ミハイロビッチ監督、スポルティングの補償金支払い完了報道を否定

2020.05.01 02:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、スポルティング・リスボンによる補償金300万ユーロ(約3億5000万円)の支払いが終わったという報道を否定した。セルビア『Alo.rs』が伝えている。2018年6月18日にスポルティング・リスボンの監督に就任することが発表されていたミハイロビッチ監督。しかし、ブルーノ・デ・カルバーリョ前会長が主導で行われた人事に対し、監督就任直後に新会長就任したソウザ・シントラ氏が不満を訴え、わずか9日で解任の憂き目に遭っていた。

これを不当解雇だとして訴訟を起こしたミハイロビッチ監督は、昨年11月に補償金300万ユーロを勝ち取った。一部ではスポルティング・リスボンが補償金の支払いを終えたと報じられていたが、ミハイロビッチ監督はその報道を否定した。

「訴訟の機密を尊重するため、公でのコメントは控えようとした。だけど、さまざまなニュースが誤った情報を発信したため、ほかに選択肢がなかった」

「いまだにスポルティングは訴訟の際に決まった補償金の全額を支払ってはいない。昨年11月28日に行われた裁判でクラブは債務を認めたが、それ以降は支払いを延期を求めてきた」

「もともとスポルティングは3月末までに支払う約束だったが、新型コロナウイルスの影響もあって支払期限を延期したんだ」

なお同紙によれば、現在までにスポルティングは225万ユーロ(約2億6000万円)の補償金をミハイロビッチ監督に支払っているという。
関連ニュース
thumb

スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。 すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。 そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。 その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。 イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。 なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。 2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

冨安不在のボローニャに3発快勝のドルトムントがPSM2勝目を飾る!

ドルトムントは30日、プレシーズンマッチでボローニャと対戦し、3-0で勝利した。 3試合目のプレシーズンマッチとなるドルトムントは、ダイアモンド型の[4-4-2]の布陣の採用。2トップにハーランドとティゲスを起用し、中盤はトップ下にロイス、右にレイナ、左にブラント、アンカーにダフードを据えた。 一方、東京オリンピックに参加してしている日本代表DF冨安健洋が不在のボローニャは、オルソリーニやサンソーネ、デ・シルベストリらが先発に名を連ねた。 試合は立ち上がりからドルトムントが攻勢をかけると8分、敵陣左サイドでブラントがボールをカットすると、これをボックス左横で拾ったハーランドがティゲスとのワンツーでボックス左深くまで切り込みゴールネットを揺らしたが、これはハーランドのオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 攻勢を続けるドルトムントは、22分にもロイスのパスでボックス左まで駆け上がったブラントがダイレクトクロスを供給すると、最後はゴールエリア右のハーランドが頭で合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 チャンスを逃したドルトムントだが、直後にスコアを動かす。24分、ボックス右手前でパスを受けたハーランドが縦への突破からシュート。これは飛び出した相手GKに弾かれたが、こぼれ球をレイナがゴールに突き刺した。 先制後もドルトムントが敵陣で試合を進めて主導権を握ると、42分に追加点が生まれる。右CKのセカンドボールをパスラックが左に展開すると、ロイスのダイレクトをクロスをマロニーが頭で合わせると、これがゴール左に吸い込まれた。 さらに前半終了間際の45分にも、ドリブルでボックス内まで持ち上がったダフードのシュートのこぼれ球をティゲスが流し込み、ドルトムントが3点のリードで前半を終えた。 迎えた後半も主導権を握るドルトムントは、63分にボックス左から侵入したロイスの折り返しをハーランドがダイレクトで合わせたが、これはわずかにゴール左。さらに78分には、中盤で獲得したFKをカマラが素早くリスタートすると、これを受けたロイスがボックス外からミドルシュート狙ったが、これはクロスバーを直撃した。 結局、19本のシュートを放つなどボローニャを圧倒したドルトムントが3-0で完勝。プレシーズンマッチ2勝目を飾った。 ドルトムント 3-0 ボローニャ 【ドルトムント】 レイナ(前24) マロニー(前42) ティゲス(前45) 2021.07.31 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨も候補に挙がったボローニャの新ストライカー、希望通りのアルナウトビッチ獲得で合意

ボローニャがオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)を確保したようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャ。新シーズンに向けては新たなストライカーの獲得を目指しており、シニシャ・ミハイロビッチ監督は第一希望にアルナウトビッチを名指しで指名していた。 ミハイロビッチ監督は「クラブは一刻も早く彼を獲得するために尽力する。(交渉は)終盤に差し掛かっているよ」とコメントするなど、獲得が迫っていることを示唆していたが、どうやら交渉がまとまったようだ。 『カルチョ・メルカート』によると、上海海港との交渉がうまくいっていなかったものの、粘り強く交渉した結果、合意に至ったとのこと。300万ユーロ(約3億9000万円)+ボーナスで合意したという。 アルナウトビッチ獲得前には、今年1月にアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWジエゴ・コスタの獲得が迫っていたとも報じられたが破談。アルナウトビッチの獲得が難しいことから、シント=トロイデンのFW鈴木優磨も候補に挙がっていたが、最終的には監督の希望通りの結果となった。 アルナウトビッチはトゥベンテからのレンタル移籍で、2009-10シーズンの1シーズンだけインテルでプレー。インテルでは3試合の出場に終わったが、無事に契約できれば12年ぶりのセリエA復帰となる。 2021.07.26 09:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ミハイロビッチ監督がアルナウトビッチを熱望「一刻も早く彼を獲得するために尽力する」

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、上海海港のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)の獲得を熱望している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今夏の移籍市場において活発な動きを見せるボローニャ。キャプテンの元イタリア代表MFアンドレア・ポーリの退団や日本代表DF冨安健洋の退団の噂などが上がる一方、ガンビア代表FWムサ・バロウなど期限付き移籍で加入していた選手の買取オプション行使などの補強も行っている。 そんな中で新たに補強の候補となっているのがアルナウトビッチだ。かつてはインテルにも在籍したオーストリア代表FWは、2020年の中国スーパーリーグで13試合7ゴール1アシストを記録。ボローニャは年俸約300万ユーロ(約3億9042万円)を用意しているという。 以前は上海海港が移籍を固辞していると伝えられたが、ミハイロビッチ監督は32歳の加入に絶対的な自信を持っているようだ。 「アルナウトビッチが来ると信じて疑わなかった。他の理由でもう少し時間がかかったのかもしれないが、我々はマルコが来ることを確信していたし、マルコもここへ来ることを確信していただろう。それは紛れもない事実だ」 「クラブは一刻も早く彼を獲得するために尽力する。(交渉は)終盤に差し掛かっているよ」 また、ミハイロビッチ監督はアルナウトビッチがチームにもたらす効果についても語った。 「彼はゴールを決めることに慣れている。チームのためにプレーし、偽9番としてビルドアップを助けることもできる。それは相手のディフェンスライン全体に不安を与え、チームメイトには心強さを与える 「(FWロドリゴ・)パラシオとは異なる特徴を持っているため、異なる使い方ができるだろう」 2021.07.24 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ主将ポーリ、アンタルヤスポル移籍…2024年までの3年契約

アンタルヤスポルは22日、ボローニャから元イタリア代表MFアンドレア・ポーリ(31)の獲得を発表した。 ポーリは前日にメディカルチェックを受け、22日に2024年までの3年契約を締結。「ここにいられるのは大変光栄で喜び。キャリアの新たな冒険を始められることができて幸せで、ワクワクもする」と喜びの心境を明かした。 通算5キャップのイタリア代表歴を持つポーリは17歳だった2006年にトレヴィーゾでプロデビュー後、サンプドリア、サッスオーロ、インテル、ミランでプレー。2017年に4年契約でボローニャにフリー加入した。 ボローニャでは途中から主将となり、公式戦通算114試合の出場で10得点2アシストをマーク。昨季は2020年8月末に契約を1年延長して迎えたが、ケガの影響もあり、加入後最小となる公式戦19試合の出場に終わった。 ボローニャもクラブ公式サイトで移籍を発表。「フィールド内外でのプロフェッショナリズムと日々示すロッソブルカラーへの深い愛情にボローニャの全員が心を込めて感謝している。今後の活躍を祈る」と綴った。 2021.07.23 18:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly