長谷部、鎌田先発のフランクフルトがホームでバーゼルに完敗…《EL》

2020.03.13 05:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは12日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグでバーゼル(スイス)と対戦し、0-3で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠は73分までプレー、MF鎌田大地は78分までプレーした。

2月に行われたラウンド32で日本人MF奥川雅也の所属するザルツブルク(オーストリア)を2戦合計6-3で下したフランクフルトは、直近のレバークーゼン戦からスタメンを3人変更。長谷部と鎌田はリーグ戦に続きスタメンに名を連ねた。



新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止として無観客開催となった試合は、ホームのフランクフルトがやや押し気味に試合を運ぶと8分、ローデがバイタルエリア手前から右足を振り抜いたが、このシュートは枠の左に外れた。

その後は一進一退の展開が続いたが、フランクフルトはセットプレーから失点を許す。27分、ボックス右手前で獲得したFKをカンポが直接ゴールを狙うと、これがゴール右上に突き刺さった。

迎えた後半、1点を追うフランクフルトはソウを下げてパシエンシアを投入。すると57分、右サイドで獲得したFKからコスティッチがクロスを供給すると、ゴール前で競り合ったパシエンシアが頭で合わせたが、これは僅かに枠の上に外れた。

前半同様ポゼッションでバーゼルを上回るフランクフルトは、65分にも鎌田のパスをボックス右で受けたA・トゥーレが、狙いすましたシュートを放ったがこれは右ポストを直撃した。

同点のチャンスを逃したフランクフルトは、一瞬の隙からバーゼルに追加点を許す。73分、GKオムリンのロングフィードが前線のカンポに繋がると、カンポのラストパスを受けた途中出場のブアが冷静にゴールネットを揺らした。

さらに85分にも、F・フライにゴールを許したフランクフルトは、0-3で完敗。19日に敵地で行われる2ndレグでの逆転に向けてはかなり厳しい状況となった。
コメント
関連ニュース
thumb

ELラウンド16・2ndレグのバーゼルvsフランクフルトが新型コロナの影響で開催中止に

スイス司法安全保障省は9日、19日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのバーゼルvsフランクフルトの開催を中止することを発表した。 スイス司法安全保障省は「人々の健康とこれ以上の感染拡大を防止するために試合を開催しない」と発表。なお、無観客でも試合は行わない方針とのことだ。 バーゼルの最高経営責任者であるロランド・ヘリ氏はこの決定を「特別な事態のため、特別な理解が必要」とスイス司法安全保障省の判断に理解を示している。 スイスでは現在、300人ほどが新型コロナウイルスに感染している。 2020.03.10 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

脳の病から復活へ! ファン・ヴォルフスヴィンケルが完全合流

バーゼルに所属する元オランダ代表FWリッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケルが完全復活に前進した。 フィテッセやユトレヒト、スポルティング・リスボン、ノリッジ・シティ、サンテチェンヌ、ベティスを渡り歩き、オランダ代表としての実績も持つファン・ヴォルフスヴィンケル。2019年8月、チャンピオンズリーグ(UCL)の予選3回戦のリンツ(オーストリア)戦で脳震とうを起こすと、その後の検査で脳動脈瘤の症状が見つかり、療養が続いている状況だった。 血管内にコブのようなものでき、それが破裂すると、くも膜下出血を引き起こす可能性があり、最悪の場合、死にも至る危険な病気を患ってしまったファン・ヴォルフスヴィンケルだが、快方に向かっているという。バーゼルは7日、ファン・ヴォルフスヴィンケルがチームの全体練習に励む姿とともに、完全復帰に近づいていることを明らかにした。 ファン・ヴォルフスヴィンケルは2017年夏からスイスの名門バーゼルでプレーしており、通算74試合30得点10アシストをマーク。2018-19シーズンも得点源として、公式戦42試合17得点8アシストの数字を収めている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Guess who&#39;s ? Ricky van Wolfswinkel darf wieder voll trainieren und Ernstkämpfe bestreiten Herzlich willkommen zurück, Ricky <a href="https://twitter.com/hashtag/rickyisback?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#rickyisback</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/z%C3%A4mmestark?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#zämmestark</a> <a href="https://t.co/qq4EbVgxcF">pic.twitter.com/qq4EbVgxcF</a></p>&mdash; FC Basel 1893 (@FCBasel1893) <a href="https://twitter.com/FCBasel1893/status/1225445102203670528?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.02.07 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーランド&南野流出のザルツブルク、19歳スイス代表WGオカフォルを獲得!

ザルツブルクは3日、バーゼルのスイス代表FWノア・オカフォル(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。 左右のウイングでプレーするレフティーのオカフォルは、バーゼルの下部組織出身で2018年5月にプロデビュー。それ以降、バーゼルでは公式戦54試合に出場して7ゴール5アシストを記録。今季はここまで公式戦24試合の出場で3ゴール2アシストを記録していた。また、2019年6月にはスイス代表デビューを飾っていた。 ザルツブルクでは攻撃の核であったFWアーリング・ハーランドがドルトムントへ、MF南野拓実がリバプールへそれぞれ1月に移籍していた。 2020.02.04 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

脳震とうの検査のおかげ…バーゼルの元オランダ代表FWに脳動脈瘤が見つかる

バーゼルの元オランダ代表FWリッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケル(30)が脳動脈瘤と診断されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ファン・ヴォルフスヴィンケルは、8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)の予選3回戦のリンツ(オーストリア)戦に出場。試合中に脳震とうを起こしていた。 試合後、脳震とうの検査を病院で行ったファン・ヴォルフスヴィンケルだったが、その際に脳動脈瘤が発見されたとのことだ。 今回、思わぬところで病気が発覚したファン・ヴォルフスヴィンケルは「脳動脈瘤が発見されたことにとても感謝している」とコメント。偶然ながらも早期発見できたことに感謝した。 「通常、脳動脈瘤は破裂し、他の損傷を引き起こして初めて発見される」 「ドクターは、複数の検査を行い、最終的に僕が脳動脈瘤であることを発見した」 「試合での衝突は脳動脈瘤とは全く関係がない。これは長い間僕の中にあったけど、症状がなかったために存在すら分からなかった」 今回の発見により、ファン・ヴォルフスヴィンケルは少なくとも6カ月間は離脱することになるが、回復するのに時間を設けることはできないと語った。 「少なくとも6カ月間は復帰できないことは明らかだね。当然、復帰する日は、治療後の脳動脈瘤の状態に依存するだろう」 「バーゼルのメディカルチームとバーゼル大学病院のドクターに感謝する」 「今のところ、僕は自分の健康と回復に焦点を当て、僕が最も好きなことをできるだけ早くできるようにするよ。それはサッカーだよ」 ファン・ヴォルフスヴィンケルは、フィテッセの下部組織出身で、2007年7月にトップチームへ昇格。その後、ユトレヒト、スポルティング・リスボン、ノリッジ、サンテチェンヌ、レアル・ベティスでプレー。2016年7月に古巣のフィテッセへ復帰すると、2017年7月からバーゼルでプレーしていた。 2018-19シーズンはスイス・スーパーリーグで32試合に出場し13ゴール6アシストを記録。今シーズンは、リーグ戦で3試合に出場、UCL予選でも3試合に出場し1ゴールを記録していた。 2019.08.16 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

バーゼルがアウェイゴール差でPSV撃破! セルティックやオリンピアコスが順当に3回戦進出《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦2ndレグの7試合が30日に各地で行われた。 2回戦最注目カードのバーゼルvsPSVは、ファン・ヴォルフスヴィンケルの68分に生まれた決勝弾でバーゼルが2-1で競り勝った。この結果、2戦合計スコアを4-4としたバーゼルが、アウェイゴール差で勝ち上がっている。 また、敵地での1stレグをゴールレスドローで終えていたオリンピアコスは、ビクトリア・プルゼニにホームで4-0と快勝。1stレグを5-0と圧勝していたセルティックはノーメ・カリュに2-0で勝利し、連勝で3回戦へ進出している。その他の試合結果は以下の通り。 ◆CL予選2回戦2ndレグ ▽7/30(火) <span style="color:#ff0000">APOEL </span>3-0(AGG:4-0) スティエスカ・ニクシッチ ノーメ・カリュ 0-2(AGG:0-7) <span style="color:#ff0000">セルティック</span> マッカビ・テルアビブ 2-2(AGG:2-3) <span style="color:#ff0000">CFRクルージュ</span> <span style="color:#ff0000">バーゼル</span> 2-1(AGG:4-4) PSV <span style="color:#ff0000">ディナモ・ザグレブ</span> 3-0(AGG:5-0) サブルタロ バレッタ 1-1(AGG:2-4) <span style="color:#ff0000">フェレンツヴァーロシュ</span> <span style="color:#ff0000">オリンピアコス</span> 4-0(AGG:4-0) ビクトリア・プルゼニ ▽7/31(水) HJKヘルシンキ vs ツルヴェナ・ズヴェズダ AIKソルナ vs マリボル カラバフ vs ダンドーク ローゼンボリ vs BATEボリソフ コペンハーゲン vs ザ・ニュー・セインツ 2019.07.31 05:40 Wed
twitterfacebook