ジーコ氏が今季のCLの注目クラブは意外なチーム!?「シメオネのアトレティコと…」

2020.04.05 21:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表監督でもあり、現在は鹿島アントラーズでテクニカル・ディレクターを務めるジーコ氏が、今シーズンのチャンピオンズリーグについて語った。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、世界中でサッカー活動が停止しており、チャンピオンズリーグも例外ではない。

そんな中、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンドル・チェフェリン会長は、ラウンド8以降はホーム&アウェイではなく、一発勝負にする可能性にも言及していた。

ジーコ氏は、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで今シーズンのチャンピオンズリーグについてコメント。リバプールを優勝候補にしていたが、現在は違う2チームが優勝候補だと明かした。

「1カ月前には、リバプールがチャンピオンズリーグで1番優勝すると言っていたが、彼らは形を早く崩しすぎ、敗れ去った」

「今は、ディエゴ・シメオネのアトレティコ・マドリーは候補の1つだ。ディフェンディングチャンピオンを倒すと、信念を持って全ての道を進むことができるからだ。マンチェスター・シティとジョゼップ・グアルディオラが最高だと信じている」

「イタリアのチームなら、アタランタを挙げたい。彼らは素晴らしいフットボールをしているし、集団としてとても強い。そして、私は彼らが決勝に到達することを見ることができるだろう」

「彼らを倒すことはとても難しい。マンチェスター・シティもそれを感じたはずだ」

また、気になる監督についても言及。自身も監督を務めていたこともあるが、攻撃サッカーを標榜する監督が好きなようだ。

「私が最近好きな監督は、より攻撃的な試合をプレーし、ゴールを奪い、本当のクオリティの選手とサインしようとする人だ。それは、グアルディオラ、ユルゲン・クロップ、そしてサッリだ」

「他の人は様々な方法で勝利しようとし、私はそういったものも尊重する。監督が代わることもあり、突然同じ選手が一緒にプレーしなくなることもある」
コメント