VARにも助けられ8試合ぶりの白星のブレーメン…指揮官は選手の頑張りを評価

2020.05.24 07:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンを指揮するフロリアン・コーフェルト監督が23日に行われたブンデスリーガ第27節のフライブルク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

ブンデスリーガ第27節でフライブルクのホームに乗り込んだブレーメンは、19分にカウンターからビッテンコートのゴールで先制に成功する。

迎えた後半は1点を追うフライブルクに押し込まれる展開が続くと、後半終了間際にゴール前の混戦からグルデにゴールネットを揺らされたが、VARの末にオフサイドと判定され、難を逃れた。そのまま逃げ切ったブレーメンがリーグ戦8試合ぶりの勝利を飾った。

コーフェルト監督は試合後、粘り強い守備で1点を守り抜いた選手たちの頑張りを評価した。

「最後の15分間は深い位置で守備をしたが、選手たちが試合で示したした努力と情熱はこの勝利に値するね。75分までは好調のフライブルクといい試合をしていた。終盤はボールを奪うのが難しくなり、苦しい時間が続いた。だから、このアウェイでの勝利には満足しているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメン退団のベテランFWバルテルスが13年ぶりに古巣に復帰!

ブンデス2部に所属するホルシュタイン・キールは5日、ブレーメンのドイツ人FWフィン・バルテルス(33)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 キールの下部組織で育ったバルテルスは、2005年にトップチームデビューを果たすと、2007年まで活躍。その後は、当時1部に所属したハンザ・ロストックやザンクト・パウリでのプレー経て、2014年からブレーメンに完全移籍。 中盤から前線にかけて幅広いポジションでプレーできるユーティリティ性を武器に、ブレーメンでは在籍6シーズンで公式戦131試合に出場し24ゴール22アシストを記録。近年はケガに悩まされ、今シーズンは公式戦17試合の出場にとどまっていた。 13年ぶりに古巣復帰を果たしたバルテルスは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「故郷のクラブに戻ってこられてとても満足している。クラブやこの街との繋がりは決して切れることのないものだ。キールの活躍については常にチェックしていたし、自分にかかる期待も理解している。私はこれまで培った経験を活かしてキールの成功に貢献できるように努めていきたいと思っている」 2020.08.06 00:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの若きアタッカーがブレーメンにローン移籍か

マンチェスター・ユナイテッドのU-21オランダ代表FWタヒス・チョン(20)が来季、武者修行の旅に出るかもしれない。 チョンは左利きのウィンガーで、2016年にフェイエノールトの下部組織からユナイテッドのアカデミーに移り、昨年1月にトップチームデビュー。今季も限定的な出番が続いているが、今年3月に1年の延長オプションが付随した2022年までの新契約を締結した。 そのチョンに対して、ブレーメンのスポーツディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏がドイツ『Weser-Kurier』のインタビューで「彼は素晴らしいスピードの持ち主。特長的にも我々に合う。状況的にも興味深い選手だ」と語り、関心を公にした模様だ。 ドイツ『ビルト』によれば、チョンの代理人は4日に現地入りして、まだ合意に至っていないが、ブレーメン側と会談。ローン移籍に向けて交渉が続いているという。 2020.08.05 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、“ワン・クラブマン”バルグフレーデらベテラン2人の退団を発表

ブレーメンは3日、ドイツ人MFフィリップ・バルグフレーデ(31)の退団を発表した。 ブレーメンの下部組織出身のバルグフレーデは、2009年にトップチームデビュー。以降は闘争心と守備センスを武器に、玄人好みの守備的MFとして在籍12年間で公式戦通算239試合に出場。今シーズンは度重なる負傷の影響もあり、公式戦17試合の出場にとどまっていた。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏は、生え抜きMFと袂を分かつ決断が「簡単ではなかった」と認めている。その一方で、将来的には指導者を含む何らかの形での帰還を約束している。 「我々は別の方法でチーム作りをしていきたい。バルギ(バルグフレーデ)は何年もヴェルダーに全てを捧げてくれた。それだけに簡単な決定ではなかった」 「バルギは生粋のヴェルダーの選手であり、現役引退後は指導者のトレーニングプログラムに参加することを確約している」 一方、愛するブレーメンを去ることになったバルグフレーデは、時折ユーモアを織り交ぜながら、クラブへの感謝、別れのメッセージを伝えている。 「僕のプレーヤーとしてのブレーメンでの時間は終わりを迎えた。だから、感謝とお別れの言葉をここで言いたい。振り返ってみれば、これほど長い間、この特別なクラブで多くの経験を積めたことに誇りと感謝しか感じていないよ」 「U-14でスタートし、12年ものプロ生活をヴェルダーで歩むことができたのは僕にとって特別なことだったよ。すべてのチームメイト、スタッフ、そして、コーチ陣(ゴールの決め方を教えてくれなかったけど…)に感謝しているよ」 「そして、ファンのみんなには特別に感謝している。いつでもヴェーザー・シュタディオンで特別な雰囲気を作り出してくれた、信じられないほど素晴らしいファンの前でプレーできたことは、何よりも素晴らしいことだったんだ」 「チームと僕自身に示してくれた惜しみないサポートは決して忘れないよ。できれば満員のスタジアムでお別れを言いたかった。だけど、コロナの時代にはそれはできない」 「ヴェルダーの仲間が新シーズンの成功に向けて、ベストを尽くしてくれることを願っているよ。そして、これからは一人のファンとしてそれを見守っていきたいと思っているよ」 なお、ブレーメンは同日、ドイツ人DFセバスティアン・ラングカンプ(32)の退団も発表。アウグスブルクやヘルタ・ベルリンを経て2018年1月に加入したラングカンプは、昨シーズンはブンデスリーガ21試合に出場も、今季は5試合の出場にとどまっていた。 2020.08.04 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ラシツァに対するライプツィヒからの1stオファーを拒否!

ブレーメンは、コソボ代表FWミロト・ラシツァ(23)に対するRBライプツィヒからの最初のオファーを断っていたようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ライプツィヒはドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)のチェルシー移籍に加え、ローマからレンタル中のチェコ代表FWパトリック・シック(24)の買い取りオプション行使見送りが濃厚なこともあり、今夏前線の刷新に動いている。 すでにレッドブル・ザルツブルクから韓国代表FWファン・ヒチャン(24)を獲得しているが、更なるターゲットとして以前から関心が伝えられるラシツァの獲得に本腰を入れている。 そのラシツァには2部降格の場合、1500万ユーロ(約18億円)で移籍可能な契約条項が盛り込まれていたが、先日にブレーメンが1部残留を決定したことでその条項は無効に。 現時点で他クラブがラシツァを引き抜く場合、3800万ユーロ(約46億3000万円)に設定されている契約解除金を満額支払うか、ブレーメンとの交渉の中で着地点を見いだす必要がある。 ドイツ『ビルド』が伝えるところによれば、そういった中でライプツィヒは先日、1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1800万ユーロ(約22億円)という最初のオファーを掲示したという。 だが、1部残留決定後に「値下げの意思はない」と、スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフランク・バウマン氏が語ったように、ブレーメンは前述のオファーを一蹴したようだ。 ただ、ブレーメンでは今季、買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したドイツ人MFレオナルド・ビッテンコート(26)と、元トルコ代表DFオメル・トプラク(30)の2選手が買い取り条件を満たしているため、およそ1050万ユーロ(約12億8000万円)といわれる移籍金を支払う必要がある。 加えて、今冬にヘルタ・ベルリンから1年半の契約でレンタル加入しているドイツ人FWダビー・ゼルケ(25)に関しても、来季に1300万ユーロ(約15億8500万円)の買い取りオプション行使義務が発生するため、キャッシュが必要となる。 ブレーメンはステップアップを望むラシツァ本人の意向もあり、基本的には同選手の売却を今夏の構想に組み込んでいるが、前述の事情もあり、あくまで安売りは避けたい構えだ。したがって、今後の交渉は長期化する可能性が高いかもしれない。 2020.07.14 20:38 Tue
twitterfacebook
thumb

来季は日本人と同僚に? アーセナルDFマヴロパノスの行き先はドイツが濃厚

アーセナルの元U-21ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(22)を巡る獲得レースが激化しているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2018年1月にギリシャのPASヤニナから完全移籍で加入したマヴロパノス。今シーズンはヨーロパリーグで1試合に出場するも、大半をU-23チームで過ごしており、1月にブンデスリーガ2部のニュルンベルクへとレンタル移籍していた。 ニュルンベルクではセンターバックとして主力を担い、ブンデスリーガ2部で11試合に出場。レンタル期間終了でアーセナルへと復帰していた。 現在のアーセナルにはセンターバックが6名おり、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、元ブラジル代表DFダビド・ルイス、元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ、スペイン人DFパブロ・マリ、イングランド人DFロブ・ホールディング、DFカラム・チャンバースが居る。また、サンテチェンヌへとレンタル移籍していたU-21フランス代表DFウィリアム・サリバも復帰が決定しており、現段階で8名が来シーズンのポジションを争うこととなる。 アーセナルには、レンタル移籍でのオファーが来ているとのこと。その筆頭はブンデスリーガの残留を決めたブレーメンとのこと。一方で、来シーズンからブンデスリーガに昇格するシュツットガルトも熱心に狙っているとのことだ。 シュツットガルトのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるのは、アーセナルにマヴロパノスを連れて来たスヴェン・ミスリンタート氏であり、シュツットガルト行きの可能性も高いようだ。 最近のアーセナルは、ドイツへ若手選手を武者修行に出す傾向が強く、FW レイス・ネルソン(ホッフェンハイム)やMFエミール・スミス=ロウ(RBライプツィヒ)などの成功例もある。 センターバック人事は以前から注目を集めているアーセナル。来シーズンはどのような顔ぶれになるのだろうか。 2020.07.14 13:00 Tue
twitterfacebook