なでしこジャパンFW籾木結花がアメリカのOLレインへ完全移籍…W杯MVPのラピノーと同僚に

2020.05.22 22:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・東京ヴェルディベレーザは22日、なでしこジャパンFW籾木結花(24)がアメリカのOLレインへ完全移籍することを発表した。

籾木はベレーザの下部組織である日テレ・メニーナにも所属。2019シーズンはプレナスなでしこリーグ1部で17試合出場4得点、プレナスなでしこリーグカップ1部では4試合出場2得点を記録していた。

世代別の日本女子代表にも選出されてきた籾木は、2017年からなでしこジャパンとしてもプレー。昨年フランスで行われた女子ワールドカップにも出場していた。

籾木が加入するOLレインは、アメリカ女子代表で2019年の女子W杯ではゴールデンボール(最優秀選手)とゴールデンブーツ(得点王)を受賞していたMFミーガン・ラピノーが所属している。籾木はクラブを通じてコメントしている。

「この度、アメリカ女子サッカーリーグのクラブ『OL Reign』に移籍することになりました」

「まず、今回の移籍に関して、背中を押してくれた東京ヴェルディという大きなクラブのスタッフの方々に感謝を伝えたいと思います。中学1年生でクラブに入団し、最高の指導者とプロフェッショナルなスタッフのもと、たくさんの経験をしてきました。このクラブでなければできない貴重な経験ばかりで、だからこそ私はサッカー選手としても、一人の人間としても成長することができたと思います。本当にありがとうございました」

「また、ともに戦ってきたベレーザの偉大なる先輩方、切磋琢磨した同期、頼もしい後輩たちにも感謝しています。今回の移籍の件をみんなに伝える時は、色々な感情が混ざり合い、今までに経験したことのない気持ちになりました。みんなの反応を見ることに怖さがありましたが、私の決断を受け入れ、背中を押してくれたことが心から嬉しかったです。本当にありがとう」

「ファン・サポーターの皆様には突然のご報告となり、申し訳ありません」

「今季はベレーザで戦うと心に決め、準備をしていた身でありながら、1試合も出場せずに渡米することを申し訳なく思っています。中学3年生で初めてベレーザのメンバーとして試合に出てから、どんな時も、勝つ喜びや勝てない苦しさを皆さんと共有してきました。皆様の温かい言葉の一つひとつがなければ今のベレーザも私もなかったと思います。皆様とともに戦えて本当に嬉しかったです。ありがとうございました」

「最後に、この世界的危機の中、私にオファーを下さったOL Reignにも感謝の気持ちを伝えたいと思います」

「OL Reignは素晴らしい選手が集まるクラブです。私が成長するために最高の環境があると信じています」

「その環境に感謝をするだけでなく、自分のプレーでOL Reignというクラブにも恩返しをできるように頑張りたいと思います」

「私にとって、今回の決断はとても大きな決断でした。このチャンスを自分の手で掴み、アメリカで多くのことを学び、身長は変わりませんが、ひと回りも二回りも大きくなって皆様にその姿を見せたいなと思います!」

「多くの方に支えられ、多くの人に応援してもらっていることを忘れず、そして感謝の気持ちを忘れず、頑張ってきます。本当にありがとうございました」
コメント