敵でもデ・ロッシは敬意を払うべき男! ラツィオのウルトラスが宿敵に別れのメッセージ2019.05.21 17:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオのクルヴァ・ノルド(ウルトラス)が、今シーズン限りでローマを退団する元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシに向けて別れのメッセージを送った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。共に永遠の都ローマに本拠地を置くローマとラツィオのライバル関係はイタリアでも屈指のものだ。その中でローマ生え抜きのデ・ロッシは、過去の“デルビー・デッラ・カピターレ”で幾度となく退場沙汰を起こすなど、ラツィオにとって宿敵とも言えるプレーヤーの筆頭だ。

ラツィオのクルヴァ・ノルドに陣取る熱狂的なサポーターは、人種差別や地域差別、男女差別など、多くの問題を抱えている一方、ローマっ子ならではの粋を大事にすることでも知られる。

ちょうど、2年前に宿敵のFWフランチェスコ・トッティに引退報道が出た際には「生涯の敵、フランチェスコ・トッティに敬意を表する」と、長年戦ってきたジャロロッシのカピターノに粋なメッセージを送っていた。

そして、20日に行われたセリエA第37節、ボローニャ戦ではローマと共同で使用するスタディオ・オリンピコでのホーム最終戦ということもあり、前述のトッティに倣うかのようにデ・ロッシに向けた以下のようなメッセージを掲げた。

「ノルドはデ・ロッシに敬意を表する。お前は誇り高く、常にピッチ上では簡単に屈しない敵だった。(Curva Nord 12)」

デ・ロッシは先日の退団発表会見で、「デルビーやナポリ、ベルガモ、レッジオ・カラブリアでの激しい戦いは僕に生きている実感を与えてくれた。フットボールはライバル意識、サポート、それに対する誠実さを表すものなんだ。スポーツを通じた友人、ライバルを持つことができたことは本当に嬉しいことだし、自分が相手にとってそう認識されたなら嬉しいよ」と、ライバルたちとの関係に関して言及。

また、直近のデルビーでの敗戦時には「相手の方が優れていた」と素直に認めたコメントが、多くのラツィアーレに好意的に受け止められていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ラニエリ、武藤嘉紀所属のニューカッスル指揮官就任に興味? 過去に長友と岡崎を指導

今シーズン限りでローマを退任したクラウディオ・ラニエリ氏(67)が、日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルの新指揮官就任に興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ラニエリ氏は今年3月、成績不振を受けて解任されたエウゼビオ・ディ・フランチェスコ前監督の後任として、今季終了までの契約で8年ぶりにローマの指揮官に就任。シーズン終盤までチャンピオンズリーグ(CL)出場争いを繰り広げたが、圏外の6位フィニッシュに終わっていた。 そのラニエリ氏は、イングランドへの復帰を希望しており、24日に契約満了が発表されたスペイン人指揮官のラファエル・ベニテス監督の後任に関心。ただ、フェイエノールトを今シーズン限りで退任した元オランダ代表のジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト氏(43)もベニテスの後継ぎに興味を示しているようだ。 インテル時代にはガラタサライの日本代表DF長友佑都と共闘し、レスター・シティ時代には同国代表FW岡崎慎司と共にクラブ史上初のプレミアリーグ優勝を経験するなど、日本人選手との関わりのあるラニエリ氏だが、来シーズンは武藤と共にニューカッスルで戦うことになるのだろうか。 2019.06.26 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、金銭+選手でジェコ獲得に合意到達か

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)のインテル移籍が近づいているようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 ジェコはヴォルフスブルクやマンチェスター・シティで活躍後、2015-16シーズンにローマへレンタル移籍。その後16-17シーズンから完全移籍で加入し、同年度にはリーグ戦29得点を挙げセリエA得点王に輝いた。今シーズンはリーグ戦で33試合9得点という成績を残している。 新指揮官にアントニオ・コンテ監督の就任が決まったインテルは、同監督がチェルシー時代にも獲得に興味を示していたジェコの獲得に着手していた。しかし、金銭面で折り合いがつかず、交渉は停滞していたとされる。 だが、今回、インテルは金銭+選手のオファーでそのギャップを埋めた模様。1000万ユーロ(約12億2000万円)+有望株のU-19イタリア代表FWエドアルド・ヴェルガーニ(18)譲渡で合意したようだ。 ヴェルガーニはモンツァのユースから2014年にインテルのユースに加入。世代別のチームではエースとして活躍してきた。世代別のイタリア代表にも招集され続け、U-17イタリア代表としては2018年に行われたU-17欧州選手権に出場。大会4ゴールを記録しチームを決勝に導くと、惜しくも準優勝に終わったが、大会得点王にも輝いていた。 2019.06.26 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、新SDにペトラーキ氏就任! トリノから引き抜き

ローマは25日、ジャンルカ・ペトラーキ氏(50)がスポーツ・ディレクター(SD)に就任することを発表した。契約期間は7月1日から2022年6月30日までの3年となる。 ローマでは今年3月にモンチ氏が退任し、その後釜を担っていたフレデリック・マッサーラ氏(51)もミランの新SD就任に伴い、退任していた。 その中で新たなSDに任命されたのは、直近までトリノで同職を務めていたペトラーキ氏となった。 現役時代にヴェネツィアやアンコナ、クレモネーゼなどプロヴィンチャを渡り歩き、ペルージャ時代には元日本代表MF中田英寿とも共演していたペトラーキ氏は、現役引退後にアンコナでチームマネージャー、ピサでSD職を歴任。 その後、2009年にトリノの新SDに就任すると、DFダニーロ・ダンブロージオやMFブルーノ・ペレス、DFマッテオ・ダルミアン、DFカミル・グリク、FWアンドレア・ベロッティらを発掘。さらに、FWチーロ・インモービレの高額な売却オペレーションを主導するなど、セリエA屈指の敏腕SDとの評価を確立していた。 そして、イタリア屈指の敏腕SDは、フランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシと2人のレジェンドがクラブを去り、前シャフタールのパウロ・フォンセカ新監督を迎えた混迷極める首都チームの立て直しという難しいタスクに挑戦する。 2019.06.25 23:49 Tue
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィに中国からの誘い

ローマのイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)に上海申花からオファーが届いているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、同年7月にローマへ完全移籍したエル・シャーラウィ。レンタル期間中だった2015-16シーズン後半は、セリエA16試合で8ゴール2アシストとロマニスタに好印象を与えたが、現在に至るまでローマの攻撃を牽引するまでには及んでいない。 契約が残り1年となっている同選手は、ローマに対し年俸アップの新契約を求めていると伝えられているがローマは売却候補と考えている模様。一説ではフィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ獲得のために譲渡するのではないかという話もある。 そんなエル・シャーラウィに中国の上海申花がオファーを出している模様。年俸1200万ユーロ(約14億6000万円)という好条件だが、ローマは移籍金に2000万ユーロ(約24億4000万円)を要求している模様だ。 2019.06.25 14:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカもロサンゼルスもなし!? デ・ロッシ、セリエAでの現役続行を決断か

今シーズン限りでローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)が、セリエAでプレーし続けることを望んでいるようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 ローマとの契約が満了し、現役続行の意向からスタッフ入りを断り、愛するクラブからの退団を決断したデ・ロッシ。新天地に関しては、ボカ・ジュニアーズ、ロサンゼルスFCなど海外からの関心報道が浮上していた。 両クラブに関しては、加入合意の報道も伝えられていた。ボカはローマの元同僚DFニコラ・ブルディッソ氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクラブ。先日にはボカの本拠地であるブエノスアイレス市内で、デ・ロッシが子供の通う学校を探しているとも報じられた。 一方、ロサンゼルスFCに関しては、イギリス生まれの同選手の妻が、英語圏での生活を望んでおり、MLSでのプレーに関心を示していた夫に対して、アメリカ行きを勧めているとのことだった。 しかし、伝えられるところによれば、デ・ロッシはこの休暇中にセリエAでの現役続行を決断。今週の木曜日から代理人と共に新天地探しに動くようだ。その際、同選手が経済面よりも、クラブのプロジェクトや環境面を重視するだろうと見解を示している。 果たしてデ・ロッシは来シーズン、どこのユニフォームを身にまとい、セリエAのピッチに立っているのだろうか。 2019.06.24 12:25 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース