衝撃の”1-7”での敗北…当時のキャプテンD・ルイスが「ミネイロンの悲劇」を振り返る

2020.05.26 19:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
衝撃の”1-7”での敗北 当時のキャプテンD・ルイスが思いを語る「失望を与えた」

アーセナルに所属する元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)が2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)を振り返った。『ESPN』が伝えている。

1950年大会以来2回目の母国開催となったブラジル代表にとって負けられない大会となったブラジル大会だが、その結末は残酷なものだった。

準決勝でドイツと対峙するが、準々決勝のコロンビア戦で警告をもらったDFチアゴ・シウバは累積警告のため出場停止。さらに、エースのFWネイマールも同試合で脊椎を骨折し欠場を余儀なくされていた。

チームとして完成されていたドイツ代表は前半11分のFWトーマス・ミュラーの先制点で勢いづくと、23分からの6分間で4ゴールを立て続けに奪った。結果的にスコアは1-7となり、ブラジル代表にとっての最大差敗戦記録に並び、選手たちは涙を流しながらピッチを後にした。

この試合で、チアゴ・シウバの代わりにキャプテンマークをつけたD・ルイスが、「ミネイロンの悲劇」とも称されるこの苦い思い出について、2007〜2011年まで在籍したベンフィカの公式サイトのインタビューで答えた。

「その試合まで、僕はワールドカップで最高の選手だったかもしれない。その試合は皆にとって失望だった。2、3点差をつけられてから逆転することになれていなかった。突然に、それは大きなダメージだった」

「それからの半年間、多くの人が隠れようとした。彼らは責任を取りたがらなかった。そして、僕は長い間たった一人でそれを担っていた」
コメント
関連ニュース
thumb

ブラジル、2023年女子W杯の招致断念…日本も立候補中

ブラジルサッカー連盟(CBF)が2023年に行われる女子ワールドカップ(W杯)の招致断念を発表した。 2023年大会の開催国として、共同開催を狙うオーストラリアとニュージーランド、コロンビア、日本、そしてブラジルが立候補。招致国は国際サッカー連盟(FIFA)が今月25日に予定する理事会にて、オンライン投票で決められる。 しかし、CBFは8日、招致レースからの撤退を表明。新型コロナウイルスの影響で国の経済と財政が厳しくなるシナリオが予想され、FIFAが求める政府の財政保証も見込みが立たず、立候補取り下げの決断に至ったという。 この決断を受け、CBFは同じく南米勢として初開催を狙うコロンビアを支持していく方針も明らかにしている。 2020.06.09 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元東京V監督でブラジル女子代表監督も務めたバドン氏がガンにより63歳で他界

かつて東京ヴェルディで指揮を執ったこともあるブラジル人指揮官のバドン氏がガンにより他界した。63歳だった。 ブラジルメディアの報道によると、バドン氏は5月12日から集中治療室で治療を受けていたとのこと。肝疾患との闘っていたが、事態は深刻だったという。 バドン氏は、昨年12月に肝臓ガンであることが発覚。化学療法を2020年の初めから行ってきたが、すでに状態が深刻であり、消化器系の合併症を引き起こして帰らぬ人となったという。 バドン氏は母国のバイーアで監督としてのキャリアをスタート。ポンチ・プレッタで指揮したのち、2005年8月にJ2へ降格危機にあった東京ヴェルディ1969(現東京ヴェルディ)の監督に就任。しかし、善戦虚しくJ2降格となり、退任していた。 その後はポンチ・プレッタやアトレチコ・パラナエンセ、ヴィトーリア、ゴイアス、グアラニなどブラジル国内で監督を歴任。2014年4月から2016年11月、2017年9月から2019年7月にかけてはブラジル女子代表を指揮していた。 ブラジル女子代表としては、2014年、2018年のコパ・アメリカで優勝。また、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックでは4位に輝いていた。2019年のフランス女子ワールドカップにもブラジル女子代表を率いて出場していた。 2020.05.26 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

柏でも活躍した元ブラジル代表FWエジウソンが仰天主張「メッシ、ロナウド、ネイマールより私の方が上だった」

柏レイソルでも活躍した元ブラジル代表FWエジウソンが周囲を騒がせる主張をした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役時代は、主にブラジルの名門コリンチャンスやパルメイラスなどのクラブでの活躍が有名なエジウソン。1996年から1997年にかけては柏レイソルでプレーし、移籍初シーズンとなった1996シーズンには、21ゴールをあげ得点ランキング2位に入るなど活躍した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3UG1SczRYbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ブラジル帰国後も活躍を続けたエジウソンは、ブラジル代表でも21試合に出場しており、特に2002年の日韓ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーの1人として知られている。 エジウソンはブラジル放送局『TV バンデランテス』の番組に出演。自らのW杯優勝の経歴を根拠として、世界最高峰のサッカー選手とされる、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ブラジル代表FWネイマールよりも、ピーク時の自分の方が実力が上だったと主張した。 「私のピーク時は、ネイマールより上手かった。彼が私より上手いと言うにはW杯を優勝する必要がある」 「私にはパーソナリティがある。メッシが私より優れていると言うには、彼もまたW杯を優勝する必要がある」 「クリスティアーノ・ロナウドはただ体が強いだけだ。彼は両足で上手くシュートを打つことができるが、私の方が技術は上だ」 C・ロナウドとネイマールは、W杯での最高成績は準決勝進出。一方でメッシは2014年ブラジルW杯で決勝まで進んだものの、ドイツに敗れており、3者ともW杯優勝の栄冠を掴んだ経験は今のところない。 2020.05.15 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

キャリア通算616試合414ゴールの怪物ロナウド「ジーコの映像が自身の助けになった」

元ブラジル代表FWのロナウド氏が、母国のレジェンドであるジーコ氏がキャリアに大きな影響を与えたことを明かした。ブラジル『グローボ』が伝えている。 バルセロナやインテル、レアル・マドリー、ミランなど、そうそうたるクラブでプレーしたロナウド氏。3度のFIFA最優秀選手賞や2度のバロンドールを獲得していた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwVDdUNVpnbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> “フェノメノ(怪物)”としても愛され、多くの選手からも称賛を受けているロナウド氏。アルゼンチン代表でも活躍したセバスティアン・ベロン氏とのインスタグラムライブで、少年時代に観たジーコ氏のインタビューがキャリアを変えたと語った。 「私が10歳か11歳の時、フラメンゴとブラジル代表のアイドルだったジーコのインタビューを観た。彼は左足だけで壁当てをする方法を教えていた。1〜2時間の間、左足だけだった」 「それは私の頭の中にずっと残った。そして私はそれを真似て長い間壁にボールを蹴り込んだ。何年もジーコがテレビでやっていたことを続けたのは、私を大きく助けた。実際、私が決めた約500のゴールのうち、200は左足で決めた。それは非常に高い数字だ」 「普通、選手は良い部分を改善しようとするが、悪い部分を改善しようとする人はほとんどいない。私はそれを試し、成功できた。左足で多くのゴールを決めた」 親善試合を含むと、クラブと代表のキャリア通算で616試合に出場し414ゴールを決めたロナウド氏。その背景には少年時代からの努力があるようだ。 2020.05.12 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブでスター選手相手に指揮を執り続けてきたモウリーニョ監督が考える世界最高の選手とは?

数々のビッグクラブを指揮し、名将の1人として数えられているジョゼ・モウリーニョ監督。多くの名選手を指揮してきた指揮官が、自身が考える最高のサッカー選手について『LiveScore』で語った。 モウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトでチャンピオンズリーグ(CL)を制覇。このシーズンは国内リーグも制し、その名を轟かせると、チェルシーの監督に就任。チェルシーでは、就任初年度にクラブとして50年ぶりのリーグ優勝をもたらすと、翌シーズンも優勝し連覇を達成。一気に名将の仲間入りを果たす。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMaEhUSWRmRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> その後は、インテル、レアル・マドリーと指揮し、2013-14シーズンにチェルシーへ復帰。その後、マンチェスター・ユナイテッドでも指揮を執り、現在はトッテナムを率いている。 モウリーニョ監督は、これまでの最高のサッカー選手について元ブラジル代表の“怪物”を挙げた。 「ロナウドだね。怪物だ。クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシは15年という長い間トップに君臨し続けている」 「しかし、私たちが才能とスキルについて話すのであれば、誰もロナウドを超えることはできない」 「彼がボビー・ロブソンと一緒にバルセロナにいたとき、私はこれまでピッチで見てきた中で最高の選手だと気づいた」 「ケガが彼の信じられないキャリアを殺したが、その19歳の少年が持っていた才能は信じられなかった」 1996年にバルセロナの監督に就任したサー・ボビー・ロブソン氏のもとで、通訳兼アシスタントコーチとして働いていたモウリーニョ氏。同じく1996年にPSVからバルセロナに移籍したロナウド氏は、わずか1シーズンの在籍ながら、公式戦49試合47ゴール7アシストと圧倒的な成績を残し、その姿が脳裏から離れないようだ。 2020.04.27 23:00 Mon
twitterfacebook