移籍か残留か…ヴェルナーについてナーゲルスマン「彼を行動で説得するしかない」

2020.06.01 14:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、ビッグクラブ移籍の噂が絶えないドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)の去就について言及した。今シーズンここまで公式戦39試合で30ゴール12アシストと、素晴らしい活躍を見せているヴェルナー。5300万ポンド(70億円)の契約解除条項があると報道されているヴェルナーは、リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、バイエルンなどが獲得に興味を示す人気銘柄となっている。

ヴェルナー擁するライプツィヒは、1日にケルンとの試合を控えているが、ナーゲルスマン監督が前日会見でヴェルナーに言及。残留を希望しているものの、決定権は自分にはないと認めた。

「もちろん彼と会話することはあるが、移籍について最近彼とは話していない」

「彼は今シーズン30ゴール以上を決めている。我々としては残って欲しいと思っていると言う他ないだろう。類稀なクオリティだ」

「来シーズン彼が退団してしまったとしたら、チームには大きな穴が開くだろう。バイエルンがレヴァンドフスキを失うようなものだ。(その場合)バイエルンで『やったぞ!』と叫ぶ人はいないと思うし、そうなればチームとして明らかに弱体化する。我々にとっても同じ状況だ」

「我々が彼に残って欲しいと思うのは至って自然なことだと思う。彼の契約には、ある時点から契約解除条項が付く。それがいつなのか、正直私には分からない。どこかのクラブが来て、彼が契約を結んでしまえば、それだけだ」

また、ナーゲルスマン監督はヴェルナー本人がこのクラブで成長できないと感じたなら退団はやむを得ないとしつつも、ライプツィヒでこそ彼が最大限成長できるとの考えを述べた。

「移籍について我々ができることは元から何もない。彼はライプツィヒで何ができるかを知っているし、私が彼に何ができるかも知っている。そして私も彼が何をできるかを知っている」

「私は(ダヨ・)ウパメカノと同じように、彼が全試合で先発起用されるし、通常通りに進めばほとんどの試合にフル出場し続けられるということを示している」

「ここでは彼自身を成長させるチャンスを多く手にできるし、成長させるのが私のやるべき仕事だ。彼にそのことを毎日言ったとしても、残留してくれるかは分からない。私は行動で彼にそれを示しているつもりだ」

「選手は自分が成長していると感じなければいけないし、そうでないなら私がここに残ってくれと言い続けたところで意味はないだろう。結局のところこれは彼の人生であり、キャリアだ。彼自身が決めることだ」

「我々はすでに去年このことについて話し合いをしているし、今年の冬にもしたし、今もそうだ。彼がどう思っているかも知っているし、何についても彼の意見を伝えてある」

「ティモに何か新しく言ってあげられることは思い浮かばない。だから彼を行動で説得するしかないし、結局はどうしたいかは彼が知っていることだ」
コメント
関連ニュース
thumb

アウグスブルク戦で負傷交代のクロステルマンが戦線離脱…21日にも左ヒザを手術

RBライプツィヒは20日、ドイツ代表DFルーカス・クロステルマンが手術を受けることを発表した。 クロステルマンは、17日に行われたブンデスリーガ第4節のアウグスブルク戦に先発出場したが、前半終了間際に負傷。ハーフタイムで交代していた。 クラブの発表によれば、クロステルマンは2日間に渡り精密検査を受診。その結果、左ヒザの関節鏡手術が必要との判断が下された。手術は21日に実施され、離脱期間もその時に判明するとのことだ。 ボーフムの下部組織出身のクロステルマンは、2014年夏にライプツィヒに入団。センターバックを主戦場に最終ラインの全ポジションをこなす同選手は、在籍7シーズンで公式戦174試合に出場していた。 2020.10.20 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

新天地ライプツィヒでの活躍を誓うクライファート「18歳の頃より上手くなっていると証明したい」

今夏にローマからRBライプツィヒに移籍したオランダ代表FWユスティン・クライファート(21)が新天地での意気込みを語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 バルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏を父に持つクライファートは、18歳でオランダ代表デビューを飾るなど、将来を期待されていた。しかし、2018年夏にアヤックスからローマに加入すると、出場機会が減少。代表にも呼ばれない日々が続き、再起を期すため、このたびレンタルで移籍する形となった。 クライファートはインタビューのなかで、移籍する際にローマ時代のチームメイトであり、昨シーズンはライプツィヒに所属していたチェコ代表FWパトリック・シックのアドバイスがあったと明かしている。また、ライプツィヒのスポーツ・ディレクター(SD)であるマルクス・クレシェ氏との会話も大きかったようだ。 「彼(シック)はここ(ライプツィヒ)で素晴らしいコーチや素晴らしいチーム、素晴らしい環境に出会えると言っていた。引っ越しを後悔しないだろうともね。彼自身もここで本当に強く成長した。今のところ、彼の言葉は正しかったと思うよ」 「実は(ライプツィヒの監督である)ナーゲルスマンとは(移籍決定後に)ライプツィヒでしか会っていないんだ。何もかもあっという間だったから、(移籍前は)クレシェと話をしただけだ。彼との会話やクラブへの印象、テレビで見た試合の全てに好印象を持ちこう言ったよ。『ライプツィヒは僕にぴったり!』ってね。数学で言うなら1+1=2のような感じだ」 パトリック・クライファートの息子というネームバリューの高さにより、すでにライプツィヒのファンから高い期待がかけられており、重圧も心配されている。しかし、クライファートにとってはそうした期待が原動力になるようだ。 チームメイトとなるオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー、スペイン代表MFダニ・オルモ、スウェーデン代表MFエミル・フォルスベリらとの厳しいポジション競争を勝ち抜き、停滞したキャリアを再発進させ、オランダ代表にも復帰したいと意気込んでいる。 「ファンの期待値が高い方が、モチベーションは上がるよ。次のステップに進みたいから、今こうしてライプツィヒにいるんだ。それに、コーチたちが(クライファートという)名字で判断しないことも明らかだしね」 「もちろんポジション争いはあるだろうが、強いチームだったこともライプツィヒに移籍を決めた理由の一つだ。競争にシャイにはならないし、常にプレーすることは期待していない。長いシーズンが待っているし、多くの試合がある。誰もがチャンスを得ると思っているよ」 「ここに来られて嬉しいよ。チームに100%を与えたいと思っている。本当にいい感じだ。代表でデビューした18歳の頃より、あらゆる面で上手くなっていると思う。それをここで証明して、また国(オランダ)のためにプレーしたいね」 インタビューのなかでは家族についても触れており、「父(パトリック・クライファート)とは常にサッカーや僕のパフォーマンスについて話をしている」と語ったクライファート。新たなリーグで始める彼の挑戦に注目したい。 2020.10.16 13:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒに新たなアメリカの才能が加入? 17歳の新星がMLSデビュー戦でゴール!

RBライプツィヒに新たなアメリカ人ヤングスターが加入する可能性があるようだ。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。 『レッドブル・グループ』のフラグシップクラブであるライプツィヒは、先日までスポーツ部門兼サッカー開発部門を統括していたラルフ・ラングニック氏主導の下、アメリカのニューヨーク・レッドブルズ、ブラジルのレッドブル・ブラガンチーノなど系列クラブで育った若き才能をチームに迎え入れる戦略を採っている。 現スカッドにおいてはNYレッドブルズから加入したアメリカ代表MFタイラー・アダムスが、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦で準決勝進出に導くゴールを挙げるなど、主力として存在感を示している。 そういった中、同じNYレッドブルズに現れた新たなスター候補が17歳のアメリカ人MFケイデン・クラークだ。 ミネソタ出身の180cmの攻撃的MFは、今年2月にNYレッドブルズのリザーブチームであるNYレッドブルズⅡに加入すると、リーグ戦12試合3ゴール5アシストの活躍を披露。 ここでのパフォーマンスが評価され、今月11日に行われたアトランタ・ユナイテッド戦でいきなりスタメンデビュー。すると、後半立ち上がりの47分に右CKのこぼれ球をボックス手前から見事な右足のダイレクトボレーで決め切り、デビューゴールを挙げて1-0の勝利に貢献した。 その新星に関してアメリカ『MLSSoccer.com』は、ライプツィヒとNYレッドブルズ、選手の3者の間で2022年までにライプツィヒへ移籍可能な契約条項が存在すると主張している。 そのため、クラークの活躍次第ではアダムスに続く新たなアメリカ人若手タレントが、ブンデスリーガの強豪に渡ることになる。 @ <div id="cws_ad">◆ファインゴールでデビュー戦飾る!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">THE KID CADEN CLARK!<br><br>0-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ATLvRBNY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ATLvRBNY</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/RBNY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RBNY</a> <a href="https://t.co/CNcGRCmzvR">pic.twitter.com/CNcGRCmzvR</a></p>&mdash; Red Bull New York (@NewYorkRedBulls) <a href="https://twitter.com/NewYorkRedBulls/status/1315068393842671621?ref_src=twsrc%5Etfw">October 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.14 17:36 Wed
twitterfacebook
thumb

オギュスタンの新天地がナントに決定! ただ、ライプツィヒとリーズの法廷闘争は継続

フランス人FWジャン=ケビン・オギュスタン(23)の新天地が母国のナントに決定した。ナントは6日、オギュスタンが2022年6月30日までの2年契約で加入したことを発表した。 なお、ドイツ『RBlive』が伝えるところによれば、RBライプツィヒとオギュスタンの間で結ばれていた2022年までの契約は現時点で無効扱いとなっており、ナントにはフリートランスファーでの加入になるという。 ただ、今回の移籍に関しては、今後国際サッカー連盟(FIFA)の介入を含めて法廷闘争に持ち込まれる可能性が高まっている。 オギュスタンは今年1月にライプツィヒから当時、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズにレンタル移籍で加入。その際、同クラブがプレミアリーグに昇格した場合、2100万ユーロ(約26億1000万円)の金額で買い取る条項を盛り込んでいたという。 しかし、世界屈指の戦術家として知られるマルセロ・ビエルサ監督の求める水準に達していなかったオギュスタンは、リーグ戦の出場がわずか3試合に留まり、コロナ禍により約3カ月のリーグ中断があった中、レンタル契約終了に伴い、シーズンが終了していない6月30日付けで、リーズを去ることになった。 その後、リーズはチャンピオンシップ優勝を果たし、17年ぶりのプレミアリーグ昇格を決定。これが今回の契約問題の引き金となった。 すでにオギュスタンを構想外としているライプツィヒは、リーズへのレンタル移籍の際の契約が有効だと主張し、前述の金額で買い取るように要求。一方、リーズはオギュスタンがコロナ禍で認められた特例の短期レンタル契約延長にサインしていないため、あくまで6月30日付けで契約は終了しており、前述の契約条項は無効だと主張。両者の主張が真っ向から対立していた。 そして、ライプツィヒのスポーツ・コマーシャル・ディレクターを務めるフローリアン・ショルツ氏は、『RBlive』の取材に対して、「ジャン=ケビン・オギュスタンは、リーズ・ユナイテッドの昇格後、RBライプツィヒのプレーヤーではなくなった。我々の法的見解は変わっていない。リーズに対して法的措置を取り、FIFAを巻き込んでいく」と、主張している。 そのため、今後の法廷闘争の行方次第では、ナントに対してライプツィヒあるいはリーズが改めて移籍金を要求する可能性もあり、ナントがその支払いに応じない場合、よりカオスな状況になるかもしれない。 パリ・サンジェルマンの下部組織育ちのオギュスタンは、アンダー年代のフランス代表での活躍により、10代後半から将来を嘱望されたスピードとテクニックに長けた左利きのストライカー。 2017年夏に加入したライプツィヒでは加入初年度にブンデスリーガ25試合9ゴールを挙げる活躍により、更なる飛躍を予感させた。だが、以降は戦術理解の乏しさなど粗さが目立ち、ユリアン・ナーゲルスマン監督が新指揮官に就任した昨シーズンは前半戦をモナコ、後半戦をリーズ・ユナイテッドとレンタル先で過ごしていた。 2020.10.07 16:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ローマからクライファートをレンタル移籍で獲得!

ライプツィヒは5日、ローマに所属するオランダ代表FWユスティン・クライファート(21)を1年間のレンタル移籍で獲得した。背番号は21を着用する。 バルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏を父に持つユースティン・クライファートは、2018年の夏にアヤックスからローマに加入。ローマでは在籍2シーズンで公式戦68試合に出場。9ゴール10アシストをマークするなど少ない出場機会ながらチームの主力選手として定位置を掴んでいた。 ライプツィヒへの加入が決まったクライファートは、公式サイトで以下のようにコメントした。 「ライプツィヒへの移籍が上手くいったことを嬉しく思っている。ライプツィヒとは良い話し合いが出来たよ。僕が今後ステップアップするためにここが理想的な場所であり、そしてチームの助けになれると示してくれた。とりあえず、今の僕の目標はここで出場機会を確保することだよ」 2020.10.06 02:03 Tue
twitterfacebook