ローマ関心の日本代表DF冨安健洋、移籍金がネックに?

2020.05.08 20:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマが関心を示しているとされたボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)だが、移籍には大きな壁が待っていそうだ。

ローマは、今夏の移籍市場における強化ポイントとして、守備陣を掲げている模様。その中で、セリエAに初挑戦した冨安に注目をしているとのことだ。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、日本代表としても18試合に出場し、セリエAデビューシーズンながら20試合に出場しチームの守備を支える冨安にローマは高い評価を下している。

しかし、ボローニャと2024年6月まで契約を残す冨安の移籍金は、2000万ユーロ(約23億円)程度とみられ、ローマとしては支払いが難しい状況だ。

また、ローマは高給取りの元ブラジル代表DFフアン・ジェズス(28)の放出に動くも、移籍先がなかなか見つからない状況。また、同様の理由でセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(34)も放出する必要があるものの、自動契約延長オプションが履行される可能性が高く、なかなか難しい状況だ。

冨安がローマに行くには、移籍金を捻出するために選手が必要となる状況。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて財源がないことも含め、移籍は簡単にはまとまらなさそうだ。
コメント