終了間際に劇的逆転突破を決めたオリンピアコス指揮官「オリンピアコスにとって歴史的な夜」

2020.02.28 10:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オリンピアコスのペドロ・マルティンス監督が、劇的な勝利を見せたヨーロッパリーグ(EL)のアーセナル戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

オリンピアコスは27日、ELラウンド32・2ndレグでアーセナルと対戦。ホームでの1stレグを0-1で落とした状態で、アウェイゲームに臨んだ。

試合はアーセナルがペースを握るものの、オリンピアコスは自陣で守備を固め失点を許さない展開に。すると53分にパペ・アブー・シセが先制ゴールを記録。2戦合計で同点とすると、試合は延長戦に突入。延長戦でもこう着した状態が続くと、延長後半8分にピエール=エメリク・オーバメヤンにゴールを許し万事休す。しかし、終了間際の延長後半14分にユセフ・エル・アラビが得点し、劇的な逆転突破を決めた。

マルティノス監督は、試合後に興奮冷めやらぬ状態で試合を振り返り、劇的勝利を必然だったと見解を語った。

「オリンピアコスにとって歴史的な夜だ。アーセナルとの2試合だけでなく、結果に関係なく、シーズンを通してヨーロッパを勝ち抜くパフォーマンスのためにも、この勝ち抜けは値した」

「我々は決心し、勝ち抜けると信じ、この結果を作り上げた。戦術的な知性、有効性、内面の強さ、勇気…全ての重みがこの成功に繋がった」

「夢のような夜だ。そこに全てがあった。私のチームにあったメンタリティと戦術的な規律を称賛したい。延長戦で疲れていたことは正しいことだ。アーセナルは、我々がハードワークすることを義務付けてきたが、その形を失うことなく、賢くプレーできた。目標は、このトーナメントを続けて行くことだ」
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、オリンピアコスからギリシャ代表DFツィミカスを獲得!

リバプールは10日、オリンピアコスのギリシャ代表DFコンスタンティノス・ツィミカス(24)の獲得を発表した。移籍金や契約期間は発表されていないが、イギリス『BBC』によれば5年契約で移籍金は移籍金1170万ポンド(約16億円)とのことだ。 2014年にオリンピアコスの下部組織に加入したツィミカスは、2015年にトップチームデビュー。左サイドバックを主戦場にこれまで公式戦86試合に出場し12アシストをマーク。今季はギリシャリーグで27試合に出場していた。 スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの控えを探していたリバプールは、これまでノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得に動いていたが、条件面でまとまらないことからツィミカスにターゲットを変更したと報じられている。 リバプール加入が決まったツィミカスは「とても幸せだ。リバプールに加入できたことを誇りに思う。最善を尽くしたいね。僕にとってリバプールは世界最高のクラブだ」とコメントしている。 なお、背番号は21を背負うことが発表されている。 2020.08.11 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

J・ルイス破談のリバプール、ギリシャ代表DFツィミカスの獲得が濃厚に

リバプールがオリンピアコスのギリシャ代表DFコンスタンティノス・ツィミカス(24)の獲得を検討しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2014年にオリンピアコスの下部組織に加入したツィミカスは、2015年にトップチームデビュー。左サイドバックを主戦場にこれまで公式戦86試合に出場し12アシストをマーク。今季もギリシャリーグで27試合に出場してた。 そんなツィミカスをスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの控えを探すリバプールが注視しているという。これまで同クラブは、ノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得に動いていたが、条件面でまとまらないことからツィミカスにターゲットを変更したようだ。 なお、オリンピアコスとの交渉は順調に進んでおり、クラブ間では移籍金1750万ポンド(約24億円)で合意が目前とのこと。また、個人間の交渉はツィミカスがメディカルチェックを受けてから行われるという。 2020.08.10 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルブズがオリンピアコスに競り勝ち、セビージャの待つ準々決勝へ!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、ウォルバーハンプトンvsオリンピアコスの2ndレグがモリニュー・スタジアムで行われ、ウルブズが1-0で勝利し、合計スコア2-1で準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響で3月の開催を最後に中断していたEL。5カ月ぶりに再開に漕ぎ着けたが、レギュレーションは大幅に変更され、準々決勝以降は中立地ドイツでの一発勝負となる。 このラウンド16では、一部を除いて1stレグまで進んでいたため、2ndレグは通常通りそれぞれのホームチームのスタジアムで開催される。オリンピアコスの本拠地カライスカキス・スタジアムで行われた1stレグは1-1の痛み分けに終わっていた両チーム。序盤からインテンシティの高い内容が繰り広げられる中、9分にGKへのバックパスを奪いにいったポセンセがGKラディに倒されPKを獲得。オリンピアコスにとってやや厳しい判定となったが、このPKをヒメネスが決めて、ホームのウルブズが先制した。 ギリシャ王者のオリンピアコス怯まず反撃。19分に左サイドでボールを持ったツィミカスが味方とのワンツーでボックスへ侵入。左足でゴールを狙ったが、GKルイ・パトリシオの好セーブに阻まれた。29分には、味方のスルーパスで右サイドを突破したエル・アラビのクロスに合わせたカマラがネットを揺らしたが、エル・アラビがオフサイドを取られ、ゴールは認められなかった。 後半は選手を2人入れ替えたオリンピアコスが優勢に試合を進める。途中出場のフォルトゥニスやエル・アラビがトライしていく中、67分には左サイドから切り込んだフォルトゥニスの折り返しをエル・アラビがシュート。DFを背にして反転しながらのシュートだったが、足を滑らせてしまい枠に飛ばすことができなかった。 ウルブズはネヴェスやモウティーニョが長短のパスを駆使してチャンスメイク。CKの流れで、ポデンセの折り返しを途中出場のジョッタがシュート。相手に当たってこぼれたところをボリが押し込みにかかったが、惜しくも届かなかった。 80分過ぎには、後半途中投入のコカのヘディングシュートが飛び出したオリンピアコスだが、ここもGKルイ・パトリシオが立ち塞がる。対するウルブズもショートカウンターからモウティーニョがシュートを放ったが、クロスバーを掠めていった。 その後は、ボリの負傷の影響でアディショナルタイムは長めに取られたが、追いすがるオリンピアコスを躱したウルブズが合計スコア2-1で勝利し準々決勝に進出。セビージャと対戦する。 2020.08.07 06:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表DFルベン・セメドに懲役5年の実刑判決…2年前に暴力事件で逮捕

2年前の暴力事件に関する裁判が続いていたポルトガル人DFルベン・セメド(26)に懲役5年の実刑判決が下った。スペイン『マルカ』が報じている。 2018年2月、当時ビジャレアルに所属していた同選手は、知人男性2人と共に一般男性を自宅に監禁し、暴力及び窃盗を働く事件を起こしていた。 事件発生後、直ちに逮捕されたルベン・セメドはバレンシアのピカッセント刑務所に収監。142日後に3万ユーロ(約366万円)の保証金を払って保釈されていた。 事件に加え拳銃の不法所持容疑で、第一審では10年半の懲役刑が言い渡されていたが、強要されたという本人の供述のもと、バレンシア地方裁判所は最終的に半分となる5年の実刑判決に至った。情報によると、ルベン・セメドは当時、車購入の際に仲介人となった第三者に5000ユーロの借金をしていたという。 裁判所はまた、4万6000ユーロ(約560万円)の罰金と、今後8年間のスペイン入国禁止を言い渡した。 事件後、ウエスカや母国リオ・アヴェにへのレンタル移籍を経てビジャレアルとの契約を解消。昨夏にオリンピアコスに入団し、公式戦44試合に出場していた。 2020.07.18 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスが3年ぶり45回目のリーグ優勝! ここまで30戦無敗を維持

オリンピアコスは、28日に行われたギリシャ・スーパーリーグのAEKアテネ戦を2-1で勝利し、3年ぶり45回目のリーグ優勝を決めた。 直近2シーズン、AEKアテネ、PAOKテッサロニキにリーグ王者の座を譲ってきたギリシャ屈指の名門は、捲土重来を期す今シーズンを圧倒的な強さで駆け抜けた。 26試合制で行われるレギュラーシーズンを20勝6分けという見事な戦績を残し首位で終えた。そして、上位6チームで争われるチャンピオンシップラウンドでは、ここまでの全4試合に勝利し、レギュラーシーズンから続く連勝を9試合に更新。3年ぶりの王座に返り咲くことになった。 また、チャンピオンシップラウンドは6試合残っており、優勝決定した今後は無敗優勝を目指すことになる。 なお、オリンピアコスに関しては今年4月に過去の八百長疑惑により2部降格と罰金処分の可能性が報じられていたが、現時点で即時の処分が科される可能性はないようだ。 2020.06.29 14:35 Mon
twitterfacebook