天津天海、中国スーパーリーグに退会を要請… 「0円」でも買い手が付かずクラブは破産を申請

2020.05.12 00:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
天津天海が中国スーパーリーグからの退会を要請したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

FWアレシャンドレ・パト(現サンパウロ)、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(現ドルトムント)、近年では元川崎フロンターレのレナトも所属した天津天海。2006年に創設された天津天海は、2015年から天津権健というクラブ名で活動。2017年に中国スーパーリーグに昇格すると、1年目で中国スーパーリーグ3位となり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場権を獲得するなど、この先の中国スーパーリーグを牽引する存在になるかと思われていた。

しかし、2019年に権健自然科学集団が商品の効能を偽った広告を出し、クラブの会長が逮捕。天津市体育局が管理するようになり、チーム名も変更された2019シーズンは、16チーム中14位となり、なんとか中国スーパーリーグに残留したが、シーズン終了後に13名の選手が退団し、補強は1人もなし。新型コロナウイルスの問題でリーグ開幕も延期され、さらに経営が圧迫されていた。

『レキップ』によれば、3月に0円でクラブ運営権の譲渡を発表していた天津天海だが、総額は1億4500万ドル(約155億円)と伝えられる負債が足枷となり、いまだ買い手が見つからず破産を申請。また、11日に中国スーパーリーグにリーグ退会を要請したとのことだ。

なお、この要請により昨シーズン15位で2部に降格した深セン市足球倶楽部がスーパーリーグに残留することになるようだ。

新型コロナウイル(COVID-19)の影響により、開幕が無期限延期となっている中国スーパーリーグ。未だに中国サッカー協会は再開の時期を発表していないが、広州富力の黄盛華チェアマンは「新シーズンは6月末か7月頭に開幕するだろう」と明かしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

“爆買い”で一気に強化した中国の天津天海、親会社の不祥事発覚から1年、無料でクラブを売却へ

中国スーパーリーグの天津天海は5日、クラブを売却することを発表した。その金額は無料とのことだ。 天津天海はクラブ公式Weiboで声明を発表。その中で、「2019シーズンは運動局の強力な支援により、クラブは多くの困難を克服し、2020年の降格を防ぎ、スーパーリーグの資格をキープできました」とし、「これから適切な買収先を募集します。手数料は無料で、クラブの資本の100%を振り替えます」と発表した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxM2t2ZFZRQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 天津天海は、2015年から天津権健というクラブ名で活動。中国医療健康大手の天津権健自然科学集団が買収し、クラブを一気に強化。2016年には中国甲級リーグ(中国2部)で優勝を果たし、中国スーパーリーグへ昇格を果たしていた。 当時は中国スーパーリーグも景気が良く、ヨーロッパのトップクラブから各国の代表選手を獲得することが増え、“爆買い”と称されていた。 天津権健も2017年にゼニトからベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(現ドルトムント)やビジャレアルから元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(現サンパウロ)を獲得。2018年には当時ケルンで日本代表FW大迫勇也とコンビを組んでいた元フランス代表FWアントニー・モデスト(現ケルン)を獲得するなど、流れに乗っていた。 チームも昇格1年目で中国スーパーリーグ3位となり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。準々決勝まで進出するも、鹿島アントラーズに敗れて敗退。それでも、この先の中国スーパーリーグを牽引する存在になるかと思われていた。 しかし、2019年に権健自然科学集団が商品の効能を偽った広告を出し、クラブの会長が逮捕。チーム名が変更となるとともに、天津市体育局が管理するようになる。 チームが傾いた2019シーズンは、16チーム中14位となり、なんとか中国スーパーリーグに残留。しかし、負債は膨らんでしまい、総額は1億4500万ドル(約155億円)にのぼるという。 新シーズンに向けては17名が退団。また、武漢を発生源とする新型コロナウイルスの影響もあり、リーグ戦の開幕が延期となったままの状態。まだ開幕時期が未定のため、このタイミングで世界に向けて買い手を探しに出すこととなったようだ。 2020.03.06 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

パウロ・ソウザ氏、ボルドーの新指揮官に就任へ

昨年、中国スーパーリーグの天津権健(現・天津天海)を解任されたパウロ・ソウザ氏(48)がボルドーの新指揮官に就任するようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ボルドーは2月26日に、昨年9月からクラブを率いたリカルド・ゴメス前監督(54)を成績不振のために解任。チームはここまでリーグ・アン第26節終了時点で勝ち点32の13位に位置している。 『レキップ』によると、パウロ・ソウザ氏は8日までにボルドーと2022年6月末までの3年半契約を結ぶ予定だという。なお、イタリア『Tuttomercatoweb』は同氏の年俸が250万ユーロ(約3憶2000万円)になると伝えている。 現役時代にポルトガル代表としても活躍したパウロ・ソウザ氏。引退後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼル、フィオレンティーナなどを指揮。2017年11月から約1年間天津権健(現・天津天海)の監督を務めていたが、昨年10月に成績不振から解任されていた。 2019.03.07 05:01 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F時代は“レナト"として活躍した、広州富力のFWレナチーニョが天津天海にレンタル移籍

中国スーパーリーグの天津天海は28日、広州富力からブラジル人FWレナチーニョ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レナチーニョは、2012年1月から2015年7月まで川崎フロンターレに所属。Jリーグでは「レナト」の名前でプレーし、中国移籍を機に「レナチーニョ」と名前を変更していた。 広州富力でのレナチーニョは、中国スーパーリーグで84試合に出場し32ゴール20アシストを記録。持ち前のドリブルスキルと、左足のキックで多くのゴールを生み出していた。 天津天海は今冬に広州恒大からブラジル人FWアランを獲得。また、元イタリア代表FWアレシャンドレ・パトも在籍している。 2019.02.28 15:42 Thu
twitterfacebook
thumb

中国からケルン復帰のモデスト、FIFAから出場許可が下りる! 早ければ次節にも出場か

ブンデスリーガ2部に所属するケルンは14日、天津天海(天津権健)から獲得したFWアントニー・モデスト(30)の公式戦出場が可能になったことを発表した。 モデストは2015年夏にケルン入り。ケルン在籍2年目の2016-17シーズンにブンデスリーガ25得点を挙げ、同シーズン終了後に天津天海に活躍の場を移した。天津天海では、公式戦29試合に出場し16ゴールを記録したが、中国での生活になじめず昨夏に欧州復帰を目指して移籍を模索。 しかし、天津天海は移籍を認めず、モデストは国際サッカー連盟(FIFA)に仲介を要請すると、昨年8月に天津天海との契約解除が成立。同年11月にケルンへ復帰していたが、FIFAは中国側との問題が解決するまでドイツでの公式戦出場を禁止していた。 そして今回、ケルンとモデストは14日に行われた練習の後にFIFAの理事から出場許可の一報を受けたという。 ケルンでマネージングディレクターを務めるアレキサンダー・ヴェルレー氏は、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「中国サッカー協会が旧クラブである天津天海から承諾を得て、トニーはここでプレー出来ることになった。トニーのプレー許可が下りたことは、我々にとってとても喜ばしいことだ」 なお、ここまでブンデス2部で2位に位置するケルンは、15日に第22節でパーダーボルンと対戦する。 2019.02.15 01:02 Fri
twitterfacebook
thumb

広州恒大のブラジル人FWアランが天津天海に加入

中国スーパーリーグの天津天海は7日、広州恒大のブラジル人FWアラン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 アランは、フルミネンセの下部組織出身で、2010年8月にザルツブルクへ移籍。ザルツブルクでは、オーストリア・ブンデスリーガで88試合に出場し59ゴール18アシストを記録。2015年1月に広州恒大へと完全移籍していた。 広州恒大では、中国スーパーリーグで通算65試合に出場し37ゴール17アシストを記録すると、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では19試合に出場し11ゴール6アシストを記録。2017年には川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、2018年はセレッソ大阪とも対戦したことがある。 天津天海は、2017年に中国スーパーリーグに昇格したクラブ。2018年まで天津権健というクラブ名だったが、2019年に親会社の製薬会社社長でありクラブ会長が逮捕。チーム名が天津天海に変更となった。 2018シーズンは中国スーパーリーグで9位、カップ戦ではベスト16に終わっている。なお、ミランなどで活躍した元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトが在籍。昨シーズンまでは、ケルンで大迫勇也とコンビを組んでいた元フランス代表FWアンソニー・モデストも所属していた。指揮官は韓国代表や全北現代モータースなどで指揮を執ったチェ・ガンヒ監督が務めている。 2019.02.08 10:40 Fri
twitterfacebook