トルコ代表歴代最多出場の守護神リュシュトゥ氏が新型コロナウイルスに感染…

2020.03.29 23:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてフェネルバフチェやバルセロナでプレーした元トルコ代表GKリュシュトゥ・レチベル(46)が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染し、入院していることが明らかとなった。

リュシュトゥの妻であるアイシル・レチベルさんは、自身のインスタグラム(@isilrecber)で「主人が新型コロナウイルスで入院している」と報告。

「彼は急に体調を崩してそれらしい症状が出たため、病院で検査を受けた結果、陽性と診断されました。私達はショックを受けています」

「私がここで言いたいことは、人々が意識して感染症対策を心がけるべきということ。私と娘は検査で陰性となっていて、病院で隔離されている主人に会うこともできません。彼と一緒にいられないことはとてもつらいけど、神はきっと我々に微笑んでくれると思っている」

1988年にプロデビューしたリュシュトゥは、1994年に加入したフェネルバフチェで評価を高めると、契約満了を迎えた2003年にバルセロナへステップアップ。しかし、バルセロナでは言語の壁に悩まされ、わずか4試合の出場にとどまると、翌年にフェネルバフチェへ復帰。その後、2007年に加入したベシクタシュで5シーズンを過ごし、2012年に現役を引退した。

また、1994年にデビューしたトルコ代表では、歴代最多出場となる公式戦124試合に出場。2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)では全試合にフル出場し、チームの3位入賞に大きく貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

ディ・マッテオの元右腕、ニュートン氏がトラブゾンスポルの指揮官に就任

トラブゾンスポルは2日、暫定指揮官を務めていたエディ・ニュートン監督(48)の正指揮官就任を発表した。契約期間は明かされていない。 かつてロベルト・ディ・マッテオ氏やフース・ヒディンク氏の右腕としてチェルシーでアシスタントコーチを歴任したニュートン氏は、2020年1月にトラブゾンスポルのアシスタントコーチに就任。 先月20日、成績不振を理由にヒュセイン・チムシル前監督(41)を解任したトラブゾンスポルは、アシスタントコーチを務めていたニュートン監督を暫定指揮官に指名。 すると、同監督はリーグ最終節でチームを3試合ぶりの勝利に導くと、7月29日に行われたトルコカップ決勝でも2-0でアンタルヤスポルを下し、クラブに10年ぶりのタイトルをもたらしていた。 2020.08.03 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

トルコサッカー連盟がスュペル・リグの再開日程を正式発表!

トルコサッカー連盟(TFF)は28日、2019-20シーズンのスュペル・リグを6月12日から再開することを発表した。 トルコではヨーロッパで新型コロナウイルス(COVID-19)が感染拡大を続ける中、3月半ばまでは無観客でのリーグ戦を実施していた。だが、トラブゾンスポルに在籍していた元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが感染拡大を懸念し、契約解除に踏み切るなど選手の健康面を軽視しているとの批判を受け、3月19日付けで中断を決断した。 コロナウイルスの感染が徐々に落ち着きを見せはじめたトルコでは、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が4日に5月から7月にかけて段階的にコロナ対策の制限措置を緩和していくとの正常化計画を発表していた。 TFFの発表によれば、再開後には交代枠を3名から5名に変更するとのこと。なお、準決勝1stまで進んでいるトルコカップの再開も決定しており、準決勝2ndレグは6月16~18日に行われるという。 2020.05.29 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

トルコリーグは6月12日に再開へ!

トルコサッカー連盟(TFF)は6日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により中断中のスュペル・リグを6月中旬に再開する意向を明らかにした。 トルコではヨーロッパでコロナウイルスが感染拡大を続ける中、3月半ばまで無観客でリーグを継続していた。だが、トラブゾンスポルに在籍していた元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが感染拡大を懸念し、契約解除に踏み切るなど選手の健康面を軽視しているとの批判を受け、3月19日付けで中断を決断した。 そこから約1か月半が経過した中、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は4日、5月から7月にかけて段階的にコロナ対策の制限措置を緩和していくとの正常化計画を発表した。 そして、国内の情勢を考慮したTFFは6日、6月12日からスュペル・リグを含む国内リーグを再開する意向であることを明らかにした。 また、8月初旬にイスタンブールのアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥで開催予定のチャンピオンズリーグ(CL)決勝の開催も問題がないという。 2020.05.06 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

コロナ感染で集中治療を受けていたトルコのレジェンドGKリュシュトゥ氏が退院

新型コロナウイルス(COVID-19)に感染し、集中治療を受けていた元トルコ代表GKリュシュトゥ・レチベル氏(46)が退院した。妻のアイシル・レチベルさんが自身のインスタグラム(@isilrecber)で明かした。 リュシュトゥは、3月29日に新型コロナウイルスへの感染が疑われ病院へ入院。検査を受けた結果、陽性反応を示したため隔離、治療が行われていた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMcWV6cEFSOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 一時は息切れの症状が出ていたリュシュトゥだが、アイシルさんは「なんて美しい日だろうか。11日間の入院と検査結果を受け、私の夫は退院することができた」と喜びを綴った。 1988年にプロデビューしたリュシュトゥは、1994年に加入したフェネルバフチェで評価を高めると、契約満了を迎えた2003年にバルセロナへステップアップ。しかし、バルセロナでは言語の壁に悩まされ、わずか4試合の出場にとどまると、翌年にフェネルバフチェへ復帰。その後、2007年に加入したベシクタシュで5シーズンを過ごし、2012年に現役を引退した。 また、1994年にデビューしたトルコ代表では、歴代最多出場となる公式戦124試合に出場。2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)では全試合にフル出場し、チームの3位入賞に大きく貢献した。 2020.04.07 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

新型コロナ感染のトルコのレジェンドGKリュシュトゥ氏、集中治療を受けるも状態は回復

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が確認された元トルコ代表GKリュシュトゥ・レチベル(46)に関して、入院先の病院が声明を発表した。トルコ『ファナティック』が伝えた。 リュシュトゥは、3月29日に新型コロナウイルスへの感染が疑われ病院へ入院。検査を受けた結果、陽性反応を示したため隔離、治療が行われていた。 リュシュトゥが入院しているアシバデム・マスラク病院は「COVID-19の感染が診断され、3月29日に病院へ入院したリュシュトゥ・レチベルは、隔離と治療を続けています。我々の患者の状態は、日を追うごとに良くなっています」と声明を発表。リュシュトゥが順調に回復していることを明かした。 また、リュシュトゥの妻であるアイシル・レチベルさんも自身のインスタグラム(@isilrecber)で状況を説明した。 「リュシュトゥは現在集中治療を受けており、治療は継続されています。彼の発熱は抑えられています。改善され良好な状態です」 「この病気は突然発症しました。ウイルスは直接肺に達しました。息切れがし、彼はすぐに医師に診断してもらいました。依然として集中治療を受けています」 1988年にプロデビューしたリュシュトゥは、1994年に加入したフェネルバフチェで評価を高めると、契約満了を迎えた2003年にバルセロナへステップアップ。しかし、バルセロナでは言語の壁に悩まされ、わずか4試合の出場にとどまると、翌年にフェネルバフチェへ復帰。その後、2007年に加入したベシクタシュで5シーズンを過ごし、2012年に現役を引退した。 また、1994年にデビューしたトルコ代表では、歴代最多出場となる公式戦124試合に出場。2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)では全試合にフル出場し、チームの3位入賞に大きく貢献した。 2020.04.03 11:55 Fri
twitterfacebook