人気株キエーザが否定…「交渉の事実ない。僕はフィオレンティーナの選手」

2020.05.11 10:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(22)が移籍の憶測を否定した。フィオレンティーナのアカデミー育ちであり、2016年からトップチームでプレーするキエーザ。ユベントスやインテルの国内クラブだけでなく、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのイングランド勢が関心を示しているとされ、今後の動向に注目が集まっている。

それに派生して、元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏が設立した代理店と契約を結ぶとの憶測も飛び出しているキエーザだが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』でそうした憶測の事実無根を主張している。

「交渉の事実はない。フィオレンティーナの選手だ」

「僕は代理人がいないから、クラブに話かけ、いつも父がパーソナルアシスタント的な存在として隣にいる」

「僕らはエージェントを雇用することさえ考えていない。この先もこのままで行くかどうかわからないけどね」

「僕と(ローマOBでイタリア代表FWの)フランチェスコ・トッティの代理店を紐づけた噂は正しくない」

「僕は昨年、会長やジョー・バローネ、ダニエレ・プラードとかなり話をして、今に集中力を注いでいる」

「今の目標はテクニカルレベルを含めた全般的な向上だ。より完璧なプレーヤーになっていかないと」

関連ニュース
thumb

ヴラホビッチがユベントス到着! メディカルチェック後に正式手続きへ

ユベントスは28日、セルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)がメディカルチェックのためクラブハウス入りしたことを伝えている。 公式戦37試合出場で21得点を記録したブレイクの昨季に続いて、今季もここまで24試合で20得点と躍動するヴラホビッチ。現行契約が2023年6月までとなっていたため、ヨーロッパ中のビッグクラブが挙って獲得に乗り出していた。 そんな中、本人の意向もあり、ユベントス行きが決定的になったと、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏から伝えられた。 すると28日、正式契約に先駆けて、ユベントスは公式ツイッターを通じでヴラホビッチがクラブに到着したことを報告。多くのファンや報道陣に囲まれ、ファンサービスも行いながらメディカルへ向かっていった。 なお、クラブ間ではボーナスを含む移籍金7500万ユーロ(約96億4000万円)、個人間では年俸700万ユーロ(約9億円)で合意に達したという。 <span class="paragraph-title">【写真】ユベントスに到着したヴラホビッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Vlahovic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Vlahovic</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/JMedical?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JMedical</a> <a href="https://t.co/PZrleu5a9Y">pic.twitter.com/PZrleu5a9Y</a></p>&mdash; JuventusFC (@juventusfc) <a href="https://twitter.com/juventusfc/status/1486989441562562560?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.28 18:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴラホビッチのユーベ移籍決定的に! 選手、代理人、フィオレンティーナと完全合意

フィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)のユベントス入りが決定的なようだ。 公式戦37試合出場で21得点を記録したブレイクの昨季に続いて、今季もここまで24試合で20得点と躍動するヴラホビッチ。セリエAの得点王争いでもトップタイに立つが、2023年6月までの現行契約を延長する意思がないのがわかり、去就の面でもより注目を集める日々が続いている。 そんなヴラホビッチを巡ってはアーセナルの熱心なアタックが噂されたが、先日あたりから、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザの大ケガでより前線補強が急務のユベントスが争奪戦でリードしているとの見方が大半に。そして、もはや発表を待つのみのところまできているようだ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏の続報によると、先日にボーナス含む移籍金7500万ユーロ(約96億4000万円)でフィオレンティーナと合意したユベントスは代理人との交渉も成立。選手との話し合いもまとめ、年俸700万ユーロ(約9億円)のサラリーになるという。 なお、ヴラホビッチは今後、ユベントスのメディカルチェックを受けるため、トリノ入りする見通し。それが終わり次第、サインを済ませ、正式発表されるものとみられる。 2022.01.28 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベがヴラホビッチ獲得に迫る! 移籍金額はボーナス含みで96.4億円

ユベントスがフィオレンティーナからセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の獲得に迫っているようだ。 公式戦37試合出場で21得点を記録したブレイクの昨季に続いて、今季もここまで24試合で20得点と躍動するヴラホビッチ。2023年6月までの現行契約を延長する意思がないのが判明して以降、今後の動向により注目を集める日々が続いている。 そんなヴラホビッチを巡ってはアーセナルの強い関心が噂される。だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同じく興味が囁かれたユベントスが個人条件を詰めるフェーズに入っているようだ。 ユベントスは同氏いわく、フィオレンティーナとボーナス含む移籍金7500万ユーロ(約96億4000万円)で合意。個人条件に関しても、年俸700万ユーロ(約9億円)で選手の代理人との話し合いを進めているという。 今季のユベントスは昨夏退団のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わる得点源を擁立できておらず、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザも今季絶望の大ケガ。前半戦の遅れを取り戻す必要もあるチームにとって、点取り屋の獲得が急務だった。 2022.01.26 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴラホビッチ、ユベントス行き濃厚か

フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)のユベントス行きが濃厚となっているようだ。 昨季のセリエAで37試合21ゴールを挙げ、一気にブレイクを果たしたヴラホビッチ。今季もここまで公式戦24試合に出場し20ゴールを記録している中で、連日のように様々なクラブからの関心が報じられている。 最近ではアーセナル行きの噂があったが、フィレンツェ地元紙などイタリアメディアが伝えるところでは、ユベントス行きが濃厚となっているようだ。メディアによって数字はばらつきがあるが、共通している部分は年俸700万ユーロ(約9億円)の5年契約であることと、移籍金は6000万ユーロ(約77億円)以上であること。 先日、スポーツ・ディレクターを務めるダニエレ・プラデ氏は、イタリアSportitalia』の取材に対し、「十分なオファーは受け取っている」と明かしながらも、最終決定は本人次第とコメントしている。そのヴラホビッチは、報道によればユベントス行きを希望しているとのことで、早ければ今週中にメディカルチェックに入る可能性もあるようだ。 2022.01.25 18:08 Tue
twitterfacebook
thumb

準々決勝の日程が決定! インテルvsローマ、ミランvsラツィオなど《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝の日程が決定した。 1月12日から20日にかけて行われたベスト16では、前回王者ユベントスや、ファイナリストのアタランタ、ミラノ勢が順当に駒を進める中、一昨シーズンの覇者ナポリは、合計3人の退場者を出したフィオレンティーナとの大荒れの試合で、延長戦までもつれ込んだ結果、2-5の敗戦を喫した。 準々決勝では、インテルvsローマや、ミランvsラツィオなど、セリエA上位陣によるビッグマッチが実現。ナポリを破ったフィオレンティーナはアタランタと、ユベントスはサッスオーロと対戦する。 ◆コッパ・イタリア準々決勝日程 ▽2/8(火) 《29:00》 インテル vs ローマ ▽2/9(水) 《29:00》 ミラン vs ラツィオ ▽2/10(木) 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《29:00》 ユベントス vs サッスオーロ 2022.01.25 16:44 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly