アヤックス、ジイェフ後釜はブラジルの新星FWアントニー! 合意間近に

2020.02.15 15:04 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスは今夏にチェルシーへ旅立つモロッコ代表MFハキム・ジイェフ(26)の後釜をすでに確保しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』などで働く著名なイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自身のSNSで伝えている。アヤックスは13日、ここ数年チームの攻撃を牽引してきたジイェフが今夏に推定4500万ユーロ(約54億円)の金額でチェルシーに完全移籍することを発表していた。

その卓越した攻撃センスと魔法の左足で多くのゴールチャンスを演出し続けてきた魔術師の退団は大きな痛手となるが、クラブはその流出に備えてブラジルの新星の獲得交渉を進めていたようだ。

ロマーノ氏は15日、アヤックスがサンパウロに所属するU-23ブラジル代表FWアントニー・マテウス(19)の獲得に迫っていると報道。同氏によると、両クラブは2000万ユーロ(約23億8000万円)+500万ユーロ(約6億円)のボーナス(代理人へのコミッション含む)という条件で合意に近づいているようだ。

サンパウロの下部組織出身のアントニーは、2018年11月にトップチームデビュー。右サイドを主戦場とするレフティーはジイェフを彷彿とさせるトリッキーな仕掛けと、意外性のあるラストパスを特長としている新進気鋭のアタッカーだ。

昨シーズンのサンパウロでリーグ戦29試合4ゴール6アシストの数字を記録した19歳は、先日まで行われた東京オリンピックの南米予選でも主力として東京五輪出場権獲得に貢献。その逸材に関してはアーセナルやミランなどからの関心が伝えられていたが、新天地は世界屈指の育成の名門アヤックスとなるのか…。

関連ニュース
thumb

ダビド・ネレスがシャフタール移籍 ! アヤックスが移籍金最大20.8億円で合意発表

アヤックスは14日、元ブラジル代表FWダビド・ネレス(24)のシャフタール・ドネツク移籍でクラブ間合意に達したと正式発表した。 移籍金額は1200万ユーロ(約15億6000万円)。それにプラスしてボーナス400万ユーロ(約5億2000万円)も盛り込まれ、最大で1600万ユーロ(約20億8000万円)の取引となるという。ネレスの現行契約は2023年夏までだった。 サンパウロ時代に“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックス入りしたネレス。2017–18シーズンから2年連続で公式戦二桁ゴール、二桁アシストをマークしたが、以降は負傷離脱も経験して、キャリアが暗転した。 今季はここまで公式戦22試合に出場しているが、エールディビジとチャンピオンズリーグで5度の先発のみ。同胞FWアントニー、オランダ代表FWステーフェン・ベルフハイスらとのポジション争いで劣勢を強いられている状況だった。 そうしたなか、チームの構想から外れつつあるネレスは事前の報道でもシャフタール行き間近との報道が浮上。アヤックスはネレスを放出して、トッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)を狙っているといわれている。 2022.01.14 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックスがダビド・ネレスをシャフタールに売却へ! ベルフワイン獲得の動きも加速か

アヤックスが、ブラジル代表FWダビド・ネレス(24)をシャフタール・ドネツクに放出することが決定的となったようだ。オランダ『テレグラフ』など複数メディアが報じている。 サンパウロ時代に“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。2017–18シーズン、2018-19シーズンには2シーズン連続で公式戦2桁ゴール、2桁アシストを記録する見事な活躍を見せたが、翌シーズン以降はヒザのケガによる長期離脱の影響などもあり、キャリアが暗転。 今シーズンは同胞FWアントニー、オランダ代表FWステーフェン・ベルフハイスらとのポジション争いで劣勢を強いられ、ここまで公式戦22試合に出場しているが、エールディビジとチャンピオンズリーグでは先発5試合のみとなっている。 また、クラブは今冬の移籍市場でトッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)の獲得に動いており、すでに1度目のオファーを掲示。さらに、数日以内に増額した2度目のオファーを掲示する見込みだ。 そういった中、チームの構想から外れつつあるネレスは、シャフタール行きが目前に迫っている模様。アヤックスとウクライナの名門は1600万ユーロ(約21億円)程度の金額でクラブ間合意に至っており、近日中に移籍が完了するようだ。 これにより、ベルフワインのアムステルダム行きの可能性が俄然高まる。 2022.01.12 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックスがベルフワイン獲得へ、スパーズも売却の意向

アヤックスが、トッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)の獲得に動いているようだ。オランダ『テレグラフ』が報じている。 2020年1月にPSVからトッテナムに移籍したベルフワイン。当初から安定した出場機会に恵まれていたものの、パフォーマンスの質に波があり、なかなかうだつの上がらない状況が続いている。 今季はケガもあり、ここまではリーグ戦8試合無得点という乏しい成績に。その中でクラブは、適切なオファーが届けば24歳の売却は辞さない構えになっているようだ。 現在、ベルフワインに最も強い関心を示しているのアヤックスは、すでに1800万ユーロ(約23億5000万円)のオファーを提示したとの報道も。今後、スパーズ陣営と改めて交渉の場を設けると伝えられている。 アヤックスでは、FWダビド・ネレスがブラジルに復帰すると見られており、その後釜を探しているようだ。 2022.01.11 14:02 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックスGKオナナのインテル入り迫る、メディカルチェック受診で5年契約にサインとも

アヤックスのカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(25)だが、インテルのメディカルチェックを受けるようだ。 バルセロナのカンテラ育ちのオナナは、2015年1月にアヤックスへと完全移籍。アヤックスでは正守護神に君臨し、公式戦206試合に出場していた。 しかし、2021年2月にドーピング違反により出場停止処分が課されると、11月からベンチ入り。チャンピオンズリーグのベシクタシュ戦で復帰を果たしていた。 そのオナナだが、アヤックスとの契約は今年6月まで。半年を切った中、アヤックスとの契約を延長する気はないことを示してきた。 フランス『レキップ』によると、オナナは4日にもインテルのメディカルチェックを受けるとのこと。インテルはすでにオナナとの合意を済ませており、アヤックスにも通達済み。フリーになるオナナと今冬にも契約を取り付けようという考えのようだ。 オナナは、バルセロナやアーセナルが狙っているともされていたが、インテル行きを決断。5年契約にサインし、アフリカ・ネーションズカップに参加するようだ。 インテルはサミル・ハンダノビッチが守護神として君臨しているが、来シーズンはオナナがとって変わるのか。年俸は300万ユーロ(約3億9400万円)と見られている。 2022.01.04 22:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ブロビーがわずか半年で古巣アヤックスに帰還! 買取OPなしのドライローン

アヤックスは12月31日、RBライプツィヒからU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビー(19)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、ライプツィヒと2025年まで契約を結びブロビーの今回の移籍は買い取りオプションなしのドライローンとなり、この間の給与100%をアヤックス側が支払うことになるようだ。 アヤックスとの再三に渡る契約延長オファーを固辞していたブロビーは昨夏、ライプツィヒへフリートランスファーで加入。ここまで公式戦14試合に出場していたものの、先発出場はわずかに1試合と思うように出場機会を得られずにいた。 そして、出場機会を求めるブロビーと新たな攻撃オプションを求めるアヤックスの利害が合致する形で、わずか半年でのアムステルダム帰還が実現した。 アヤックスでフットボール・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏は、ブロビーの呼び戻しについて以下のように説明している。 「ブライアンはこのクラブを知り、ここで何が求められているかを知っている。我々にとって、即戦力となるアタッカーがいることは重要であり、彼はそれを提供してくれる。我々はまだ3つの前線でプレーしており、すべてのプレーヤーがとても重要だ」 ブロビーはアヤックスのアカデミー出身。順調にキャリアを積むと、2018–19シーズンに飛び級でエールステディビジ(オランダ2部)に所属するリザーブチームのヨング・アヤックスでプロデビュー。 その後もヨング・アヤックスでゴールを量産すると、昨年10月のフォルトゥナ・シッタート戦でトップチームデビュー。昨シーズンは公式戦19試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残していた。 まだまだ粗削りも爆発的なスピードと屈強なフィジカルを併せ持つ将来性豊かな逸材ストライカーは、今回の古巣帰還によって更なる成長のきっかけを掴めるか。 2022.01.01 00:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly