レアル、バルサ、アトレティコを指揮したアンティッチ氏が71歳で死去

2020.04.07 05:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルビア人指揮官のラドミール・アンティッチ氏が6日、71歳で死去した。アトレティコ・マドリーが発表している。レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの3クラブを指揮した唯一の指揮官として知られるアンティッチ氏は、スペイン『アス』によると膵炎によって亡くなったとのことだ。

現役時代にパルチザンやフェネルバフチェ、サラゴサにルートン・タウンでDFとしてプレーしたアンティッチ氏は指導者転向後はサラゴサやレアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、オビエド、バルセロナ、セルタ、セルビア代表、山東魯能、河北華夏で指揮を執っていた。

アトレティコ時代の1995-96シーズンにはラ・リーガとコパ・デル・レイの2冠を達成していた。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム復帰のベイルがレアルでの7年間を振り返る「人として成長しなければならなかった」

トッテナムへとレンタル移籍で復帰したウェールズ代表FWガレス・ベイルが、古巣であるレアル・マドリーでの経験を振り返った。 ベイルは19日、古巣であるトッテナムへ1年間のレンタル移籍で加入。7年ぶりの古巣復帰を果たした。20日に行われたプレミアリーグ第2節のサウサンプトン戦ではメンバー入りできなかったが、27日のニューカッスル戦では再デビューが期待されている。 2013年9月にトッテナムからマドリーへ完全移籍で加入したベイルは、公式戦251試合に出場し105ゴール68アシストを記録。ラ・リーガで2度、チャンピオンズリーグで4度優勝を経験するも、近年はケガでの稼働率の低さに加え、趣味であるゴルフに興じることなどピッチ外でも問題を抱えていた。 イギリス『スカイ・スポーツ』でマドリーでの7年間について振り返ったベイルは「後悔はしていない」とマドリー移籍についてコメント。様々な問題があったものの、サッカーをしただけだと語り、人として成長したと振り返った。 「僕はただサッカーをしただけだ。僕にできることはそれだけだし、それ以外の全てのこと、外部から言われることは僕にはコントロールできない」 「僕が言ったように、自分がしてきたことは後悔していない。誰かが言ったことは全て、彼ら次第ということもだ。僕自身は自分の考えをわかっているし、僕の家族が僕が何であるかを正確に知っている。それが、僕がやきもきしたことだ」 「明らかに異なる文化、異なる国に行き、僕は人として成長しなければならなかった。サッカー選手ということは気にしていなかった」 「自分がいる状況にどう対処するかを学ぶだけだ。明らかに、僕は大きなプレッシャーがかかる状況にあった。スタジアムでピッチに立ち、口笛を吹く人たちと接していた」 「そういったことに対処する方法を学んだところだ。真剣に受け止めず、思いやりすぎないことだ。それで上手くいく」 「プレーするのが好きで、自分のベストを尽くす必要があり、時にはそれができる全てのことだ。それがサッカーだよ」 2020.09.25 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

華麗なるワンタッチパスの応酬…!美しすぎるパス回しからカゼミロが決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗なるワンタッチパスの連続!カゼミロが決めたチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2UURTV1B3ciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンパウロでのデビューを経て、レアル・マドリーに引き抜かれたカゼミロは、ポルトでの活躍を経て2015年からファーストチームに定着すると、マドリーの中盤で欠かせない存在となっている。 世界トップレベルの選手が集まるマドリーで存在感を示し続けるカゼミロだが、2018年2月21日に行われた、ラ・リーガ第16節のレガネス戦では美しい連携から見事なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた29分、楔のパスを受けたFWカリム・ベンゼマが、敵陣中央でカゼミロと縦のワンツー。折り返しを受けたベンゼマがFWルーカス・バスケスにパスを送ると、バスケスがこれをさらにダイレクトでボックス内へスルーパスを出す。 裏へ走っていたカゼミロはこれをフリーで受け取ると、ゴール左に冷静に流し込み、美しい連携から見事なゴールを決めてみせた。 これで勝ち越しに成功したマドリーは、さらに追加点を奪い、3-1で勝利している。 2020.09.25 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ジダンの絶妙スルーパスとロナウドの個人技!銀河系軍団の2人で決めたゴール【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はレアル・マドリー指揮官の元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が現役時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ジダンがロナウドに出した絶妙スルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2MDd4aUVQUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌやボルドーでのプレーを経て、ユベントスでブレイクを果たしたジダン氏。2001年には、当時“銀河系軍団”と言われたレアル・マドリーに引き抜かれた。 エレガントなプレーで観客を魅了したジダン氏だが、2004年1月18日に行われた、ラ・リーガ第20節、レアル・ベティス戦では、美しいアシストを記録している。 0-1とベティスにリードを許して迎えた64分、ピッチ中央付近でボールを持ったジダンは、裏へ動き出したFWロナウドに絶妙のスルーパスを出す。オフサイドラインギリギリの完璧なタイミングでパスを受けたロナウドは、完全にフリーでGKと1vs1に。ロナウドはGKもシザースフェイントで華麗にかわすと、無人のゴールにシュートを流し込み、同点に追いついた。 これで1-1としたマドリー。試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 2020.09.24 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

連続ワンツーでユベントスディフェンスを翻弄!マルセロが決めた流れるような連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルセロが華麗な連続ワンツーから決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKaXlmMFU1SCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フルミネンセでプロデビュー後、2007年1月に若くしてマドリーに引き抜かれたマルセロ。攻撃的なサイドバックとして存在感を示し、今なお世界屈指のサイドバックとして君臨している。 そんなマルセロの強みと言えばDFとは思えないセンスを活かした攻撃参加だが、2018年4月3日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝、ユベントスとの1stレグでは、攻撃陣顔負けの見事な連携プレーからゴールを決めている。 2-0とアウェイのマドリーがリードして迎えた72分、左サイドを攻め上がり高い位置でボールを持ったマルセロ。するとボックス内へ動き出したMFイスコと見事なワンツーで中央へ侵入し、相手に囲まれながらも、中央のFWクリスティアーノ・ロナウドとさらに華麗なワンツー。 絶妙なタイミングで出されたリターンパスをGKの前でフリーで受けると、一度はシュートをブロックされながらもしっかりと決め、華麗な崩しから見事なゴールを決めた。 これでリードをさらに広げたマドリーは、3-0とし、アウェイで先勝している。 2020.09.23 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

当代最高のパサー! 冷静沈着なドイツ製最高傑作”メトロノーム”、トニ・クロース【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロース(30)だ。 <div id="cws_ad">◆トニ・クロース、レアル・マドリーでのプレー&ゴール集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEQlNWNEFKdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 機械のように精密なパス、天才的な判断力を有しているクロースは、2007年9月に行われたブンデスリーガのエネルギー・コットブス戦でバイエルンのファーストチームデビューを飾り、眩い輝きを放つ。当時17歳だったクロースは、様子見のため81分からの途中投入で登場すると、2アシストを記録。わずか18分間で自身の才能をアピールした。 そして、クロースは2014年夏に、現在のクラブであるレアル・マドリーに推定移籍金2500万ユーロ(約32億8000万円)で移籍。入れ替わるようにバイエルンへ移籍した元スペイン代表MFシャビ・アロンソと同じ中盤の底のポジションでレギュラーに定着し、より一層能力に磨きがかかると、移籍初年度の2014-15シーズンを通して平均92%のパス成功率をマークした。また、2016年1月のバレンシア戦では驚異のパス成功率100%を達成。精密なパスでリズムを刻むことから“メトロノーム”とも呼ばれ、チームの調律にかかせない選手となっている。 ある意味人間味の感じられないプレースタイルから、ややクールで冷徹なイメージも持たれがちなクロースだが、ジョークを言うときは振り切れている。2014年のブラジル・ワールドカップで優勝を果たしたドイツ代表の中心メンバーでもあるクロースは、準決勝のブラジル代表戦でも2ゴールと活躍。最終的に7-1となったスコアはブラジル人にとっては悲痛な記憶となっているであろうことは想像に難くない。 常人ならば、ブラジル人の前では触れるのもはばかられる話題だが、クロースは全世界に向けて渾身のネタを繰り出していく。2017年1月1日に、新年を祝う画像をツイッター上に投稿。その画像の中で「2017」と表記されるべき部分の、「1」にブラジル国旗を、「7」にドイツ国旗を配置してしまったのだ。その後、チームメイトのブラジル代表DFマルセロから「いつだって敬意を!」と反応されるなど“お叱り”を受け、「ジョークだった」と釈明していた。 そのほか、ウェールズ代表FWガレス・ベイルもユーロ2016出場前に「君たちはどうせ(グループリーグの)3試合しかできないだろう」と、クロースから言われたことを暴露。チームメイトの誰かと関係が悪化しているという類の報道は出ていないため、そういった言動はジョークとして片が付いているのだろうが、相手の弱い部分を突くのが得意なのはピッチ上だけではないようだ。 2020.09.23 20:00 Wed
twitterfacebook