でファンの観戦解禁に

フランスで新たな動きがあり、ファンがサッカーを楽しめる可能性が出てきた。イギリス『BBC』が伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、サッカー活動がストップしていたフランス。ブンデスリーガを皮切りに、ラ・リーガ、プレミアリーグ、セリエAと5大リーグが順を追って再開する中、リーグ・アンは4月中にシーズン打ち切りが決定していた。 その理由は、エドゥアール・フィリップ首相が9月まで大規模なスポーツイベントを禁止したこと。しかし、その後に他国がリーグ再開を発表したことで、判断が早すぎたとの批判を受けていた。 そんなフランスだが、リーグ・アンは終了したものの、クープ・ドゥ・フランスとクープ・ドゥ・ラ・リーグの決勝は残っている状況。スポーツイベントは22日からの再開を許可されたことで、開催が可能となった。 さらに、フランス国内では新型コロナウイルスに関する規制が緩和されており、7月11日からは最大5000名の観客を入れての試合開催が許可されたとのことだ。 フランス政府は「8月の後半に緩和が可能かどうかを判断するため、7月中旬には全国的な規制状況のさらなる見直しが行われる」と発表していた。 クープ・ドゥ・フランスとクープ・ドゥ・ラ・リーグの決勝に関しては、開催日程は現時点で未定。7月11日以降であればファンは生観戦できることになるが、どのような決断が下されるだろうか。 なお、クープ・ドゥ・フランスの決勝はパリ・サンジェルマン(PSG)vsサンテチェンヌ、クープ・ドゥ・ラ・リーグの決勝はPSGvsリヨンのカードが決定している。 2020.06.20 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、リヨンのU-20フランス代表SBをフリーで獲得へ!

ミランがリヨンのU-20フランス代表DFピエール・カルル(20)の獲得に成功したようだ。イタリア『Gianluca di Marzio』が報じている。 現在、スウォンジーでプレーするFWアルド(24)、ACアジャクシオのDFジェデオン(22)という2人の兄と共にリヨンの下部組織で育ったカルルは、アスリート能力と高精度の右足を兼備した逸材DFだ。 主戦場は右サイドバックだが、184cmの恵まれた体躯を誇りセンターバックや左サイドバックでもプレー可能だ。ユースチームで絶対的な主力に君臨し、ゲームキャプテンも託されるカルルだが、トップチームでは今年2月のアミアン戦でベンチ入りを果たしただけで公式戦デビューは果たしていなかった。 それでも、リヨンは来季のトップチームの構想に含めており、ここまで慰留に努めていた。一方、今夏フリーで獲得可能な逸材に関してはバイエルンやセビージャと共にミランなどの国外の強豪が関心を示していた。 そういった中、テクニカル・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が直接獲得交渉に関与したと言われるミランが、逸材の獲得レースを制した模様だ。 なお、カルルは週明けの15日にミラン加入に向けてメディカルチェックを受診する予定だという。 2020.06.14 14:26 Sun
twitterfacebook