久保建英、メッシと並ぶ! 1試合のドリブル成功数はラ・リーガ1位タイ

2020.06.02 17:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカの日本代表MF久保建英について、驚きのデータを明かされた。スペイン『アス』がイタリア『ワイスカウト』のデータをもとに伝えている。

『アス』は、今シーズンのラ・リーガで1000分以上(12試合以上)プレーした選手を対象に、1試合当たりでのドリブル成功数を計測したデータを紹介した。

久保は1試合当たり5.4回も成功しており、この記録はラ・リーガでトップに。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも同数で並び堂々の成績を残した。

成功数上位の選手には、3位にベティスのフランス代表FWナビル・フェキルが5.3回で入り、4位にはセビージャのアルゼンチン代表MFルーカス・オカンポスが4.5回で入っている。

また、レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルは3.8回を記録し、9位の成績だ・

この記録に関しては、1試合当たりのドリブル試行回数は入っていないため、成功率は不明。しかし、久保がリーガでも屈指のドリブラーであると言うには十分なランキングとも言える。

◆1試合当たりのドリブル成功数上位10選手
1.久保建英(マジョルカ):5.4回
1.リオネル・メッシ(バルセロナ):5.4回
3.ナビル・フェキル(ベティス):5.3回
4.ルーカス・オカンポス(セビージャ):4.5回
5.トニ・スアレス(バジャドリー):4.2回
6.サムエル・チュクウェゼ(ビジャレアル):4.2回
7.ダルウィン・マチス(グラナダ):4.0回
8.デニス・スアレス(セルタ):3.9回
9.ガレス・ベイル(セビージャ):3.8回
10.ファビアン・オレジャナ(エイバル):3.7回
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英も不発、微妙なPK判定にも泣かされたマジョルカ監督が意気込む「残り2試合、両方に勝つ」

マジョルカのビセンテ・モレノ監督がセビージャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 残留に向けてわずかな望みを残しているマジョルカは、12日にラ・リーガ第36節でセビージャと対戦。日本代表MF久保建英も先発出場し86分までプレーした。 <div id="cws_ad">◆残留へ黄信号、セビージャvsマジョルカ<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=g7hn9ruqh5bg1qby8rm99u2in" async></script></div> 試合はセビージャが主導権を握る展開となると、相手選手の折り返したボールが手に当たったとしてPKを与え失点。さらに終盤の84分にも失点し、2-0で敗戦となった。 残留争いの中で痛い敗戦となったモレノ監督は、試合を振り返り評価。選手たちの戦いとは裏腹に結果が残せなかったことを悔やんだ。 「評価は良くない。我々は途方もない努力をした。我々は、特にフィジカルレベルで素晴らしいチームと対戦した。努力したが、技術的には我々の最高の試合ではなかった。セビージャはハードプレスを行い、我々がより早くボールを失ってしまった」 また、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入したものの微妙なPK判定にについても言及。「我々はPKのアクションについてコメントするだけでなく、相手のエリアでカードを受けた別のプレーもあった。それがPKかどうかの議論はしないが、誰もが同じ考えにしたい」と語り、判定が一定ではないことに不満をあらわにした。 マジョルカに残された試合はあと2つ。13日に行われるアラベスvsヘタフェの結果次第では、残留がかなり厳しい状況となる。モレノ監督は、残り2戦での必勝を誓った。 「我々は残り2試合あり、両方に勝つ必要があると考えることに専念しなければならない。そこから何が起きるかを確認し、失敗するのかどうかを確認する。いくつかのオプションもある」 「チームが6ポイントを奪えると見ている。少なくとも、それと戦うことはだ。我々は最後の試合で3年間プレーしてきたものを見せ、チームはよく対応するだろう。チームは最後まで全てを捧げる」 「木曜日の試合に臨まなければならない。我々が勝った場合、他のチームの結果を横目で見るだろう」 マジョルカは残り2試合でグラナダ、オサスナと中位クラブとの対戦を控えている。現在は自動降格圏の19位。残留ラインのアラベスとの勝ち点差は「3」となっている。 2020.07.13 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

マジョルカは連勝ならず…4位セビージャに完敗で乾所属エイバルの残留が決定《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節のセビージャvsマジョルカが12日に行われ、2-0でセビージャが勝利した。マジョルカの日本代表MF久保建英は86分までプレーした。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を狙う4位セビージャ(勝ち点63)が、逆転での残留を目指す18位マジョルカ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 リーグ戦3連勝中のセビージャは、直近のビルバオ戦から先発を3人変更。スソやエン=ネシリ、グデリに代えてムニル、オリベル・トーレス、フェルナンドを先発で起用。3トップはオカンポス、ムニル、オリベル・トーレスが並んだ。 一方のマジョルカは、直近のレバンテ戦で採用した[4-2-3-1]から[4-3-3]に布陣を変更。レバンテ戦で今季4点目をマークした久保は3トップの右で先発出場となった。 立ち上がりから地力に勝るセビージャが押し込む展開で試合が推移するも、マジョルカの守備に手を焼き、決定機がないまま時間が経過。32分にはオカンポスの縦パスからボックス右深くまで抜け出したヘスス・ナバスの折り返しをニアに走り込んだフェルナンドが合わせたが、これもGKマノロ・レイナの好セーブに阻まれ 主導権を握るセビージャは38分、ボックス右深くまで侵入したオカンポスのクロスをファーサイドのレギロンが頭で折り返すと、これがポソの手に当たる。主審はそのままプレーを流したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でセビージャにPKが与えられる。 これをキッカーのオカンポスがゴール左隅へ冷静に決め、セビージャが41分に先制した。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはマジョルカ。50分、ショートコーナーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたフラン・ガメスがクロスを入れると、ボックス中央のクチョ・エルナンデスが頭で合わせる。ふわりと浮いたシュートはGKボノの好セーブに防がれた。 その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、再びスコアを動かしたのはセビージャ。84分、GKボノのパントキックからロングカウンターに転じると、相手DFの裏に抜け出したエン=ネシリが飛び出したGKの上を越すループシュートを流し込み、待望の追加点を奪った。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。リーグ4連勝を飾ったセビージャは、13日に行われるビジャレアルが勝利しなければ、今節でトップ4フィニッシュが決まることになった。 また、マジョルカが敗れたことで同日に勝利した乾の所属するエイバルの1部残留が決定した。 2020.07.13 07:03 Mon
twitterfacebook
thumb

マジョルカ久保建英、今季4ゴール目に「すごく嬉しい」 次節セビージャ戦に意気込み

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英がチームのラ・リーガ残留に向けた戦いに集中した。クラブ公式サイトが伝えている。 残留圏17位と6ポイント差の降格圏18位に沈むマジョルカ。残留に勝ち点3が是が非でも必要のなか、9日に本拠地で行われた第35節で12位レバンテを迎え撃った。 <div id="cws_ad">◆久保建英もゴール!マジョルカvsレバンテ<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0hzswsez2y11dmnwd2skowke" async></script></div> 11試合連続の先発出場となる久保を右サイドハーフに起用したマジョルカは1点リードで後半を迎えるが、レバンテにペースを握られる展開を強いられてしまう。 しかし、1-0で迎えた84分、味方のシュートが相手GKに弾かれると、久保がこぼれ球を左足でプッシュ。8試合ぶりの今季4点目で貴重な追加点をもたらした。 86分にお役御免で久保をベンチに下げたマジョルカは2-0でレバンテを下して、2試合ぶりの白星。残留に望みを繋いだ。 久保は試合後、「ゴールを決められて、すごく嬉しいです。結果は自分たちが追い求めているもので、チームにも満足しています。思い通りの試合ができていて、常に信じる気持ちを持っています。この調子を続けていかないといけないです」と語った。 そのマジョルカの次節は12日に行われ、4位セビージャとのアウェイ戦。マジョルカの攻撃を牽引する久保は「相手に臆せず、追い詰めていきたいです。うまくいけば、(サンチェス・)ピスファンでも3ポイントを手に入れられると思います」と意気込んだ。 2020.07.10 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

久保が今季4ゴール目!マジョルカが逆転残留へ大きな勝利《ラ・リーガ》

マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテをホームに迎え、2-0で勝利した。マジョルカのMF久保建英は86分までプレーし、今季4ゴール目を挙げた。 前節アトレティコ・マドリーに完敗し、残留圏内のエイバルと6ポイント差の降格圏に位置する18位マジョルカ(勝ち点29)は、久保が引き続き[4-2-3-1]の右MFで先発となった。 12位レバンテ(勝ち点43)に対し、立ち上がりから仕掛けたマジョルカは3分、久保のクロスからクチョ・エルナンデスがヘディングシュートを浴びせた。 そして30分にはボックス手前右から久保が強烈なミドルシュートを浴びせ、GKを強襲。すると40分にマジョルカが先制する。右サイドからのポソのクロスにクチョ・エルナンデスがヘッドで押し込んだ。 マジョルカが1点をリードして迎えた後半、レバンテの攻撃を受け止めて時間を進めていく。 そして終盤の84分、久保にゴールが生まれる。ハーフラインからドリブルを開始した久保が、ボックス右まで持ち上がり右足のシュートでGKを強襲。二次攻撃でセビージャのシュートのルーズボールを久保が左足で押し込んだ。 久保の今季4ゴール目で勝勢となったマジョルカは、そのまま2-0でシャットアウト勝利。残留圏内の暫定17位アラベスに3ポイント差としている。 2020.07.10 04:32 Fri
twitterfacebook
thumb

3位キープに成功のシメオネ監督「バルセロナ戦の結果を補う必要があった」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、3日に行われたラ・リーガ第34節のマジョルカ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 リーグ戦11試合負けなしのアトレティコは前半にFWアルバロ・モラタが2ゴール。79分にもMFコケのゴールが生まれ、3-0の快勝で3位の座を守った。 シメオネ監督は試合後、スペイン『Movistar』で決定力不足を課題に挙げたが、引き分けた前節のバルセロナ戦の結果を補填できたと満足感を示した。 「我々は勝利でバルセロナ戦の結果を補う必要があった。チームはうまく試合に入り、ウイングの(マルコス・)ジョレンテと(ヤニック・)カラスコの推進力を頼った。我々は試合を通して成長している。前半にもっとゴールを挙げられたが、試合をリードするアドバンテージを手にした」 「常に強くなっていくのが重要だ。レバンテ、バジャドリー、アラベスとの試合では十分なチャンスがありながら、それができなかった。試合は90分間の長丁場であり、起こり得る全ての準備をして、3ポイントを目標に前進しなければいけない」 2020.07.04 12:30 Sat
twitterfacebook