リバウドが超新星ハーランドと元相棒を比較「ロナウドと類似点がある」

2020.05.22 18:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジルのレジェンドであるリバウド氏が、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドについてコメントした。

2019年1月に母国ノルウェーのモルデからザルツブルクへと完全移籍。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで14試合16ゴール6アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で6試合8ゴール1アシストと驚異的なパフォーマンスを見せた。

19歳の神童にヨーロッパのビッグクラブの多くが関心を寄せた中、射止めたのはドルトムント。1月の移籍市場で新天地へ渡ると、ブンデスリーガ9試合で10ゴール3アシストを記録。16日に再開したブンデスリーガでは、ファーストゴールを記録するなど、大ブレイクを果たしている。

この“怪物”ハーランドについて、ブラジル代表のレジェンド、リバウド氏が、イギリス『Betfair』のインタビューの中で言及。母国のレジェンドで、同じく“怪物”と呼ばれたロナウドとの類似点について語った。

「ブンデスリーガは2カ月前に中断される前と同じ状態で再開された。ハーランドが点を決め続けているしね」

「彼はすでに素晴らしい選手だが、まだ19歳。これからさらに良くなることができるし、世界でも最高のアタッカーになることができるだろう」

「彼は多くの素晴らしい特徴を持っている。ピッチ上では恐れを知らず、落ち着いているようだ。彼はワールドクラスの選手でこれからも成長の余地がある。多くのクラブが彼を追っているのも当然だ」

「すでにハーランドのプレースタイルを、ロナウドと比べている人もいるが、類似点はあると思う。ハーランドはスピードがあり、恐れを知らず、点を量産しているからね。しかし彼がロナウドの後継者になれるか考えるにはまだ早すぎると思う」

「ロナウドは4度のワールドカップに出場し、そのうち2つの大会で優勝しているし、彼はそのスピードとゴールで世界を魅了した。だから、ハーランドが彼のレベルに到達できるか、時間をかけて見る必要があるね」

「しかし、ハーランドは少なくとも私の素晴らしいチームメイトに近付くことができる器量は持っているようだ」
コメント