バレンシアの元アルゼンチン代表DFが衝撃告白…クラブからの「組織的中傷」の存在を明かす

2020.05.31 22:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアの元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライが、自身のインスタグラムに動画を投稿。その中で発表したことが物議を醸している。

ガライは31日、12分間に渡る動画をインスタグラムに投稿し、その中で声明を読み上げた。

内容は自身の契約更新についての真実と、クラブ内でのスミア・キャンペーン(組織的中傷)があるという衝撃的なものだった。

レアル・マドリーやラシン・サンタンデールなどでプレーしたのち、ベンフィカ、ゼニトを経て、2016年8月にバレンシアへ入団したガライ。センターバックの主力としてプレーを続けてきた。

ガライはバレンシアとの契約が今シーズン終了までとなっているものの、ここまで契約延長は行われていないが、それはガライがオファーに合意しないからとされてきた。

しかし、今回の動画での告白は、報じられていることが真実ではないというもの。さらに、クラブからの不義理があったとし、バレンシアに留まる意思を失ったと語った。

「僕がこのように語ったのは、キャリアの中で初めてであり、それは僕を悲しませている」

「僕がキャンペーンというとき、それはクラブの人が、僕をプロとして、また人としての信用を落とそうとしたことを意味する」

「これらの全ては、僕が270万ユーロ(約3億2300万円)のオファーを拒否したことがリークされた時から始まったが、それは全く正しいことではない」

「彼わは僕がクラブに留まりたくないと言ったが、それは真実ではない」

「7月2日、僕はすでに手にしていたものよりも著しく条件の悪い契約を与えられた」

「8月に起きたマルセリーノ(・ガルシア・トラル)監督の時と同様に不安定さが現れ始めたので、契約更新について話し合うために全てが収まるのを待った」

「11月13日、条件が変わった。1月にクラブの別の代表と会うまで、口頭での契約は合意されたが、書面では何もなかった」

「僕はクラブと契約を更新したかったが、2月1日にヒザを負傷し、手術が必要になった」

「少し後になり、ケガでの休暇を取るように言われ、契約更新についてもう一度訪ねたが、何も言われることはなかった」

「最初から、僕は協力し、賃金の引き下げに繋がることだろうと思っていたが、クラブは受け入れなかった。彼らは、僕がすでにケガで休んでいるので、より大きな(賃金の)引き下げを望んでいた」

「バレンシアは、僕に課題を克服する機会を与えてくれたので、僕は常にクラブに留まりたいと思っていた。素晴らしい人々に出会い、ファンとの歓喜を共にした」

「僕はここで幸せであり続けたいと思っているが、残念ながらそれは僕次第ではない」

「僕の別れは、心からストレートに来るものだ。僕は良い人だと自分を思っているし、真実を知るに値すると信じているからだ」

「起こっていることが、みんなの家族や周りの人を傷つけているのを目にすると、それは僕も傷つく。特に子供たちが、なぜ悲しいの?と尋ねるとき、彼らに答えを授けるのは難しい」

「ウソは簡単に信じられるが、残念ながら真実はいつか出てくるはずだ。それで、僕はみんなに別れを告げ、「愛している、バレンシア」と言います」

ガライは、バレンシアで公式戦114試合に出場し5ゴールを記録。ラ・リーガの再開が近づいているが、ケガの影響もありもうバレンシアでプレーする姿は見れない可能性が高そうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

FIFA介入の新潟とホニの去就問題に裁定が下る、ホニと相手クラブに選手登録禁止や4カ月の出場停止など

アルビレックス新潟は14日、ブラジル人FWホニの移籍に関して報告した。 2017シーズン、クルゼイロから加入したホニは、明治安田生命J1リーグで32試合に出場し7得点を記録。しかし、2018年冬にクルゼイロとボタフォゴとの間の移籍交渉に絡むとされ、新潟のキャンプに不参加。ブラジル復帰が濃厚とみられていたものの、2018年3月30日に新潟が選手登録を行った。 しかし、この移籍に関してはホニが一方的な理由で契約解除を申し出ており、新潟との契約期間中にアトレチコ・パラナエンセと契約。重大な契約違反となり、新潟は2019年3月に国際サッカー連盟(FIFA)に提訴。その裁定が下されたとのことだ。 新潟によると、裁定はホニに対して4カ月間の公式戦出場停止と移籍禁止。また、アトレチコ・パラナエンセに対して、今後2度の移籍ウインドーで新選手の登録禁止。また、ホニとアトレチコ・パラナエンセに対して、新潟へ賠償金の支払いを命じた。 なお、新潟は臨時取締役会を開催し、この後の対応を検討するとのことだ。 2020.07.14 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアーの“歌”が物議、コロナ禍で肩組み&極右派の曲を熱唱で問題に

バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの“歌”が物議を醸している。イギリス『BBC』が伝えた。 ブンデスリーガの2019-20シーズンは6月27日で終了。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断の影響を受けながら、5大リーグで最初にシーズンを完了させ、バイエルンの8連覇で終わった。 バイエルンはチャンピオンズリーグ(CL)が残っているものの、束の間の休暇をとっている。そんな中、クロアチアでバカンスを過ごしていたノイアーの動画が大きな波紋を呼ぶこととなった。 その動画は、ノイアーがビーチで歌を歌っている様子を収めたもの。コロナ禍のなかで、上半身裸の男性たちと肩を組んで歌っていることもかなり問題視されるものだが、歌っている歌に問題があった。 その歌は『Lijepa li si(リエパ・リ・シ/あなたは美しい)』という曲で、トンプソンというクロアチアのバンドが歌っているものだ。 このバンドは、クロアチアの極右過激派バンドとされており、かつてはバンドそのものがドイツ国内で大きな物議を醸したこともある。また、曲の内容が大きな問題であり、1990年代にクロアチアの民族主義者によって主張された領土主張のものだ。 クロアチアでは非公式なサッカーのアンセムとみなされており、バルカン諸国では人気のある曲。しかし、一部の国ではこの曲を作ったマルコ・ペルコビッチ氏のパフォーマンスを禁じられているほど、デリケートな内容だった。 ノイアーがこの曲の歌詞の内容を理解しているかどうかは不明だが、ノイアーのマネージャーはドイツ『ビルト』に対し「クロアチア語は理解していない」と語ったようだ。 内容を理解していたかどうかは分からないが、軽率な行動を取ってしまったことは事実。どのように収束するのだろうか。 <div id="cws_ad">◆肩を組み楽しそうに熱唱するノイアー<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Manuel Neuer singing &quot;Lijepa Li Si&quot; is a unique thing to see. <br><br>Maybe he&#39;s preparing for the Eternal Derby? <a href="https://t.co/rXbEnNMARQ">pic.twitter.com/rXbEnNMARQ</a></p>&mdash; Croatian Football (@CroatiaFooty) <a href="https://twitter.com/CroatiaFooty/status/1282315277422690307?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.14 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ブンデスリーガの全36クラブが来季のライセンス取得、コロナの影響も問題なし

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は13日、2020-21シーズンのブンデスリーガ、ブンデスリーガ2(ドイツ2部)の36チームがライセンスを取得したことを発表した。 今回のライセンスに関しては、競技面、法務面、人事面、インフラ、メディアなどの基準を公正な競争を確保する目的で検討されたとのことだ。 すでに3月31日の総会の決議で、今回のライセンスに関しては流動資産による財務基準の審査は中止となった。これは、世界中で蔓延している新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、当時はリーグ戦再開に向けて各クラブが対応していたため。また、経済的影響への対応に関して尽力するための猶予を与えるために決められ、改善に向けた書類提出が基準となっていた。 2020.07.14 11:18 Tue
twitterfacebook
thumb

罰金は1200万円! 飲酒運転&赤信号無視のMFブロゾビッチにインテルが処分

飲酒運転と赤信号無視を犯したクロアチ代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、クラブから罰金を科されたようだ。 ブロゾビッチは、愛車であるロールス・ロイス・カリナンに乗り、土曜の未明にミラノのナイトスポット近くのカントーレ広場でパトロール中の警察官に止められたとのこと。赤信号を無視し、追跡した警察官に数百メートル経って止められたという。 <div id="cws_ad">◆ブロゾビッチ、2019-20シーズンのプレー集<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhcHM4MDNJZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 夜間のパトロールのためアルコール検査も実施した所、ブロゾビッチ本人は酔っ払っていなかったものの基準値を超えるアルコールが検出。赤信号無視と合わせて処分。さらに、外国車でのナンバープレート違反も重なり、免許取り消しの処分を受けていた。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、この一件を受け、ブロゾビッチはクラブから10万ユーロ(約1200万円)の罰金を科されたとのことだ。 ブロゾビッチは2015年1月にディナモ・ザグレブからレンタル移籍で加入。2016年7月に完全移籍していた。 なお、今シーズンはセリエAで25試合に出場し3ゴール4アシストを記録している。 2020.07.13 22:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレシアの会長が敗戦後に強盗被害に、腕時計を狙われるも被害は鼻負傷

リーズの元オーナーであり、現在はブレシアのオーナーであるマッシモ・チェリーノ会長が、強盗に襲撃を受けていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 報道によると、チェリーノ会長は北イタリアのパデンゲ・スル・ガルダで12日に強盗に襲われたとのこと。2人の男がチェリーノ会長の腕時計を奪おうとしたとのことだ。 ブレシアのオーナーは車のドアを開けた際に鼻を強打したとのこと。この際に鼻を負傷したものの、強盗は何も盗まずに逃げていったという。 事件はブレシアがローマに3-0で敗れた日の午後に起こり、チームのセリエB降格が一歩近づいてしまった日だった。 ブレシアは残り6試合で自動降格圏の19位に位置。残留ラインの17位ジェノアとは勝ち点差9と厳しい状況に立たされている。 2020.07.13 21:45 Mon
twitterfacebook