日本行きも噂されたパストーレが魅せた足技! 超絶ドリブル&技あり弾!【インクレディブル・ゴールズ】

2020.05.30 21:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はローマに所属し、日本行きの噂も一部で浮上している元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めた超絶ドリブルゴールだ。

パストーレは、2009年7月に海を渡りパレルモへ加入。2011年8月にPSGへ移籍すると、2018年7月にローマへと完全移籍していた。

今回のゴールは2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのチェルシー戦で決めたゴールだ。

PSGのホームにチェルシーを迎えた一戦は、2-1でPSGがリード。2ndレグに向けて追加点が欲しいなか迎えた後半アディショナルタイムに生まれた。

チェルシー陣内でスローインを得たPSGは、85分に投入されたパストーレがボックス右でキープ。なんとか1点を返したいチェルシーは3人がかりで止めに行くも、パストーレはドリブル突破を試みる。

ゴールラインギリギリでボールをキープすると、ダブルダッチでボックス内に侵入。そのままDFを抑えてキープし、左足でニアサイドの狭いところへシュート。GKペトル・チェフも届かず、チェルシーの息の根を止めた。

なお、3-1で1stレグを制したPSGは2ndレグで2-0と敗戦。パストーレの超絶テクで奪ったゴールを生かすことができず、アウェイゴール差で2ndレグ敗退となっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

規格外の攻撃性能も兼備するD・ルイスの驚愕30ヤード弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアーセナルの元ブラジル代表DFダビド・ルイスがチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆D・ルイスの衝撃的な弾丸ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5VVgzMHd1dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 攻撃性能も兼備するセンターバックとして知られるD・ルイスは2007〜2011年までベンフィカでプレー後、チェルシーに移籍。その後、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシーを渡り歩き、今季からアーセナルに活躍の場を移した。 チェルシーでは2度の在籍期間で公式戦248試合に出場し18ゴール12アシストを記録したが、2013年4月17日に行われたプレミアリーグ第29節のフルアム戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた30分、チェルシーは敵陣に攻め込むと、左サイドのMFエデン・アザールが、ハーフウェイラインを超えて上がってきたD・ルイスへとパスを出す。 ゴールまでは約30ヤード(約27.4m)程の距離があったものの、D・ルイスは、フルアムの守備陣が強くプレッシャーをかけてこないのをみると、そのまま右足を思い切り振り抜く。強烈のシュートは相手GKマーク・シュウォーツァーの頭上を越え、ファーサイドへと突き刺さった。 ブラジル代表やチェルシーではフリーキックのキッカーを務めることもあったD・ルイスの規格外のキックが炸裂した瞬間であった。 2020.07.05 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズでのラストシーズンのモドリッチが針の穴を通す精密ミドル!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチがトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆GKセーブ不能なコースにアウトサイドにかかった強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGa2swT2xLOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> モドリッチは、母国のディナモ・ザグレブで活躍後、2008年に当時のクラブ史上最高額である2300万ユーロ(当時のレートで約37億6000万円)でトッテナムに移籍。トッテナムではすぐにレギュラーの座を確保し、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献するなど、不動の地位を築いた。 トッテナムでのラストシーズンとなった2012年5月2日のプレミアリーグ第34節のボルトン戦では見事なゴールを決めている。 スコアレスで迎えた37分、トッテナムは左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのMFラファエル・ファン・デル・ファールトは、ボックス外にいたモドリッチへとパス。 ゴールまで約30ヤード(約27.4m)の距離で受けたモドリッチは、胸トラップで落とすと、そのまま右足を振り抜いた。ややアウトにかかったシュートは、相手GKアダム・ボグダンから逃げるようにゴール右上隅へと吸い込まれた。 モドリッチはこのシーズン終了後にマドリーへと移籍。期待に違わぬ活躍を披露し、CL3連覇にも貢献し、2018年にはUEFAが選ぶ年間最優秀選手賞にも輝いている。 2020.07.05 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“闘犬”ダービッツの強烈ミドルにゴール裏の警備員も思わず顔を背ける【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元オランダ代表MFエドガー・ダービッツ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆警備員も思わず避ける!? ダービッツの強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3czFYWUtpMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門アヤックスユースで育ったダービッツ氏は、1991年にトップチームデビュー。アヤックスでは、数々のタイトル制覇に大きく貢献した。 この活躍が認められ、1996年にミランへ加入するもケガやフロントとの確執から1997-98シーズン途中にユベントスへ移籍。ユベントスでは、シーズン途中加入ながらスクデット獲得に大きく貢献し信頼を勝ち取ると、2003-04シーズンにバルセロナへレンタル移籍するまで、在籍6年間で公式戦243試合に出場した。 1999年の1月26日に行われたコッパ・イタリア準々決勝、ボローニャとの2ndレグでは見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた78分、中盤から持ち上がったダービッツは、ゴールまで25m以上の距離があったものの、そのまま利き足である左足を一閃。グングンと伸びたボールは相手GKフランチェスコ・アントニオーリに触ることすら許させず、ゴール左上隅に突き刺さった。 この強烈なシュートには、ゴールネットの裏にいた警備員も思わず顔を背けており、その威力の程が分かる圧巻のシュートだった。 2020.07.05 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

現代最高の司令塔デ・ブライネが体を倒しながらの技巧派ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆GKのタイミングを外すデ・ブライネの技ありボレー<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOR3hKOUNNciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヴォルフスブルクで評価を爆発的に高めたデ・ブライネは、2015年夏にシティに入団。初年度から公式戦41試合16ゴール14アシストの結果を残した。中でも見事だったのが、2015年10月3日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦でのゴールだ。 FWセルヒオ・アグエロのハットトリックで3-1としたシティは53分、パスをつなぐと、右サイドへと展開。敵陣右サイド深くでボールを受けたMFヘスス・ナバスへと渡ると、ゴール前の様子を伺いクロスを供給する。 オフザボールの動きで相手のマークを外し、ボックス内でフリーとなっていたデ・ブライネは、少し弾道が高かったクロスを、うまく体を倒しながら、右足でこすり上げるような形でボレーシュートを放つ。少しループ気味になったシュートには相手GKティム・クルルも成す術なく、ファーサイドのネットに吸い込まれていった。 この試合では、攻勢を緩めないシティがアグエロの5得点もあり、6-1で快勝。デ・ブライネも1ゴール2アシストと圧巻の活躍を見せた。 その後、ジョゼップ・グアルディオラ監督がシティ指揮官に就任した2016-17シーズンからはさらに爆発的な成長を果たしたデ・ブライネ。 今シーズンもチームの中心としての圧倒的な活躍を見せ、ここまでのプレミアリーグで30試合に出場し11得点17アシストという見事な数字を残しており、現代型司令塔の最高峰に君臨している。 2020.07.04 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

衝撃の8-0!圧巻のゴールショーでランパードが決めた豪快ミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はチェルシーのフランク・ランパード監督が現役時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ランパードがバウンドに合わせた強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuNWlRNkw0QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウェストハム下部組織出身のランパード氏は、2001年夏からチェルシーでプレー。チェルシー在籍13年間で公式戦648試合211ゴールを記録し、3度のプレミアリーグ、4度のFAカップ、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグなど数々のタイトル獲得に貢献した。 その中でも見事なゴールの1つに、2012年12月23日のプレミアリーグ第18節のアストン・ビラ戦でのゴールがある。 立ち上げりに先制したチェルシーは前半だけで3ゴールを決め、試合を決定づけた。後半もその手を緩めず、59分、味方のシュートのこぼれ球を敵陣右サイドで拾ったMFフアン・マタが、中央のランパードへとパス。パスが少し強かったものの、胸でトラップしたボールは、丁度いいバウンドに。2バウンドしたところを、ランパードが豪快に右足で蹴りこむと、ワンバウンドしてゴール左隅へと吸い込まれていった。 勢いの止まらないチェルシーはその後もゴールを重ね、終わってみれば8-0の圧勝で試合を終えている。 2020.07.04 18:35 Sat
twitterfacebook