マウロ・サラテ、ボカで半年間を共にしたデ・ロッシを称賛「非常に重要な選手」

2020.04.14 06:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人FWマウロ・サラテが、今年1月に現役引退を発表した元イタリア代表MFのダニエレ・デ・ロッシを称賛している。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。

幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、18年間に渡ってジャッロロッソのユニフォームのためにプレーしてきたデ・ロッシ。

しかし、愛するクラブとの契約延長交渉がまとまらず、昨シーズン限りで退団。そのままキャリアを終える選択肢もあったが、幼少時代からローマと共に憧れを抱いたアルゼンチン屈指の名門への加入を決断した。

そのボカ・ジュニアーズではヒザのケガの影響もあって公式戦7試合の出場に留まり、2020年6月末まで残っていた契約を解消する形で今年1月6日に現役引退を発表した。

そんななか、ボカ・ジュニアーズで共闘したサラテは、2019-20シーズンのタイトル獲得においてデ・ロッシが「非常に重要な選手」だったと主張する。

「ダニエレは僕たちにとってピッチの中でも外でもとても重要な選手だったよ」

「僕はイタリアにいたころからピッチ内外の彼を知っていた。僕はラツィオに所属して、彼のいるローマと何度も対戦したからね」

「そして今、チームメイトとなった彼について語れることはポジティブなことしかないよ」

また、ラツィオやインテル、フィオレンティーナなどでプレーしたサラテは、世界中で流行する新型コロナウイルス(COVID-19)で発生元と言われる中国を超える被害を出しているイタリアについて以下のようにコメントした。

「僕は長年イタリアで過ごしたからこの現状はとても悲しいよ。僕の友人や親戚は今もイタリアにいるんだ。彼らとは頻繁に連絡を取っているよ」

「僕はこの状況が改善することを神に祈っている」
コメント
関連ニュース
thumb

テベスが将来語る 「欧州に戻るならウェストハム」

ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(36)が将来的なウェストハム凱旋の可能性を示唆した。 かつてウェストハムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスといった欧州クラブでもいち時代を築いたテベス。中国でのプレーも経て、2018年に3度目のボカ復帰を果たした。 ボカを主将としても引っ張るテベスは今季、国内リーグ戦でチーム最多の9得点を挙げたが、今月末に現行契約が失効。新たに1年延長のオファーを打診されたとみられる。 しかし、テベスはボカからの打診を断り、半年間の新契約にサインした模様。アルゼンチン『Radio La Red』で今年いっぱいをボカで過ごした後の将来について、こう語った。 「ヨーロッパに戻らないといけないなら、半年間の契約でウェストハムに行く。拍手を浴びるためにね。それか、コリンチャンスで半年間を過ごすのもあり得る。自らの言葉に縛られたくないから、どんな可能性も除外しない」 また、ボカとの新契約により、手にするサラリー全額を慈善団体に寄付する方針も明らかにしている。 「ボカが僕に提示してくれた給与の全てを非営利団体に寄付するつもり。ボーナスを含めた給与をガソリン代にあてる。炊き出しやワクチンが必要な人たちのためにも使うことになるだろう」 2020.06.27 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

今年1月引退のデ・ロッシ、ボカで指導者になるプランが崩れていた

元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシはアルゼンチンで指導者になる可能性があったようだ。 デ・ロッシは、ローマ生まれ、ローマ育ちの生粋のローマっ子であり、サッカーのキャリアもローマでスタートしていた。しかし、2019年7月に元チームメイトであるニコラ・ブルディッソに誘われ、ボカ・ジュニアーズへと移籍。2020年1月に現役を引退していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhUHhKM1Y0UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 自身初の移籍となったボカ・ジュニアーズでは、リーグ戦で5試合に出場。コパ・リベルタドーレスでも1試合に出場していたが、ハムストリングのケガにも悩まされていた。 そんなデ・ロッシだが、実はアルゼンチンで指導者になるプランがあったとのこと。デ・ロッシを呼び寄せたブルディッソ氏の弟で、ローマ時代のチームメイトでもあるギジェルモ・ブルディッソがアルゼンチン『ソイ・フィエラ』で明かした。 「デ・ロッシは順調にスタートした。彼はケガをするまでの数試合でクオリティを示していた」 「過ちは早期復帰したことだった。なぜなら再びケガをしてしまったからだ」 「選手にとって、彼の年齢で長い間ピッチを離れることは容易ではない。再び自身のクオリティを示さなければならなかった時、彼は厳しいと感じただろう」 「私は彼と会って、ボカについて色々な話をした。彼の計画は、ブエノスアイレスにとどまり、選手やコーチとしてボカとの繋がりを保ち、何かを勝ち取ることだった。それを確信していたと思う」 「イタリアへの帰国は個人的な問題だった。おそらく、家族が当初予定したように彼に同行することができなくなったんだろう」 「もっとやってもらうことがあっただけに、とても残念だったよ」 2020.06.12 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ガゴ、2年前のコパ・リベルタドーレス決勝の事件を振り返る「サッカー史で最も不愉快だった事件のひとつ」

元ボカ・ジュニアーズのMFフェルナンド・ガゴが、異例の事態となった2018年のコパ・リベルタドーレス決勝を振り返った。 その年の決勝戦は、リーベル・プレートとボカ・ジュニアーズによる大会史上初の“スーペル・クラシコ”だった。世界でも指折りの激しいダービマッチは、決勝の舞台ということもありサポーターの熱は普段の何倍にも増していた。 しかしその熱があらぬ方向に向かってしまい、セカンドレグの試合前にボカ・ジュニアーズの選手らを乗せたバスがリーベル・プレートの過激派サポーターの襲撃を受け、数名の選手が体調不良を訴える事態となった。 そして、安全面を考慮した結果、セカンドレグはレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われることに。当試合は4000人もの警備隊が出動する厳戒態勢で行われた。 ガゴはバス襲撃の際にケガを負ってしまった選手の1人。バス内に投げつけられた化学物質によってアレルギーに侵され、炎症を抑えるためコルチコステロイドによる治療を強いられることになった。だが、コルチコステロイドはドーピング検査で陽性を引き起こす可能性のある医療薬で、スポーツ界では使用が禁止または制限されている。 それでもガゴは『Fox Sport』のインタビューで「生きることを選んだ」とコメント。そして、この事件がサッカー界で最も凄惨な事件のひとつだったと当時を振り返った。 「僕の身に起こったことは、サッカー史で最も深刻な事件に数えられる。間違いなくね」 「本当にクレイジーだった。あんな事が起こるなんて誰が予想できる? 僕たちは社会的に大切なことをあの事件から学ばなければならない」 なお、セカンドレグに出場したガゴの奮闘も虚しく、ボカは破れリーベル・プレートがその年の南米王者に輝いた。その後、同選手は右アキレス腱裂傷の重傷を負い、治療に専念するためボカとの契約を解除。昨年7月に母国のベレス・サルスフィエルドに入団した。 2020.05.05 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンのシーズンが全て終了…サッカー協会会長が明言、再開は政府の許可待ち

アルゼンチンサッカー協会(AFA)のクラウディオ・タピア会長が、シーズン終了を宣言した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が世界中に広がる中、サッカー活動はほとんどの国で停止されている。 先日は、オランダ政府が大規模イベントの再開を9月1日まで延期したことにより、エールディビジがシーズンを途中で終了。それ以前にも、ベルギーのジュピラー・プロ・リーグがシーズンを残したまま終了していた。 そんな中、タピア会長はアルゼンチン『TNT Sports』の取材に応じ、今シーズンの終了を発表した。 「今週火曜日の実行委員会の会議で、2019-20シーズンは終了し、コパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナのみ開催される。スーパーリーグとアルゼンチンカップは、保健省が許可した場合に開催される。また、2019-20シーズン、2020-21シーズンの降格はない」 「我々は決断を下さなければならない。1つはリーグを終了し、カップ戦のランキングを決めること。もう1つはコパ・スーペルリーガとアルゼンチンカップを開催される場所を維持することだ。これは健康面でチャンスが訪れた時に行われる」 政府の許可が出た場合に再開を検討すると語ったタピア会長だが、再開を急ぐつもりはないようだ。 「我々は政府が高じる措置を尊重し、それらを遵守しなければならない。サッカーがプレーすることをやめた時、それはアルゼンチンのサッカー指導者の決定によるのではなく、保健大臣の決定によるものだ」 「人々が最初に来る。急いで蹴ってし、感染が拡大したら、3月10日、11日に戻り、白紙に戻る。我々は皆、サッカーが戻ってきてほしいと思っているが、待つ必要がある」 なお、2019-20シーズンはボカ・ジュニアーズの優勝が決定していた。また、アルゼンチンでは新型コロナウイルスの感染者は3990人、死者は197人と発表されている。 2020.04.28 09:50 Tue
twitterfacebook
thumb

D・アウベスがボカへ? アルゼンチンでの引退は「悪くないアイデア」

サンパウロに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベス(36)がボカ・ジュニアーズ移籍の可能性を匂わせた。 バイーア、セビージャ、バルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)を経て、2019年8月にサンパウロ入りしたD・アウベス。今年5月の誕生日で37歳になるが、本職の右サイドバックだけでなく、持ち前の攻撃性能を生かしてトップ下でプレーするなど、その存在感をより高めている。 サンパウロとの契約を2022年12月まで残しているD・アウベスは自らのインスタグラムのライブ機能を用いたインタビューで、アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズで引退する可能性を次のようにほのめかしている。 「ボカでキャリアを終えるのは悪くないアイデアだね。それは確かさ。人々は僕のボカに対する愛を知っているはずだ」 「そういう思いがあるのは人々がボカを称賛しているからというわけじゃない。僕と彼らに同一視する何かを感じる」 「僕が(2008年夏にセビージャから)バルセロナに行ったときのようにね」 2020.04.26 12:10 Sun
twitterfacebook