バルサでの生活、リーグ制覇について語るグリーズマン「ピッチ内外で重要な選手になりたい」

2020.06.11 13:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、クラブのインタビューで様々な質問に応えた。

2019年夏に移籍金1億2000万ユーロ(約141億3000万円)でアトレティコ・マドリーからバルセロナに加わり、5年契約を結んだグリーズマン。ここまでの公式戦37試合14ゴール4アシストと一定の結果を残しているが、完全にフィットしたとは言い難く、期待されていたようなパフォーマンスを披露できていない。

これまでも新加入選手が1年目でフィットしきれていない状況はこれまでにもあったが、その最中で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によりリーグが中断していた。

現在はリーグ再開に向けて調整を続けているバルセロナだが、グリーズマンは「個人的には、この休暇は役に立った。休む必要があったんだ。心身ともに休んでからは5年になるかな。僕は家族と一緒に楽しく過ごすことができた。満足しているよ」とコメント。中断期間が充実していたようだ。

またバルセロナにおける自分の立ち位置については「僕はピッチ内外でチームにとって重要な選手になりたいと思っている。フットボールを楽しんで、全試合勝てるようにチームメイトを助けたい」と、より重要な選手になることを目指している。

バルセロナは目前に迫っている再開初戦で日本代表MF久保建英を要するマジョルカと対戦。残り11節で優勝を目指して戦うことにグリーズマンは意気込みを語った。

「僕たちはプレーできるのを本当に楽しみにしている。長い間公式戦をしていない。その試合に向けてよく準備ができている。残り11試合の決勝戦をうまくスタートさせることが重要だ。気持ちが高ぶっているし、うまくいくことを願っている」

「カードを手にしているし、残り11試合を良い試合にしなければいけない。そうすれば、僕らはチャンピオンになれると思う。勝って楽しむ準備ができている」
コメント
関連ニュース
thumb

CLバルサ戦控えるナポリ、DFマノラスがメッシ止めに意気込み「彼は世界で最高」

ナポリのギリシャ代表DFコスタス・マノラスが、週末に控えるバルセロナ戦に向けてコメントした。 ナポリは、シーズン序盤からつまづき、カルロ・アンチェロッティ監督を解任。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督を迎えてからは復調を見せたものの、安定し戦いを見せることができなかった。 シーズン終盤も勝ち点を伸ばせないでいると、セリエA7位でシーズンが終了。近年では最も悪い成績で難しいシーズンを終えていた。 一歩で、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16に残っており、ラウンド16ではバルセロナと対戦。2月の1stレグではホームで1-1のドローとなっており、8日にはアウェイでの2ndレグが控えている。 ベスト8に進むためにはバルセロナを倒さなくてはいけないナポリ。マノラスは、ローマ時代の2017-18シーズンにバルセロナを敗った経験がある。 イタリア『ラ・レプブリカ』でマノラスはバルセロナ戦についてコメント。かつてのチームメイトであったフランチェスコ・トッティに会い、当時の再現をするように言われたと明かした。 「トッティに会ったよ。そして彼は、「勇気のコスタス、もう一度やりなさい」って言ったんだ」 「メッシの才能を恐れることなく、チームとして止める。僕の考えでは、彼は世界で最高だ。クオリティとサッカーインテリジェンスを持っている」 ナポリは、ロレンツォ・インシーニェが負傷中。試合まで復帰できるかは不透明な状況だ。自身も負傷がある中、チームメイトの復帰を願った。 「プレッシャーは全てにある。インシーニェが戻ってくることを願うよ」 「僕は元気だ。肋骨の痛みは無くなった」 バルセロナvsナポリは8日に開催。ベスト8にコマを進めるのはどちらだろうか。 2020.08.06 22:17 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ブラジルの逸材FWグスタボ・マイアを獲得! 契約解除金は3億ユーロ

バルセロナは6日、サンパウロからブラジル人FWグスタボ・マイア(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。また、契約解除金は3億ユーロ(約375億円)に設定されている。 なお、セグンダB(スペイン3部)に所属するバルセロナBに登録されるマイアに関して、バルセロナは100万ユーロ(約1億2500万円)の手付金をすでに支払っており、今回追加で350万ユーロ(約4億3700万円)を支払ったことで、交渉が完了した。 サンパウロの下部組織出身のマイアは左ウイングを主戦場とする小柄なアタッカー。トップチームデビューは果たせていないが、相手の逆を取る巧みなドリブルや質の高い右足のキックを特長とする逸材だ。 過去にはU-16、U-17とブラジルの世代別代表チームにも招集されていた。 <div id="cws_ad">◆バルサBに逸材加入!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">[ÚLTIMA HORA] Incorporación de Gustavo Maia <a href="https://twitter.com/hashtag/Bar%C3%A7aB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarçaB</a> <a href="https://t.co/Ds2SWQG5VQ">https://t.co/Ds2SWQG5VQ</a></p>&mdash; FC Barcelona B (@FCBarcelonaB) <a href="https://twitter.com/FCBarcelonaB/status/1291283327748538368?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.06 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ退団の元トルコ代表MFアルダ・トゥランがガラタサライへ復帰

ガラタサライは5日、バルセロナの元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)の復帰を発表した。 トゥランは、ガラタサライの下部組織で育ち、2005年1月からファーストチームでプレー。マニサスポルへのレンタル移籍も経験したが、ガラタサライでその名を挙げた。 2011年8月には1300万ユーロ(約16億2900万円)の移籍金でアトレティコ・マドリーへと完全移籍。アトレティコでは、2011-12シーズンにヨーロッパリーグ、2012-13シーズンにコパ・デル・レイ、2013-14シーズンにラ・リーガとタイトルを獲得。2015年7月に3400万ユーロ(約42億6000万円)でバルセロナへと移籍した。 しかし、バルセロナは当時選手登録が禁止されていたためにプレーできず。その後も不遇の時期を過ごすと、2018年1月からはイスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍していた。 ただ、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。2019-20シーズンはスュペル・リグで9試合に出場するにとどまっていた。 バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかったアルダ・トゥランは、今回フリートランスファーでガラタサライへ復帰した。 ガラタサライではこれまで公式戦191試合に出場し44ゴール76アシストを記録。古巣でキャリアの締めくくりを行うことになりそうだ。 2020.08.06 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシが引退のカシージャスに別れ「最悪で最高のライバルだった」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、引退を発表した元スペイン代表GKイケル・カシージャスにメッセージを送った。スペイン『アス』が伝えている。 4日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表したカシージャス。スペイン代表やレアル・マドリーで数々のタイトルを獲得し、晩年のポルトでは2017-18シーズンに5年ぶりのリーグ優勝に貢献していた。 史上最も成功したGKと言っても過言ではないが、そのキャリアの中でカシージャスの頭を悩ませ続けたメッシが『アス』のインタビューの中で、名ライバルの引退に花を添えた。 「イケルは今日引退するけど、彼はラ・リーガのベンチマークだっただけでなく、全ての国際大会に勝ってきた。ずっと前からサッカーの歴史に刻まれていたんだ」 「非常にスペクタクルなGKで、相手にするのは本当に困難だった。でも振り返ってみると、対戦するたびにお互いに自分たちを高め合うことができた素晴らしいライバルだったと思う」 2020.08.05 20:49 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ移籍のC・ペレス、古巣バルサに反感 「彼らが下した放出の決断は驚きで、不当」

ローマのスペイン人FWカルレス・ペレスが古巣バルセロナの不当な扱いをアピールした。 バルセロナのアカデミーで育ち、昨夏にトップチーム昇格を果たしたC・ペレス。一定のプレータイムを手にしたが、今年1月から指揮を執るキケ・セティエン監督の下で戦力外の扱いを受けると、今冬に買い取りオプション付きのレンタルでローマに活躍の場を移した。 その移籍から数カ月が経過して、ローマの選手として公式戦16試合に出場して2得点3アシストの数字を収めるC・ペレスはスペイン『EFE』のインタビューでバルセロナから放出された当時を振り返り、納得がいかない心情を抱いたことを明かした。 「オファーはユースの頃からあったが、1stチームに入りたかったからその都度、断ってきた。で、そのチャンスを掴んだんだ。彼らが下した放出の決断は驚きだった。それは不当だったと思っている。でも、数カ月も前のことだから蒸し返したくない。今はイタリアでも指折りのチームであるローマにいるのだからね」 C・ペレスのローマ行きを巡ってはU-21スペイン代表FWアンス・ファティの台頭を原因に挙げる声もあるが、本人はそう思っておらず、「彼は左ウィングでプレーしているが、僕は逆サイドだ。争う相手は(ウスマーヌ・)デンベレや(リオネル・)メッシだった」とコメント。しかし、クラブが放出を決めた理由はいまだわからないという。 「今日に至るまで何が起こったのか見当がつかない。お金が必要だったのか、それとも何かしら他の理由があったのか、全然わからないんだ。でも、もう過去の話。当時は家族や友人にも会えなくなるからショックだったけどね」 しかし、「バルセロナの外に出ると、冷たいと言われがちだが、外の生活も充実している。ローマですごくうまくやれていて、自分の居場所もある」と語り、現在の状況に満足感も示した。 2020.08.05 19:20 Wed
twitterfacebook