久保建英に続くか…日本の新たな至宝FW西川潤に海外クラブが関心!

2020.04.13 19:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪のU-20日本代表FW西川潤(18)に海外移籍の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。

昨年、特別指定選手ながらルヴァンカップのヴィッセル神戸戦でプロデビューを果たした西川。背番号「10」を背負い参戦したU-17ワールドカップでは、3試合で2ゴール2アシストの成績を収め、決勝トーナメント進出に貢献した。

昨年からバルセロナからの関心が取り沙汰されていたが、徐々に他のクラブも西川の存在に気付き始めた模様。『カルチョメルカート』によると、ライプツィヒとレバークーゼンが興味を示しているようで、なかでもライプツィヒを含む『レッドブル・グループ』のスポーツ部門兼サッカー開発部門を統括するラルフ・ラングニック氏が直々に西川を獲得リストに加えたと言われている。

同氏は2015年に、当時セレッソ大阪に在籍していた日本代表MF南野拓実の才能を察知し、ザルツブルク移籍を扇動した人物だ。

現在、ラングニック氏は来季からミラン指揮官就任の憶測が飛び交っており、仮に既報通りになった場合、西川がミランへ移籍する可能性もあると同メディアは推測している。


関連ニュース
thumb

C大阪GKダン・バン・ラムが左肩関節脱臼で全治4カ月…トレーニング中に負傷

セレッソ大阪は20日、GKダン・バン・ラムの負傷を報告した。 ダン・バン・ラムは13日に行われたトレーニング中に負傷。その後の検査で左肩関節脱臼の全治4カ月という診断結果を受けたという。 ベトナム代表選手でもあるダン・バン・ラムは今季からC大阪でプレー。天皇杯とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の1試合ずつ出場していた。 2021.09.20 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和が6戦無敗で3位争いにしがみつく! C大阪とのルヴァン準決の前哨戦制す【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節の1試合が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和レッズが2-0でセレッソ大阪を下した。 ここ5試合負け知らずで3位争いに食い込む6位の浦和は前節から1選手を変更するにとどめ、キャスパー・ユンカーは2試合連続でベンチスタート。伊藤の代わりに平野が先発入りした。前節に3試合ぶりの黒星を喫した12位のC大阪はミッドウィークのACLでもラウンド16敗退。リバウンドメンタリティが求められるなか、坂元や原川がサブに回り、西川と加藤の2トップでスタートした。 この先のルヴァンカップ準決勝で相対する両雄にとって、前哨戦にもなる一戦は序盤からホームチームがピッチの縦と横をしっかり使った攻めで主導権を握ると、10分にスコアを動かす。平野からのボールを敵陣ハーフウェイライン右で受けた関根が前線中央に鋭いパスを出すと、小泉がスルー。加速したままボールを受けた江坂がボックス中央に抜け、冷静に右足でネットを揺らした。 見事な攻撃を江坂がしっかりと仕上げ、幸先よく先取した浦和は平野のボール奪取から13分にも小泉が右サイドから左足クロスを上げると、ボックス中央の江坂が枠内をとらえるヘッド。GKキム・ジンヒョンの好守に遭うが、ここまで良い流れで試合を進める。ただ、C大阪も徐々に反攻。乾を中心に攻めの迫力を出していったが、浦和の守りを浮足立たせるような場面を作り出せない。 C大阪よりも狙いを持った戦いを披露する浦和は後半から反攻姿勢の相手を尻目にビッグチャンス。47分、相手のビルドアップに前線からプレスをかけると、GKキム・ジンヒョンの瀬古に出そうとした横パスが緩くなり、すかさず反応した関根がボックス右から無人のゴールマウスをめがけて右足ダイレクトで押し込みにかかる。だが、惜しくも左に逸れ、チャンスを生かし切れない。 後半も押し込む形こそ作るC大阪だが、一向に突破口を見いだせずにいると、浦和が岩波のロングキック一本から追加点。59分、左サイドハーフで先発の汰木が中央にポジションを絞り、後方からのロングフィードに反応すると、相手最終ラインのスペースで巧みな右足タッチでボールを収める。松田陸と西尾の後追いもあったが、体勢を崩しながら右足で相手GKの股下を射抜いた。 2点を追いかけるC大阪は62分に乾、加藤、西川、山田を諦め、中島、タガート、大久保、坂元を一挙に投入。さらに、77分に最後のカードで奥埜の代わりに原川を送り込むが、伊藤、ユンカー、大久保、田中を立て続けに投入して、攻守に卒なしの浦和が82分にもロングカウンターから田中が最終ラインを完全に抜け出して相手GKとの一対一を迎えるなど、チャンスを多く作り出す。 87分にもセットプレー崩れから伊藤の決定的なヘディングシュートでゴールに迫った浦和は最後まで攻守にC大阪を圧倒して、2連勝の6試合負けなし。勝ち点を「51」まで伸ばして、3位争いにしがみついた。一方のC大阪は今季3度目の2連敗。2試合連続の完封負けという結果に終わっている。 浦和レッズ 2-0 セレッソ大阪 【浦和】 江坂任(前10) 汰木康也(後14) 2021.09.18 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、浦項の前に敗れベスト16敗退…日本勢は名古屋のみに《ACL2021》

15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のセレッソ大阪vs浦項スティーラーズが行われ、0-1で浦項が勝利を収めた。 レヴィ・クルピ監督の下、グループステージでは無敗で首位通過を果たしたC大阪。今夏10年ぶりに復帰したMF乾貴士が先発出場。11年ぶりのベスト8進出を懸けて臨んだ。 対する浦項は名古屋グランパスと同居。2位通過でベスト16に進出している。2014年のACLではグループステージした両者。当時は浦項の1勝1分けだったが、C大阪は初めて勝てるだろうか。 立ち上がりからアグレッシブに試合に入ったのは浦項。強度の強いプレスト切り替えの早いサッカーを見せる。 C大阪はビルドアップを試みるが、なかなか上手くボールを回せず。アダム・タガートにも良いボールがなかなか入らない。 そんな中徐々に浦項がペースを握り、C大阪が受けるような展開に。すると14分、左サイドを仕掛けると、クヴェシッチのパスを最後はシン・ジンホがボックス手前から強烈なシュート。しかし、これはなんとかブロックする。 すると25分、浦項はシン・ジンホが右CKを得るとクロスをニアサイドでチョン・ミングァンがフリック。丸橋祐介がクリアに行くも、イ・スンモが先に触り、浦項が先制する。 先制を許したC大阪だったが、28分に左サイドから展開すると、乾からのパスを受け右サイドがオーバーラップした松田がボックス内で受け、そのままシュート。しかし、GKがセーブ。これの流れから最後は松田がボックス手前からクロスを送ると、アダム・タガートがヘッド。しかし、右ポストに嫌われる。 浦項は1点をリードして迎えた後半。浦項は変わらずにプレスをかけていく。一方で、C大阪は後方ではボールを回せるものの、前線には良いボールを供給できず。攻撃がうまく完結しない。 それでも61分にはC大阪がビッグチャンス。ボックス内でこぼれ球を藤田が拾うと、フリーでシュート。しかし、タイミングが遅れたことでシュートはブロックされてしまい、決定機を生かせない。 そのC大阪だが、64分には大ピンチ。GKからのロングフィードが裏に抜けると、GKキム・ジンヒョンがボックスを飛び出しクリア。しかし、これが相手に渡ってしまうと、最後はイ・スンモがボックス手前から無人のゴールへシュート。ゴールかと思われたが、鳥海がなんとか身体を張ってブロックし、得点を許さない。 攻撃が上手くいかないC大阪は、アダム・タガート、奥埜博亮を下げて、西川潤と加藤陸次樹を投入。75分には、原川力を下げて大久保嘉人を入れる。 なかなか前線でアグレッシブなプレーが出なかったが、大久保の投入で活性化。78分にはボックス手前右から大久保がクロスを入れると、加藤がダイビングヘッド。しかし、これは枠を外れる。 89分にはビッグチャンス。右サイドを仕掛けると中島がボックス手前からクロスも相手がクリア。こぼれ球を拾って繋ぐと、右サイドから松田がクロス。これをボックス中央で相手がクリアするも、ボールはゴールへ。しかし、枠をわずかに外れる。 さらに、その流れからの左CKから乾がニアサイドへボールを送ると、相手のクリアミスを鳥海が詰めたが、これも枠には飛ばない。 終盤にかけてなんとか攻め手を見出すと、アディショナルタイム3分にはボックス内でキープした西川が反転して得意の左足でシュートも、枠を外しタイムアップ。最後までゴールは遠く、C大阪は0-1で敗れ、ベスト16で敗退した。 14日には名古屋グランパスが大邱FCを4-2で下したものの、川崎フロンターレは蔚山現代にPK戦で敗れ、日本勢は名古屋のみとなった。 セレッソ大阪 0-1 浦項スティーラーズ 【浦項】 イ・スンモ(前25) 2021.09.15 20:12 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:C大阪vs札幌】異例となる中2日の再戦、今度はどっちが勝つ?

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月11日(土) 18:00キックオフ セレッソ大阪(11位/36pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(12位/36pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆3日前の再現を【セレッソ大阪】 中断期間でありながら、未消化のリーグ戦を戦ったC大阪。8日に行われたのもまさかの札幌戦で、0-3とアウェイで完勝を収めた。 前回対戦から日が空いてないだけに、何かを大きく変えることは難しい。移動を考えれば回復にしか時間を割けない日程。ただ、3-0と結果を残して帰ってきたC大阪には大きなアドバンテージがあるだろう。 特に守備の部分ではピッチを広く使う札幌に対し、しっかりと前からプレスをかけて制限をかけ、コンパクトに保つことで札幌の良さを消した。この点は、しっかりと継続していきたいところ。相手の出方が変わっても有効と言える。 一方で、攻撃面ではカウンターで得点を重ねた前節を考えれば、しっかりとチームとしてつないで崩すという戦い方にはこだわりたい。その点は札幌のプレスに阻まれることもあり、一歩間違えばハマって逆のスコアにもなる可能性はある。 ポイントはスペースをどう使うか。先手を取った方が優位に試合を進めることは間違いない。前線の連係にも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、チアゴ、瀬古歩夢、小池裕太 MF:坂元達裕、喜田陽、原川力、乾貴士 FW:大久保嘉人、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 ◆3日前の戦いの修正はできたか【北海道コンサドーレ札幌】 前述の通り、3日に対戦した相手との対戦。0-3で完敗を喫しただけに、この一戦で修正を図りたいところだ。 しかし、時間はほとんどなく、ポイントを絞っての修正になることは間違いない。特に前節の失点はセットプレーとミスからのもの。チームとして全く機能していなかったわけでもなく、勝機はある。 明らかに選手層が薄い3バックも、中心であった福森晃斗がヒザの負傷で離脱中。人のやりくりが重要となるが、正直そこを突かれて連敗を喫しているとも言える。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の対策は気になるところだ。 また、攻撃面もチャンスを決めきれていれば、結果が変わるという試合が多く、いかに効率よくゴールを奪うことができるか。リベンジに燃える気持ちをしっかりと結果で示したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、高嶺朋樹 MF:金子拓郎、駒井善成、荒野拓馬、ルーカス・フェルナンデス MF:小柏剛、青木亮太 FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.09.11 15:33 Sat
twitterfacebook
thumb

大久保のダメ押しゴールでC大阪が札幌に快勝! 3日後に再戦へ【明治安田J1第19節】

8日、明治安田生命J1リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌vsセレッソ大阪が札幌厚別公園競技場で行われ、0-3でC大阪が勝利した。 C大阪のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)ノックアウトステージ進出に伴い、開催が延期されていた一戦。順位表で並んでいる両クラブによるこの一戦は、11位の札幌が勝利すると12位のC大阪を勝ち点差6に突き放し、反対にC大阪が勝利すると得失点差により札幌を追い越すことができる重要なもの。 この試合にYBCルヴァンカップから中2日で挑む両クラブ。ホームの札幌は前回のリーグ戦からスタメンを2名変更。1日のルヴァンカップ準々決勝第1戦のFC東京戦のキックオフを前に急遽ベンチ外となったチャナティップに加え、5日の第2戦で前半途中交代となった福森がメンバー外。準々決勝の両試合で先発起用されたジェイがベンチスタートとなっており、ワントップを小柏が務める。 一方のC大阪は、大阪ダービー3連戦を2勝1敗で勝ち越し。5日のルヴァンカップ準々決勝第2戦では4-0でガンバ大阪に快勝し、準決勝へ駒を進めた。11日にはJ1第28節で札幌との連戦を控え、15日にはACLのラウンド16も予定されている中、前回のリーグ戦からスタメンを3名変更。丸橋の負傷により先発起用となった左サイドバックの小池に加え、2トップの一角に大阪ダービーでもゴールを挙げた山田を起用した。 試合は、両ウイングバックを使って幅広い攻撃を仕掛ける札幌、2トップを起点にアタックエリアを広げていくC大阪という構図で進行。互いにアタッキングサードまでボールを運ぶことはできているものの、強度の高いプレスをかわせず、決定的なチャンスを作り出すことができない。 そんな中、C大阪が積極的なプレスから決定機を作る。21分、右サイドの高い位置で坂本がボールを奪うと、そのこぼれ球を加藤がボックス内で拾いそのままシュート。ここはGK菅野がビッグセーブでしのいだ札幌も、直後の22分に右サイドの高い位置でルーカス・フェルナンデスがボールを奪いチャンス到来。ボックス内でパスを受けた小柏がワントラップしてシュートを放つも、GKキム・ジンヒョンにセーブされた。 徐々にチャンスを作り始めた両チーム。飲水タイム後に攻防が激しくなってくると、38分に札幌の金子が混戦の中でボールをキープしてチャンスメイク。しかし、これはゴールまでは進めない。一方、徐々に流れを奪われつつあったC大阪は、41分に右CKから生じた混戦から西尾がシュートを放つが、GK菅野のゴールライン上でのスーパーセーブによりノーゴール。その後、こぼれ球を再び瀬古が押し込もうとするも、ゴールポストに阻まれゴールとはならない。 ゴールレスで折り返すかと思われた前半アディショナルタイム1分、C大阪がついに均衡を破る。札幌の大きなクリアボールを松田陸がダイレクトでセンターサークル付近から左ワイドの原川へ送ると、フリーで受けた原川が左足でセンタリング。このボールをゴール前の藤田が打点の高いヘディングでゴール右へ押し込み、アウェイチームが待望の先制点を挙げた。 C大阪のリードで折り返した試合は、後半開始から両チームのベンチが動く展開となる。ビハインドの札幌は、後半開始から菅に代えてこの日がJリーグデビューとなるミラン・トゥチッチを投入。一方のC大阪も、乾と松田力を投入して追加点を狙う。 すると、早速C大阪の采配が的中することとなる。51分、原川の巻いて入ってくる左CKを投入直後の松田力がニアで合わせヘディングシュート。ゴールへ向かって行くボールをGK菅野が触りはしたものの、弾き切ることができずにゴールイン。松田力の公式戦2戦連発で、C大阪が札幌を突き放す。 まずは1点を返したい札幌は、小柏に代えて長身のジェイを投入。するとジェイをターゲットとする攻撃が増加。63分に駒井の右サイドからのクロスにヘディング、72分には左サイドの高嶺のクロスにまたもヘディングで合わせるもポスト直撃と、得点の匂いを窺わせる。 しかしながらゴールへ繋がらない札幌に対し、C大阪は後半途中投入の大ベテランが試合を決定づけた。88分にスローインから左サイドでボールを受けた西川が、ドリブルで駆け上がりグラウンダーのクロスを上げる。これは札幌DFにカットされたものの、乾がボックス内で拾い後ろにいた大久保へボールを下げると、大ベテランが相手のスライディングをかわしてボックス内中央からシュートを放つ。狙い済まされたシュートがゴール右に決まり、C大阪が試合を決定づけた。 その後、C大阪が最後までゴールを割らせることなく試合終了。悪い流れを断ち切ることができなかった札幌は、リーグ戦4戦未勝利で公式戦連敗。一方、重要な一戦を制したC大阪は、得失点差により札幌を抑えて11位に浮上した。 北海道コンサドーレ札幌 0-3 セレッソ大阪 【C大阪】 藤田直之(前46) 松田力(後6) 大久保嘉人(後43) 2021.09.08 21:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly