天津天海、中国スーパーリーグに退会を要請… 「0円」でも買い手が付かずクラブは破産を申請

2020.05.12 00:10 Tue
Getty Images
天津天海が中国スーパーリーグからの退会を要請したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

FWアレシャンドレ・パト(現サンパウロ)、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(現ドルトムント)、近年では元川崎フロンターレのレナトも所属した天津天海。2006年に創設された天津天海は、2015年から天津権健というクラブ名で活動。2017年に中国スーパーリーグに昇格すると、1年目で中国スーパーリーグ3位となり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場権を獲得するなど、この先の中国スーパーリーグを牽引する存在になるかと思われていた。
しかし、2019年に権健自然科学集団が商品の効能を偽った広告を出し、クラブの会長が逮捕。天津市体育局が管理するようになり、チーム名も変更された2019シーズンは、16チーム中14位となり、なんとか中国スーパーリーグに残留したが、シーズン終了後に13名の選手が退団し、補強は1人もなし。新型コロナウイルスの問題でリーグ開幕も延期され、さらに経営が圧迫されていた。

『レキップ』によれば、3月に0円でクラブ運営権の譲渡を発表していた天津天海だが、総額は1億4500万ドル(約155億円)と伝えられる負債が足枷となり、いまだ買い手が見つからず破産を申請。また、11日に中国スーパーリーグにリーグ退会を要請したとのことだ。

なお、この要請により昨シーズン15位で2部に降格した深セン市足球倶楽部がスーパーリーグに残留することになるようだ。
新型コロナウイル(COVID-19)の影響により、開幕が無期限延期となっている中国スーパーリーグ。未だに中国サッカー協会は再開の時期を発表していないが、広州富力の黄盛華チェアマンは「新シーズンは6月末か7月頭に開幕するだろう」と明かしていた。

アレシャンドレ・パトの関連記事

元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏がお気に入りの選手を明かした。 2006年のバロンドール受賞者であるカンナバーロ氏。イタリア代表キャプテンとしてドイツ・ワールドカップ(W杯)を制した稀代のセンターバックは引退後、UAEのアル・アハリや中国の広州恒大(現:広州FC)など、アジアを中心に指導者キャリアを積んできた。 中国の天津天海(2020年解散)時代は元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトを呼び寄せるなど、選手のリクルート業務も経験しているというカンナバーロ氏は、イタリア『カルチョメルカート』主催のフォーラムにゲスト登壇し、古巣ユベントスが関心かと報じられている戦友の息子について絶賛した。 「ニースのフランス代表MFケフラン・テュラム=ウリアン(22)はどんなクラブでもプレーできる選手だ。もし私がセリエAのどこかで働いているとすれば、間違いなく彼を呼び寄せたい。どのクラブでも役立つはずだ」 ケフラン・テュラムはインテルに所属するフランス代表FWマルクス・テュラムの弟であり、カンナバーロ氏が現役時代にパルマ、ユベントスの最終ラインでコンビを組んだ元フランス代表DFリリアン・テュラム氏の次男だ。 さらにこの話題を掘り下げられると、「リリアンの息子たちを幼いころから追いかけてきた。フットボーラーになるという確信が昔からあったよ。兄マルクスはユベントス時代のズラタン・イブラヒモビッチに似ていると思う。イタリアで若き日を過ごすと、少々意地悪な性格に育つことがある(笑) 父親いわく弟ケフランの方が意地悪な性格らしいがね(笑)」と親愛を込めた。 また、お気に入りのケフラン・テュラムに最もフィットするセリエAのチームは?と問われると、自身がリリアン氏と共闘したユベントスでもパルマでもなく、兄の元へ向かうのが良いだろうと答えた。 「どこだっていい。どのクラブでも有益な存在になれる。ただ、その特徴と役割を加味すれば、落ち着いて入っていける唯一のクラブは、すでに強力な中盤を築いているインテルだろう」 2023.10.18 20:55 Wed
サンパウロの元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトがクラブマスコットと一緒にゴールを喜んだ。 かつてミランや、チェルシー、ビジャレアルなどでもプレーしたパト。2017年1月に天津天海に移籍して以降は欧州を離れクラブを転々とすると、2022年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティを退団。その後は昨年9月に負った手術を伴う右ヒザのケガにより無所属だったが、5月に古巣サンパウロに3度目の復帰をしていた。 ケガでサンパウロでのデビューもお預けとなっていたパトだが、9日のレッドブル・ブラガンチーノで復帰後初デビューを飾ると、16日のサントス戦にも途中出場。88分に味方との華麗なワンツーから復帰後初ゴールを決めた。 そして、注目を集めているのがその直後のゴールセレブレーションだ。 ゴールを決めたパトはゴール裏へと向かうと、クラブマスコットを指さし、着ぐるみの被り物を拝借。そのまま自分で被ると、正体が露わになったマスコットと一緒にゴールを喜んでいた。 クラブマスコットの正体が明らかになってしまったが、ブラジル『グローボ』によると、2020年にサントスを退団して以降、ずっと心に決めていたゴールセレブレーションだったようだ。 「退団してから、いつかゴールを決めてマスコットの被り物を取ると言っていたんだ。でも、だんだん恐怖症になってきてゴールを取れなくなった。『たくさんの観客が来る』と言い聞かせていて、観客には感謝しているから外に出てマスコットのところにいったんだ」 「ファンは毎日僕のモチベーションを高めてくれる。妻にもファンは信じられないと伝えている。ベストを尽くそうとますますやる気が出る。彼らはすべてに値するんだ」 SNS上でもパトとマスコットのゴールセレブレーションは話題に。「最高のセレブレーションだ」、「なんてセレブレーションなんだ」、「面白い」と大きな反響が寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【動画】パトのゴールパフォーマンスでマスコットの“中の人”が…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Alexandre Pato still has it! <a href="https://t.co/Wk7VZRXhqK">pic.twitter.com/Wk7VZRXhqK</a></p>&mdash; CBS Sports Golazo (@CBSSportsGolazo) <a href="https://twitter.com/CBSSportsGolazo/status/1680691788380618752?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.07.19 19:05 Wed
スペイン『Relevo』がブラジル代表の新たな暫定監督にスポットライトを当てた。 ブラジルサッカー連盟(CBF)のエドナルド・ロドリゲス会長は4日、レアル・マドリーを率いるカルロ・アンチェロッティ監督(64)が2024年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)から指揮を執ると明言。1年後の就任が確実となった。 また、それまでのつなぎ役として、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのフルミネンセを率いるフェルナンド・ディニス監督(49)が1年間限定で指揮を執ることも発表。ディニス監督はフルミネンセとの兼任という形になる。 そのディニス監督とは、一体どんな人物なのか。これまでのキャリアを振り返ると、現役時代はコリンチャンスやフルミネンセ、フラメンゴ、クルゼイロ、サントスといった国内の名だたる名門でプレーするも、A代表歴はない。 選手キャリア晩年から引退後数年にかけては精神的に不安定な時期を送っていたといい、指導者に転身する際、コーチングと同時に心理学を学び始めたとのこと。監督としては2019年以降、サンパウロ、サントス、フルミネンセ(現在は2度目の就任)などの指揮を歴任する。 そして、気になるのはその指導方針。『Relevo』の取材に応じたある関係者はディニス監督について、「選手どうしの良好な人間関係がピッチにもたらす相互作用を重視する。アンチェロッティと非常に似ている」とコメント。選手のカラーを大事にしているようだ。 若手からベテラン、さらにスター選手の扱いも得意なようで、サンパウロで共闘したFWアレシャンドレ・パトは「ディニス監督が僕の人間としての部分を成長させてくれた。僕が涙を流せば彼も一緒に泣いてくれたし、彼の言葉で涙したこともある」などとコメント。絶大な信頼を寄せていたことがよくわかる。 また、ブラジル代表のエース・ネイマールは昨年7月、「ディニスが好きだ。セレソンに彼がいれば…」とSNSに投稿し、ブラジル国内が大論争に。どうやらCBFはアンチェロッティ監督と通づる部分、そして人望の厚さを重視し、ディニス監督を選んだようだ。 ディニス監督のミッションは今年9月、10月、11月に行われる北中米3カ国共催ワールドカップ(W杯)南米予選の6試合と、来年3月のスペイン代表戦を含むヨーロッパ遠征2試合。アンチェロッティ監督到着前にチームの基礎を築いておきたいところだ。 2023.07.06 18:32 Thu
サンパウロFCは26日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(33)の加入を発表した。契約は今年末までとなる。 かつてミランや、チェルシー、ビジャレアルなどでもプレーした元神童のパト。ケガとの付き合いが影響して期待値どおりの成長曲線を描き切れず、2017年1月の中国行きから欧州に別れを告げ、現役を続ける。 2021年2月からはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに活躍の場を求めたが、昨季をもって退団。それからというもの、昨年9月に負った手術を伴う右ヒザのケガにより、無所属だった。 そのなか、実に3度目のサンパウロ加入となるパトはリハビリ中で、準備が整い次第、グループトレーニングに合流見通し。加入を受けて「サンパウロのあらゆる愛情に報いたい」などとコメントしている。 サンパウロでは過去2度の在籍中に通算47ゴールをマーク。今もケガに悩まされ、今年9月の誕生日で34歳になるが、もうひと花咲かせられるか。 2023.05.27 17:55 Sat
サンパウロが元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(33)の再獲得に動いているようだ。 パトは、昨シーズン限りでメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティを契約満了と共に退団。以降はフリートランスファーで新天地を探すと共に、サンパウロのトレーニング施設を借りてリハビリやコンディション調整に励んでいた。 ブラジル『グローボ』が報じるところによれば、クラブはパトの状態を確認した上で今シーズン終了までの短期契約のオファーを掲示。現在、両者の交渉は順調に進んでいるようだ。 なお、パトはこれまでの2度の在籍期間で公式戦133試合に出場し、47ゴールを挙げている。 プロデビューしたインテルナシオナウをはじめ、ミランやチェルシー、コリンチャンスなどでプレーしたパト。ここ数年は中国の天津天海や古巣サンパウロを転々としていた中、2021年2月に半年の無所属期間を経てオーランドに加入した。 しかし、新天地でのデビュー戦となったMLS開幕戦のアトランタ・ユナイテッド戦で右ヒザに重傷を負い、約半年間の離脱。ケガを治し、契約も1年延長して迎えた昨シーズンだったが、9月に再びヒザを負傷し手術を実施。結局、リーグ戦22試合の出場も3ゴールと不発に終わった。 2023.05.10 07:00 Wed

記事をさがす

アレシャンドレ・パトの人気記事ランキング

1

「ロッカールームには…」ミラン退団から10年、33歳パトが当時を懐かしむ… モンツァ行きも示唆?

元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトがミラン時代を懐かしんだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 インテルナシオナウ時代の2006年に17歳で出場したクラブワールドカップにて“肩ドリブル”を披露し、一躍全世界にその名を轟かせたパト。翌年夏には当時の欧州王者だったミランへと移籍し、クラブ通算150試合で63得点を記録した。 2013年1月のミラン退団後は選手キャリアの下降が早かった印象があり、今年1月にオーランド・シティSCを退団してからは無所属に。今年9月で34歳と引退が近づきつつあるが、イタリア『カルチョメルカート』のインタビューではミラン時代を懐かしんでいる。 「当時のロッカールームにはレジェンドがいたね。それも1人や2人ではない。彼らから学んだのは日頃の練習にも試合と同じような態度で臨むということ。本当に美しいことだね」 「パオロ・マルディーニのトレーニングをお目にかかれる環境にいたことは本当に幸運だったと言える。彼は毎日110%さ。チームメイトよりも先に練習場に到着し、全体練習後も体を動かした。カフーやイブラも同じだよ」 マルディーニ氏やカフー氏、41歳にして現役のズラタン・イブラヒモビッチといった長いキャリアを築くレジェンドへの敬意を語ったパト。不振に陥る現在のミランへはエールを送っている。 「とにかく最善を尽くすだけだろうね。今の状況を見れば、スクデットを獲得した昨季を忘れるべきなのは間違いない。だけど、ステファノ・ピオリ(監督)なら強いミランをすぐに取り戻せると確信しているよ」 一方、シルヴィオ・ベルルスコーニ元会長、アドリアーノ・ガッリアーニ元副会長にも言及。それぞれ86歳、78歳となった現在も飽くなき情熱をモンツァに捧ぐミラン時代からのコンビに深い愛を示した。 「モンツァの快進撃を喜んでいるよ。彼ら2人はいつだって僕の心の中にいる。きっとモンツァは数年後にミランやインテルに挑戦状を叩きつける存在になるさ。実はセリエAに昇格する前から2人と話してたんだ。そろそろ僕の電話が鳴るかもしれない…」 2023.02.05 21:02 Sun
2

カンナバーロ氏お気に入りの若手選手とは? セリエA全クラブに獲得を推奨「幼いころから確信があった」

元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏がお気に入りの選手を明かした。 2006年のバロンドール受賞者であるカンナバーロ氏。イタリア代表キャプテンとしてドイツ・ワールドカップ(W杯)を制した稀代のセンターバックは引退後、UAEのアル・アハリや中国の広州恒大(現:広州FC)など、アジアを中心に指導者キャリアを積んできた。 中国の天津天海(2020年解散)時代は元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトを呼び寄せるなど、選手のリクルート業務も経験しているというカンナバーロ氏は、イタリア『カルチョメルカート』主催のフォーラムにゲスト登壇し、古巣ユベントスが関心かと報じられている戦友の息子について絶賛した。 「ニースのフランス代表MFケフラン・テュラム=ウリアン(22)はどんなクラブでもプレーできる選手だ。もし私がセリエAのどこかで働いているとすれば、間違いなく彼を呼び寄せたい。どのクラブでも役立つはずだ」 ケフラン・テュラムはインテルに所属するフランス代表FWマルクス・テュラムの弟であり、カンナバーロ氏が現役時代にパルマ、ユベントスの最終ラインでコンビを組んだ元フランス代表DFリリアン・テュラム氏の次男だ。 さらにこの話題を掘り下げられると、「リリアンの息子たちを幼いころから追いかけてきた。フットボーラーになるという確信が昔からあったよ。兄マルクスはユベントス時代のズラタン・イブラヒモビッチに似ていると思う。イタリアで若き日を過ごすと、少々意地悪な性格に育つことがある(笑) 父親いわく弟ケフランの方が意地悪な性格らしいがね(笑)」と親愛を込めた。 また、お気に入りのケフラン・テュラムに最もフィットするセリエAのチームは?と問われると、自身がリリアン氏と共闘したユベントスでもパルマでもなく、兄の元へ向かうのが良いだろうと答えた。 「どこだっていい。どのクラブでも有益な存在になれる。ただ、その特徴と役割を加味すれば、落ち着いて入っていける唯一のクラブは、すでに強力な中盤を築いているインテルだろう」 2023.10.18 20:55 Wed
3

“爆買い”禁止に…中国スーパーリーグがサラリー上限を設定へ

▽かつては“爆買い”が大きな話題を呼び、欧州でプレーする代表クラブの選手を引き抜いていた中国スーパーリーグ。しかし、来シーズンからはその“爆買い”が制限されることになるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽多額の移籍金、そしてサラリーを支払ってスター選手を獲得した一方で、給料の未払いなど金銭的な問題を多く抱えている中国スーパーリーグ。中国サッカー協会(CFA)は、そんなトップクラブの無駄遣いを制限するために、様々な制度を設けてきた。 ▽その中で、CFAはクラブの選手の給与の制限を設け、ボーナスや移籍金などを統一した基準内で行うというもの。中国スーパーリーグのクラブは、これらの制度を守ることが求められることとなる。 ▽選手たちは、2019シーズンまでにこれらの労働契約書にサインする必要があり、クラブにはシーズン開幕時に定められた金額が渡される。また、現金と同等の賞などは禁止されるとのことだ。 ▽現在の中国スーパーリーグには、かつてチェルシーでもプレーした元ブラジル代表MFオスカル(上海上港)や元ブラジル代表FWフッキ、ミランなどでプレーした元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(天津権健)、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(山東魯能)などがプレーしている。 ▽なお、これらの動きは、中国代表の強化に繋げる意図があるという。2017シーズンの開幕前には、先発に23歳以下の選手を1人起用することが義務化されていた。“爆買い”ができなくなる中国スーパーリーグはどの様な変化をたどるだろうか。 2018.11.21 20:10 Wed
4

テオ・エルナンデスが第一子誕生を報告!

ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデスに待望の第一子が誕生した。 2019年夏にレアル・マドリーから2100万ユーロ(約28億円)の移籍金で加入したテオ・エルナンデス。人材不足だった左サイドバックで、1年目から期待以上の活躍を披露すると、在籍2年半で公式戦114試合に出場し19ゴール22アシストを記録。今年2月にはミランとの契約を2026年まで延長した。 また、昨年9月にフランス代表デビューを飾ると、同年10月に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21ファイナルズで2試合にフル出場し、フランス代表の初優勝に貢献した。 昨年10月にかねてから交際していたモデルのゾーイ・クリストフォリさんの妊娠を明かしていたテオ・エルナンデスは、7日にインスタグラムで第一子の誕生を発表。 子供を抱いた白黒の写真を公開し、「07-04-22“Te Amo Hijo”(私はあなたを愛している)」と報告した。 テオ・エルナンデスからのおめでたい報告には、バイエルンに所属する兄のリュカやフランス代表の同僚DFレオ・デュボワに加え、アレシャンドレ・パトやラジャ・ナインゴランからも祝福のコメントが送られている。 2022.04.08 02:30 Fri
5

「知っていたら契約していない」元ブラジル代表FWパト、過去のチェルシー移籍を後悔

オーランド・シティでプレーする元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(33)が、過去のチェルシー移籍を後悔していると明かした。 インテルナシオナルで育ったパトは、若くしてその才能が注目を集め、2007年8月にミランへと完全移籍。ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた。 ミランでのその才能は輝きを見せると2008年にはブラジル代表デビュー。ミランでは公式戦150試合で63ゴール18アシストを記録し、スクデット獲得に貢献した。 その後、母国に戻り、コリンチャンス、サンパウロでプレー。すると2016年1月にチェルシーへとレンタル移籍。再びヨーロッパでのプレー機会を得たが、半年で終了。たった2試合の出場に終わり、1ゴールでキャリアを終えていた。 その後は、ビジャレアル、天津天海でプレー。サンパウロにも戻ると、2021年2月からはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティでプレーしている。 現在33歳で、まだまだプレーが可能なパトだが、元ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターが設立したメディア『ザ・プレーヤーズ・トリビューン (TPT) 』にて過去の移籍について言及。チェルシーへの移籍は騙されたと後悔を口にした。 「チェルシーが半年間のレンタル移籍の後、3年契約を結んでくれると思っていた。ローンを組んだ後、彼らがノーと言えることは知らなかったんだ」 パトは半年のレンタル移籍の後、自動的に契約延長がなされると信じていたが、実際はそんなことはないどころ、2試合で去ることとなった。チームの契約の問題もあったが、そもそも当時チームを率いていたフース・ヒディンク監督が全く使ってくれなかったことに憤りを露わにし、それがわかっていたらチェルシーに移籍することはなかったとした。 「なぜ僕がサンパウロで良いプレーができたかわかるかい?それは彼らが僕を大事にしてくれたからだ」 「とても良いトレーニングをしていたのに、監督が僕には2回しかプレーさせてくれなかったことが残念だ。その理由はわからないよ」 「知っていたら?僕は他のチームに行っただろうね」 2022.11.04 21:10 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly