久保建英の獲得を「完璧な補強」と語っていたマジョルカCEOが退任

2020.02.12 19:25 Wed
Getty Images
マジョルカは11日、最高経営責任者(CEO)を務めていたマヘタ・モランゴ氏が退任したことを発表した。
PR
冬の移籍市場でスペイン人MFアレハンドロ・ポソとギリシャ人DFレオナルド・コウトリスの獲得に留まったマジョルカは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョール戦に敗戦し、リーグ3連敗。降格圏内の18位に沈んでいた。
マジョルカは公式サイトで声明を発表。ここまでチームを率いてきたことに感謝するとともに、新たなフェーズに移ることをファン・サポーターに呼びかけた。

「レアル・マジョルカの取締役会は、マヘタ・モランゴがクラブのCEOとしての地位に留まらないことを決定しました。マヘタが過去4年間にクラブでリーダーシップを発揮してくれたことに感謝します。連続したプロモーションを行い、ファンの経験を改善し、新しいマーケティングパートナーシップを確立し、クラブのアカデミーを改善しました。彼の情熱と努力がクラブの基準を設定し、彼の将来のキャリアで最高のものになることを願っています」

「現在の財務ディレクターであるアルフォンソ・ディアスは、商業およびサッカー事業の管理を引き続き強化するため、商業事業の暫定エグゼクティブディレクターになります。 クラブの長期的な成功に引き続き取り組みます。 今、チームは今週の土曜日に重要な試合を開催し、すべてのファンのサポートが必要です。」
マジョルカは15日、ラ・リーガ第24節でアラベスと対戦。日本代表MF久保建英の獲得の際には「マジョルカにとって完璧な補強」とも称していたCEOの辞任は、久保の起用法に影響を及ぼすだろうか。

PR
関連ニュース

「他の試合のような成功は…」「運がなかった」決勝進出を逃したソシエダ、久保建英にはまずまずの評価「大きな希望だった」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英はまずまずの評価を得た。 27日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグが行われ、ソシエダはマジョルカをホームに向けた。 1stレグはゴールレスドローだったこの対戦。勝利した方が決勝に駒を進める中、試合は膠着した展開に。久保は先発出場し、積極的なプレーをこの試合も見せたが実らなかった。 先制を許す苦しい展開の中、71分にはミケル・オヤルサバルのゴールで同点に追いつき、1-1のまま90分間が終了。久保は延長前半に完璧なクロスを入れると、ミケル・メリーノがファーサイドで合わせるもゴールならず。こぼれ球をキーラン・ティアニーが振り抜くも、顔面ブロックに遭ってしまった。その後、久保は交代となった中、チームはゴールを奪えず。PK戦の末に敗退となってしまった。 決勝を目前に敗れたソシエダ。スペイン『ElDesmarque』は久保に対して6点(10点満点)の評価を与えた。 「いつものように危険人物として注目を集めた。ただ、他の試合のような成功は掴めなかった」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は5点(10点満点)の評価。チャレンジしたことは称えたが、結果が付いてこなかったとした。 「彼はチャレンジしていたが、運がほとんどなかった。インスピレーションもなかった。決して隠れることはなく、大きな希望だった。メリーノと共に中盤で素晴らしかった」 <span class="paragraph-title">【動画】延長前半、久保建英の完璧なクロスから最大の決定機!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YoeBWvtCQPU";var video_start = 311;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 12:45 Wed

久保のソシエダをPK戦の末に下したマジョルカが21年ぶりの決勝へ駒を進める!【コパ・デル・レイ】

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレアル・ソシエダvsマジョルカが27日に行われ、1-1で120分が終了。その後、PK戦を4-5で制したマジョルカが決勝進出を決めた。ソシエダの久保建英は104分までプレーしている。 6日に行われた敵地での1stレグをゴールレスドローで終えたソシエダは、直近のビジャレアル戦のスタメンからバレネチェアとパチェコに変えてメリーノとスベルディアを起用した以外は同じスタメンを採用。久保は3トップの右ウイングで先発した。 決勝進出を懸けた一戦は立ち上がりから一進一退の展開が続き、互いになかなかシュートまでボールを運ぶことができず時間が経過。ソシエダは29分にザハリャンのミドルシュートで最初の枠内シュートを放ったが、これはGKグライフに正面でキャッチされた。 ゴールレスのまま前半終了かと思われたが、ソシエダは45分に最大のチャンスを迎える。久保のスルーパスでボックス右侵入したスビメンディのダイレクトクロスがライージョの腕に当たると、主審はPKを宣告。しかし、ブライス・メンデスのPKはGKグライフの残した足に弾かれ、前半は0-0で終了した。 後半開始からアンドレ・シウバに代えてベッカーを投入したソシエダだが、立ち上がりの50分に失点する。ボックス左横でボールを受けたハウメ・コスタがクロスを供給すると、逆サイドから走り込んだG・ゴンサレスがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込んだ。 先制を許したソシエダは、63分にザハリャンを下げてオヤルサバルを投入。すると71分、ブライス・メンデスのスルーパスでボックス中央右に抜け出したオヤルサバルがダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。 試合を振り出しに戻したソシエダは、79分にもドリブルで仕掛けたベッカーがボックス左手前からコントロールショットを放ったが、これはGKグライフの好セーブに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、1-1のまま90分が終了。延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦では、5人全員が成功したマジョルカに対し、ソシエダが1人目のオヤルサバルが失敗。この結果、マジョルカが21年ぶりの決勝へ駒を進めた。 2024.02.28 08:26 Wed

古巣対決の久保建英が敵ファンにも大人気!マイクが拾ったカタコトの日本語も話題「ありがとうって言ってる?」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が敵地のファンからも歓声を浴びた。 18日にラ・リーガ第25節でマジョルカとアウェイで対戦したソシエダ。久保にとってはレンタルとはいえ計2シーズンを過ごした古巣との対決となった。 フル出場した久保は古巣への恩返し弾となる先制ゴールもマーク。チームの公式戦6試合ぶりの勝利に大きく貢献していたが、ゴールを決めても喜びを露わにすることはなかった。 古巣への敬意を示した久保だが、試合後にはマジョルカのサポーターたちからの久保人気も明らかになった。 ソシエダの選手たちがドレッシングルームへと戻っていく中、着ていたユニフォームを脱ぎながらマジョルカのサポーターたちのもとへと歩いていく久保。どうやらマジョルカ時代の知人にユニフォームをプレゼントする約束をしていたようだ。 そんな久保に対し、マジョルカサポーターの子どもたちも大興奮。目を輝かせて久保とハイタッチを交わしていた。 その様子はソシエダの公式YouTubeチャンネルでも公開されており、SNS上のファンからは「タケがマジョルカでも愛されてたのがよくわかる」、「ほっこり」、「レンタル先でこんなに愛されるってすごいな」と反響。また、映像に「アリガトー」と久保に向かって叫ぶような大きな声もはいっており、「ありがとうって言ってる?」と注目を集めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】「ありがとうって言ってる?」久保建英が歓声を浴びる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bKp_evnIOIY";var video_start = 610;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.20 12:55 Tue

久保建英らがカタカナユニフォームを着用も、日本のファンからはツッコみも「フォントをなんとかして」「パワポの初期フォントみたい」

レアル・ソシエダとマジョルカの選手たちが特別のユニフォームを着用した。 ラ・リーガ第25節、マジョルカvsレアル・ソシエダが18日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われた。 ソシエダのMF久保建英にとっては計2シーズンを過ごした古巣との対戦。また、両チームのスポンサーはどちらも日本の企業が務めており、ソシエダは『YASUDA group(ヤスダグループ) 』、マジョルカは『株式会社タイカ』と契約を結んでいる。 そんな両チームの一戦では、選手たちが特別仕様のユニフォームを着用。試合中は通常のユニフォームを着用したものの、選手名がカタカナで記載されたユニフォームを着用して入場した。 珍しいカタカナユニフォームに、ファンからは「ユニの名前カタカナになってるのちょいダサでええな」、「ユニの名前カタカナになってるのちょいダサでええな」、「パワポの初期フォントみたいやな」、「フォントがデフォルトすぎ」、「これ絶対にフォント選びのミスだよな」、「フォントをもうちょっとなんとかしてあげてw」と様々な反響が寄せられている。 日本でも注目の一戦は、久保の恩返し弾も生まれたソシエダが1-2で勝利し、公式戦6試合ぶりの白星を手にしている。 <span class="paragraph-title">【写真】フォントは合っていない?ソシエダがカタカナユニフォームを着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> 特別仕様のユニフォームでピッチへ<a href="https://twitter.com/hashtag/RCDMallorcaRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCDMallorcaRealSociedad</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareReal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareReal</a> <a href="https://t.co/sBW2SJ4GEx">pic.twitter.com/sBW2SJ4GEx</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1759285705271034114?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】マジョルカもカタカナユニフォームを用意</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">両チームの選手たちは<br>日本語特製ユニフォームで入場しました<a href="https://twitter.com/hashtag/RCDMallorcaRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCDMallorcaRealSociedad</a><a href="https://twitter.com/gel_taica?ref_src=twsrc%5Etfw">@gel_taica</a> <a href="https://t.co/Gvnc87BYV4">pic.twitter.com/Gvnc87BYV4</a></p>&mdash; RCDマジョルカ (@RCD_Mallorca_JP) <a href="https://twitter.com/RCD_Mallorca_JP/status/1759368483476054271?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 16:15 Mon

「トップレベル」「足の振りが早い」久保建英が古巣・マジョルカ相手に巧みなゴール! 今季リーグ戦7点目もノーセレブレーション「特別感ある」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、古巣相手に見事なゴールを記録した。 18日、ラ・リーガ第25節でソシエダはアウェイでマジョルカと対戦。久保は古巣対決に先発出場を果たした。 試合は開始4分にマジョルカが先制する展開に。すると迎えた38分に再三チャンスを作っていたソシエダが仕留める。ハーフウェイライン付近でウマル・サディクが潰された中、主審はプレーオン。ファウルが疑わしい中、ソシエダはプレーを止めないでいると、自陣でのボール奪取からスルーパス。これを受けた久保がドリブルで持ち運び、ボックス内に入ったところで左足シュート。タイミングを外した中で見事にゴールを決めた。 このゴールにファンは「やっぱりトップレベル」、「久々のゴール嬉しい」、「ワンテンポ早いシュートさすが」、「二桁ゴールいって欲しい」、「足の振りが早いんだよね」、「喜ばないのが特別感ある」と称賛のコメントが集まった。 久保は今シーズンのラ・リーガで7点目。この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)にも選出されている。試合は後半アディショナルタイムにミケル・メリーノのゴールが決まり、ソシエダが土壇場で勝利を掴んでいる。 <span class="paragraph-title">【動画】上手いシュート!久保建英が古巣相手に今季リーグ戦7点目を奪う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="loAtvD3ToHE";var video_start = 244;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 10:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly