カペッロ氏がラウタロのバルサ移籍に言及「バルセロナにはスアレスがいる」

2020.05.22 07:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアの名将ファビオ・カペッロ氏が、バルセロナ移籍が噂されるインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(22)の移籍について言及した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

今シーズンのセンセーショナルな活躍から、連日のように移籍の噂が取り沙汰されているラウタロ。バルセロナをはじめ、錚々たるビッグクラブが目を光らせていると言われており、今度の移籍市場における目玉となっている。

ユベントスやミラン、レアル・マドリーなどで多くの選手を育成してきたカペッロ氏は、スペインラジオ『カデーナ・セール』でラウタロについて言及。ストライカーとしての才能を絶賛しながらも、インテルに留まることを進めた。

「ラウタロは素晴らしい選手だ。彼はエリア内で上手く動く方法を知っているし、質の高いプレー、スピード、そしてゴールへの嗅覚も持っているね」

「ただ、バルセロナにはルイス・スアレスがいる。彼のいる間はラウタロがスタメンに定着することは難しいだろう。バルセロナで控えになるならインテルで多くの試合に出場した方がいいと私は思っているよ」

コメント
関連ニュース
thumb

バストーニがコロナ陰性で練習復帰、CLボルシアMG戦出場可能に

インテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニが19日、トレーニングに復帰した。 バストーニは今月始め、U-21イタリア代表合流中に新型コロナウイルスの陽性反応を受け、自己隔離に入っていた。そして、直近のセリエA第4節ミランとのミラノ・ダービーを欠場していた。 陰性結果を受けたバストーニは21日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)開幕節ボルシアMG戦への出場が可能とのことで、コロナによって欠場者が複数いるインテルにとっては貴重な戦力が復帰した格好だ。 2020.10.20 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“舌好調”のイブラヒモビッチが8カ月前のルカクにアンサー「ミラノに王はいなかった。そこには神がいる」

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、らしさ全開の投稿を行った。 イブラヒモビッチは、17日、セリエA第4節でインテルvsミランの“ミラノ・ダービー”に先発出場。新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことから、開幕戦以来の出場となった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1vmf5m7y0w9u11c8r738fy1774" async></script></div> そのインテル戦では、11分に自身のPKのこぼれ球を押し込むと、16分にもゴールを決めてリードを広げ、2-1で勝利。5年ぶりのダービー勝利を呼び込んだ。 試合後、「彼らは今も俺を止められやしない」と自身を止める全てはないとイブラ節を披露していたが、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクの発言にもイブラ節を炸裂させた。 ルカクは、今年2月に行われた“ミラノ・ダービー”で4-2と勝利した後自身のツイッターを更新。「この街には新しい王がいる」と綴っていた。 しかし、今回自身の2ゴールでミランが勝利したことを受けてイブラヒモビッチがインスタグラムを更新。「ミラノに王はいなかった。そこには神がいる」とし、自身が上回っていることを主張した。 まさにイブラ節炸裂といったところ。マンチェスター・ユナイテッド時代のチームメイトに強烈な一言をぶちかました。 <div id="cws_ad">◆イブラヒモビッチがルカクにアンサー!<br/><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CGfPLXDn1Bo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGfPLXDn1Bo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGfPLXDn1Bo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Milano never had a king, they have a GOD</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/iamzlatanibrahimovic/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Zlatan Ibrahimović</a>(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-18T14:22:55+00:00">2020年10月月18日午前7時22分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> <div id="cws_ad">◆8カ月前の“ミラノ・ダービー”で煽り<br /><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">there’s a new king in town <a href="https://t.co/w9yv4cVzrJ">pic.twitter.com/w9yv4cVzrJ</a></p>&mdash; R.Lukaku Bolingoli9 (@RomeluLukaku9) <a href="https://twitter.com/RomeluLukaku9/status/1226634009851068421?ref_src=twsrc%5Etfw">February 9, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.19 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルの芸術的な崩しからスタンコビッチが強烈ミドルを叩き込む!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆最後はイブラヒモビッチの落としからスタンコビッチの絶妙フィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkWmZTcW1lcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国セルビアの強豪ツルヴェナ・ズヴェズダでプロデビューを果たしたスタンコビッチ氏は、1998年に加入したラツィオでブレイク。2004年1月にはインテルに移籍し、多くのタイトルを勝ち取った。 パス、シュート、ドリブルとどれをとっても高いスキルを持っていたスタンコビッチ氏だが、2008年12月14日に行われたセリエA第16節のキエーボ戦では、見事な連携から美しいゴールを決めている。 前半にインテルが先制し、1-0とリードして迎えた47分、右サイドでボールを持ったDFマイコンがFWビクトル・オビンナとスタンコビッチとの華麗なワンタッチパスの応酬から右サイドを崩す。中央のFWズラタン・イブラヒモビッチにクロスを上げると、これをイブラヒモビッチが右足のアウトサイドで絶妙の落としをスタンコビッチに送る。後方から走り込んだスタンコビッチは、ボックスの際から左足で強烈なシュートをゴール左下に叩きこみ、美しい崩しから追加点を奪った。 その後反撃を許し、一時は2-2と追いつかれたインテルだったが、勝ち越しに成功し、4-2で勝利している。 2020.10.18 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

39歳のイブラヒモビッチがミラノダービーで2ゴール「誰も俺を止められない」

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、インテルとの“ミラノ・ダービー”を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 17日、セリエA第4節でインテルvsミランの“ミラノ・ダービー”が開催。11分にミランがPKを獲得するも、イブラヒモビッチのシュートはGKサミル・ハンダノビッチがセーブ。しかし、こぼれ球を押し込みミランが先制。さらに16分にもイブラヒモビッチがゴールを決めてリードを広げる。 インテルは29分にロメル・ルカクがゴールを記録するも、その後は得点を奪えず。1-2でミランが勝利を収めた。 新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことで、開幕戦以来の出場となったイブラヒモビッチ。試合後、この試合で2ゴールを記録し、勝利に貢献したことを喜んだ。 「ミランは4年間ダービーを勝っていなかった。俺は2週間家に閉じ込められていたから、ハングリーだった」 「少しだけ味覚を失ったが、3日ごとに検査を受け、誰も俺がダービーをプレーするのを止めるつもりはなかった」 「PKを止められたことは失望しているが、重要なのはチームが勝ったことだ。俺はチームで最年長であり、責任の重さを感じている。そし、みんなが俺のリードに従ってくれて、勝つことに飢えているその感覚が好きだ」 開幕戦に続いて2ゴールを記録したイブラヒモビッチ。39歳になってからも衰えを知らないが、自身のパフォーマンスには驚かないという。 「俺は自分のレベルを知っている。ケガのあと、自分が生きていると感じためにアメリカに行った。マンチェスター・ユナイテッドでは、ジョゼ・モウリーニョ監督に「準備ができていないし、失望させたくないからアメリカに行った」と話した」 「ミーノ・ライオラは、私にヨーロッパへ戻るように行った。ミラノが俺を必要としていると言ってきたから、俺は来た。10年前よりも完璧な選手だと感じている。10年前のフィットネスレベルがあれば、誰も俺を止められない。いいかい、彼らは今も俺を止められやしない」 「俺は一生懸命トレーニングし、経験とサポートする準備ができているチームメイトとプレーしている。トレーニングでも試合でも、彼らがアクセルを踏まないことは認めない。俺たちは常に200%でトレーニングしなければいけないんだ」 今回のダービー勝利で開幕4連勝、一歩リードし首位に立っているミラン。2010-11シーズン以来のスクデットの可能性についてもイブラヒモビッチが語った。 「俺たちは1試合ずつ勝っていく。俺が来た時、目的はヨーロッパの出場権を獲得することだった。そして、それを達成した。信じればなんでも可能だ。スクデットの可能性もあると思う。ただ、まだ先は長い」 2020.10.18 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-2 ミラン《セリエA》

セリエA第4節、インテルvsミランのミラノ・ダービーが17日に行われ、1-2でミランが逃げ切った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20201017_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.5 PKを止めたが、ルーズボールを押し込まれた DF 33 ダンブロージオ 5.0 レオンとのマッチアップで劣勢に 6 デ・フライ 5.5 自身が関与したわけではないが、イブラヒモビッチに2ゴールを許す 11 コラロフ 5.0 ゴールに関与はしたが、軽率なPK献上が痛かった MF 2 ハキミ 5.5 後半は高い位置を取って攻撃に厚みを与えた 22 ビダル 5.5 ブロゾビッチと共にビルドアップを図るも、ケシエの前に消された (→サンチェス -) 23 バレッラ 6.0 トップ下に位置し、躍動感溢れるプレーを見せた 77 ブロゾビッチ 5.5 ビダルとダブルボランチを形成してゲームを組み立てにかかった (→エリクセン 5.0) 乗り切れないまま試合を終えてしまった 14 ペリシッチ 5.5 1点目を演出。縦への突破で打開を狙うもカラブリアに苦戦 FW 9 ルカク 6.0 2点を追う展開となってから存在感を発揮。もう一つ決めたかった 10 L・マルティネス 5.5 ケアーとのマッチアップで優勢も、後半は仕事できず 監督 コンテ 5.5 コロナ陽性者が多く、難しい台所事情だった ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20201017_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 99 ドンナルンマ 5.5 PK判定がVARで覆って助かった DF 2 カラブリア 6.5 堅実な守備で勝利に貢献。ミスがなかった 24 ケアー 5.5 とりわけ前半はL・マルティネスのクイックネスに対応しきれていなかったが、後半に持ち直した 13 ロマニョーリ 6.0 負傷明け。コロナ陽性のガッビアに代わって出場し、ルカクの対応に注力。踏ん張った 19 テオ・エルナンデス 5.0 さほど攻撃に絡めず、不得意の守備面では危うい面も MF 56 サレマーカーズ 6.0 シンプルにボールを叩いてリズムを作る (→カスティジェホ 5.0) 気の利いた攻撃はなかった 4 ベナセル 6.0 守備にも気を遣った 10 チャルハノール 6.0 バイタルエリアをうまく使って攻撃にアクセントを付けた 79 ケシエ 6.0 ビダルとのマッチアップで優勢に (→トナーリ -) 17 レオン 6.0 2点目をアシスト。スピードに乗ったプレーでダンブロージオを出し抜いた (→クルニッチ 5.5) 中盤センターに入って守備に力を注いだ FW 11 イブラヒモビッチ 6.5 コロナ明け。さすがの決定力で勝利に導く 監督 ピオリ 6.5 メリハリのある戦い方で勝利へ漕ぎ着けた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イブラヒモビッチ(ミラン) 復帰戦で早速大仕事。千両役者ぶりを発揮し、チームを勝利に導いた。39歳となっても衰えを知らない。 インテル 1-2 ミラン 【インテル】 ルカク(前29) 【ミラン】 イブラヒモビッチ(前13) イブラヒモビッチ(前16) 2020.10.18 03:01 Sun
twitterfacebook