新型コロナ感染のトルコのレジェンドGKリュシュトゥ氏、集中治療を受けるも状態は回復

2020.04.03 11:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が確認された元トルコ代表GKリュシュトゥ・レチベル(46)に関して、入院先の病院が声明を発表した。トルコ『ファナティック』が伝えた。リュシュトゥは、3月29日に新型コロナウイルスへの感染が疑われ病院へ入院。検査を受けた結果、陽性反応を示したため隔離、治療が行われていた。

リュシュトゥが入院しているアシバデム・マスラク病院は「COVID-19の感染が診断され、3月29日に病院へ入院したリュシュトゥ・レチベルは、隔離と治療を続けています。我々の患者の状態は、日を追うごとに良くなっています」と声明を発表。リュシュトゥが順調に回復していることを明かした。

また、リュシュトゥの妻であるアイシル・レチベルさんも自身のインスタグラム(@isilrecber)で状況を説明した。

「リュシュトゥは現在集中治療を受けており、治療は継続されています。彼の発熱は抑えられています。改善され良好な状態です」

「この病気は突然発症しました。ウイルスは直接肺に達しました。息切れがし、彼はすぐに医師に診断してもらいました。依然として集中治療を受けています」

1988年にプロデビューしたリュシュトゥは、1994年に加入したフェネルバフチェで評価を高めると、契約満了を迎えた2003年にバルセロナへステップアップ。しかし、バルセロナでは言語の壁に悩まされ、わずか4試合の出場にとどまると、翌年にフェネルバフチェへ復帰。その後、2007年に加入したベシクタシュで5シーズンを過ごし、2012年に現役を引退した。

また、1994年にデビューしたトルコ代表では、歴代最多出場となる公式戦124試合に出場。2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)では全試合にフル出場し、チームの3位入賞に大きく貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

フェネルバフチェがアストン・ビラのタンザニア代表FWサマッタを獲得、4年契約を結び今季はレンタルで加入

フェネルバフチェは25日、アストン・ビラのタンザニア代表FWムブワナ・サマッタ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は4年間となり、今シーズンはレンタル移籍での加入となる。 サマッタは、今年1月にヘンクからアストン・ビラへと完全移籍。アストン・ビラではプレミアリーグで14試合に出場し1ゴールを記録していた。 ヘンクでは、公式戦191い出場し76ゴール20アシストを記録。伊東純也とのコンビネーションも見せていた。 サマッタは今回の移籍について、「フェネルバフチェのクラブとしての大きさを知っています。トルコだけでなく、世界でも知られる偉大なクラブです。僕にとって、これは新しく大きな挑戦になるので、そのファミリーに加われて幸せです」とコメントしている。 2020.09.25 20:22 Fri
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがヴォルフスブルクのDRコンゴ代表DFティセランを完全移籍で獲得

フェネルバフチェは15日、DRコンゴ代表DFマルセル・ティセラン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は3年間となり、1年間の延長オプションが付いているとのことだ。 ティセランはモナコの下部組織で育ち、RCランスやトゥールーズなどでプレー。2016年8月にインゴルシュタットへ完全移籍しドイツに活躍の場を移すと、2018年7月にヴォルフスブルクへ完全移籍していた。 キャリアを通じてはリーグ・アンで61試合に出場し1ゴール1アシスト、ブンデスリーガで69試合に出場し2ゴール4アシストを記録。2019-20シーズンはブンデスリーガで15試合に出場し1ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで7試合に出場し1アシストを記録していた。 2020.09.16 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチはセリエAに戻らず、フェネルバフチェと合意報道

現在は無所属となっている元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)だが、新天地はトルコになりそうだ。トルコ『ファナティック』が報じた。 ディナモ・ザグレブやヴォルフスブルク、バイエルン、アトレティコ・マドリーでプレーしたマンジュキッチは、2015年7月にユベントスへ加入。センターフォワードだけでなくウイングのポジションでも起点となる活躍を見せ、公式戦162試合に出場し44ゴール17アシストを記録していた。 しかし、2019-20シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で構想外となり、メンバー外になる状況に。その結果、2020年1月にカタールのアル・ドゥハイルへ完全移籍していた。 スターズ・リーグでは5試合に出場したものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ戦が中断。7月に契約を解除し、フリーとなっていた。 そのマンジュキッチはフィオレンティーナやミランなどセリエAクラブへの加入が既定路線と思われていた中、『ファナティック』によるとフェネルバフチェと合意に達したとのことだ。 フェネルバフチェはコソボ代表FWベダド・ムリキ(26)がラツィオへと移籍。昨季のリーグ戦で15ゴールを挙げたストライカーを手放したことで、新たな点取り屋の獲得に動いていた。 2020.09.16 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、フェネルバフチェの大型FWムリキを獲得

ラツィオは15日、フェネルバフチェのコソボ代表FWべダド・ムリキ(26)の獲得を発表した。契約期間は発表されていない。移籍金は『フットボール・イタリア』によると総額で2000万ユーロ(約25億円)になるとのことだ。 194cmの大型FWであるムリキは、アルバニアのテウタ・ドゥラスでキャリアをスタート。その後はトルコへと渡り、ギレスンスポル、ゲンチレルビルリイ、リゼスポルでプレー。2019年7月にフェネルバフチェへ加入していた。 2019-20シーズンはスュペル・リグで32試合に出場し15ゴール6アシストを記録。スュペル・リグ通算では112試合の出場で37ゴールを挙げていた。 2020.09.16 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、フェネルバフチェとコソボ代表FWムリキ獲得で合意

ラツィオがコソボ代表FWべダッド・ムリキ(26)の獲得でフェネルバフチェと合意に至ったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ムリキは、アルバニアのテウタ・ドゥラスでキャリアをスタート。その後はトルコへと渡り、ギレスンスポル、ゲンチレルビルリイ、リゼスポルでプレー。2019年7月に移籍金350万ユーロ(約4億4000万円)でフェネルバフチェへ加入していた。 2019-20シーズンはスュペル・リグで32試合に出場し15ゴール6アシストを記録し、結果を残していた。 『スカイ・スポーツ』によると、ラツィオとフェネルバフチェは1800万ユーロ(約22億6500万円)の移籍金に加え、200万ユーロ(約2億5000万円)のボーナスで合意したとのことだ。 ムリキは7日にローマでメディカルチェックを受けるとのこと。すでに個人間の合意はしていたものの、フェネルバフチェが移籍金を釣り上げたために遅延していたようだ。 2020.09.06 11:40 Sun
twitterfacebook