新型コロナ感染のトルコのレジェンドGKリュシュトゥ氏、集中治療を受けるも状態は回復

2020.04.03 11:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が確認された元トルコ代表GKリュシュトゥ・レチベル(46)に関して、入院先の病院が声明を発表した。トルコ『ファナティック』が伝えた。

リュシュトゥは、3月29日に新型コロナウイルスへの感染が疑われ病院へ入院。検査を受けた結果、陽性反応を示したため隔離、治療が行われていた。

リュシュトゥが入院しているアシバデム・マスラク病院は「COVID-19の感染が診断され、3月29日に病院へ入院したリュシュトゥ・レチベルは、隔離と治療を続けています。我々の患者の状態は、日を追うごとに良くなっています」と声明を発表。リュシュトゥが順調に回復していることを明かした。

また、リュシュトゥの妻であるアイシル・レチベルさんも自身のインスタグラム(@isilrecber)で状況を説明した。

「リュシュトゥは現在集中治療を受けており、治療は継続されています。彼の発熱は抑えられています。改善され良好な状態です」

「この病気は突然発症しました。ウイルスは直接肺に達しました。息切れがし、彼はすぐに医師に診断してもらいました。依然として集中治療を受けています」

1988年にプロデビューしたリュシュトゥは、1994年に加入したフェネルバフチェで評価を高めると、契約満了を迎えた2003年にバルセロナへステップアップ。しかし、バルセロナでは言語の壁に悩まされ、わずか4試合の出場にとどまると、翌年にフェネルバフチェへ復帰。その後、2007年に加入したベシクタシュで5シーズンを過ごし、2012年に現役を引退した。

また、1994年にデビューしたトルコ代表では、歴代最多出場となる公式戦124試合に出場。2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)では全試合にフル出場し、チームの3位入賞に大きく貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

フェネルバフチェがサイドバックを3人同時補強! ベシクタシュの両SBを獲得

フェネルバフチェは6日、トルコ代表DFギョクハン・ギョニュル(35)、元トルコ代表DFジャネル・エルキン(31)とチェコ代表DFフィリップ・ノバク(30)が完全移籍で加入することを発表した。 ギョクハン・ギョニュルはハジェッテペでキャリアをスタート。ゲンチレルビルリイやフェネルバフチェでプレーした後、2016年7月からベシクタシュでプレーしていた。 今シーズンはスュペル・リグで30試合に出場し4ゴール4アシストを記録。トルコ代表としてもこれまで66試合に出場し1ゴールを記録していた。なお、契約期間は1年間で1年間の延長オプションがついている。 エルキンはマニサスポルでキャリアをスタート。その後は、CSKAモスクワやガラタサライ、インテル、ベシクタシュでプレー。2010年7月から2016年7月まではフェネルバフチェでプレーし、4年ぶりの復帰となる。 今シーズンはベシクタシュでスュペル・リグ30試合に出場し3ゴール11アシストを記録。ヨーロッパリーグでも4試合に出場していた。また、トルコ代表として53試合に出場し2ゴールを記録。なお、契約期間は2年間で1年間の延長オプションがついている。 一方のノバクは、チェコのテスコマ・ズリーンでキャリアをスタート。その後、母国のFKバウミト・ヤブロネツやデンマークのミッティランでプレーし、2018年1月からはトラブゾンスポルに所属していた。 今シーズンはスュペル・リグで30試合に出場し7ゴール。ヨーロッパリーグでも3試合に出場していた。また、チェコ代表として23試合で1ゴールを記録。なお、契約期間は3年間となる。 ギョクハン・ギョニュルは右サイドバック、エルキンとノバクは左サイドバックを主戦場としており、トルコでの経験も豊富なサイドバックを一気に3名も補強することとなった。 2020.08.07 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルで出番失うエジル、フェネルバフチェからの誘いを拒否か

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(31)がフェネルバフチェからの誘いを断ったようだ。 ウナイ・エメリ前体制下での不遇を経て、昨年12月から誕生したミケル・アルテタ体制下で出番を増やしたエジル。しかし、新型コロナウイルスによる中断明け後は再び出番がなくなってしまった。 ドイツ『ビルト』によると、そんなエジルに対して、トルコの強豪フェネルバフチェから獲得の打診を受けたが、自らの高給要求が通らなかったため、拒否した模様だ。 なお、エジルはアーセナルから週給39万ユーロ(約4700万円)を受け取っているとされ、残り1年。以前からアーセナルとの現行契約を全うする意向とされ、選手の代理人もそれを示唆している。 2020.07.21 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チリ代表DFイスラがフェネルバフチェとの契約を解除

フェネルバフチェは10日、チリ代表DFマウリシオ・イスラ(31)が双方合意の下で契約を解除したことを発表した。 イスラは2017年7月にカリアリからフェネルバフチェに加入。フェネルバフチェでは公式戦91試合に出場して13アシストと主力として活躍した。今季は3月にシーズンが中断するまで公式戦25試合の出場で3アシストを記録していた。 チリ代表として115試合の出場歴を持つ右サイドバックのイスラはこれまでウディネーゼやユベントス、QPRにマルセイユに在籍していた。 2020.06.11 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ジェズスを巡りイスタンブール・ダービー勃発か!?

ローマに所属するブラジル人DFファン・ジェズス(28)にトルコの2クラブが関心を示しているようだ。トルコ『Fotomac』は報じている。 『Fotomac』が伝えるところによれば、ローマと2021年まで契約を残すファン・ジェズスには、今冬にも関心を示していたガラタサライと、最終ラインの強化を今夏の優先事項に挙げているフェネルバフチェが関心を示しているようだ。 また、ローマも年棒220万ユーロ(約2億8000万円)のファン・ジェズスの活躍に満足しておらず、放出を容認しているという。 2016年にインテルからローマにレンタル移籍で加入したファン・ジェズスは、翌年に完全移籍。ローマでは在籍4シーズンで90試合に出場。しかし、今シーズンは新加入のイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニと、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル加入したイングランド代表DFクリス・スモーリングにポジションを奪われ、セリエA3試合の出場にとどまっていた。 2020.05.29 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

エジル代理人が改めて去就に言及「契約を1年残している点については変わらない」

アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(31)の代理人が選手の契約全うを主張した。イギリス『メトロ』が伝えた。 2013年夏にレアル・マドリーから加わり、アーセナルのチャンスメーカーとしての地位を築くエジル。今シーズンもウナイ・エメリ前監督の下で不遇を味わったが、昨年12月にミケル・アルテタ監督が就任してからは序列が上がり、新体制発足後のプレミアリーグにおいて全試合先発が続け、ここまで公式戦23試合で1ゴール3アシストという成績を残している。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhVlVnMHYwOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> エジルはアーセナルとクラブ史上最高給となる週給35万ポンド(約4800万円)の契約を結んでいるが、その契約は2021年夏に失効する。 エメリ体制時には多くの移籍の噂が挙がっていたが、現在でもエジルにはフェネルバフチェが獲得に興味を示していると言われている中で、代理人のエルクト・ソグト氏が去就について『beIN Sports』に次のように述べた。 「メストには1年間の契約がある。この点に変更はない。次に何が起こるかだが、時間が示してくれるだろう」 「メストはもうすぐ32歳で彼のキャリアはあと数年残されている。メストと彼の家族が決断を下す」 「秘密保持の原則に従って、メストとフェネルバフチェについて話すことはできない」 2020.05.12 17:35 Tue
twitterfacebook