ミュラーがデ・ブライネに並んだ! ブンデス記録の今季17アシスト目

2020.05.24 09:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンに所属する元ドイツ代表MFトーマス・ミュラーがブンデスリーガ新記録に王手をかけた。データ集計サイト『Opta(@OptaFranz)』が紹介している。

首位バイエルンは23日にホームで行われたブンデスリーガ第27節でフランクフルトと対戦して、5-2の勝利。6連勝を飾り、勝ち点4差で追いかけてくる2位ドルトムントとのポイント差をキープした。

フル出場したミュラーは1得点1アシストの活躍を披露。今季リーグ戦のアシスト数をブンデスリーガ記録となる「17」に伸ばした。

同一シーズンでの17アシストという数字は2014-15シーズンにヴォルフスブルクで記録したベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(現マンチェスター・シティ)以来となる。

また、アシストランキングでもドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョを1つ差で上回り、単独トップに浮上している。

なお、今季のブンデスリーガは残り7試合。ハンジ・フリック監督の就任を機に再び存在感を解き放つミュラーが今の状態をキープできれば、シーズン記録はほぼ確実に更新されることになりそうだ。
コメント