聖地アンフィールドで敗退のロバートソン、1stレグ後のコメントがブーメランに…

2020.03.12 13:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16敗退となったリバプールのDFアンドリュー・ロバートソンが1stレグ直後に発したコメントが改めて話題となっている。イギリス『sportbible』が報じている。リバプールは11日、聖地アンフィールドで行われたアトレティコ・マドリーとのCLラウンド16の2ndレグを延長戦の末に2-3で落とし、2戦合計2-4でラウンド16敗退となった。

難攻不落アンフィールドでのまさかの敗戦によってCL連覇の夢が早くも潰えることになったリバプール。これまで多くの奇跡を起こしてきた聖地での敗戦だけにそのショックの大きさは想像に難くない。

とりわけ、敵地で行われた1stレグの敗戦後に、イギリス『BT sport』で自身満々のコメントを残していたスコットランド代表DFにとってはよりショックが残る敗戦となったはずだ。

ロバートソンはDFヴィルヒル・ファン・ダイクと共に『BT sport』のフラッシュインタビューを受けた際、「アトレティコは試合後、まるでラウンドを勝ち抜いたような喜び方を見せていたね。最終的にどうなるか見てみようじゃないか」と、初戦に勝っただけのアトレティコ陣営の反応にチクリ。

さらに、「彼らはアンフィールドに戻ってくる必要がある。僕たちはそこで彼らを待ち構えているよ。そこには僕たちの熱狂的なファンがいて、相手は彼らと対峙する準備はできていないはずだ」と、対戦相手にとっては地獄とも形容されるアンフィールドで委縮する可能性を指摘していた。

しかし、ディエゴ・シメオネ監督を筆頭に肝っ玉の据わったアトレティコは、その難攻不落の要塞で3ゴールを挙げるなど、一歩も引かない見事なメンタリティを示してアンフィールド攻略を果たした。
関連ニュース
thumb

サウール代理人がイングランドへ! 移籍先はユナイテッドorリバプール?

アトレティコ・マドリーからの移籍が囁かれるスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)の代理人が選手の将来を早々に決着させようと、イングランドに飛ぶようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 下部組織時代から過ごすアトレティコで公式戦300試合以上を誇るサウール。2017年7月に2026年までの9年という異例の超長期契約を結び、クラブに絶対なる忠誠を誓った中盤のプレーヤーだが、昨季に絶対的主力の地位が薄れ、今夏の退団が囁かれ始めている。 アトレティコにウディネーゼからアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルが加入したことで、クラブの売却候補に挙がるサウールを巡っては当初こそバルセロナ行きが取り沙汰されたが、次第に沈静化。それに反して、イングランド行きの可能性が熱を帯びる。 そうしたなか、サウールの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はアトレティコから他クラブとの移籍交渉の許可を経て、2日にもイングランド入りへ。移籍先として現時点でマンチェスター・ユナイテッドが有力だが、リバプールも熱望しているとみられる。 そんなバーネット代理人はプレミアリーグとラ・リーガが開幕する8月中旬までの決着を希望。当初こそ1億2500万ポンドの売り値を設定したアトレティコだが、現在の市場価値も考慮して、3500万〜4000万ポンド(約53億3000万〜61億円)程で移籍を認めるという。 2021.08.01 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、守護神アリソンとも延長交渉! アレクサンダー=アーノルドに続くか

リバプールがブラジル代表GKアリソン・ベッカー(28)とも契約延長に向けた交渉に入っているようだ。 新シーズンに向けた調整に励むなかで、30日に右サイドバックとして不動の地位を築くイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとの契約延長を発表したリバプール。だが、2024年6月末まで契約が残る絶対的守護神とも協議中だという。 この先もリバプールでのプレーを望むアリソンは2018年のローマから加入して以降、絶対的守護神に君臨。チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグのタイトルに大きく寄与するなか、公式戦通算130試合の出場で104失点、59回の無失点を記録している。 なお、リバプールは先月14日、バックアッパーを務めるスペイン人GKアドリアンやアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーとの契約延長を発表。アリソンも契約延長となれば、それに続く格好だ。 2021.07.31 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、イングランド代表DFアーノルドとの新契約締結を発表!

リバプールは30日、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(22)との契約を延長したことを発表した。契約期間は長期とだけ明かしているが、イギリス『BBC』は2025年6月30日までと伝えている。 6歳の時にリバプールの下部組織に加わったアーノルドは、2016年夏にトップチーム昇格を果たし、同年10月にデビュー。これまで5シーズンで公式戦179試合に出場し10ゴール44アシストを記録。昨季はプレミアリーグ36試合に出場していた。 契約延長に至ったアーノルドは、クラブの公式サイトで次のように語っている。 「このような機会を与えられて光栄に思うし、クラブから契約延長という信頼を示してもらって、僕は何も迷わなかったよ。リバプールは僕の知っている唯一のクラブなので、この時間を長く延長することは、僕と僕の家族にとって素晴らしいことなんだ」 「ここで新しい契約を結ぶことは僕にとって誇らしいことだし、クラブやスタッフから信頼を得るのは素晴らしい気持ちだよ」 2021.07.31 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“9番”のポジションでの目標を語るオックスレイド=チェンバレン「ゴールで貢献することが一番だ」

リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、新たな役割でチームに貢献することを誓った。クラブ公式サイトが伝えている。 オックスレイド=チェンバレンは昨シーズン、開幕前の負傷の影響もありプレミアリーグでの先発出場はわずか2試合のみと不本意なシーズンに。中盤の序列争いで後れを取る厳しい状況だったが、新シーズンには新たに“9番”としてのポジションが与えられる可能性がある。 実際、5月に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第37節バーンリー戦では9番の位置でプレーしており、シーズン初ゴールをマークした。新シーズンに向けた親善試合でも9番の位置で起用されており、29日に行われた親善試合のヘルタ・ベルリン戦でも1ゴールを記録している。 ヘルタ戦後のインタビューに応じたオックスレイド=チェンバレンは、まず3-4のスコアで敗れたヘルタ戦の課題に言及。そのうえで、新たなポジションでのプレーについては手応えを得ており、チームのFWロベルト・フィルミノのようにプレーしつつ貪欲にゴールを狙いたいと語った。 「ヘルタ戦は良かった点と悪かった点があったね。ゲームをうまくコントロールして素晴らしいフットボールをしたとは思うけど、大事なときにミスをしてしまい十分な力を発揮できなかった。相手は良いチームで、僕たちを苦しめたね。もっと安定したプレーが必要であり、シーズンに向け回復力も高めないといけない」 「(9番でのプレーは)新しい役割であり、とても楽しんでいる。それはより良質な中盤がプレーするのと似たようなものだね。ボビー(ロベルト・フィルミノ)はフットボール界の誰よりも上手に守備をこなしていると思うから、僕もこの役割に慣れるよう努力したい。彼がやっていることについていくのは、簡単ではないけどね」 「ポゼッションの面を見ると、今は良いポジションでボールを持てるから楽しいよ。もし、このポジションでプレーする機会が増えたら、ゴールで貢献することが一番の目標になる。僕もチームもまだ成長途中であり、まだまだやるべきことはある。それはこれからも増えていくだろうから、改善し続けていきたいね」 2021.07.30 12:23 Fri
twitterfacebook
thumb

2人のCB復帰を心から喜ぶクロップ「彼らが戻ってこられたのは本当に嬉しい」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとイングランド代表DFジョー・ゴメスの復帰を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ファン・ダイクは昨年10月に行われたプレミアリーグのエバートン戦で、相手のチャージを受けて右ヒザを負傷。検査の結果、前十字じん帯の損傷が発覚したため手術を行い、シーズン絶望となった。そして11月には、ゴメスもイングランド代表での練習中に左ヒザを負傷。こちらも手術を行ったため、シーズンを棒に振っている。 守備の柱を立て続けに失ったことでプレミアリーグでは王座を奪われたリバプールだが、29日に行われたヘルタ・ベルリンとの親善試合で、ファン・ダイクとゴメスはどちらも69分から途中出場。チームにとっても懸命のリハビリを続けた選手本人にとっても、待望の復帰を果たしている。 試合自体は3-4で敗れ、ファン・ダイクは失点にも絡んでしまったものの、インタビューに応じたクロップ監督は2人のCB復帰について喜びのコメント。チームにとっても選手にとっても、重要な一歩になると語った。 「今はいい気分だね。4点目は、誰もが分かる明確なカウンターのシチュエーションであり、もっとうまく守ることもできただろう。でも、それだけだ」 「正確な数字は把握していないが、ヴィルヒルは260日ほど、ジョーはそれよりは短い期間だけどフットボールから離れていた。だから、彼らが戻ってこられたのは本当に嬉しいね。これは最初のステップであり、本当に重要な第一歩だ」 2021.07.30 11:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly